フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ:スポーツ > テニス


    👇【詳細記事・画像】


    (出典 www.sankei.com) 

    大坂なおみがサーシャ・バイン氏とのコーチ契約を解消した。大坂自身がネット上で明らかにし、バイン氏も「自分をチームの一員にしてくれてありがとう」と返しており、アメリカの契約社会にありがちな任期切れかと思われたが、そうではないらしい…。

    「世界ランキング1位になったことで、その次の目標として、ネットプレー、第2サーブの改良など技術的な課題を克服したい、と。それに適したコーチに乗り換えるようです」(専門誌記者)

     だが、一部メディアでは全豪オープン中、バイン氏と20分弱の練習しかしていなかったこと、練習後にアドバイスをしようと駆け寄るのを拒んだ目撃談も報じられていた。感情的な衝突もあったようだ。

    「全豪オープン中の大坂は、全米オープンを制した時と異なっていました。今回は日本テニス協会のスタッフも乗り込み、対戦相手のデータを提供し、『日本の大坂』を海外に強調しているようにも見受けられました」(前出・専門誌記者)

     大坂の二重国籍問題を重ねて見る向きもないわけではない。アメリカと日本の両国籍を取得しており、世界テニス協会が定めるルールからすると、大坂は東京五輪も「日本選手」となるが、アメリカ流出の懸念が完全に払拭されたわけではない。こうした事情から日本協会が大坂との距離をより親密にしようとし、全豪オープンを後方支援したとされている。そのため、バイン氏が居場所を失った可能性も指摘されていた。

    「2月17日からのドバイ選手権ですが、大坂は『コーチなし』で臨むことになりそう。後任は数人に絞られたようですが、最終的な決定はまだ」(特派記者)

     試合中、バイン氏がやさしく励ますシーンが好感を持たれた。大坂が飛躍的な活躍を見せ始めた頃、日本では部活動の暴力的指導が取り沙汰されていただけに、2人の関係をうらやむ声も聞かれた。日本協会がこの関係に割り込んできたとしたら、ひと波乱起こりそうである。

    (スポーツライター・飯山満)

    アサ芸プラス

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【テニス】急転!大坂なおみ選手、コーチを「突然契約解除」!影でチラつく日本協会の“暗躍”?】の続きを読む



    (出典 www.jiji.com
    👇【詳細記事・画像】

    フルセットの死闘の末、メドベージェフ撃破!

    テニスのブリスベン国際は6日、男子シングルスの決勝を行い、第2シードで世界ランク9位の錦織圭(日清食品)が、第4シードで同16位のダニル・メドベージェフ(ロシア)と対戦。6-4、3-6、6-2で勝利し、2016年2月のメンフィスオープン以来、1056日ぶりの優勝。決勝の連敗を9で止め、ツアー通算12勝目を挙げた。

     過去の対戦成績は1勝1敗。前回は昨年10月の楽天オープンの決勝で対戦し、敗れていた相手だ。第1セットは第2ゲームに先にブレークを許すも、第5ゲームでブレークバックに成功。第7ゲームでもブレークし、このセットは6-4で先取した。

     第2セットも一進一退の展開だったが、先にブレークを許し3-6で落とした。第3セットは先にブレークに成功し6-2。フルセットの死闘の末に頂点に立った。

     錦織は前回の優勝後、決勝で9連敗中だった。どうしてもあと一歩が届かなかったが、2019年の初戦で勝負弱さを見事に払拭。悲願のグランドスラム制覇へ、最高のスタートを切った。

     完全復活だ。2017年の途中に右手首を痛め、2018年の復帰戦はチャレンジャーツアーの1回戦で世界238位の選手に敗れた。最高で4位だった世界ランクは、4月には39位まで落ち込んだ。それでも徐々に調子をあげて全米オープンで4強進出するなど再びトップ10返り咲き。あとは優勝のタイトルだけだった。(THE ANSWER編集部)


    ツアー通算12勝目を挙げた錦織圭【写真:Getty Images】

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【テニス】錦織選手、1056日ぶり優勝!決勝連敗は9でストップ、完全復活のツアー通算12勝目!】の続きを読む

    全米オープンに2年ぶり9度目の出場となる錦織選手が、初戦を勝利しました!おめでとうございます👏👏

    格下の相手を圧倒、大会公式も完璧な内容を評価

     テニスの4大大会最終戦全米オープンは28日、男子シングルス1回戦を行い、世界ランク19位の錦織圭(日清食品)は同50位のマクシミリアン・マルテラー(ドイツ)に6-2、6-2、6-3のストレートで快勝した。第2セットに披露したキレキレのダウンザラインが脚光を浴びていたが、大会公式サイトは「完全に彼のゲームだった」と称賛している。

     第2セット。3-2で迎えた第6ゲームだ。錦織のサービスを左のフォアで懸命にリターンするマルテラー。だがこの時点で勝負ありだ。サイドライン際に陣取っていた錦織は、飛び上がりながら、バックハンドで強烈なダウンザラインを決めて見せた。マルテラーが一歩も動けない見事なショット。相手を圧倒したこの試合を物語るような、インパクト十分の一撃だった。

     102分間でストレート勝ちした錦織。大会公式サイトは「ケイ・ニシコリは1回戦のテストを楽々突破した」と題してレポートしている。

    「ニシコリは6-2で第1セットを素早く取った。2回目の全米オープンの舞台となるマーテラーはニシコリ相手に大きな左のサービス、フォアハンドで挑んでいった。しかし、マーテラーは28歳のニシコリにバックハンドを決められるなど、6-2、6-2、6-3で簡単にストレート負けを喫してしまった」

    ATPは次戦の相手にフォーカス「日本のスターはここまで3勝1敗」

     記事ではこう錦織の強さを伝え、「完全に彼のゲームだった」と称賛。錦織が試合後に、今日はほぼ完璧な試合運びだった、と振り返っていたことも紹介している。

     またATPツアー公式サイトは、世界ランク39位のガエル・モンフィス(フランス)との2回戦にフォーカス。「ケイ・ニシコリは2回戦でガエル・モンフィスと対戦する。日本のスターはここまで3勝1敗だが、2017年のロジャーカップではこのフランス人に敗れている」と過去の対戦成績に言及。錦織が2014年に準優勝。モンフィスが16年に準決勝まで進んでいることにも触れている。

     死のブロックに入ったと言われる錦織。この日のような盤石の内容で、フランスの実力者も倒したいところだ。
    (THE ANSWER編集部)

    錦織圭【写真:Getty Images】
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【全米オープン】【テニス】錦織圭選手、初戦突破‼】の続きを読む

    錦織圭選手、ベスト4進出できず残念…ジョコビッチ選手は強かった~

    👇【詳細記事】
    錦織は4セットで敗退、ジョコビッチが3年ぶりの準決勝進出 [テニス]                錦織は4セットで敗退、ジョコビッチが3年ぶりの準決勝進出 [テニス]

    (出典:スポーツ総合(テニスマガジンONLINE))
     

    (出典 image.thetennisdaily.jp)

    【【速報】【ウィンブルドン】錦織圭選手が惜しくもベスト4逃す‼】の続きを読む

    このページのトップヘ