フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ: 映画


    【詳細記事・画像】


    名優たちが次々に熱演!

    アメコミ映画のトレンドを象徴する存在

    バットマンの悪役ジョーカーの誕生を描く『ジョーカー』が10月4日から公開される。ベネチア映画祭で最高賞の金獅子賞を受賞した話題作だ。アメコミ原作の映画が、カンヌ、ベルリンを含めた世界3大映画祭で最高賞に輝くのは史上初の快挙。ジョーカーはこれまで何度か映画に登場しているが、アメコミ映画のトレンドを象徴する存在だ。

    ・巨匠監督作を抑え、『ジョーカー』が金獅子賞に輝く

    まずは89年、ティム・バートン監督『バットマン』でのジョーカー。演じたのはジャック・ニコルソン。当時52歳で、既にアカデミー賞を2度受賞していた(『バットマン』出演後に『恋愛小説家』で3度目の受賞)。主役のマイケル・キートンを上回る大物俳優で、映画の話題性を高めるのに大いに貢献した。化学工場の廃液に放り込まれたことで狂人と化し、“笑う殺人鬼”ジョーカーへ変貌。バットマンを食う怪演を見せた。アメリカで興収2億5100万ドルをあげ、年間1位の大ヒットを記録。以降、『バットマン』は4作まで作られる。アメリカではアベンジャーズやスパイダーマンなど数多くのアメコミ映画が作られ大ヒットしているが、その先陣を切ったのがバットマンであり、ジョーカーだ。

    次が08年、クリストファー・ノーラン監督『ダークナイト』で、演じたのがヒース・レジャー。ジョーカーは凶悪犯罪を繰り返し、「バットマンが正体を明かすまで殺人を続ける」と声明を出す。ニコルソンとは打って変わり、頭脳戦でバットマンを窮地に追い込むレジャーの演技が大きな話題になり、興収5億3500万ドルを記録。当時、『タイニタック』に次ぐ歴代興収2位の大ヒットとなった。批評家が絶賛したものの、アカデミー賞では作品賞や監督賞にノミネートされなかった。これが映画関係者の反発を招き、翌年から作品賞候補数が増えるきっかけとなった。レジャーは怪演が認められ、アカデミー賞助演男優賞を受賞した。アメコミ映画が単なる娯楽作から秀逸なドラマも生み出すジャンルへ成長した証となった。

    そして、ホアキン・フェニックスが主演した今年の『ジョーカー』。本作には『ダークナイト』のようなアクションシーンはなく、ドラマ性のみで勝負している。『ダークナイト』を上回るダークな作風で、アメコミ映画がより進化したといえるだろう。



    近年ベネチアで金獅子賞を受賞した作品はアカデミー賞レースを引っ張る存在になっている。一昨年の『シェイプ・オブ・ウォーター』はアカデミー賞作品賞や監督賞などを受賞、昨年の『ROMA/ローマ』は監督賞などを受賞した。アカデミー賞でアメコミ映画が作品賞候補となったのは『ブラックパンサー』、助演男優賞受賞は『ダークナイト』があるが、監督賞や主演部門のノミネートはない。両部門で候補になれば、アカデミー賞の歴史を塗り替えることになる。(文:相良智弘/フリーライター)

    相良智弘(さがら・ともひろ)

    日経BP社、カルチュア・コンビニエンス・クラブを経て、1997年の創刊時より「日経エンタテインメント!」の映画担当に。2010年からフリー。

    『ジョーカー』
    (C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM &(C)DC Comics
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】全世界が衝撃!オスカー受賞の大本命は「ジョーカー」だ!【動画あり】】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像・動画】


