フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ:音楽 > 邦楽


    👇【詳細記事・画像・動画】
    ■IZ*ONE、今夜放送のNHK総合『シブヤノオト』でニューシングル「Buenos Aires」のパフォーマンスを初披露!

    (出典 Youtube) 
    IZ*ONEの日本2ndシングル「Buenos Aires」(6月26日発売)のティザー映像第2弾が公開された。
    5月27日に公開された第1弾ティザーは、ラテンテイストのサウンドに乗せてメンバー12人が魅惑的な視線を投げかけるイメージ映像だったが、ファンから「美しすぎる、最高!」「曲も良さそう」と楽曲を期待する声も寄せられていた。

    満を持して本日6月1日に公開された第2弾ティザーでは、一度聴いたら頭から離れない中毒性の高いサビ部分と、12人の美しくも高難度のフォーメーションダンスの一部が楽しめる。

    なお、IZ*ONEは本日6月1日24時5分から放送されるNHK総合『シブヤノオト』に出演、「Buenos Aires」のパフォーマンスを初披露する。

    (C)OFF THE RECORD

      
    リリース情報
    2019.02.06 ON SALE
    SINGLE「好きと言わせたい」

    2019.06.26 ON SALE
    SINGLE「Buenos Aires」

    イベント情報
    「Buenos Aires」購入者対象イベント
    08/10(土)千葉・幕張メッセ
    08/11(日)千葉・千葉県千葉市 幕張メッセ
    09/24(土)愛知・ポートメッセなごや
    09/23(月・祝)大阪・大阪南港ATCホール

    ティザー映像
    https://youtu.be/Wc2LVHiuU7Q

    IZ*ONE JAPAN OFFICIAL WEBSITE
    https://www.izone-official.com/
    (M-ON! MUSIC NEWS)
    掲載:M-ON! Press
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【IZ*ONE】一度聴いたら頭から離れない!IZ*ONE・新曲「Buenos Aires」の中毒性が高いサビを初解禁!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像・動画】

    米津玄師が6月3日(月)にリリースする配信限定シングル「海の幽霊」。映画『海獣の子供』予告編で一部が公開されていたが、100名限定で行われた『海の上映会』にてMVが公開となった。今回のMVはアニメ映画『海獣の子供』の映像を全編に使用したビデオとなっている。

    『海の上映会』

    『海の上映会』


    『海の上映会』

    『海の上映会』

    MV先行視聴会『海の上映会』は、100名のみが参加し都内に浮かぶ「船」にて実施。船内は、B1Fを“深海”に見立て、薄暗く水泡の音が響くなか、映画内「江の倉水族館」として登場する「新江ノ島水族館」とのコラボレーションで実現した、貴重なクラゲやヒトデなど海洋生物を展示。その奥中央には、五十嵐大介が書き下ろした「海の幽霊」のジャケットが、1.2m四方サイズの水槽の中に浮かび、水中の光の揺らぎを生で感じられるような見せ方で展示。1Fは“浜辺”に見立てられ、波の音を聞きながら、映画「海獣の子供」のビジュアル展が展開され、映画の場面シーンのライトアップパネルや、クジラの泳ぐムービーが展示。そして2F、船上デッキの屋上は、“海の空”と題され、そびえ立つ巨大マストにMVが投影された。


    『海の上映会』

    『海の上映会』

    『海の上映会』

    『海の上映会』

    今回のMVはアニメ映画『海獣の子供』の本編映像によって表現されており、「STUDIO4℃」が描く繊細でもありながらダイナミックな自然や生き物、人物の描写が全編を通して描かれている。また、本作のジャケットは『海獣の子供』の原作者・五十嵐大介が書き下ろしたアートワークとなっている。


    (出典 Youtube) 

    米津玄師
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【米津玄師】「海の幽霊」全編アニメーションMVを海の上で解禁!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像・動画】

    BUMP OF CHICKENの新曲“流れ星の正体”のリリックビデオと弾き語り映像がオフィシャルサイトとInstagramでそれぞれ公開された。

    藤原基央(Vo,Gt)がアコースティックギターで弾き語るリリックビデオは、2017年1月28日から1月30日までの期間限定でバンドのオフィシャルサイトで公開されていた“流れ星の正体”の1番の映像に2番を加えたもの。藤原による手書きの歌詞が映し出される。

    またバンドのオフィシャルInstagramでは、レスポールスペシャルを手に藤原が弾き語る様子を捉えた映像が公開。藤原は「今日のうちに聴いてもらいたい唄を歌いました」とコメントしている。

    BUMP OF CHICKENは7月10日にニューアルバムをリリース。現在、ライブツアーのファミリーマート先行予約を実施している。
     

    BUMP OF CHICKEN

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【新曲】BUMP OF CHICKEN・新曲「流れ星の正体」弾き語り公開!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像・動画】
    ■米津玄師、CDセールス中心であった平成の音楽史に、今までにないあらたな記録の形を提示!
      
