フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ: ギャンブル



    (出典 i.ytimg.com)
    👇【詳細記事・画像】

    2月から規制緩和「新内規」に対応した機種がリリースされるパチンコ。確変継続率「65%以下」の上限は撤廃され、自由度の高いスペックが開発可能となった。

     その第一弾とされる『ヱヴァンゲリヲン~超暴走~』が先日フィールズから発表された。「従来より高い確率変動継続率を搭載」とコメントするなど、ようやく復活した「確変高ループ」へ早くも期待の声が殺到中だ。気になる確変性能だが......。

     一部関係者の間で有力情報が浮上中。なかには、アノ女王を「超える」と豪語する関係者もいるようだ。

    「遊びやすいスペックで、現行のMAXタイプではなく『ライトミドル』に近い仕様だといわれています。最も気になるループ性能ですが、一部では『シンフォギア以上の連チャン率』と豪語する関係者も。実質継続率は相当高いようですね。続報が非常に気になります」(記者)

     業界を長く牽引する『ヱヴァ』というブランド力。さらに、絶賛稼働中の『CRF戦姫絶唱シンフォギア』(SANKYO)を超えるスペックとなれば、確実に注目を集めるだろう。本機の動向から目が離せないが......。

     新内規マシンに関するウワサは『エヴァ』だけではない。業界の帝王『牙狼』で知られるサンセイR&D、そしてアノ「大手メーカー」もすでに"スタンバイ"しているようだ。

    「まだ正式発表はありませんが、昨年サンセイさんから検定を通過した"某機種"が新内規スペックだと言われていますね。該当するのは2機種ですが、そのどちらかの可能性が高いようです。

    また、サミーさんにも『動きがあった』との声は多いですよ。ですが、現在の検定通過機を見ると、そのほとんどが別スペックとなる『甘デジ』タイプ。まだ検定は通過してないとの見方が多いです」(同)

     サミー×高継続で期待されるのは、やはり『北斗の拳』シリーズ。ただ、パチスロ6号機『チェインクロニクル』でもあったように、第一弾は"様子見"する可能性もあるだろう。とはいえ、今後『北斗』シリーズがリリースされないことはまずあり得ない話だ。それは時間の問題かと思われる。

     サンセイR&D、そしてサミーにも近々動きがありそうなパチンコ界。業界を代表する"超大物"だけに、今後の動向から目が離せない。

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ギャンブル】パチンコ「規制緩和」で『北斗』やアノ大物にも動きが? 限界突破の「超・継続」その気になる動向は......】の続きを読む

    娯楽の少ない地方の人は「パチンコ・パチスロ」やる人が多いですね。
    私もその1人です。(*ノωノ)

    (出典 shitsumonaru.com)

    .6848021 2018/08/08 08:23           

    パチンコが好きな都道府県って実は〇〇でした!

    パチンコが好きな都道府県って実は〇〇でした!
    ■パチンコは地方で大切にされている
    パチンコと言えば名古屋が有名ですので愛知県がパチンコ発祥の地とさえ思われているほど、パチンコが盛んな県かとも思われるところです。

    しかし、実際に調べてみればそれほどパチンコがメジャーな県ではありません。

    パチンコ店はかなり昔から全国津々浦々に進出している国民的レジャーになっているのです。

    それ故、パチンコ以外は何の娯楽も無いというのが、大体、地方である証しにもなっていたりします。

    競合する娯楽が無ければ、店の出店数も増えるのは自然です。

    特に競馬場、競艇場などが無いとその影響は大きくなるのではないでしょうか。

    パチンコ台数やパチンコ店数であれば、いずれも愛知県、東京都、大阪府などの都会の都道府県が上位を占めています。

    しかし人口当たりパチンコ台数の上位にある都道府県は、宮崎、鹿児島、大分、長崎と九州勢が揃っていて続いて青森など東北勢が優勢になっているようです。

    ■パチンコ王国を自負している宮崎県
    中でも宮崎県は、県が自らパチンコを全国に堂々とアピールしていたりもするほどのパチンコ王国になっているようです。

    その証拠に10数年前に宮崎県が発行した「お国自慢本」に、宮崎県はパチンコ王国として観光客の誘致メッセージまで掲載しているのです。

    さすがに自治体がギャンブル依存症のネタにもなっているパチンコを地域おこしに役立たせようとしている県は、他では見受けられません。

    確かに人口当たりのパチンコ台数が全国1位であるだけでなく、パチンコ店数でも全国3位にあります。

    それだけでなく県民のパチンコに対する親密度もきっと高いからできることなのでしょう。

    ■地方にパチンコ店が多い理由
    宮崎県だけでなく周辺の大分県、鹿児島県、高知県なども数字的にパチンコ大国であるようです。

    これには共通した特性があるとしか思えません。

    ・行き場の少なさ
    やはり音楽や美術など高尚な文化イベントに触れる機会の少ない地方ばかりであって、休日の行先も他に見当たらず自然とパチンコを求めているような気もします。

    とりあえずドライブへと出発したものの結局、道中でやたら目に付いたパチンコ店でまったり過ごしてしまったなんて言う話があってもおかしくもありません。

    ・自然環境
    地方には地方ならではの休日の過ごし方もあるものです。

    都会に比べて自然がすぐ目の前にありますので、それを活かした野外活動をするには適しています。

    ところが、高齢化に伴いそれだけの体力気力が伴わない人もまた多いのです。

    温暖な地方では年中、気軽に出かけられるからという理由も思い浮かべられます。

    ・パチンコ店の快適さ
    夏には避暑地にもなるパチンコ店は、自宅でクーラーを効かせまくるよりは経済的で天の助けのようにさえ感じていたりもしています。

    さらに旦那が家から出てパチンコ店でも行ってくれれば一服できるという家庭環境も後押ししていたりするケースもあるでしょう。

    郊外の無料駐車場の広い大型のパチンコ店が多いのも特徴です。

    ちょっと買い物の気分でドライブ中に気軽に立ち寄れるのは、年配者には有難いものです。

    ・県民性
    ギャンブルに対する抵抗感も薄く大らかに受け止める県民性もあるのではないでしょうか。

    所得こそ低くても年金などでやり繰りできなくもない高齢者のパチンコファンも多いことでしょう。

    大らかな人柄から何も考えず勝った負けたをいちいち気にしないのも、パチンコへの抵抗を小さなものにしているのかもしれません。

    気付かないうちにギャンブル依存症になっている人がいても、生活に窮するほどにもならなければそれはそれで楽しめているからいいくらいにしか思っていない人も多いのです。

    中には生活保護を受けながらも、パチンコだけは生きる楽しみになっているケースだってあるらしいのです。
    【日時】2018年08月08日
    【提供】YAZIUP       
    【【パチンコ】パチンコが好きな都道府県って?実は〇〇でした‼】の続きを読む

    このページのトップヘ