    10月25日(金)公開の映画『ジェミニマン』から、主演のウィル・スミスやアン・リー監督が撮影の裏側を語る特別映像が解禁された。

    <特別映像>
     
     (出典 Youtube)
    『ジェミニマン』は、ウィル・スミス演じるベテラン暗殺者が、政府に依頼されたミッションを遂行中に若き日の自分自身に襲われ、クローン技術の巨大な陰謀に巻き込まれていく、近未来SFアクション映画。『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズや『アルマゲドン』のジェリー・ブラッカイマーがプロデュースし、『ハルク』『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』のアン・リー監督がメガホンをとっている。

    解禁された特報映像は、同作の肝となる“ウィル・スミス VS 若き日のウィル・スミス”を実現した最新技術など、撮影の裏側をキャスト、スタッフが語るというもの。何者かの追跡から逃れようとする、暗殺者ヘンリー(ウィル・スミス)のバイクチェイスシーンから、青年姿の自分のクローンと対決するまでにフォーカス。さらに、最先端の3D技術により、ウィル・スミス自身が一人二役で演じた“ジュニア”の出来上がるまでの工程も明らかになっている。


    さらにウィルは、「これまで俳優として培った経験のおかげで、2つの世代を演じ分けることができた。23歳の頃ではジュニアは演じることが出来なかった」と、自らが20代を演じた意義についてコメント。また、製作のジェリー・ブラッカイマーは、「私たちが開発した技術は、アン・リー監督が長年求めていたもの。他のどの監督もやろうとしなかったことに挑戦している」と自信をのぞかせる。アン・リー監督「この2人のウィル・スミスは誰も見たことのないものだ」と太鼓判を押す。
    『ジェミニマン』メイキングより (C)2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

    『ジェミニマン』メイキングより (C)2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

    <日本版特報>


    (出典 Youtube)
    ウィル自身が「テクノロジーのおかげで凄まじい映像が実現している。この作品は映画製作も映画の見方も変えてしまうものになるだろう」と豪語する“ウィル・スミス VS 若き日のウィル・スミス”の対決は、どのような体験を観客にもたらすのか。

    『ジェミニマン』は10月25日(金)、全国ロードショー。 

    『ジェミニマン』メイキングより
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】ウィル・スミス VS 23歳のウィル・スミス?実現の裏側に迫る SFアクション映画「ジェミニマン」特別映像公開!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像・動画】

    映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の本編クリップ映像が公開された。

    (出典 Youtube)
    4月26日に公開された同作は、昨年公開の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の続編で、『アベンジャーズ』シリーズの完結編。8月7日にデジタル配信がスタートするほか、9月4日にはMovieNEXが発売される。発売を記念してオフィシャルサイトでは「今すぐアッセンブル!“We love you 3000”ルッソ監督へ届けこの想い!キャンペーン」を実施中。

    「スーパーウーマンの日」である7月19日に公開されたのは、女性ヒーローたちが「インフィニティ・ストーン」を運ぶスパイダーマンことピーター・パーカーを守り、サノスの軍隊と戦うシーンを捉えたもの。キャプテン・マーベルをはじめ、スカーレット・ウィッチ、ワスプ、シュリ、オコエ、ガモーラ、マンティス、ネビュラ、ヴァルキリー、ペッパー・ポッツら登場する。

    さらにMovieNEXの初回限定盤に付属するボーナスディスクの予告編が公開。「スタン・リーの功績」「ロバート・ダウニーJr.の存在」「キャプテン・アメリカを振り返る」など製作の舞台裏や未公開シーンの一部が紹介される。

    『アベンジャーズ/エンドゲーム』本編クリップ映像 ©2019 MARVEL
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】「アベンジャーズ/エンドゲーム」女性ヒーローが集結したクリップ映像公開!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像・動画】

     トム・クルーズが主演を務め、自身にとって出世作となった「トップガン」(1986年公開)の続編「トップガン:マーヴェリック(原題:Top Gun: Maverick)」の米国版予告編とポスタービジュアルが公開。ネットでは興奮気味な声が多数寄せられています。

    (出典 Youtube) 

