フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ: 歴史


    👇【詳細記事・画像】

    2_e

    image credit:Jose Capriles/Penn State


     南米中央部のボリビアで、謎めいた包みが発見された。中に入っている動物の小袋には、およそ1000年前の向精神性のある植物やコカインの痕跡があった。

     これは、ボリビア南西部の乾燥地の崖にある洞窟で発掘を行っていた研究者たちが発見したもので、古代シャーマンの儀式に使用しされていたものと推測されている。


    1000年前のシャーマンの持ち物

     
     この発掘作業は2008年と2010年に引き続き行われたもので、今回の発掘で新たにこの古い革袋が発見された。

     古代南米の先住民たちは、向精神性のある植物を何種類も使って、儀式の中で意識を変えたり、幻覚を起こしたりしていたようだ。

     この古い革袋は、当時のシャーマンの持ち物だったと思われ、さまざまなヒントを提供してくれそうだ。


    1_e
    ボリビア南西部Cueva del Chilenoにある岩場のシェルターで、 儀式に使われたと思われる包みが発見された。
    image credit:Jose Capriles/Penn State


     発掘調査のメンバーである、ペンシルバニア州立大学の人類学助教授ホセ・カプリレスはこう語る。
    標高3900メートルの地での生活は厳しく、なんらかの化学物質の助けが求められたのかもしれない。

    ドラッグが、中南米アンデスの社会で精神性や宗教的儀式に重要なものだったことは、すでに知られているが、これほど多くの種類の植物を調合して使っていたとは思わなかった


     これらは、南米の一ヶ所の考古学遺跡から見つかった薬物の数としては最大だという。

     人間の埋葬品の一部であると思われる、この儀式用の包みからは、人物が掘られた木製のタブレット(植物を粉状に粉砕するためのもの)、幻覚を生み出す植物を燃やし、その煙を吸い込むための吸引用管(人間の三つ編みの髪がついている)、3匹のキツネの口吻を縫い合わせて作ったポーチ、ラマの骨のヘラなどが出てきた。


    3_e
    革袋の中身。木彫りの嗅ぎタブレット、人間の髪の三つ編みの紐が付いている吸引用管、キツネの口吻で作られたポーチとラマの骨でできたヘラ。
    image credit:Jose Capriles/Penn State

    ポーチの内側に付着していた数種の向精神薬


     研究チームはさらに分析を進め、キツネの口吻で作られたポーチの内側を引っかいて得られた少量の物質を解析した。

    2_e
    キツネの口吻の皮で作られたポーチ作られたポーチ。シャーマンたちはこのポーチの中に薬物を入れていた。
    image credit:Jose Capriles/Penn State


    この向精神剤混合物の中には、ベンゾイルエクゴニン(コカインの主要な代謝物質)、コカイン、ブフォテニン(ヒキガエルの皮膚からとれる有毒幻覚剤)、ジメチルトリプタミン(DMT、幻覚剤)、ハルミン(幻覚性がある)、サイロシン(キノコからとれる幻覚剤)が含まれ、少なくとも3つの異なる植物種から採取されていることがわかった。

    5_e0
    儀式用の包みの中に入っていた、向精神性のある植物を粉砕するのに使われたと思われる木製のタブレット。
    image credit:Jose Capriles/Penn State

    シャーマンの幅広い薬物の知識

     これほど様々な薬物が含まれていたのはなぜか?
    幻覚を長引かせるために、シャーマンが複数の異なる植物を同時に使った可能性はある。そこに、ハルミンやDMTを合わせて、アヤワスカ(幻覚剤)のように飲み物として飲んだり、吸引したりして、幻覚状態に到達したのだろう(ホセ・カプリレス助教授)

     こうした薬物吸引セットを持っていたシャーマンは、幻覚を引き起こす植物に関して幅広い知識があったに違いないと研究者たちは信じている。これらの植物のほとんどは、南米の異なる地域にあるものだからだ。

