フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ:スポーツ > フィギュアスケート


    👇【詳細記事・画像】

    逆転V飾った紀平をウォン記者が称賛

    フィギュアスケートの四大陸選手権は8日(日本時間9日)、女子のフリーが行われ、グランプリ(GP)ファイナル女王でショートプログラム(SP)5位の紀平梨花(関大KFSC)は153.41点、合計221.99点で逆転優勝を飾った。SPでの5点差をひっくり返し、2位に14.53点差をつける圧巻の逆転劇に米の名物記者も大興奮。「史上稀に見るクイーンの復活」とたたえている。

     この16歳の精神力の強さは一体どこから来るのだろうか。左手薬指に故障を抱えながらも、紀平が圧巻の演技を披露した。冒頭のトリプルアクセルを綺麗に決めると、続くジャンプはトリプルアクセルの予定をダブルアクセル―3回転トウループのコンビネーションに変更し、これも見事に降りた。

     後半もジャンプをしっかりと決め、全体を通してミスのない演技。スピン、ステップでも加点を得て、ファンから何度も喝采を浴びた。滑り切ると、最後はガッツポーズ。満面の笑みで浜田美栄コーチとハグ。見事な逆転劇を完結させた。

     全日本選手権こそ2位だったが、国際大会はこれで5連勝。見事な女王ぶりに、米のジャッキー・ウォン記者もツイッターで興奮気味に称賛している。

    米記者は絶叫「クィィィィィィィィィーーーーーーーーン」

     冒頭のトリプルアクセルを決めると「トリプル・アクセル クィィィィィィィィィーーーーーーーーン」と興奮のツイート。そして演技を終えると、「リカ・キヒラのフリースケート。史上稀に見るクイーンの復活」とつづり、さらに「いまだ無敵ではないが、非常に困難な相手となるだろう」と更なる成長の可能性も指摘している。

     平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワらロシア勢が不在だった今大会。埼玉で行われる世界選手権(3月)は堂々の日本のエースとして、迎え撃つことになる。(THE ANSWER編集部)

    圧巻の逆転劇を見せた紀平梨花【写真:AP】

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【フィギュアスケート】紀平梨花、圧巻の逆転Vに米記者絶叫!「クィィィィィィィィィーーーーーーーーン」】の続きを読む


    👇【詳細記事】

    シニア転向後4連勝中の紀平を止めた、坂本の演技に脚光!

    フィギュアスケートの全日本選手権は23日、女子フリーが行われ、ショートプログラム2位の坂本花織(シスメックス)が152.36点で合計228.01点をマーク。逆転で初優勝を飾った。SP5位の紀平梨花(関大KFSC)は155.01点、合計223.76点で2位、SP1位の宮原知子(関大)は146.58点、合計223.34点で3位となった。五輪公式メディアでは「サカモトがキヒラの連勝を止めた」と特集している。

     今シーズンのシニア転向後、4大会連続優勝で向かう所敵なしだった紀平。フリーではトリプルアクセル2本を決めるなど、圧巻の演技で1位に立ったが、最終滑走の坂本も7本のジャンプを見事に決める華麗な演技で逆転してみせた。

    「カオリ・サカモトが日本のフィギュア女子シングルの新王者となった。18歳の四大陸選手権のディフェンディングチャンピオンは、魅惑のフリーを演じて見せたグランプリファイナル王者、リカ・キヒラの全日本初優勝を阻むことができた唯一のスケーターとなった」

     IOC運営の五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」では圧巻の演技を見せた16歳の、5連勝を食い止めた坂本を高く評価。その上で、「サカモトは勝つために148.12点が必要だった。これは自己ベストよりも5点も高かった。そして、彼女は人生最高の演技を繰り出した。152.36点で大阪におけるサプライズの勝利を掴み取ったのだ」とキャリア最高の舞いと絶賛している。

     紀平や“ミス・パーフェクト”の異名を持つ宮原が海外メディアから注目を集めていたが、キャリアハイのフリーで激戦を制した「Kaori Sakamoto」も、平昌五輪代表の名に恥じぬ、見事な逆転劇でフィギュア界にその名を知らしめた。(THE ANSWER編集部)
    逆転で全日本選手権初優勝を飾った坂本花織【写真:Getty Images】

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【フィギュアスケート】坂本花織選手!“紀平を止めたV”に五輪メディア脚光!】の続きを読む

    フィギュアスケート女子に、新たなスターが誕生しました!

