フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ:映画 > アニメ


    👇【詳細記事・画像】


     ディズニー/ピクサーの『トイ・ストーリー』シリーズ最新作『トイ・ストーリー4』より、おなじみのおもちゃたちが登場する日本版本予告とキャラクターたちが大集合したビジュアルが解禁。あわせて、新キャラクターでバイクスタントのおもちゃデューク・カブーン役に声優の森川智之、ボー・ピープの相棒でシリーズ最小のおもちゃ・婦人警官ギグル役に竹内順子が決定した。

     解禁された予告映像は、主人公のウッディやバズ・ライトイヤー、シリーズ2作目以来19年ぶりの登場となるボー・ピープなどおなじみのおもちゃたちはもちろん、自分をゴミだと思っている手作りおもちゃフォーキーや、ふわもふコンビのダッキー&バニーら、新しいメンバーも続々登場。

     「ボニーに必要なのは俺じゃない。フォーキーだ」と話すウッディだったが、フォーキーが逃げ出したことで新たな冒険が始まる。そこで、ボー・ピープとの運命的な再会を果たしたウッディは「貴方に必要なものは?」とボーに問いかけられる。映像の最後は「子供部屋の外には世界が広がっている。あなたが輝ける場所はここかもしれない」と、ウッディの今後を匂わせるボーの意味深な発言が。アドベンチャーに留まらない、ドラマティックな結末を予感させる映像となっている。

     さらに、オリジナル版ではキアヌ・リーヴスが声を担当する新キャラクター、デューク・カブーン役を、数多くの作品でキアヌの吹き替えを担当してきた森川が務める。森川は「人気作品『トイ・ストーリー』シリーズに日本版声優として参加できることになり、とても嬉しく光栄に思います。デューク・カブーンは、スタントマンのヒーローのおもちゃで、とても強烈な個性を放っております。早く皆さんに観てもらいたいです!」と喜びのコメント。

     またシリーズ史上最小でボー・ピープの過去を知る勝ち気な婦人警察官ギグル役を務める竹内は「ギグルはとてもとても小さく、お人形のボーの肩にちょこんと乗っているのが印象的です。小さいのでマスコット的存在なのかと思いきや、ボーとは相棒のような関係です。どうぞ劇場でお楽しみください!」と自身が演じるおもちゃを説明している。

    映画『トイ・ストーリー4』は7月12日より全国公開。

    『トイ・ストーリー4』キャラクタービジュアル(C)2019 Disney/Pixar.All Rights Reserved.

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】懐かしの仲間たちも再結集!「トイ・ストーリー4」日本版予告&ビジュアル解禁!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像・動画】

    アニメーション映画『LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘』の追加キャストと予告編が公開された。

    5月31日から公開される同作は、『LUPIN THE IIIRD』シリーズの第3弾で、モンキー・パンチ原作の漫画『ルパン三世』シリーズおよびそのアニメの登場人物・峰不二子を主人公とした作品。父・ランディが横領した5億ドルの鍵を握る少年ジーンと峰不二子が、殺し屋・ビンカムから逃亡する姿を描く。峰不二子の声を沢城みゆき、ルパン三世の声を栗田貫一、次元大介の声を小林清志が演じる。監督は小池健。

    今回新たに発表されたオリジナルキャラクター・ビンカム役を演じるのは宮野真守。呪いの力で人の心を操る殺し屋で、ジーンの父・ランディを襲った過去を持つ。

    公開された予告編には、「来たわよ、ランディ」「不二子、息子を連れて逃げてくれ」という言葉をはじめ、次元とルパンの「年商10億ドル? ずいぶん羽振りがいい会社だな」「裏じゃ相当な悪事に手を染めてるって噂だ」と会話する様子、ビンカムが拘束具を外される姿、不二子がビンカムと戦闘するシーンや銃を構える場面などが確認できる。

    発表とあわせてキービジュアルと場面写真が公開。キービジュアルには銃を手にした不二子の姿や、「ヤバいぜ、不二子。」というコピーなどが写し出されている。また場面写真では、不二子がソファーに座って足を組む様子や、ビンカムが前を見据えるシーン、ルパンや次元の姿などが確認できる。

    一般公開に先駆けて、4月24日に東京・新宿のバルト9で完成披露上映会が開催。栗田貫一、宮野真守、小池健監督、浄園祐プロデューサーが登壇する。チケットは4月13日から販売開始。

    『LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘』キービジュアル 原作:モンキー・パンチ ©TMS
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】アニメーション映画「LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘」予告編公開!】の続きを読む



    (出典 media.comicbook.com)
    👇【詳細記事・画像・動画】

     連載開始から21年を迎える超人気コミック『ONE PIECE』。1999年から放送開始したTVアニメは、2019年10月に放送20周年という大きな節目を迎える。そして、8月9日(金)より全国劇場にて公開される劇場版最新作『ONE PIECE STAMPEDE(スタンピード)』の第2弾特報が21日公開された。

