Fresh News

毎日最新のニュースをお届けするブログです!     芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、話題のニュース全般をお届けします!

    カテゴリ:ニュース > 社会

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ドライバーのみなさん、コンビニワープはやめましょう!

    👇【詳細記事】

    ビジネス、今日のひとネタ

    日本国内のいたるところにあるコンビニ。駐車場のあるお店は、ドライブ中にちょっと立ち寄るのにも便利で、いまや道路沿いに「コンビニのある風景」は当たり前になっていますね。しかし、そんなコンビニの立地につけ込んだ「運転マナー違反」がいま話題となっているようです。

    「コンビニワープ」という言葉をご存じでしょうか? 赤信号を待つのを避けるため、右左折をする際などに、交差点の角にあるコンビニの駐車場や敷地を利用してショートカットするという手法です。

    先日、西日本新聞により紹介されネット上でもさまざまな声が寄せられています。

    「LIMO[リーモ]の今日の記事へ」
    ネット上の経験者・目撃者の声

    コンビニワープをしたことがある人は少なくないようです。経験者や目撃者がネット上で言うには、   

    「法的に問題ないよね、コンビニに寄って出ていくだけですよ?」
    「やったもん勝ち」
    「窓からタバコ捨てた上に通り抜けしていった」

    など、ワープする側はあまり罪の意識なども感じていないようです。
    これに対して、

    「眼の前で事故ってるの見た」
    「危険だからやめてほしい」
    「周りちゃんと見ろ、最悪」

    など、その危険性から問題視している人も少なくないようです。

    実際のところ、違法なのか?

    日常的に行われているコンビニワープですが、道交法(道路交通法)などには違反しないのでしょうか?

    コンビニを利用せず通り抜けする場合は、私有地への侵入として「不法侵入」となる可能性が高いようです。コンビニ側が提訴すれば、民事訴訟なども考えられますが、実際に裁判をするのは費用や手間の面でコンビニ側にとってもハードルが高いのは確かです。

    また、対策として通り抜け禁止の看板を掲げ、罰金を課しているコンビニも少なくありません。掲示されている罰金を全額支払わなければならないケースは少ないようですが、損害賠償として何かしら金銭を納めなければならない場合も考えられます。

    事故防止のためにもやめよう!   

    コンビニワープは、駐車場周辺を歩いている利用客や駐車車両との接触事故なども起こしかねない、危険な行為です。特に夜間などは視界も悪く、店内の照明が明るいぶん、歩行者に気づきにくい場合もあります。実際にコンビニの駐車場での人身事故は珍しくありません。

    また、コンビニに限らず、私有地を利用したショートカットは、所有者とのトラブルも起こり得ます。当たり前の話ではありますが、多少の時間がかかっても信号待ちをするのが正しいと言えるでしょう。

    コンビニワープに関して、現状では、これを具体的に直接取り締まる法律はなく、ドライバーのマナーやモラルに判断を委ねられているところも多々あります。とはいえ、思わぬ交通事故の原因ともなり得る行為であり、ドライバーのみなさんには、ぜひマナーを守って運転してほしいですね。

    ※初出の文中で「起訴」としていたのを「提訴」と修正しました。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【マナー違反】赤信号をショートカット「コンビニワープ」に集まる批判!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    さすがプロドライバーです!見習いたいと思います。

    👇【動画】

    【動画はこちら】

    横断歩道を渡ろうとしている人たちがいたので、停車していた動画投稿者さん。対向車線の一般車両は素通りする中、東和運輸のドライバーはこちらの停車と歩行者に気づき止まってくれました。さすがプロドライバー、しっかりと周りを見ています。本来なら路上は歩行者優先。信号のない横断歩道を渡ろうとしている人がいれば車は停車するべきですが、なかなかやっている人は見かけません。さすがプロです!

