フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ: UFO

    • カテゴリ:

    👇【詳細記事・画像・動画】

    no title

    アメリカ・ワシントンD.C.郊外のバージニア州のアーリントンには、ペンタゴンと呼ばれる アメリカ国防総省の本庁舎がある。

    その上空に、巨大な三角形をした謎の飛行物体が飛んでいるのを、何人かの民間人が目撃した。三角形の物体はホログラムのようにも見えたという。

    MASSIVE Pyramid-Shaped UFO Seen Hovering Over Pentagon

    すっと現れすっと消えていった巨大な三角形の飛行物体

    この映像は、2018年12月19日に撮影されたものだ。画面中央を注意してみると、怪しげな三角形の飛行物体が現れ、すっと消えていく瞬間がわかる。

    1

    この動画がYOUTUBEに投稿されるやいなや、多くの人が注目した。

    一部では「政府が宇宙人の存在を隠したという証拠だ」とか、「政府の新しいホログラム研究実験だ」などの声が上がっている。

    果たして本当になにか大きな力が働いているのだろうか?

    4

    飛行物体はギザのピラミッドほどもある巨大なものだったという。そして物体は一瞬にして消えていった。

    実際に飛行物体を目撃した人によると、「飛行物体の側面の一部は夜空よりも暗い色をしていた」という。

    ペンタゴンの新しい技術なのか?

    不思議と謎の動画をYOUTUBEで投稿している「thirdphaseofmoon」の管理人、ブレイクさんとブレットさんは、車の反射などによって引き起こされる現象とは違うと断言しており、更に、民間の飛行船にここまでの技術があるとは思えないという。


    "This Is IT!" Huge [Pyramid] Over Washington DC! (2018-2019)

    この飛行物体は政府が宇宙人やその技術を隠した証拠なのか?それとも、ペンタゴンの新しい技術なのか?

    だがその真相は文字通り闇の中に消えていってしまった。

    written by riki7119 / edited by parumo

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52269510.html

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【UFO】UFOなのか?アメリカ国防総省「ペンタゴン」の上空に巨大な三角形の飛行物体が浮かび上がる!】の続きを読む

    • カテゴリ:

    👇【詳細記事・画像・動画】

    これは今年の2月、『ネバダ州』で買い物をしている友人を、車の中で待っていた人物が偶然撮影した動画の一部だが、なんと車の上空に複数の『UFO』が現れ、上下から銃撃を繰り返し、激しく交戦していたというのだ!
    【関連】UFO『大量生産』?ネバダ州の「三角マーク」に隠された驚愕の陰謀 他

    何かが爆発したのだろうか? 時折このような大きな閃光が走り、非常に激しい攻撃である事が分かる。この動画が『ユーチューブ』にアップされると「宇宙人の侵略だ!」「いや、窓に光が反射しているだけだろう」などと、たちまち賛否両論が巻き起こり、視聴回数はすでに58万回を超え、1200以上のコメントが付く大騒動になってしまった。
    しかし、これはどう見ても光の反射などではなく戦闘行為だろう。例えば戦闘機ならば追尾するか交差するように飛び回り、相互に攻撃を仕掛けるはずだが、今回の場合、双方が“同じ位置“の上空に停止したまま、激しい攻撃を加えている所が実に奇妙だ。 
    『インデペンデンス・デイ』が現実に?ネバダ上空で交戦する『UFO』

    UFO同士の衝突に隠された破局的事態とは?

    以前の記事でご紹介したが、ネバダ州では奇妙な『秘密基地』が発見されたり、以前から多数のUFOが目撃されている。しかも地下では『宇宙人グレイ』に技術供与を受けた米空軍が『世界征服』の野望を抱き、UFOにそっくりの超高速新型戦闘機『TR-3B』を“大量生産“しているのではないか? という疑惑があるのだ。

    これ等の事を考え合わせるとグレイの指揮の下、TR-3B同士が模擬戦闘訓練を行い、実戦で使えるかどうかの“最終テスト“をしていたという可能性もある。いや、そうではないかも知れない。例えば『タホ湖』で目撃された別の惑星から来たUFOが“彼ら“を監視していたが、もはや我慢の限界に達し、“ついに攻撃を仕掛けてきた“としたら、事態はもっと深刻だ。