    予告動画は、米カリフォルニア州サンディエゴで開催されているポップカルチャーの祭典「第50回コミコン・インターナショナル」で、7月19日(現地時間)にトム・クルーズがサプライズで登場し、初公開となったもの。現地のファンからは「Tom Cruise just showed up!(トム・クルーズが現れた!)」「We just watched the first trailer for Tom Cruise’s TOP GUN: MAVERICK!!!(トップガンの予告編を見たばかり!)」と興奮気味な声が上がっており、会場は大盛り上がりとなっていました。

     公開から1日で400万回再生(記事執筆時点)された動画では、迫力満点の飛行シーンやレザージャケットに袖を通し、サングラスをかけ、KawasakiのNinjaにまたがるシーンなど前作をほうふつとさせる場面が多数登場。一方で、進歩した映像技術により映画は6Kの超高画質で撮影しているとのことで、前作よりさらにグレードアップした本編に期待が高まります。

     予告編を見た人からは「懐かしの面々も出るし、予告だけで鳥肌」「トップガン前作の頃より格段に映像技術が進化してるから迫力凄いな」「トップガン2の予告朝から見てめっちゃ興奮した」といった声が寄せられるなど、反響が寄せられています。

     なお、映画は2020年6月米国公開予定となっています。


    (出典 ikuoc.net)

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】「予告だけで鳥肌」トム・クルーズ主演「トップガン」続編の予告が公開!前作を上回る迫力にファン大興奮!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像・動画】

    音楽界最高の栄誉であるグラミー賞を5度受賞し、「ローリング・ストーン」誌の“最も偉大なアーティスト100人”にも選ばれたロックミュージシャン、エルトン・ジョンの半生を映画化した『ロケットマン』が8月23日(金)から公開される。このたび、日本オリジナルとなる最新予告映像とポスターが到着した。
    <最新予告映像>

    (出典 Youtube)
    主演は「キングスマン」シリーズのタロン・エガ-トン、監督を『ボヘミアン・ラプソディ』(18)のデクスター・フレッチャーが務める本作には、『リトル・ダンサー』(00)のジェイミー・ベル、「ジュラシック・ワールド」シリーズのブライス・ダラス・ハワード、『シンデレラ』(15)のリチャード・マッデンといった実力派キャストが集結。さらに、『キック・アス』(10)や『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(11)の監督であるマシュー・ヴォーンとエルトン・ジョン自身が製作として参加するなど、注目を集めている。

    到着した予告映像では、タロン演じるエルトンの壮絶な人生の様子と、エルトンの名曲に合わせ歌い踊るミュージカルシーンが映しだされる。類まれなる音楽の才能を持ちながら、孤独を感じて育った少年が、自身の過去と名前を捨て、瞬く間にスターダムを駆け上がっていく姿と、本当に必要とする相手から愛を得られない辛い状況でも歌い続ける、エルトンの力強い生き様が、デクスター監督のファンタジックな演出で描かれていく。

    そして、誰もが一度は耳にしたことのある「ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」、「ロケット・マン」、「土曜の夜は僕の生きがい」、「クロコダイル・ロック」といった珠玉の名曲たちが映像を盛り立て、ますます期待が膨らむものとなっている。

    先日行われた第72回カンヌ国際映画祭の公式上映では、4分間に及ぶスタンディングオベーションを受け、評論家のレビューを集計するサイト「Rotten Tomatoes」に寄せられた観客の支持率は87%という高評価を記録するなど絶賛を受けている本作。『ボヘミアン・ラプソディ』に次ぐ新たな音楽映画の傑作が生まれる予感に、盛り上がりは最高潮だ!(Movie Walker・文/編集部)


    タロン・エガ-トン×デクスター・フレッチャー監督がエルトン・ジョンの半生を描く
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】エルトン・ジョンの苦悩と孤独に涙…「ロケットマン」最新予告とポスターが公開!】の続きを読む

    このページのトップヘ