    これがプロ!横断歩道で歩行者が待つも、一般車両が次々素通りする中、トラックドライバーの対応は違った!
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【動画】これがプロ!横断歩道で歩行者が待つも、一般車両が次々素通りする中、トラックドライバーの対応は違った!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    10月31日午後6時過ぎ、仮装した若者たちが集まり始めた渋谷駅周辺は、センター街で発生したビル火災もあり騒然とした雰囲気に包まれた。火災現場の周辺には規制線が張られ、片側の歩道に人が集中したために歩行者が身動きできない状況となった。

     時間が進むにつれさらに人は増えていき、地面も見えないほどの状態に。しかし、人が増えればトラブルも増えるもの。路上のあちらこちらで歩行者がスピーカーから音楽を流し、それに合わせて踊り狂う若者たち。警察官も注意して回るが、あまりの人の多さに“焼け石に水”といった様子だった。

    また、アルコールによるトラブルも多発。未成年の男性が飲み過ぎで倒れたほか、規制線を越えようとして転倒し、警察官に絡む男性を仲間が必死にとめる姿も。さらに時間が深くなると、今度は喧嘩が始まった。

     渋谷駅前の交通規制などでバスロータリー内でも渋滞が発生し、バスが到着できない状況になった。一部の路線では迂回運行や運休を行い、バス停には長い列も。多くの人が集結したことによる混乱は朝になっても続いた。

     ハロウィンから一夜明けた渋谷では、ボランティアが大量のゴミの仕分けをしたほか、仮装したままほうきやちりとりで掃除する人の姿も目立った。渋谷区の長谷部健区長は1日午前、「ハロウィンはイベントじゃなくて騒動になっている。来年以降は積極的に手を打たなきゃいけない」と苦言を呈した。

    そうした中、この渋谷のハロウィンについて編集者の都築響一氏が自身のメールマガジンで投稿しSNSで拡散された内容が注目を集めている。

     「たとえば銀座に、歌舞伎町や池袋北口にさえ存在する、住んでなくても『オレらの街』という感覚が、渋谷には決定的に欠けてしまっている。かつては渋谷を、ほかのどこともちがう『オレらの街』と思う人たちがたくさんいたはず。けれど、いま渋谷を急速度で変貌(整形手術)させている再開発は、渋谷から渋谷ならではの魅力を完全に消し去って、ただの巨大な集金装置にしてしまった。渋谷にひと晩だけ集合して、暴れて逃げ去る子たちは、それを本能的に見切ってしまっている。そこにある混沌を尊ぶ慎ましさも、闇を理解する感性もないディベロッパーたちが、寄ってたかってつくりあげたハリボテの街」(抜粋)
     
       こうした意見を受けて、ハフポスト日本版編集長の竹下隆一郎氏は「騒いでいる人たちを見ていると、ゴミを捨ててそのままにしたりと街を愛していない。自分たちの街という感覚がないというのはそのとおりで、今の渋谷は空虚だと思う」と同意。昔の渋谷は「インターネットみたいな街だった」とし、その変遷について「渋谷に行くと友達がいたり音楽の流行りがわかったり、プリクラを撮ったりと『そこに行くと時間をつぶせる』という感じで、何のために行っていたのか目的はそんなに思い出せない。今はそれらすべてがインターネットに移っている。ネット的な街だった渋谷が、本当のネットが出てきたことによってだんだん空虚になっていったのでは」との見方を示した。

    それでも、毎年ハロウィンになると多くの人が渋谷に集まってくる。竹下氏は「渋谷に行くとTVに映ったり取材を受けたり、注目を浴びるメディアとしての面があった。外国人観光客にとってもスクランブル交差点は人気スポットで、ガイドにも載っているので行きたい人は多い。いま騒ぐ場所が日本からなくなっている。六本木も丸の内も再開発で“オシャレ”な街になって、何も考えずに騒げる場所が減っているので、年に1回渋谷で楽しみを爆発させているのでは」と述べた。(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)
     ハロウィーンの渋谷は大騒ぎ、痴漢などで13人逮捕 

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【狂騒】「ハロウィン狂騒」なぜ渋谷で起きるのかを考える「ハリボテの街」「インターネットみたいな街」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    軽トラックの運転手に同情したのに...これが本当なら自業自得ですね...