     ニュージーランド、オタゴ大学の研究者、メラニー・ミラーは言う。

    包みの持ち主は、向精神作用の成分をもつ植物を少なくとも3種類、あるいは4~5種類も手に入れることができたのではないでしょうか

    この発見は、大昔の人々が、こうした強力な作用をもつ植物についての広範な知識をもち、その薬効や向精神性を十分に理解し、わざわざ入手して利用していたことを、改めて思い出させてくれます。

     この発掘結果は5月6日『米国科学アカデミー紀要(PNAS)』に発表された。

    References:news.berkeley/ written by konohazuku / edited by parumo


    全文をカラパイアで読む:http://karapaia.com/archives/52274165.html 
    (出典 news.nicovideo.jp)

    <このニュースへのネットの反応>

    【【歴史】シャーマンの儀式に使用か?約1000年前の向精神薬が入った袋が発見される!(ボリビア)】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】
    Credit:sciencealert

    Point

    ■トルコ南部にある古代遺跡「ギョベクリ・テペ」の彫刻は、紀元前1万950年頃の「彗星衝突」を記録していた可能性が高い

    ■彫刻に施された動物たちの配置が、紀元前1万950年頃の天体の星座と一致した

    ■この時期は「ヤンガードリアス」という氷河期が始まっており、彗星の衝突がその原因であると考えられる

    古代彫刻の暗号は、なんと「彗星衝突」の記録だった!?

    イギリス・エディンバラ大学の研究によると、トルコ南部にある古代遺跡「ギョベクリ・テペ」に彫られた動物の位置が、約1万3千年前の星座の配置と一致することが明らかとなった。

    この時期は「ヤンガードリアス」と呼ばれる亜氷期が始まった年代であり、彫刻の解読から彗星の衝突がその原因となっている可能性がきわめて高くなったようだ。

    研究の詳細は、2017年の「Mediterranean Archaeology and Archaeometry」上に掲載されている。

     
    動物の配置が天体の星座と一致
    「ヴァルチャー・ストーン」の全体像 / Credit:sciencealert

    遺跡内の「ヴァルチャー・ストーン」と呼ばれる石柱には、サソリや魚など星座に用いられる動物たちが彫られている。

    これらは明らかに意図的な形で配置されており、研究チームはこの動物群を天体の星座であると想定。動物の配置に該当する星座年代をシミュレートした結果、紀元前1万950年頃の天体と一致することが判明したのだ。

    Credit:sciencealert

    1万950年頃といえば、「ヤンガードリアス」という小さな氷河期が始まったとされる年代だ。

    要するに彗星衝突の影響で舞い上がった塵が地球上を覆い、氷河期が始まったと考えられるのだ。それを示すかのように、石柱には頭部のない人の像も彫られている。

    これは彗星衝突による甚大な被害を示しているのだろう。

    文明の転換点となった「彗星の衝突」


    さらにこの時代は、人類が狩猟採集の文化から農耕文化へと移行していった重要な時期でもある。

    おそらく彗星衝突により、広範囲に自生していた植物が壊滅的な被害を受けたため、人類は自分たちで作物を育てる必要に迫られたのだろう。

    また同時期にマンモスも絶滅し始めており、狩猟文化も大きく変化したようだ。

    まさに「彗星衝突」は人類の文明を180度転換させた歴史的な出来事と言える。


    Credit:pixabay

    主任研究員のマーティン・スウェットマン氏によると、「ギョベクリ・テペ」は古代の天体観測所として活用されており、彫刻が施された石柱は天体現象を記録する記念碑であったとのことだ。

     

    「ギョベクリ・テペ」が建設されたのは紀元前9000年頃と、彗星襲来の2000年ほど後に当たる。つまり彗星衝突は数千年にわたって古代人たちの間で語り継がれ、その後石柱の彫刻として記憶されることとなったのだろう。

      
    reference: sciencealert / written & text by くらのすけ
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【彗星衝突】古代遺跡の彫刻に描かれた暗号は、1万3千年前の「彗星衝突」を指していた!?】の続きを読む


    👇【詳細記事】

    yemeni-81175_640_e

    人類史上最悪の年は何年だろう?

