フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ: ファッション


    👇【詳細記事・画像】

    夏の足元は明るい色で攻めたい!

    せっかくなら潔くオールホワイトでいきましょう。真っ白なスニーカーは合わせるスタイルを選ばず、コーディネートをクリーンに格上げしてくれるので一足は持っておきたいアイテム。

    とはいえ、世の中に溢れる白スニーカーの中から間違いない一足はなかなか選びきれません。それを解決すべく、今回はプロが選んだオススメを6足をご紹介。きっと至極の一足を選ぶ糸口になりますよ。

    シューレースは絞りましょう

     normal_98593943-1

    slack footwear – CLUDE ¥13,824(税込)

    脱ぎ履きするのに靴紐を縛ったり解いたり…。この作業が面倒だと感じることってありますよね。それなら靴紐は縛らずに絞れば一気に解決です。

    『slack footwear』のCLUDEはそこに着目し、靴紐を簡単に絞れるコードロックシステムを採用。見た目もスタイリッシュに決まるので、コーディネートの引き締め役にぴったりかと。

     
    究極にシンプル

    normal_98593943-1

    Slack footwear – LIBERIO (WHITE/WHITE) ¥11,664(税込)

    お次も『Slack footwear』から、LIBERIO。こちらは無駄を削ぎ落としながら外羽根に一枚パーツを重ねることで、シューレースを前面に見えないようにしているのが特徴。

    素材にはマイクロファイバーレザーを使用。いつも履いていた革靴からシフトするだけで、マンネリ化していたコーディネートもフレッシュになりますよ。

     
    定番中の定番

    normal_98593943-1

    adidas – STAN SMITH ¥12,960(税込)

    スニーカーの王様『ADIDAS』のSTAN SMITH。最早説明不要のシンプルでクラシックなデザインに、EDIFICEが一捻り加えることで既視感のない見た目に仕上げています。

    オリジナルではスリーストライプのパンチングが施されているところに、今回はカットアウトのトレフォイルを配置。人とかぶらない定番スニーカーが欲しいなら、ぜひ。

     
    本格ジャーマントレーナー

    normal_98593943-1

    REPRODUCTION OF FOUND EX – 別注 ジャーマンスリッポンスニーカー ¥24,624(税込)

    世界各地の軍用トレーニングシューズを現代的に再現したスニーカーを展開する『REPRODUCTION OF FOUND』。こちらのジャーマントレーナーは、1950~70年代にかけて実際に軍用シューズを手がけていたスロバキアのファクトリーに制作を依頼。同ブランドのこだわりよう、ハンパじゃありません。

    また、側面のラインにステッチを施すことでオリジナルモデルとの差別化を図るなど、さりげないアクセントも粋です。

     
    疲れ知らず

    normal_98593943-1

    HOKA ONE ONE – BONDI 6 ¥22,680(税込)

    ボリュームのあるスニーカーがトレンド入りし、注目度が上がっている『HOKA ONE ONE』。巷では黒をよく見かけるイメージですが、あえてホワイトを選ぶのが筆者的に◎

    高いクッション性で疲れ知らずなだけでなく、通気性の高いアッパーにより、この季節特有のジメジメした蒸れとも無縁。普段使いだけでなく立ち仕事にもオススメですよ。

     
    ハイクオリティ&クラシック

    normal_98593943-1

    MOONSTAR – GYM CLASSIC ¥9,180(税込)

    福岡の工場で、職人の手仕事によるバルカナイズド製法でハイクオリティーなスニーカーを生産している『MOONSTAR』。言わずもがな、クラシックな見た目と精巧で頑丈な作りは他とは一線を画す出来栄えです。

    汎用性の高いスニーカーを打ち出す同ブランドの中でも定番の「GYM-CLASSIC」なら、季節やコーディネートを問わず活躍してくれること間違いなし。

     
    アイテム選びの参考にはなりましたか? 一足持っておくととても便利なので、是非ともゲットを。

    またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【スニーカー】一足は欲しい!クリーンな白スニーカー6選!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    OOFOS ← そのブランドの名称がコレなのだが……何と読むか分かるだろうか? 私は当初「オーフォス」だと思っており、そう読むものと信じて買ったのだが、記事を書くために公式サイトを見たら「ウーフォス」と言うらしい。