    👇【動画】
    👇【詳細記事】

    ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

    【簡単に説明すると】
    ・渋谷ハロウィンのトラック横転の真相!?
    ・運転手が乗れと煽ったのが発端だった
    ・ネットでは「運転手も悪い」との声

    乗れと煽る運転手

    渋谷ハロウィンで盛り上がっているさなか、10月28日午前1時頃に軽トラックが横転させられるというトラブルがあった。

    ハロウィン参加者の若者により軽トラックが押し倒され、運転手は被害届けを出している。

    しかし若者らが乗る前からの鮮明な映像が公開され、それを確認すると「乗れ乗れ乗れ!」と運転手が若者らに荷台に載るように煽っていたことが分かった。これが原因でエスカレートし、荷台から今度は屋根に、最終的に横転させられてしまった。

    被害届けを出している運転手だが、周りの人を巻き込む加害者になり得た可能性もあったわけだ。

    動画のコメント欄には「何が被害者だよ恥を知れ」、「荷台に乗る程度だと思ったら車ごと倒されるとは」、「乗れ乗れって言ったのか」、「軽トラの自業自得ってことやね」、「これだと運ちゃん加害者やん」という意見が投稿されている。 

    動画はこちらからもご覧頂けます

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【動画】渋谷ハロウィンの軽トラック横転トラブルの意外な真相!運転手が「乗れ乗れ!」と煽ったのが原因だった!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    👇暴徒化する若者たちの動画をご覧下さい!軽トラの運転手が可哀そう...

    2018年10月27日夜、東京都の繁華街として知られている渋谷区の渋谷センター街やJR渋谷駅前で、ハロウィンで高揚した若者たちが正気を無くし暴徒化。怒号しながらトラックを横転させたり、狂気に満ちた態度で警察官にケンカを売るなど、大パニック状態になっていた事が判明した。

    ・ハロウィン時期の渋谷はカオスな状況
    警察官につかみかかったり、パトカーに喧嘩を売るなどの行為は、本来ならば警察官によって逮捕されてもおかしくない状況だが、ハロウィン時期の渋谷はカオスな状況であり、いちいち暴徒を相手にしていると警察署がバカな若者だらけになり詰め込むことが難しいと判断し、スルーしたと考えられる。

    ・吐くほど酒を飲んで暴れる
    泥酔状態になり気分が高揚した者たちは気が大きくなり、何をしても許される状況だと勘違い。吐くほど酒を飲み、暴れ、怒号し、そして吐く。それをリピートのように繰り返しているクレイジーな者もいたようである。また、外国人も参加して暴れていたとの報告も入っている。

    ・酔いが覚めると肝っ玉が小さい小心者
    この件に関して渋谷区在住のメディア関係者は「ハロウィンとワールドカップは渋谷で暴れる若者の属性は同じだと考えています。本当にハロウィンやワールドカップが好きな人は騒ぐために渋谷に行きません。どちらも暴れるバカはただのバカです。だいたいのバカが、酔いが覚めると肝っ玉が小さい小心者であることが多いです。ある意味、かわいそうな存在です。不憫でなりません」と語る。

    ・自分自身の将来を台無しにする可能性
    もともとハロウィンは酒を飲んで暴れるお祭りではない。度が過ぎる行為はハロウィンの印象を悪くするだけでなく、自分自身の将来を台無しにする可能性がある。日頃は小心者で酒を飲まないと自分を出せないのかもしれないが、バカにしか見えないので節度あるハロウィンを楽しんでほしいものだ。






    【続報】
    【最悪】ハロウィンで渋谷がゴミの街に / 歩けばゴミに当たり異臭が漂う! 住民ブチギレ激怒「渋谷で仮装してる人みんなバカに見える」 

    もっと詳しく読む: 渋谷で警察と若者のケンカバトル発生 / パトカーに喧嘩を売るハロウィンバカ続出で大炎上(バズプラス Buzz Plus)

    http://buzz-plus.com/article/2018/10/28/shibuya-halloween-news/


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【炎上】渋谷で警察と若者のケンカ発生 !パトカーに喧嘩売るハロウィンバカ続出「暴れる馬鹿は酔いが覚めると肝っ玉が小さい小心者」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    事故が起きなかった事が不思議なぐらいの、危険な運転です!動画を見ているとヒヤヒヤの連続です...