    中世を専門とするアメリカ・ハーバード大学の歴史家マイケル・マコーミック氏にたずねたところ彼は、「西暦536年」と答えた。

    それは、ペストがヨーロッパの人口を半減させた1349年でもなく、スペイン風邪の流行で5000万から1億人の犠牲者が出た1918年でもない。

    日本では古墳時代にあたる。
    いったい536年に、世界に何が起きていたのだろう?

    ―あわせて読みたい―

    19世紀以降、一歩間違えば人類滅亡の危機につながっていたかもしれない10の出来事
    日本が2つも!火山噴火・竜巻・巨大地震、近い将来必ず来る!と予測されている10の自然災害
    自然災害・疫病・人為ミス・小惑星など、かつて地球を危機に陥れた12の事象
    日本が2つも・・・ もし噴火したら世界を終わらせる可能性を秘めている、恐るべき6つの火山
    デジタル化社会が抱える闇。今後テクノロジー暗黒時代に突入していくかも知れない10の理由

    536年、謎の霧が太陽から光を奪う

    その年、ヨーロッパ、中東、アジアの一部で謎の霧が垂れ込め、18ヶ月に渡って昼夜を問わずに暗闇にしてしまった。

    「1年中、まるで月のように太陽の光から輝きが失われた」と東ローマ帝国の歴史家プロコピウスは記している。

    536年の夏の気温は1.5~2.5度下がり、過去2300年間で最も寒い10年が始まった。

    中国では夏に雪が降り、作物は枯れ、餓死者が出た。「降ってきた黄色い塵を手ですくい上げることができた」と『南史』に記されている。

    朝鮮半島では雷が鳴り、疫病が大流行した。アイルランドには、536~539年にかけて不作が続いたという記録がある。

    さらに541年、エジプトにあるローマ帝国の港町ペルシウムを腺ペストが襲った。

    「ユスティニアヌスのペスト」と呼ばれるようになったそれは、とんでもない勢い蔓延し、東ローマ帝国の3~2人に1人の命を奪い、帝国の崩壊を早めた。fantasy-landscape-1481154_640_e

    謎の霧の正体は大規模な噴火による火山灰だったことが判明

    この暗黒時代と呼ばれる時期を覆ったミステリアスな霧の原因は、長い間謎とされてきた。

    しかしマコーミック氏らがスイスにある氷河を解析した結果、その犯人は536年初めに起きたアイスランドの噴火によって、北半球中に撒き散らされた火山灰であることが分かった。

    さらに540年と547年にも大きな噴火があり、これにペストの流行が追い打ちをかけたことで、ヨーロッパ全土の経済活動は640年まで停滞することになったのだ。
    ashes-1867440_640_e

    異常な夏の気温低下と火山噴火に関連性

    1990年代の木の年輪の研究によって、540年前後の夏は異常なまでに寒かったことが明らかになって以来、その原因の究明が進められてきた。

    火山が噴火すると、硫黄や蒼鉛といった物質が大気中に舞い上げられ、それがエアロゾルの幕となって日光を反射する。

    気温が低下するのはこのためだ。

    スイス、ベルン大学のミヒャエル・シグル氏らが、グリーンランドと南極から採取した氷のデータを年輪と比較すると、過去2500年で生じた異常な冷夏のほぼすべてで、事前に火山の噴火があったことが明らかになっている。

    シグル氏らによると、535年末か536年初め、次いで540年におそらく北アメリカで生じた大規模な噴火によって、当時の日照量の低下と寒冷な気候を説明できるだろうという。
    fantasy-2925250_640_e0

    最新の高解像度機器で発見された火山性ガラス粒子

    一方、マコーミック氏と一緒に研究をしたアメリカ・メーン大学のポール・マエフスキ氏は国際的なチームを率いて、2013年にスイスアルプスのニフェッティ峰氷河で採取した氷床コアを調査した。

    それは72メートルもの氷のサンプルで、2000年分の火山灰、サハラ砂漠の砂嵐、人間の活動の痕跡が残されたものだった。

    研究チームはこのサンプルを、レーザーで120ミクロン(積雪数日~数週間分に相当)単位で区分する最新の機器を用いて分析。過去2000年の間に生じた砂嵐、噴火、鉛汚染を1ヶ月の単位で明らかにした。