    そんなことはどうでもいいのだが、私が言いたいのは「これがマジで快適」だということ。足のラクさをクロックスと比較したら、「ウーフォスが圧勝している」と言っていいだろう。




    ・好みのサンダルの傾向

    ここでウーフォスの説明にいく前に、私のサンダル愛について語らせて欲しい。個人的な話になって大変恐縮なのだが、私がサンダルをどれだけ使用しているのか、どういうものが好みなのかを伝えることで、読者の皆さま的にも「そういう理由でウーフォスを推しているのね」と参考になる気がするからだ。

    そんなわけで語らせてもらうと、私は1年の大半をサンダルで過ごしている。12〜3月は寒いのでさすがに靴を履くが、それ以外の月はほぼサンダル。理由は単純にラクだからであり、その1点を追求するあまり一時は真冬でもクロックスに靴下で通勤していた。

    仕方なく靴を履かなければいけないときは、それだけでテンションが下がってしまうほどで、海外に行くときもクロックス……つまり私はラクな履物を心から愛している。

    したがって、私がサンダルを選ぶ基準は、見た目のカッコ良さよりも何よりも快適度。これまで、キーンやらビルケンシュトックなどに浮気をしたことがあったものの、「なんだかんだ言って、やっぱりクロックスが一番かな。何よりラクだし」とふんわりと思っていた。

    が!

    そんな認識が、ぶち壊されたのだ。「ウーフォス」によって。圧倒的な快適度を誇る「ウーフォス」の一撃によってだ。なぜか? その大きな要因は、サンダル自体がグミのように柔らかくなっていることだろう。

    これのおかげで、地面に足が着いた時の感触がプニ〜。歩くたびにプニ〜プニ〜プニ〜。……想像がつくかと思うが、足がめちゃくちゃ楽なのだ。

    ちなみに、ウーフォスの公式サイトによれば、「衝撃の反発を37%も抑えることを可能にしてくれる素材」が使われており、その衝撃吸収力により「膝・腰・背中にかかる負担を軽減」してくれるとのこと。それからもう1つ言うと、「洗濯機での洗濯」も可能らしいぞ。

    洗濯機はまだ試していないので何とも言えないものの、「足以外もラク」というのは私も実感がある。このあたりは個人差があるかと思うが、私が先日ベトナム旅行をした際にウーフォスで何日も歩き回った感想を言わせてもらうならば、「クロックスより断然ラク。足だけじゃなく体全部がラク」であった。

    ──かといって、決してクロックスがダメなわけではない。クロックスの履き心地は素晴らしいと思うが、ウーフォスと比べたら勝負にならないのだ。クロックスが綿布団だとしたらウーフォスは羽毛布団って感じである。

    だがその分、ウーフォスはクロックスよりお高め。公式サイトを見たら7000円前後の商品が多く、私が店舗で購入した価格もそれくらい。正直なところ安くないから、特に初めての人は店頭などで試し履きしてから購入することをオススメする。公式サイトには取り扱い店舗の情報もあるので、そちらも参考にしてくれ。 

    参考リンク:OOFOS(公式)
    Report:和才雄一郎
    Photo:RocketNews24.

    画像をもっと見る

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【最強のサンダル】マジで快適! クロックスに圧勝している履物を発見した !】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    ダッドシューズ人気から再び熱い注目を集めているのが、80年代テニスシューズです。そんな当時の“ダサカッコいい”ヴィンテージデザインを現代へと受け継ぐ代表的モデルと言っても過言じゃない、アディダスの「CONTINENTAL 80(コンチネンタル 80)」に、日本限定カラーが登場しました! ダッドデザイン&限定カラーと来れば、お試しせずにはいられませんね! 

     

    本作は脇にツートンカラーのストライプと、スプリットラバーのカップソールを備えたレザー製ロートップモデルとなります。 80年代スタイルを彷彿とさせる、柔らかなフレンチテリーのライニングと、シューレースの脇のロゴウィンドウも特徴的です。

    ビビッドな日本限定カラーで足下のアクセントにピッタリ!