    【動画はこちら】 👈動画を見たい方はこちらからか、下にもあります。

    蛇行運転に信号無視をする高齢者の動画が話題です。動画には、縁石にぶつかりそうになったり、フラフラと車線をはみ出したりする様子が映し出されています。動画には「認知症かも」「想像以上」「免許返納した方が本人も家族も幸せ」などのコメントが寄せられています。動画投稿者さんはこの後、警察に通報したそうです。これはヤバい...

    信号無視に逆走、蛇行運転。。ヤバすぎる運転の高齢ドライバーに物議!「認知症かも」「想像以上」「免許返納した方が本人も家族も幸せ」の声
    (出典 news.nicovideo.jp)
    👇【動画】

    【【危険】【動画】信号無視に逆走、蛇行運転...ヤバすぎる運転の高齢ドライバーに物議!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    最近この手の詐欺が多いようです。みなさん気を付けましょう。

    「スマホをタップするだけで月収200万円!」「超お手軽副業、夫より稼いじゃう私」。――通称「あやパン」というカリスマ美人起業家が考案したビジネスをうたった事業者が2018年10月17日、消費者安全法第38条(虚偽、誇大な広告・表示など)に違反したとして消費者庁から実名告発された。

    まるで、女子アナの通称のようだが、「あやパン」は架空の人物で、ウェブサイトに紹介した金儲け体験談もウソだった。事業者に多額の現金を支払ったが、ちっとも儲からなかったという相談が全国の消費生活センターに寄せられており、消費者庁は注意を呼びかけている。

    購入した情報商材には方法が書かれていない...

    この事業者は情報商材会社「Quest(クエスト)」(東京都新宿区西落合・遠藤淳一代表)だ。通称「あやパン」こと加藤絢子(あやこ)という主婦が、何度もネットビジネスに挑戦しながら失敗、ついに「スマホをポチポチするだけで稼げる」という「タップイズマネー」ビジネスを考案したという。Questはネットを通じて、その「タップイズマネー」の商材を売ってきた。 

    その手口はこうだ。

    (1)SNSなどに「スマホをタップするだけで月収200万円!」「無料モニター募集中」「応募者全員ハズレなし」「爆速即金ゲット!」などの広告を掲載。抽選イベントを実施しているウェブサイトに誘導、応募者に名前とメールアドレスを登録させる。
    (2)約2日後、特別プレゼントを受け取ることができるモニターに当選した旨を送信、申し込みウェブサイトに誘導する。
    (3)申し込み者に、カリスマ起業家「あやパン」のメッセージと、「毎月10万円以上稼いでいる」モニター1期生4人の体験談の動画を送信。ただし、あやパンのメッセージや体験談には、具体的なビジネス内容は何も明かされていない。「5万円のキャッシュバックが必ずあるから絶対に損をしない」と強調したうえで、「タップイズマネー」の方法をPDFファイルにしたという情報商材を1万8000円で売りつける。
    (4)情報商材をメールで受け取った申し込み者は、「タップイズマネー」がモノを安く仕入れて高く売る、いわゆる「背取り(せどり)商法」であることを初めて知る。しかし、この初めの商材にも具体的な方法は書かれていない。「興味のある方は電話予約フォームからお気軽に相談を」と誘導される。そして申し込み者には電話で、ビジネスの方法が書かれた商材には7万円から120万円までのコースがあり、「たとえば80万円のコースだと遠隔サポートがつきます。次のクレジット決済までには、確実に80万円を稼げます」などと執拗に勧誘するのだ。
    (5)しかし、支払った金額以上に収益を上げることは非常に難しい。

    「簡単に高額収入が得られることなどありえません」

    消費者庁が、「Quest」の遠藤淳一代表らから事情聴取した結果、ビジネスを考案したという「あやパン」こと加藤絢子という人物は実在しないことがわかった。4人の1期生たちも架空の人物だった。また、最初の商材を買った申し込み者全員に5万円をキックバックするという話もウソで、もらった人は1人もいなかった。