    特報動画

    ◆この夏、日本を熱狂の渦に巻き込むのは、“海賊万博”での“海賊王の遺した宝探し“!!
     このたび解禁となった第2弾特報は、「20周年という名目がなければぼくはこんな映画やらせません。だって面白いに決まってんじゃん!!」という原作者・尾田栄一郎が、本作へ太鼓判を押した直筆コメントから幕を開ける。今作の舞台は「海賊の、海賊による、海賊のための世界一の祭典 海賊万博」! 華やかなパビリオンが立ち並ぶ島に「麦わらの一味」や「最悪の世代」をはじめとする世界中の海賊たちが集結。海賊たちの目的は、海賊万博での目玉イベント「海賊王(ロジャー)の遺した宝探し」。時代の覇権を左右するお宝争奪戦の火蓋が切られる。
    ◆元ロジャー海賊団:ダグラス・バレット 海賊万博の主催者:ブエナ・フェスタ 初解禁!
     映画のオリジナルキャラクターとして、白熱するお宝争奪戦に突如として乱入してくる、元ロジャー海賊団「“鬼”の跡目」と呼ばれた男ダグラス・バレット、そしてルフィたちを海賊万博へと誘う、海賊万博の主催者ブエナ・フェスタが本特報で初解禁となった。不敵な笑みを浮かべるフェスタ、海賊たちの前に立ちはだかるバレット、そしてルフィとバレットの激突など、今回の劇場版で繰り広げられる激しい戦いを予感させる。第2弾特報とあわせて解禁されたイラストは、原作者・尾田栄一郎による描きおろし! さまざまな表情を浮かべるフェスタ、“耳がちぎれてる”などのメモが残されたバレットなど、彼らがルフィたちとどう関わっていくのか、どんな物語を見せるのか、乞うご期待。さらに20周年記念作品の本作だからこそ登場するキャラクターの情報も初解禁。トラファルガー・ローやスモーカー、たしぎ、そして千両道化のバギー、モージ、カバジやアルビダ、Mr.3(ギャルディーノ)で構成されるバギーズデリバリーの『ONE PIECE STAMPEDE』参戦が決定。

    ■ダグラス・バレット



    ブエナ・フェスタ

    〈『ONE PIECE STAMPEDE』情報〉
    8月9日(金)より全国劇場にて公開

    原作:尾田栄一郎
    配給:東映

    【STORY】
     海賊の、海賊による、海賊のための、世界一の祭典 海賊万博。「祭り屋」と呼ばれる万博の主催者ブエナ・フェスタからの招待状を手にしたルフィたち麦わらの一味。導かれるまま会場に着くと、華やかなパビリオンが所狭しと並び、最悪の世代をはじめとする多くの海賊たちも群がり、大きな盛り上がりをみせていた。万博の目玉は「海賊王(ロジャー)の遺した宝探し」。宝を手に入れ名を上げたい海賊たちによるお宝争奪戦の火蓋が切られた! しかし、海賊たちが熱狂する万博の裏では、別名「最悪の戦争仕掛け人」フェスタの凶行が張り巡らされ、海賊たちを一網打尽にしようと海軍までもが動き始めていた―――。時代の覇権を左右するお宝争奪戦が熱を帯びる中、突如、元ロジャー海賊団「“鬼”の跡目」と呼ばれた男ダグラス・バレットが乱入。ルフィたちの前に恐るべき脅威となって立ちはだかる! 狂乱する海賊と、事態の収束を諮る海軍、さらには王下七武海、革命軍までもが参戦。敵味方入り乱れて類を見ない大乱戦が巻き起こる。お宝争奪戦と海賊万博は予測不能の大混乱へと陥っていく!!

    (C) 尾田栄一郎/2019「ワンピース」製作委員会

    モンキー・D・ルフィ

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】【ワンピース】アニメ放送20周年記念作品・劇場版「ONE PIECE STAMPEDE」第2弾特報解禁!】の続きを読む



    👇【詳細記事・画像・動画】

     スパイダーマン映画シリーズで初めてアカデミー賞の長編アニメーション賞にノミネートされ、ゴールデン・グローブ賞(アニメーション作品賞)も受賞した『スパイダーマン:スパイダーバース』。米国の各メディアから「スパイダーマン映画史上最高傑作!」と大絶賛を受けている同作の日本公開は3月8日から。待ち遠しいファンのために、唯一の女性スパイダーマンであるグウェン・ステイシー/スパイダー・グウェンの素顔を捉えた本編映像が公開された。
      
     本作の舞台は、ニューヨーク、ブルックリン。主人公マイルス・モラレスは、頭脳明晰で名門私立校に通う中学生。彼はスパイダーマンだ。しかし、その力を未だ上手くコントロールできずにいた。そんなある日、何者かにより時空が歪められる大事故が起こる。その天地を揺るがす激しい衝撃により、歪められた時空から集められたのは、全く異なる次元=ユニバースで活躍する様々なスパイダーマンたちだった——。

