フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ: ディズニー


    👇【メイキング映像】
    👇【詳細記事・画像】

    2020年に開業を予定している、『東京ディズニーランド』内「ファンタジーランド」「トゥモローランド」「トゥーンタウン」にそれぞれ登場する新施設の名称が明らかに。一部工事現場の写真も公開されました。

    「ファンタジーランド」には映画『美女と野獣』をテーマとしたエリアが。高さ約30mの「美女と野獣の城」の中にある、大型アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」は、映画の名曲に合わせて踊るように動くライドにのり、いくつもの名シーンを巡ります。

    ふむふむ。どうやらティーカップに乗って、くるくるとまわりながらシーンを体験出来るみたいですね! アトラクションの体験時間は約8分を予定しているそう。東京ディズニーランドの人気アトラクション「プーさんのハニーハント」が約4分半とのことなので、たっぷり楽しめるアトラクションに。ちなみに投資額は320億円とのことで、『東京ディズニーシー』の「タワー・オブ・テラー」よりも多額の投資をしているそうで、豪華なアトラクションに期待大です。


    写真は工事中の様子。ベルの住む村やお城の世界観がしっかり作られていますね。ここにはアトラクションのほかにも商品店舗「ビレッジショップス」やレストラン「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」がオープンし、エリア全体で『美女と野獣』気分を大満喫できそう!

    【動画】新アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」メイキング映像
    https://www.youtube.com/watch?v=ce5bjFY1Faw

    また、東京ディズニーランド初となる本格的な屋内シアター「ファンタジーランド・フォレストシアター」ではダイナミックに変化するステージでライブパフォーマンスを楽しむことが出来ます。演目はディズニーのキャラクターたちと一緒に素晴らしい音楽の世界をめぐる旅をテーマにしているとのことで、こちらも楽しみですね。


    「ファンタジーランド」に出来るもの

    1:美女と野獣“魔法のものがたり”(大型アトラクション)※ファストパスあり
    2:ビレッジショップス(ショップ。ラ・ベル・リブレリー、ボンジュールギフト、リトルタウントレーダーより構成)
    3:ラ・タベルヌ・ド・ガストン(レストラン)
    4:ル・フウズ(小規模フード店舗)
    5:ル・プティポッパー(ポップコーンワゴン)
    6:ファンタジーランド・フォレストシアター(エンターテイメントシアター)

    『美女と野獣』エリアのイメージは以下のとおり。



     2020年開業予定の東京ディズニーランド「美女と野獣エリア」新情報! アトラクションは約8分の豪華なものに 
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【TDL】2020年開業予定の東京ディズニーランド「美女と野獣エリア」新情報!アトラクションは約8分の豪華なものに! 】の続きを読む



    (出典 static.hokkaido-np.co.jp)
    👇【詳細記事】

    東京ディズニーリゾートは2021年度にディズニー/ピクサー映画『トイ・ストーリー』シリーズをテーマとする新たなディズニーホテルを開業予定であることを発表しました。

    【写真16枚】新ディズニーホテルも開業!TDS「アナ雪」「ラプンツェル」「ピーターパン」大幅拡張フォトギャラリー

    <全部屋スタンダードタイプの手頃な新ホテル>

    東京ディズニーリゾートに『トイ・ストーリー』シリーズをテーマとする新たなディズニーホテルが誕生します。

    外観から中庭にいたるまで、すべておもちゃで作られたようなデザインの新ホテル。

    映画『トイ・ ストーリー』シリーズをテーマとし、映画に登場する少年アンディと、彼が大切にするウッディや バズ・ライトイヤーたち、おもちゃが繰り広げる世界にゲストを誘います。

    客室は、映画 『トイ・ストーリー』の中の、アンディの部屋を思わせるインテリアで、カラフルな家具が並びます。

    価格帯は、すべての客室をスタンダードタイプで統一。

    付帯施設をレストランなど宿泊に特化することにより、より手軽なリゾートステイを実現します。

    新ホテル付近には2022年度の東京ディズニーシー大幅拡張事業に合わせて最上級ランクの部屋を有するディズニーホテルがオープン予定。

    これに先駆けてスタンダードタイプのディズニーホテルが開業し、様々な価格帯に対応することになります。

    <ストーリー>

    ストーリーは、少年アンディが裏庭でとびっきりのプロジェクトに取り掛かるところから始まります。

    それは、大切にするウッディ、バズ・ライトイヤーや自分のおもちゃたちみんなが住めるおもちゃタワーを作るという壮大なものでした。

    アンディがママに呼ばれて家に戻ると、おもちゃたちはアンディが作りかけたおもちゃタワーの建設を引き継ぎます。

    そして、世界中のおもちゃのためのホテルとして完成させたのです。

    施設概要(予定)