    どちらにせよ、このままでは地球が危機に陥る。いま事態の収集を図らなければ、いずれアメリカによる世界征服を許すか、SF映画『インデペンデンス・デイ』のように、人類の技術進化に危機感を抱いた異星人達の“総攻撃“を受ける事になるだろう。

    その時我々はどうする? 全員死ぬまで戦うか、あるいは……。
    【画像】

    andrea crisante / Shutterstock

    (C)andrea crisante / Shutterstock
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【UFO】【動画】「インデペンデンス・デイ」が現実に?ネバダ上空で交戦する「UFO」!】の続きを読む

    • カテゴリ:

    👇【関連動画】
    👇【詳細記事】

    1947年、米ニューメキシコ州のロズウェルから120キロほど離れた「J・B・フォスター牧場」に、円盤型の飛行物体が墜落。同年7月8日の「ロズウェル・デイリー・レコード」紙に「RAAF(ロズウェル空軍飛行場)、ロズウェル地域の牧場で空飛ぶ円盤を回収」という見出しの記事が掲載され、全米のみならず国外でも話題になった。

     墜落した飛行物体はロズウェル陸軍飛行場の米軍に徹底的に回収されたが、墜落場所が牧場であったため見物人も多く集まり数々の目撃談(「飛行物体の中に宇宙人が乗っていた」など)が残されてしまう。また、米軍は7月8日のプレスリリースで、墜落物体を「空飛ぶ円盤(flying disc)」と発表したが、後に「気象観測用気球」であると訂正するなど不可解な点が多く、数々のUFO研究家や陰謀論者が米政府の隠蔽工作を疑ってきた。

    【その他の画像はコチラ→https://tocana.jp/2018/12/post_19037_entry.html】

     そうした中、アメリカ空軍特別捜査局の元特別捜査官リチャード・ドーティ氏が、Netflixのドキュメンタリー番組「Unacknowledged(非認可)」(2017)のインタビューで、ロズウェルの真実を語っていたことが明らかになった。

    「それは円盤型ではなく卵型でした。中には操縦レバーもありませんでしたが、ある生物がいたのです。後に分かったことですが、彼らは手を使って操縦していたそうです。ヘッドセットのようなものも見つかっており、これを装着して操縦していたようです。彼らは4フィート(1.2m)ほどの身長で、ひどい怪我をしていました。彼らは、ニューメキシコ州アルバカーキのカークランド空軍基地に運ばれた後、ロスアラモスに運ばれたと聞きました」(ドーティ氏)

     驚きの証言だ。空軍内部の人間の言葉ということを考えると、これまでの目撃証言のどれよりも信ぴょう性があると言えるだろう。だが、ドーティ氏の話を素直に受け入れられない事情もある。

     実は、ドーティ氏はUFOに関する偽情報を意図的に流していたことを認めた過去があるのだ。CIA初代長官で全米空中現象調査委員会(NICAP)のメンバーでもあったロスコー・ヒレンケッター氏も、1960年に上院に宛ての手紙の中で、UFO調査をかく乱するために米軍が偽情報を流していることを認めているように、ドーティ氏はUFOの真実を覆い隠すために空軍の特別捜査官という地位を使って偽情報を広めていたのだという。

     というわけで、ドーティ氏の証言は話半分に聞いた方が良さそうだ。しかし、昨年にはカナダの名門マギル大学で教鞭を取るドン・ドンデリ教授が、「ロズウェル事件は実在する」「米国政府がUFO情報を隠蔽したことは間違いない」と発言していることを考えると、頭ごなしに否定することもできないだろう。

     ロズウェルの謎はいつになったら明らかになるのだろうか。今後の真相解明に期待したい。
    (編集部)


    ※イメージ画像は、「gettyimages」より


    イメージ画像は、「gettyimages」より
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【UFO】「ロズウェル事件」の真相を“元空軍特別捜査官”が爆弾証言! 1.2mのエイリアンの死体、謎のヘッドセット…】の続きを読む

    このページのトップヘ