    消費者庁の告発に対し、遠藤淳一代表は「廃業する」と述べたというが、10月17日現在、同社の商業登録については解散登記も清算人選任登記もされていないという。

    消費者庁ではこうアドバイスしている。

    「インターネット上には、スマホアプリを操作するだけで、収益が得られるとうたう業者が数多くします。ほかにもカリスマ的な指導者が収益をあげていることをアピールしたり、ウソの体験談を掲載したりして、簡単に稼げることを信じ込ませようとする業者が後を絶ちません。情報商材は、購入してメールで届かないと中身を確認することができません。簡単に高額収入が得られることなどありえません。少しでも怪しいと思ったら、すぐに契約せずに、消費生活センターに相談してください」

    (福田和郎)
    カリスマ主婦「あやパン」は存在しなかった(Questのウェブサイト=現在閉鎖中=より)

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【詐欺】「スマホのタップで200万円!」カリスマ主婦は架空の人物だった!ネット儲け話にご注意!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Twitterのアイコンに使用している写真や画像で、著作物を使用している人は多いのではないでしょうか?みなさん気を付けましょう。

    (出典 imgc.appbank.net)

    自分が撮影した写真が、別人によるツイッターのアイコンに無断で使われ、著作者人格権の侵害を受けたとして、プロ写真家の男性が、米ツイッター社を相手どり発信者情報開示を申し立てた訴訟で、東京地裁は、開示を命じる仮処分を決定した。仮処分直前のツイートに表示されるアイコンをめぐって、著作者人格権の侵害を認めた初めてのケースとみられる。決定は10月16日付。

    申し立てたのは、北海道在住のプロ写真家、縄田頼信さん(60)。縄田さんは、2匹のペンギンが行進するように歩いている様子を撮影したが、その写真が別人によるツイッターのアカウントのアイコンに無断使用されていることを見つけた。無断使用が繰り返されていることから、縄田さんは2017年8月、発信者情報(IPアドレス)開示の仮処分を東京地裁に申し立てた。

    争点の一つは、ツイッターのアイコンが著作者人格権(同一性保持権)を侵害しているかどうかだ。ツイッター社は、アップロードされた画像(四角形)を円形にトリミングして、表示している。さらに、その画像はサーバに置かれており、ユーザーに表示されているのは、いわゆる「インラインリンク」(リンクの一種)によるものだ。そのため、複製権侵害(違法コピー)にあたらない。

    縄田さんの代理人をつとめた齋藤理央弁護士によると、ツイッター社は「円形にトリミングしているのは、プログラムによるものなので、ユーザーは侵害情報の発信者にあたらない」「インラインリンクを設定したにすぎないので、侵害情報の送信にあたらない」と主張したが、東京地裁(柴田義明裁判長)は、縄田さんの主張を相当と認めた。

    プロバイダ(ISP)は通常、利用者のアカウントとひもづいたIPアドレスを一定期間しか保存していない。東京地裁は今回、仮処分直前にログインした際(約20日前)のIPアドレスの開示を命じた。これによって、写真を無断でアイコンにアップロードした際のIPアドレスではないことから、より特定されやすくなった。

    今回の影響について、齋藤弁護士は「今後、他人の著作物を勝手にアイコンに使っている場合、特定される可能性が高まった」と説明。また、ツイート1回ごとに著作者人格権侵害となることや、リツイートでも侵害となること(知財高裁判決・最高裁で審理中)などから、「そのような画像をプロフィールに使ったアカウントをリツイートした場合も権利侵害とされる可能性もでてきた」と話している。

    縄田さんは10月19日、弁護士ドットコムニュースの取材に対して、「仮処分であるにかかわらず、1年あまりにわたって審理された。ツイッター社には、東京地裁の決定に素直にしたがってほしい」とコメントした。

    (弁護士ドットコムニュース)

    プロ写真家の著作物を無断でツイッターアイコンに使用、発信者情報開示命じる…他の侵害ケースにも波及か

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【著作権】プロ写真家の著作物を無断でツイッターアイコンに使用、発信者情報開示命じる…他の侵害ケースにも波及か?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    10年連続1位はすごいですね!自然が豊かで、食べ物は美味しいなど、魅力がいっぱいあるから納得です! 最下位は6年連続、茨木はなぜでしょう?

