フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ:スポーツ > ボクシング


    👇【詳細記事・画像】

     18日にAbemaTVで放送された「那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円」において、WBA世界ライトフライ級、WBC世界フライ級、WBA世界バンタム級など日本人としては史上初となる世界三階級制覇を達成した亀田興毅の電撃参戦が発表された。

     参戦の理由を問われた亀田が「これから未来ある若人にボクシングというものを教えてやろうかな」と不敵な笑みを浮かべながら答えると、亀田の印象を問われた那須川天心は「日本の格闘技を盛り上げた人。自分の実力がどこまで通用するかぶつけてみたい」と謙遜気味に話した。

     さらに亀田は「(那須川天心が)どんな戦い方をしてきても無理無理。一生懸命練習して、全力でぶつかって来たらいい」と続け、プロボクシングの世界で三階級を制した余裕を滲ませると、現RISE世界フェザー級王者としてキックボクシングの世界で無類の強さを誇る那須川も黙ってはいない。「KOしたい」とノックアウト宣言まで飛び出した。

     そんな那須川天心の「KO宣言」を受けた亀田は「吠えたらいい。当てれるもんなら、当てたらええ。やってきたところが違う」と応じ、絶対的な自信をのぞかせていた。

     なお同試合は6月22日(土)にスペシャルマッチとして開催されるが、18日には約3500名の応募者から選ばれた8名の中を勝ち抜いた2名、元WBAスーパーフライ級世界王者のTepparith Joegym(テーパリット・ジョウジム)と同志社大卒でボクシングジムを経営する藤崎美樹が那須川天心と対戦。テーパリット、藤崎ともに那須川天心を倒すことができず惜しくも賞金1000万円を逃している。19日(日)午後2時からは、那須川天心と亀田興毅による記者会見が予定されている。

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ボクシング】「那須川天心vs亀田興毅」が実現!亀田興毅「未来ある若人にボクシングを教えてやる!」】の続きを読む

    ミドル級王者の村田 涼太選手が2度目の防衛に失敗しました...残念です...


     プロボクシングの世界タイトルマッチが20日(日本時間21日)、米ネバダ州ラスベガスのパークシアターで行われ、世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者の村田諒太(32)=帝拳=が同級3位のロブ・ブラント(28)=米国=と12ラウンドを戦い判定(0-3)で敗れ、2度目の防衛に失敗した。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら

    ブラントのパンチを受ける村田=米ネバダ州ラスベガスのパークシアターで20日、AP
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ボクシング】ミドル級王者の村田 涼太選手が防衛に失敗...】の続きを読む

    ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

    【簡単に説明すると】
    ・『スッキリ』にボクシング連盟の山根会長が出演
    ・疑惑について全て反論
    ・約束の場所に現れず別の場所で落ち合う

    山根会長

    8月3日に放送された『スッキリ(日本テレビ系)』に日本ボクシング連盟の山根明会長が出演し話題となっている。

    当初の出演時間は9時20分頃だったが、その予定時間になっても山根会長は約束の場所に現れず、山根会長の居場所が不明となっていた。その後、山根会長とは約束していた場所とは別の場所で落ち合い、10時半までには生中継をすると約束。

    その後9時40分過ぎになると山根会長が現れ生中継が開始された。

    山根会長は入院していたにも関わらず、意外と元気そうで、インタビュー中もファイティングポーズを取る場面も見られた。

    グループ独占販売について問い詰められると、「そんなこと強制していない」と反論。しかし振込先が山根会長の親族のものになっていた。
    山根会長が「日本連盟で会社を作ることを提案したが、却下されたため当面の間受け皿として孫の口座を使っていた」と説明。

    グローブの説明が終わると山根会長が「ネットで事件にしようと書いてます、澤谷って人物知ってますか? 前科者ですよ」と発言。この発言が危ないと思ったのかスタッフが「次行きましょう」と助成金の話に意向させた。

    ・助成金分配について

    成松選手の助成金分配問題について、山根会長は「成松選手のおとなしい顔に騙された」と語った。成松選手は当初は分配に賛成していたと主張。

    ・問題について進退は考えてない落ち度は無い

    加藤浩次が今回の問題で進退について尋ねると「問題で進退は考えてない、なんら落ち度はない」と語った。更に「何故にテレビの生出演を決めたかと言うと理由があります。一昨日、元暴力団の森田組の組長から私の知人を呼んで『話は山根に言っておけ、3日以内に引退しないと山根の過去をバラすど!』という脅迫を受けました」と出演理由を語った。番組はそこで終わり、結果全ての疑惑は反論した形となった。

    脅された?

    (出典 news.nicovideo.jp)
    理解に苦しむ発言が多かったです。
    それに暴力団との関係があるって事を自分で言っちゃてますよね?
    完全にボクシング連盟は終わりですね!
    【【反論】スッキリに日本ボクシング連盟の山根会長が生出演‼「出演した理由は暴力団に過去をバラすと脅されたから」⁉】の続きを読む

    井岡一翔、現役復帰を表明 「4階級制覇を目指す」
    井岡一翔、現役復帰を表明 「4階級制覇を目指す」  朝日新聞
    (出典:朝日新聞)

    (出典 sukini164.com)
    井岡一翔氏29歳が4階級制覇を目指し復帰を表明‼

    1 豆次郎 ★ :2018/07/20(金) 11:47:57.16 ID:CAP_USER9.net

    7/20(金) 11:42配信
     ボクシング世界3階級を制覇した井岡一翔(29)が20日、都内で緊急会見し、現役復帰を表明した。米国を拠点とし、9月8日にロサンゼルスで開催される興行「スーパーフライ3」で復帰する。


     井岡は昨年大みそかに横浜市内で会見を開き「さらなる人生の目標を見つけたので引退を決めました。次のステージに進むビジョンはできています。(ボクシングは)人生のウオーミングアップ」などと語り、電撃的に引退を表明していた。

     大阪府堺市出身の井岡は、叔父に元世界2階級王者・井岡弘樹氏を持つ環境で育ち、大阪・興国高時代にボクシングで頭角を現す。高校6冠を達成後、東農大に進学したが、目指していた北京五輪出場の可能性が断たれ、中退してプロに転向した。2009年4月にプロデビューし、11年に当時国内最速の7戦目でWBC世界ミニマム級王座を獲得。12年には八重樫東(大橋)とのWBC・WBA世界ミニマム級王座統一戦を制し、日本人初の2団体統一王者となった。同年大みそかにWBA世界ライトフライ級王座も獲得し、当時日本最速の11戦目での2階級制覇を達成。15年4月にWBA世界フライ級王座を奪取し当時史上最速の18戦目で3階級制覇を成し遂げた。

     17年4月には5度目の防衛に成功して元WBA世界ライトフライ級王者・具志堅用高の持つ世界戦14勝の日本記録並んだ。その後、5月17日に歌手の谷村奈南(30)と入籍したことを発表すると、リングから遠ざかったまま11月9日付でWBA世界フライ級王座を返上。そして12月30日付で日本ボクシングコミッション(JBC)に引退届を提出し受理されると、大みそかに引退会見を開いた。戦績は23戦22勝(13KO)1敗。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000055-dal-fight


    【【復帰】【ボクシング】3階級王者の井岡一翔氏が現役復帰表明‼】の続きを読む

    このページのトップヘ