フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ: 動物・生物


    👇【詳細記事・画像】

    2_e3

    なんじゃこれは!?干上がったエイリアンか? 

    海岸で怪しい形状の謎の生物の死骸が発見されたと、ニュージーランド、カンタベリーは騒然となっている。

    それは爪が生えた羽らしきものを持つ奇妙な生物だ。

    果たしてこの生物の正体は?

    羽から爪を生やす謎生物

    大きな嵐が通過したばかりの11月24日、ハンナ・マリーさんは母親とラカイアハッツの海岸を歩きながら、漂着したガラクタを集めていた。

    「最初はビニールシートか何かと思いました。で、浜辺から突き出ているものを引っ張ってみたら、ビニールどころじゃないものが!」とハンナさんは話す。

    少し離れたところにいたお母さんは、ハンナさんの悲鳴を耳にして、大慌てで駆けつけてきた。そして――娘よりさらに大きな悲鳴を上げた。

    それはあんぐりと口を開けた正体不明の生物の死骸で、爪の生えた羽があり、また下半身らしきところからはひょろ長い腕や尻尾のようなものが伸びていた。

    3_e3

    image credit:Hanna Mary
    「エイリアンか何かかと思いました。で、すごく興味を惹かれて。」

    毒があったりしては困るので、最初触れるのはかなり躊躇したという。だが、好奇心を抑えられず、二人はそれを自宅に持ち帰ることにした。

    2_e3

    image credit:Hanna Mary

    4_e1
    image credit:Hanna Mary

    5_e1
    image credit:Hanna Mary

    1_e5
    image credit:Hanna Mary

    フェイスブックでこの生物の正体を聞いてみたところ・・・

    この生物の正体が気になったハンナさん。まず、近所に剥製を作っている男性に聞いてみたが、彼も確かなことは分からなかったという。

    そこでハンナさんは、その男性のアドバイスに従い、フェイスブックに謎生物の写真を投稿してみた。

    するとたくさんの意見が寄せられた。

    ガンギエイ、もしくはニュージーランド・ラフ・スケート

    一番多かった意見はガンギエイである。

    かつて、ガンギエイの干物を加工し、海で捕獲された未確認生物の死体「ジェニー・ハニヴァー」としてヨーロッパの船乗りと収集家との間で売買されていたことがある。

    具体的にチヒロカスベ(学名 Bathyraja abyssicola)ではという声もあった。深海に潜むガンギエイ科の仲間だ。 

    しかしハンナさんによると、ガンギエイがラカイアハッツに現れるのは変だという。

    そこの海岸は岩場だらけで、沖に行くと急に深くなるという構造をしているので、それが自力で泳いでくることは無理だと思われるからだ。

    国立水・大気圏研究所(National Institute of Water and Atmospheric Research)のマルコム・フランシス博士によれば、死骸はガンキエイの一種で、オスのニュージーランド・ラフ・スケート(学名 Dipturus nasutus)であるという。

    800px-Zearaja_nasuta_by_Gregs_e

    ニュージーランド・ラフ・スケート image credit:Zearaja nasuta by Gregs

    「皮膚がトゲトゲしているので、ラフ(荒い)なんて名前が付けられています。カンタベリーでは一般的ですよ」とフランシス博士は話す。

     
    エイリアン!?地元民困惑。羽から角を生やした謎生物が海岸に打ち上げられる(ニュージーランド)

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【エイリアン!?】地元民困惑!?羽から角を生やした謎生物が海岸に打ち上げられる(ニュージーランド)】の続きを読む


    👇【動画】
    👇【詳細記事・動画】

    【動画はこちら】

    盲目で病気の犬の隣に座り、ナメて安心させてあげる猫の動画が話題です。動画には「うちの猫も、犬が亡くなる前に同じことををやっていました」「これはとても愛らしい、泣いてしまった」「凄いことだ」などのコメントが寄せられています。二匹の強い絆に涙してしまいそうです。

    盲目の犬に寄り添い、安心させるためにケアをする親友猫。二匹の深い絆に涙
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【動画】盲目の犬に寄り添い、安心させるためにケアをする親友猫。二匹の深い絆に涙...】の続きを読む


    👇【動画】
    👇【詳細記事】

    【動画はこちら】

    風呂の栓が抜けてお湯がたまらないことを不審に思った動画投稿者さん。奥さんが栓をするのを忘れたのだと思い尋ねたところ、「ちゃんと閉めた」とのことで、最終的に夫婦喧嘩になってしまったといいます。そこで、実際は何が起こっているのか監視カメラを仕掛け確認したところ、犯人はなんと愛猫だったことが判明!監視カメラの動画には、風呂蓋を開け栓を抜いてまた戻って来る様子が映し出されていました。なんでこんなことをするのでしょう^^; しかし、犯人が分かって良かったですね^^


    犯人はお前か!風呂の栓がいつも抜けていて、夫婦喧嘩までしてしまった投稿者さん。しかし監視カメラを仕掛けたら思いもよらぬ犯人が映っていた!