    その結果、536年の春の氷から火山ガラスの粒子が2つ発見された。

    これをX線で調べると、ヨーロッパの湖や泥炭湿原ならびにグリーンランドの氷床コアで以前発見されたものとよく一致していることが分かった。

    そして、以前発見された粒子はアイスランドの火山岩と似ている。

    こうした化学的な類似点は、スイスで採取された氷床コアの粒子がアイスランドの火山から飛んできたものである可能性を窺わせる。

    現時点では、噴火が生じたのが北アメリカだったのか、アイスランドだったのか断定できない。

    それでも、536年の風と気候が噴火の煙を南東へと流し、ヨーロッパ全土を横断し、さらにはアジアにまでいたらせたに違いないと、メーン大学のアンドレイ・クルバトフ氏は話す。

    これが太陽を遮った霧の正体なのである。iStock-174994803_e

    それから1世紀後、明るい兆しが見え始めるが・・・

    それから数度の噴火が生じた1世紀の後、氷の記録からは明るい兆しを見ることができる――640年に大気に含まれる鉛の量が一気に増えたのだ。

    銀は鉛鉱床から精錬される。つまり鉛は銀の需要が増加し、経済が復活したサインである。

    その次の鉛のピークは660年で、これは新しく興った中世社会の経済に銀が大量に流れ込んだという痕跡だ。 

    このことは、取引が増加するにつれて金が不足するようになり、金貨から銀貨主体の経済に変化したことを示している。

    イギリス・ノッティンガム大学のクリストファー・ラヴラック氏によると、それは初めて商人階級が台頭した印であるという。

    氷の記録には、それからさらに先の時代、またもや暗黒時代がやってきた痕跡も残っていた。

    1349~1353年に大気中の鉛が消えてしまうのだ。

    黒死病――ペストの大流行によって、経済は再び崩壊した。

    人生山あり谷ありというが、人類は、ランダムに自然に試練を与えられながら、なんとか今日まで存続しているのだ。さあ、明日はどっちだ。511250dd

    追記:(2018/11/26):本文の一部を修正して再送します。
    References:Why 536 was ‘the worst year to be alive’/ written by hiroching / edited by parumo

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52268036.html  

    こちらもオススメ!

    ―歴史・文化についての記事―

    オランダの刑務所事情。受刑者不足で閉鎖が相次ぎ、ホテルやアパートへの改装が進む。その理由とは?
    世界初。ナチス・ドイツ時代の暗号機「エニグマ」の内部3Dモデルが公開される
    タイでは公共の場で学生たちのキスが禁じられているが、新たに家の中でも禁止される修正案が提出される
    1930年代に開発されたアメリカの美顔計測器が恐怖以外見当たらない
    カタツムリがその速さを競うだと?カタツムリ世界選手権開催 (カタツムリ出演中)

    ―知るの紹介記事―

    あなたを敵(苦手)と思っている人に、あなたを好きにさせるには?シンプルな心理トリック「ベンジャミン・フランクリン効果」
    ついに「不気味の谷」を超えたか?24時間戦える人間そっくりの人工知能(AI)がニュースキャスターになる時代に
    いつ食べたいかで方法を選べる。固いアボカドをやわらかくする5つの方法
    交通事故で入院中、隣人に愛犬(セラピー犬)を預けたはずが、たらい回しにされ行方不明に。ついに感動の再会。
    国際宇宙ステーションで潜在的に危険な細菌が発見される
         
    (出典 news.nicovideo.jp)
    【【歴史】人類史上最悪の年は「西暦536年」 太陽から光を奪いとった謎の霧で世界中に大異変!】の続きを読む

    ギリシャの南ペロポネソス地方で、紀元前12、13世紀にトロイア戦争の生き残りたちが構築した都市の遺跡とみられる宝飾品やコイン、住宅跡などが発見されました。

    (出典 www.cnn.co.jp)