    (出典 www.sankei.com)

    NO.7059108
    2018/11/10 19:27
    紀平梨花 GPシリーズ初出場初優勝 日本選手初の快挙
    紀平梨花 GPシリーズ初出場初優勝 日本選手初の快挙
    「フィギュアスケート・NHK杯」(10日、広島県立総合体育館)
    女子フリーが行われ、GP初出場でSP5位の紀平梨花(16)=関大KFSC=がトリプルアクセル2本を成功させる会心の演技で224・31点(SP65・59、フリー154・72)をたたき出し、日本選手初となるGP初出場初優勝の快挙を達成した。

     SPでは冒頭のトリプルアクセルで転倒してしまったが、残りのジャンプを成功させ5位に踏みとどまった。

     逆転を狙ったフリーではトリプルアクセルからトリプルトーループのコンビネーション決めてリズムに乗ると、再びトリプルアクセルに成功した。

    演技を終えると満面の笑みを浮かべた。

     紀平は9月のオンドレイネペラ杯でも2度のトリプルアクセルを成功。SP、フリーの合計で今季世界4位の218・16点をマークしていた。


    【日時】2018年11月10日
    【ソース】デイリー
    【関連掲示板】
    • スケート
    (出典 紀平梨花 GPシリーズ初出場初優勝 日本選手初の快挙 - スポーツニュース掲示板|爆サイ.com関東版)  
    【【フィギュアスケート】紀平梨花選手!GPシリーズ初出場初優勝 日本選手初の快挙 !】の続きを読む

    今季世界最高得点を更新でGP制覇!羽生結弦選手、おめでとうございます!

    (出典 media.image.infoseek.co.jp)

    👇【詳細記事】

    【ヘルシンキ時事】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、フィンランド大会は4日、ヘルシンキで男子フリーが行われ、五輪2連覇の羽生結弦(ANA)がショートプログラム(SP)との合計297.12点と圧倒し、2シーズンぶりのGP制覇を果たした。

    SP首位の羽生は190.43点をマークし、SPに続いてフリーと合計でも今季世界最高得点を更新した。

    2位は合計257.98点のミハル・ブレジナ(チェコ)。
    SP7位の田中刑事(倉敷芸術科学大)はフリーで9位にとどまり、合計206.82点の8位だった。 

    〔写真説明〕男子フリーで演技する羽生結弦=4日、ヘルシンキ(AFP時事)
    男子フリーで演技する羽生結弦=4日、ヘルシンキ(AFP時事)

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【フィギュアスケート】羽生結弦選手が圧勝!2季ぶりGP制覇!】の続きを読む

    今日のフリーでの滑りが楽しみです!
    フリーの滑走時間は日本時間の22時28分頃の予定です。

    (出典 the-ans.jp)
    👇【詳細記事】

    「秋によせて」を現役時代に使用した名手も認めた名演!

     フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦フィンランド大会は3日、男子ショートプログラム(SP)で五輪2連覇の羽生結弦(ANA)が106.69点の今季世界最高点をマークし、首位に立った。尊敬するジョニー・ウィアー氏がかつて使用した「秋によせて」を美しく演じ、“本家”のウィアー氏も「絶対的に素晴らしいスケーティング」と絶賛している。

     ほぼノーミスで演じ切った羽生。「秋によせて」の美しい調べに乗せ、技術と表現力を今季初上陸の欧州で見せつけた。106.69点の今季最高得点。ウィアー氏もすぐさま反応した。

     自身のツイッターで「ユヅル・ハニュウがグランプリ・フィンランド大会男子において106.69点の世界新記録でリード。絶対的に素晴らしいスケーティング」と手放しで絶賛している。

    「秋によせて」はウィアー氏が現役時代に使用し、世界のファンを魅了した楽曲。そんな五輪2度出場の名スケーターに憧れ、今季から使用する絶対王者を“本家”も認めていた。(THE ANSWER編集部)
    羽生結弦【写真:Getty Images】

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【フィギュアスケート】羽生結弦選手が圧巻のSP世界最高得点をマークし首位スタート! 】の続きを読む

    このページのトップヘ