    名称:未定
    所在地:千葉県浦安市舞浜 1‐43、46、47
    開業時期:2021年度
    構造:地上11階、地下1階
    延床面積:約40,000㎡(ホテル棟のみ)
    客室数:約600室
    諸施設:レストラン、ディズニーショップ、駐車場ほか
    総投資額:約315億円

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ディズニー】東京ディズニーリゾート「トイ・ストーリー」新ホテル2021年に開業予定!】の続きを読む



    (出典 cdn.jalan.jp)

    1 チンしたモヤシ ★ :2018/11/18(日) 18:29:14.60

    ミッキーの家、11時間待ち
    TDL、誕生から90周年
    2018/11/18 17:5411/18 17:59updated c一般社団法人共同通信社
    https://this.kiji.is/436812027269497953

     東京ディズニーランドで、ミッキーマウスのキャラクター誕生から90周年となった18日、アトラクション「ミッキーの家とミート・ミッキー」が最大11時間待ちとなった。運営会社は「公式な記録はないが、聞いたことがない」としている。

    ---------------------

    狂気の沙汰!ミッキー誕生日でディズニー「11時間待ち」の地獄のアトラクション
    秒刊SUNDAY 2018/11/18
    https://yukawanet.com/archives/desny-2.html 
      

    (出典 yukawanet.com)

     本日11月18日はミッキーマウスの誕生日ということで東京ディズニーランドでも盛大にイベントが執り行われるだけでなく、これに加え90周年ということもあり、ミッキーマウス関連のイベントが多数行われております。そんななか、90歳の誕生日をお祝いしようと駆けつけたファンがディズニーに殺到しているようです。

    ●660分待ち

    https://pbs.twimg.com/media/DsPfXv6U4AE_jaw?format=jpg

    Disney Colors - クロロ
    @DisneyColorsJp
    TDLミートミッキーが、ついに600分を超え660分=11時間待ちになりました。
    ここ数年のスクリーンデビュー日は最大で300分いくかどうかくらいでしたが、今年のドナルドといい凄まじい待ち時間になっています。

    今日のパーク情報│東京ディズニーランドhttps://www.tokyodisneyresort.jp/tdl/daily/calendar.html

    1,666
    8:40 - 2018年11月18日
    https://twitter.com/DisneyColorsJp/status/1063940046007353344

    ということで、多くの方々がディズニーランドに本日お祝いに駆けつけるわけですが、その中でひときわ人気が高まるのが、ミッキーと確実に会うことができる「ミートミッキー」。ここでは記念撮影もできてしまうという、ミッキー好きにはたまらないグリーティングではありますが、その時間なんと・・・

    11時間待ち!つまり、9時開演しても会うことができるのは20時。下手すれば閉園してしまう程の長い時間。ミッキーも過酷でハードな挨拶回りが待っております。しかもミッキーは、その間パレード等もこなさなくてはならないので、誕生日という華やかなイベントとかかけ離れた恐ろしい日程となりそうです。

    ミッキーのスクリーンデビューは「蒸気船ウィリー」という物語でしたが、仮にその作品にちなんだ格好をしてくれるのであれば、確かに行ってみたいものでもあります。

    しかし11時間。

    これは相当な忍耐と体力が必要になってくるわけですが、ある意味それもディズニーランド好きな方にとっては楽しいアトラクなのかもしれませんね。

    (以下略)
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【TDL】ミッキーの家11時間待ち!誕生から90周年・運営会社「公式な記録はないが、聞いたことがない」下手すれば閉園時間...】の続きを読む

    今日11月18日はミッキーマウス、90歳の誕生日です!

    (出典 prtimes.jp)


    (出典 www.disney.co.jp)
    👇【詳細記事】

     1928年のスクリーンデビューから、90周年を迎えたミッキーマウス。きょう11月18日はその記念日だ(ミッキーマウスの誕生日)。いつも新しい挑戦でみんなを驚かせてくれたミッキーの90年にわたる冒険の歴史を振り返る。

    【動画】ミッキーマウスの原点『蒸気船ウィリー』一部映像公開

    誕生前夜】ウォルト・ディズニーの妻のアイデアで「ミッキー」名付けられる

     ミッキーマウスは1928年の初め、ニューヨークからロサンゼルスまでの列車の中で、当時まだ26歳の映画プロデューサーだったウォルト・ディズニーの想像から生まれたキャラクター。ウォルトは大きな丸い耳をした元気な小さなネズミを思い付き、はじめ「モーティマー」という名前を付けたが、ウォルトの妻、リリアンの提案により「ミッキー」となった。