     その中の一人が女性スパイダーマンであるティーンエイジャーのスパイダ
    ー・グウェン。彼女は自分の世界ではドラマーであり、音楽やバレエを愛してきたため、スパイダーマンとしてのスーパーパワーに加えてバレリーナのような優雅さとロックスターのようなクールさでスイングや宙返りを繰り出す、華麗なるスパイダーウーマン。悪人相手に戦っているときにはタフで勇敢なファイターだが、自分の世界でつらい別れを経験したことから、他人と親しくなることを恐れているという繊細なアイディンティも併せ持っている。

     「スパイダーマンは一体何人いるんだ?」。スパイダーウーマンの突然の出現に
    戸惑うマイルスに対して「コミコンで聞け!」と適当な軽口を叩くピーター・パーカーとの陽気な掛け合いも見どころだ。

    ■日本語吹き替えキャスト
    マイルス・モラレス/スパイダーマン:小野賢章
    ピーター・パーカー/スパイダーマン:宮野真守
    グウェン・ステイシー/スパイダーグウェン:悠木碧
    スパイダーマン・ノワール:大塚明夫
    スパイダー・ハム:吉野裕行
    ペニー・パーカー:高橋李依
    キングピン:玄田哲章
     

    『スパイダーマン:スパイダーバース』(3月8日公開)で大活躍するスパイダー・グウェン
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】映画「スパイダーマン:スパイダーバース」スパイダー・グウェンの素顔初公開!本編映像も初解禁!】の続きを読む



    (出典 www.spider-verse.jp)
    👇【詳細記事・画像・動画】

    全米公開初登場1位を獲得し、各メディアから「スパイダーマン映画史上最高傑作!」と空前の大絶賛を受けた『スパイダーマン:スパイダーバース』。スパイダーマン映画シリーズで初めてゴールデン・グローブ賞(アニメーション作品賞)を受賞し、アカデミー賞<長編アニメーション賞>にノミネートされた本作より、本編映像が解禁!

    迷路のように入り組んだ地下鉄構内の暗闇の中で繰り広げられるスパイダーマン・マイルスと、闇社会に君臨するキングピンの手下で、超人的なスピード力を誇るプラウラーが繰り広げる緊迫サブウェイ・チェイスノシーンを捉えたハラハラドキドキのシーンをお楽しみください。

    (出典 Youtube) 

    ニューヨーク、ブルックリンの名門私立校に通う中学生のマイルス・モラレス(声:小野賢章)はスパイダーマンの能力を持つが、まだその力をうまくコントロールできずにいます。そんな中、地下鉄構内でプラウラーと遭遇、暗闇の中で”サブウェイ・チェイス”を繰り広げるハメに! プラウラーはハイテクスーツによる強さとスピードを備えている上、まるで飛んでいるように遠くへジャンプすることができる空気圧ブーツとを赤外線暗視スコープを装着。今持つ自分のパワーを駆使して必死に逃げるマイルスですが、どれだけ逃げても居所を即座に発見されてしまいます……!

    緊迫感あふれるチェイス・シーンは、これまでのCGアニメーション作品に対する観客の想像と期待を遥かに超えるダイナミックな新世代の映像スタイル! リアリズムと臨場感が溢れる逃走・対決シーンなど、目がくらむように美しい緻密なCGI映像に加え、コンピューターで昔のドットプリントを再現。重ねることで、グラフィックノベルのざらつき感を表現したり、緊張感のより高まるシーンはあえて往年のコミックブック風イラストレーションで表すなど”すべてが正確でフォトリアル”というこれまでのCGのルールの概念を覆すような、まるで自分が美しいコミックブックに入り込んだような感覚へと導かれるシーン映像となっています。

    なお、本作においてプラウラーのコスチュームは、コミックスでは緑色だが本作では紫色に変更、鉤爪などのディティールも追加されより恐ろしいヴィランになっているところもご注目を! 『スパイダーマン:スパイダーバース』は3月8日日本公開。

    『スパイダーマン:スパイダーバース』ストーリー
    ニューヨーク、ブルックリン。マイルス・モラレスは、頭脳明晰で名門私立校に通う中学生。彼はスパイダーマンだ。しかし、その力を未だ上手くコントロール出来ずにいた。そんなある日、何者かにより時空が歪められる大事故が起こる。その天地を揺るがす激しい衝撃により、歪められた時空から集められたのは、全く異なる次元=ユニバースで活躍する様々なスパイダーマンたちだった――。

    (出典 news.nicovideo.jp)
    【【映画】スパイダーマン映画史上最高傑作「スパイダーマン:スパイダーバース」本編映像解禁!】の続きを読む

    このページのトップヘ