    👇【詳細記事・画像】

    [アテネ 13日 ロイター] - ギリシャの南ペロポネソス地方で、紀元前12、13世紀にトロイア戦争の生き残りたちが構築した都市の遺跡とみられる宝飾品やコイン、住宅跡などが発見された。

    文化省は、この発見により、富裕な古代都市「テネア」の存在が示唆されたと述べた。これまでは、テネアの所在地は主に歴史的な言及を根拠としていたが、今回の発見はその存在の証明だとしている。

    古代ギリシャの旅行家・地理学者パウサニアスによると、テネアはアガメムノン王の捕虜となったトロイア人が構築した可能性がある。

    最新の発掘では、ローマおよびヘレニズム時代に遡る7つの墓が出土したほか、初めて入植跡が見つかった。

    発掘を率いるヘレニ・コルカ氏はロイターに、「舗装道路や建築構造跡など、都市の痕跡が見つかったことは重要」と述べた。

    発見された墓には壷や宝飾品が多数埋葬されており、死後の世界への旅費として使用される金貨も1枚出土。この都市が富裕だったことが示唆されたという。

     11月13日、ギリシャの南ペロポネソス地方で、紀元前12、13世紀にトロイア戦争の生き残りたちが構築した古代都市「テネア」の遺跡とみられる宝飾品やコイン、住宅跡などが発見された。10月撮影の提供写真(2018年 ロイター/Greek Culture Ministry)
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【歴史】古代ギリシャの富裕都市か?住宅跡や死出の旅用金貨など出土!】の続きを読む

    ピラミッド建設の謎が解明された!?

    👇【詳細記事・画像】

    Point
    ・ギザの大ピラミッド建設に使われたとされる「傾斜システム」の遺構がエジプトの採石場にて発見される
    ・このシステムを用いれば、20°以上の急角度であっても巨大な石を運び上げることができる
    ・この発見が、長年考古学者を悩ませてきたピラミッド建設の謎を解明するための手がかりとなることが期待される

    世界最大のピラミッドとして知られるギザの大ピラミッドですが、考古学者たちは、古代エジプトの人々がどのようにして巨大なピラミッドを建造したのか未だに全貌を明らかにすることができていません。

    しかし最近、エジプト東部の砂漠の採石場において、彼らが4,500年前に巨大な石を引っ張り上げた設備が発見されたと話題になっています。考古学者らが採石場で発見したのは「傾斜路の遺構」であり、この発見により当時ピラミッド建設に用いられた設備や技術についての解明が進む可能性があります。

    この設備は、両脇に階段のような段差を作ったスロープから成るもので、スロープの両端には「滑車」としての役割を果たす木の杭を深く打ち込むための穴があけられています。そして古代エジプトの人々は、ロープを結びつけた「そり」の上に巨大な石を乗せて、スロープの上下から引っ張ることで、石を高い位置まで持ってきたことが考えられます。
    実際に発見された「遺構」

    石を運び上げるイメージ図

    この方法を用いることで、20°以上の傾斜であってもピラミッドの材料となる石を運び出すことができたとのことです。また、このような設備は他のどの場所においても見ることができませんが、採石場の調査により、それがギザの大ピラミッドの建設を命じたとされるクフ王の年代以前のものであることが分かっています。

    クフ王、カフラー王、メンカウラー王が被葬者とされる3大ピラミッドの中でも最も大きいのが「クフ王」のものであり、建設された当時の高さはおよそ146メートルと相当のもの。そして、現存する唯一の「世界の七不思議」としても有名です。 

    このピラミッド建設のために「傾斜システム」が用いられたことは多くの考古学者が予想するところでしたが、具体的にどのような方法が使われたのかについては謎に包まれたままでした。今回の発見は、ピラミッドの謎を1つ解明するための大きなヒントとなるかもしれません。

     

    ピラミッドを「作ってみた」男がその神秘の力を証明!? 植物が急成長、病気も治る?


     via: livescience / translated & text by なかしー 

    ピラミッド建造の謎が解明?採石場で「傾斜システム」の遺構が発見される
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【歴史】ピラミッド建造の謎が解明?採石場で「傾斜システム」の遺構が発見される!】の続きを読む

    このページのトップヘ