    【1928年11月18日】世界初の短編トーキーアニメーションでスクリーンデビュー

     映像と音がシンクロした世界初の短編トーキーアニメーション『蒸気船ウィリー』の主人公として、ミッキーが初登場。口笛を吹いて音楽を奏でるその姿に、アメリカ中の人々が魅了された。ミッキーの声を演じていたのは、ウォルト自身。その後次々とミッキーの映画が作られていく。

    【1932年】ウォルト・ディズニーがミッキーを生みだした功績からアカデミー賞特別賞を受賞

    【1940年】全く新しい音響システム「ファンタサウンド」を用いたディズニー最高傑作の一つ、『ファンタジア』に出演

     クラシック音楽をテーマにしたアニメーションによる8篇の物語集『ファンタジア』。「魔法使いの弟子」を中心に制作がはじまった。ステレオサウンドを利用した映画であり、その画期的な録音・再生システム「ファンタサウンド」は映画館にいながらコンサートホールと同等の音響を実現し、時代を超えた名作として現在もディズニーの最高傑作の一つとされている。

    【1950年】新しいメディアであるテレビにも進出

     第2次世界大戦(1939年~1945年)により商業活動のほとんどが中断された時期を経て、戦後、ミッキーはアニメーション映画のスクリーンにカムバック。さらに、新しいメディアであるテレビにも登場し、1950年に短編映画『ミッキーの大時計』がクリスマスの特番としてテレビ放送される。その5年後には、テレビ史上で最も成功した子ども番組の一つである『ミッキーマウス・クラブ』が制作放送された。

    ■2.5次元のはしり! スクリーン飛び出しディズニーランドへ

    【1955年】ディズニーランドのチーフ・ホストに就任

     カリフォルニア州アナハイムにディズニーランドが建設された。当初からディズニーランドとミッキーをセットとして考えていたウォルトはミッキーをチーフ・ホストに任命した。

    【1978年】ハリウッドの殿堂入り アニメーションキャラクターとして初の快挙

     ショービジネス界に貢献した人々の名前が刻まれる、ハリウッドの「ウォーク・オブ・フェーム」にミッキーの星型プレートが加わった。これはアニメーションキャラクターとしては初の快挙であり、ミッキーは名実ともに大スターの仲間入りを果たした。

    【1983年】短編映画『ミッキーのクリスマスキャロル』公開

     ディケンズの名作「クリスマスキャロル』をミッキーたちが演じた

    【1990年】短編映画『ミッキーの王子と少年』公開

     マーク・トゥエインによる名作「王子と乞食」をもとにした、正義と友情の物語。ミッキーが一人二役を演じた。

    【2013年】10回目のアカデミー賞ノミネート

     ミッキーと仲間たちの登場する劇場版の新作短編『ミッキーのミニー救出大作戦』が公開。この短編ではアーカイブから抽出したウォルトの声を、ミッキーの声として使用。ミッキーはこの作品で10回目のアカデミー賞ノミネートを受けた。

     「誰もが絶対に忘れないよう私は望みます…すべては一匹のネズミから始まったということを」――ウォルトが遺した言葉だ。90周年を迎えた今、それは多くの人の願いになっている。

    ■90周年をお祝いする特別な体験が続々登場

     日本でもミッキーの90周年を祝うアニバーサリーイヤーを記念して、すでに多くの限定商品やスペシャルイベントが展開されているが、今月12日は日本航空がさまざまな表情のミッキーを描いた特別デザインの旅客機「JAL DREAM EXPRESS 90」国内線の運航を開始。

     同16日から東京・六本木の東京ミッドタウンで「色が作り出す魔法がここに」をコンセプトに開催する「ディズニー ミッキー90周年 マジック オブ カラー」がスタート。12月1日からは「三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY」、12月28日からは「三井ショッピングパーク ららぽーと横浜」で順次開催し、約1年をかけて関東、関西、中部地方の三大都市圏で展開する。

     12月19日からは日本初公開の作品を含む約420点が展示され、ミッキーとディズニーの歴史をたどることができる『ウォルト・ディズニー・アーカイブス展~ミッキーマウスから続く、未来への物語~』が横浜・みなとみらいの横浜赤レンガ倉庫で開催される。

     ウォルト・ディズニー・カンパニー(アメリカ本社)主催で、「ミッキーマウスの耳」をつけて撮影した自分の写真を「#ShareYourEars」というハッシュタグとおもに投稿すると、1投稿につき5米ドルをDisney Worldwide Servicesが難病と闘う子どもたちの夢をかなえる団体、メイク・ア・ウィッシュに寄付する「Share Your Ears」活動も実施中。

    1928年11月18日の『蒸気船ウィリー』でのスクリーンデビューから90周年を迎えたミッキーマウス(C)Disney
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Disney】今日はミッキーマウス、90歳の誕生日!その歴史を振り返る。】の続きを読む

    このページのトップヘ