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【おもしろ動画】犯人はお前か!風呂の栓がいつも抜けていて、夫婦喧嘩までしてしまった投稿者さん...】の続きを読む

    この生き物は何!?

    👇【動画】
    👇【詳細記事・画像・動画付】

    【動画はこちら】

    ニュージーランドの海でダイバーが遭遇した生物が話題です。長さは約8メートル。実は、数十万にも及ぶ小さな生物の集合体だったということ。ダイバーさんたちは、水流でこの生物を傷つけないように緩やかに泳いだといいます。動画には「ワームオブザイヤー!」「エイリアンのようだ」などのコメントが寄せられています。海にはまだ人間の知らない生物がいるかもしれないと思うと、ロマンを感じます^^


    体長8メートルの巨大ワームのような生物にダイバーが遭遇し話題に!

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【エイリアン?】体長8メートルの巨大ワームのような生物にダイバーが遭遇し話題に!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像・動画付】

    top

     いまだ謎の多い深海には、まだ見ぬ面白生物が満載だが、今月発見された新種のホヤ類のルックスがすごくいい感じだ。

     この新たなホヤを見つけたのは、かつて新種の肉食の海綿生物を発見したことのある、深海調査に余念がないMBARIモントレー湾水族館研究所だ。

     細い長い茎のようなものを支えに、ユラユラ揺れながら栄養を摂取する新種のホヤ。エイリアンエッグにそのまま尻尾つけて泳がせたかのようにもみえるし、とにかくユニークでSFチックな姿だ。


    ―あわせて読みたい―

    凄く・・・大きいです。水中をうごめく巨大なチューブ「ナガヒカリボヤ」
    リアルパックンフラワー?大口を開けた半透明の深海モンスター、「オオグチホヤ」
    全長4メートル。深海に住む超巨大タコ「カンテンダコ」は食後のクラゲの触手を武器として利用している可能性
    水深3300メートルの海底からとんでもない形をした新種の肉食生物が発見される(米カリフォルニア)
    単体でもすごいのに、連鎖するともっとすごかった。透明でキュルキュルした神秘の生物、サルパの謎に迫る

    New deep-sea species Culeolus barryi

    深海で見つかった新しいホヤ

     これは、米カリフォルニア州モントレー湾の深海およそ1200mで発見された新種のホヤ類だ。

    スクリーンショット-(763)

    image credit:youtube

     発見当初は未分類だったが、のちにCuleolus(ツリガネボヤ属)に属する新たなホヤとして、今年5月、研究に携わったMBARIの生物学者ジェームズ・P・バリー博士にちなみ、Culeolus barryiと名付けられた。

    細長い茎で体を支えて栄養摂取

     Culeolus barryiの体は半透明で、海底に付着する細長い茎のような部分で本体を支えながら、体内を流れる海水中の微粒子から栄養を集めているという。


    スクリーンショット-(759)

    image credit:youtube

     調査によると、これらのホヤの大きさはばらつきがあり、ある標本は茎のような部分が長さ38cm、幅4.5mmで本体が長さ10.5cm、幅5cmほど。

     もう一つの標本は茎のような部分が19cmで幅2.5~3mm、本体長さ6.5cmで幅3.5~4cmほどだという。

    本体は一見卵のような形だが、海水が通るようになっている


    スクリーンショット-(758)

    image credit:youtube

    内部に並んでいる粒のようなものは生殖器官だそうだ
    スクリーンショット-(761)
    image credit:youtube

        

    こちらもオススメ!

    ―動画の紹介記事―

    秋の夜長はこんな動画でほっこりしよう。子供とペットたちの優しい関係総集編
    最速・最高・断崖絶壁などなど、一度は乗ってみたい!世界10の変わり種エレベーター
    これからは顔もDIYする時代。特殊メイク用のワックスで鼻や顎を自ら成形するメイク術が世界的大ブームに
    心の綺麗な犬にしか見えない魔法のドア?そしてまた、心の綺麗な少女のみ開けることができるっていう。
    木星の外縁に超巨大な緑色の物体が?

    ―水中生物についての記事―

    メダカの学校ならぬサメの大学校!過去最大規模のクログチヤモリザメの産卵場所が発見される(アイルランド)
    障害を抱え泳げなくなってしまった金魚が、仲間を得て再び泳げるようになるまでも物語(アメリカ)
    リアル・クジラに乗った青年。ロープが巻き付いて苦しむ大型のザトウクジラを救った漁師に賞賛の声
    あかんそれは生命線や。アザラシがダイバーの装備に興味をもった。顔から引きはがそうと必死(イギリス)
    ヘッドレスチキン(首なしニワトリ)の異名を持つユメナマコが南極海ではじめて観測される
         
    エイリアンエッグが泳いでいるみたい?新種のホヤ類が発見される(アメリカ)
    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【生物】エイリアンエッグが泳いでいるみたい?新種のホヤ類が発見される!】の続きを読む

    このページのトップヘ