    米津玄師の楽曲「Lemon」がトリプルミリオンセールを記録。数々の記録を更新し続ける米津玄師が、平成を締めくくる4月にまたあらたな偉業を成し遂げた。
    2018年の各主要ランキングを総なめにした「Lemon」。2018年3月14日にリリースされたCDシングルは、53万セールスを突破。2月12日より配信開始したデジタルダウンロードの249万ダウンロードと合わせて302万となり、トリプルミリオンセールスを達成した。(2019年4月8付、ビルボードジャパン調べ)

    平成生まれのアーティストとしては、「史上初」のトリプルミリオンセールス。ビルボードジャパンが2008年に総合チャート「JAPAN HOT 100」を発表開始して以降、サザンオールスターズ「TSUNAMI」、SMAP「世界に一つだけの花」に次ぐ3作品目のトリプルミリオンセールスとなった。

    さらに、ビルボードジャパンがダウンロードデータを集計開始した2010年以降にリリースされた作品としては、初となるトリプルミリオンセールスを記録。歴代の名曲と並び、平成を締めくくる快挙達成となった。

    TBS金曜ドラマ『アンナチュラル』の主題歌として書き下ろした楽曲「Lemon」は、配信初週で23.6万ダウンロードを記録し、主要配信サイトのデイリーランキングで21冠、ウィークリーランキングで13冠を達成。2019年1月に日本レコード協会「史上最速」、オリコンデジタル「史上初」の200万ダウンロード認定を受けた。

    CDセールスのみならず、デジタルダウンロード数と合算でのトリプルミリオン達成は、CDセールス中心であった平成の音楽史に今までにないあらたな記録の形を提示したといえる。

    また、YouTubeで公開している「Lemon」のミュージックビデオは、3.5億回再生を記録。米津のYouTube公式チャンネル登録者数は350万人に到達しており、1億回再生超えの動画数は7作品と日本最多、総合計再生回数も18億回再生を突破し、今もなお記録更新中だ。オフィシャルTwitterのフォロワー数も200万人を超えている。

    2018年2月のリリース以降、1年を通して世代を越え幅広いユーザーから大きな支持を獲得した「Lemon」。さらに、『第69回NHK紅白歌合戦』でのテレビ初歌唱の大反響を受け、米津は国民的アーティストとして確固たる人気を築いた。

    日々、目まぐるしく変わる音楽シーンにおいて「♪今でもあなたはわたしの光」と歌う米津玄師。平成だけでなく、新しくはじまる新時代でも音楽シーンの未来を照らす“わたしたちの光”として、多くの驚きをもたらしてくれるだろう。
    掲載:M-ON! Press
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【快挙】米津玄師がまたも快挙達成!「Lemon」が平成生まれアーティスト初のトリプルミリオンセールスを記録!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像・動画】
    ■スキマスイッチ 、『「奏(かなで)」1億回突破記念!!〜共に歩んだスキマスイッチ15年間の軌跡〜』スペシャル映像公開!
     
    スキマスイッチの名曲「奏(かなで)」が、YouTubeで1億回再生を突破したことを記念して、スペシャル映像が公開された。
    スキマスイッチの2ndシングルとして2004年3月10日に発売された「奏(かなで)」は、総ダウンロード数200万ダウンロード、2018年DAM年間カラオケランキングで3位にランクインと、リリースから15年の時を経ても、色褪せることなく愛され続けるスキマスイッチ不朽のラブソング。

    このたびYouTubeでのミュージックビデオ再生回数が1億回を超えたことを記念して、スペシャル映像 『「奏(かなで) 」 1億回突破記念!!〜共に歩んだスキマスイッチ15年間の軌跡〜』が公開された。

    同曲が収録された初のベストアルバム『グレイテスト・ヒッツ』(2007年8月1日リリース)は、100万枚のセールスを記録。同年、同曲でNHK「紅白歌合戦」に3年連続出演を果たした。

    これまでにクリス・ハート、島谷ひとみ、JUNHO(From 2PM)、高橋真梨子、島津亜矢ら多くのアーティストがカバーしており、2017年2月には川口春奈、山崎賢人主演映画『一週間フレンズ。 』の主題歌として、バックトラックだけをあらたに録り直し、セルフコラボレーションされた「奏(かなで)for 一週間フレンズ。」が発売され、大きな話題を呼んだ。

    スペシャル映像『「奏(かなで) 」 1億回突破記念!!〜共に歩んだスキマスイッチ15年間の軌跡〜』は、スキマスイッチの年代を追った「奏(かなで)」を歌唱するライブ映像だけで構成された、15年の歩みを表現する内容となっている。
    掲載:M-ON! Press
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【音楽】スキマスイッチ 「奏(かなで)」YouTube1億回再生突破を記念して15年間にわたる歌唱映像を一挙公開!】の続きを読む

    このページのトップヘ