    アッパーは天然由来のレザーを使用しています。若干のシボ感があって、渋い質感も持ち合わせていますね。 

    サイドのマドにはアディダスのロゴとトレフォイルマークが入ります。 

    レトロなルックスですが軽量EVAミッドソールを採用しているので、履き心地は軽やかそのものです。 

    アウトソールは欧州生産車新車納入シェアNo.1のタイヤメーカー「Continental社」が開発したグリップ性の高いコンパウンドを採用しています。

      

    80年代テイストなデザインとビビッドなレッドの挿し色が見事にマッチしています♡ ネイビーのワイドパンツなどシックな着こなしではアクセントにも効いてくれますね!

     

    ここ最近のイージーシリーズからの流れを汲むような、今旬なシューズと言えますので、トレンドを意識したシューズ選びをしたいなら、間違いありませんよ!

    アディダス オリジナルス
    CONTINENTAL 80
    1万6200円

    80’Sのテニスシューズのヴィンテージルックを受け継ぐ「CONTINENTAL 80」の日本限定カラーとなります。

     

    アディダスグループお客様窓口

    TEL:0570‐033‐033

    http://shop.adidas.jp/

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【アディダス】80年代レトロの「コンチネンタル 80」に日本限定カラーが降臨!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    ニューバランスジャパン(東京都千代田区)は、新たなフラッグシップモデル「990v5」を2019年4月27日に発売。

    フラッグシップモデルとしてブランドを象徴する「990シリーズ」の最新作だ。

    「履き心地」をさらに高めた

    米ニューバランス工場で製造され、よりシンプルなデザイン、ホールド性、クッション性と安定性を併せ持ち、シリーズの神髄である"履き心地"をさらに高めた。現在のニューバランスを代表する1足に仕上がったという。

    発表資料によると、上質なピッグスキンスエードとメッシュを組み合わせたシンプルなデザインと、TPUカラーストラップによる足首のホールド、新採用されたOrtholite(オーソライト)インソールによるクッション性の向上、安定性と衝撃吸収性を兼ね備えたENCAP(エンキャップ)構造、そして衝撃吸収性と反発弾性を装備したABZORB(アブゾーブ)によって、フラッグシップモデルにふさわしい機能性と履き心地を実現した。

    メンズのグレーはD、2E、4E、ウィメンズのグレーはB、D、2Eのそれぞれ3つのウィズ(甲回りのサイズ)でもセレクトできる、ウィズサイジングシステムを採用している。細めから幅広甲高まで様々な足の形に最適にフィットするという。価格は各2万8000円(税別)

    <J-CASTトレンド>


    新たなフラッグシップモデル登場!

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ニューバランス】ニューバランスジャパン・新フラッグシップモデル「990v5」登場!「ブランド最高傑作!」】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】
    アディダスとラフ・シモンズとの新作コラボが公開!|メンズファッションニュース|GQ - GQ JAPAN
    ラフ・シモンズがアディダスの名作スニーカーを“だまし絵”の手法で表現した。
    (出典:GQ JAPAN)

    ラフ・シモンズがアディダスの名作スニーカーを“だまし絵”の手法で表現した。


    4月12日にアディダスはadidas by RAF SIMONSのスニーカー「RS Stan Smith」を発売する。アディダスのスニーカー“スタンスミス”をベースに、アッパーに“スタンスミス”とは別のアディダスのスニーカーの3D写真をプリントしている。価格は3万8000円でサイズはユニセックスに展開。アディダスのオンラインショップおよび取り扱いのあるストアにて販売する。

    3D写真に使われるのは「マイクロペーサー」「L.A. トレーナー」「トルション コンクェスト スーパー」「サンバ」「ピーチツリー」の5つのモデル。ラフ・シモンズが選んだ。ラフは絵画技法の“トロンプルイユ”からデザインを着想したという。5種類の現物を写真撮影して3Dデータ化し、アッパー素材にプリントした。印刷の精度は高く、サイドの3本線や「マイクロペーサー」のシュータンにあるLCDマイクロコンピューター、そして「L.A. トレーナー」のミッドソールに付属する3色ピンや、ヴィンテージスニーカー特有の汚れやはみ出した接着剤にいたるまでディテールが精密に表現されている。スタンスミスでありながら、スタンスミスには見えない“だまし絵”のようなフットウエアだ。


    【【スニーカー】アディダスとラフ・シモンズとの新作コラボが公開!】の続きを読む

    このページのトップヘ