    👇【函館の夜景】

    (出典 img-cdn.guide.travel.co.jp)

    ブランド総合研究所は10月15日、「地域ブランド調査2018」の結果を発表した。全国で最も魅力のある都道府県は、10年連続で北海道(59.7点)となった。調査は、国内1000の市区町村および47都道府県を対象に実施。回答したのは全国の消費者3万24人。

    都道府県の魅力度ランキング2位は、10年連続で京都(52.2点)、3位は4年連続で東京都(41.9点)、4位は4年連続で沖縄県だった。

    市区町村別の魅力度ランキングでも1位は北海道の函館市


    北海道が10年連続トップに


    北海道が1位を守ったことに対して「北海道がずーっと一位なのは納得できない」「みんなキレイな面だけ見すぎやで」といった声も散見されている。北海道には、函館市や小樽市、旭川市など観光地として有名な町が多く、良いイメージを抱いている人は多い。しかし実際には、「災害は多いし、寒いし、暑い」「あんな広い大地の癖に店とかあんまない」と生活しづらい面もあるようだ。

    最下位は6年連続で茨城(8点)だった。これにはネットで「納得いかない」「埼玉よりよっぽど魅力ある」などの声もある。不服に感じる人も多いようだ。茨城県には、ネモフィラで知られるひたち海浜公園や世界一の高さを誇る牛久大仏といった観光名所がある。なぜ最下位なのかと疑問に感じるのも無理はない。ただ、「もうこれオイシイとしか言えない」「県民ショーのネタがまたできた」と、ポジティブに受け止める人もいた。

    市区町村の魅力度ランキングでは函館市(北海道)が50点で1位に。2位は48.1点の京都市(京都府)、3位は46.8点の札幌市(北海道)だった。北海道からはさらに4位小樽市(45.5点)、7位富良野市(39.9点)、24位登別市(27.4点)と計5市がランクインしている。

    10年で最も魅力度が上がったのは石川県 北陸新幹線の延伸追い風


    都道府県が対象の調査を開始した2009年と2018年の魅力度を比較すると、最も魅力度が上がったのは石川県だった。2015年に北陸新幹線が延伸開通したこともあり、2009年の17.4点から2018年の25.7点にまで点数が上がっている。

    一方、10年連続トップの北海道では、2009年の68.9点から2018年の59.7点まで魅力度が低下。他にも、沖縄、東京などランキング上位の都道府県で点数が低下しており、都道府県間の魅力度格差は縮小傾向にある。

    また、都道府県の魅力度と、その都道府県内で魅力度が最も高い市区町村を比較したところ、東京都の点数は41.9点で、都内で最も点数の高い新宿区は29.5点だった。北海道では59.7点で、函館市では50点、沖縄県では41.2点で、石垣市では32.2点という結果になった。

    逆に、栃木県では、県の魅力度が11.3点、日光市の魅力が34.3点となっている。兵庫県でも県24.7点、神戸市41.5点、群馬県でも県11.8点、草津町25点となっている。こうした都道府県では、有名な市町村の人気は高くても、県全体の魅力度はそれほど高くないことがわかる。

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【都道府県の魅力度ランキング】1位は10年連続北海道!最下位は茨城...】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    新元号がどうなるのか気になりますね。新しい日本の幕開けとなるか?

    (出典 www.news-postseven.com)

    NO.69961852018/10/12 14:59           
    新天皇即位で10連休 来年に限り5月1日と10月22日を祝日へ     


    (出典 img2.bakusai.com)
    天皇陛下の退位などに向けて設置された式典委員会の初会合で、秋篠宮さまが皇位継承順位1位を意味する「皇嗣」になられたことを内外に知らしめる「立皇嗣の礼」を再来年の4月19日に行うことを決めました。

    安倍総理大臣は皇太子さまが即位される来年5月1日を1年限りの祝日とする方向で検討する考えを示し、来年は土曜日である4月27日から10連休となる見通しとなりました。

    来年春の天皇陛下の退位と皇太子さまの即位に伴い、政府は、憲法に定める国事行為として、来年4月30日に退位の儀式を、翌5月1日から皇太子さまの即位に伴う5つの儀式を順次行うなどとしています。

    これを前に政府は12日の閣議で、安倍総理大臣を委員長として、それぞれの儀式の式次第や参列者などを含む大綱をまとめる「式典委員会」と、官房長官を本部長に、各府省との連絡を行う「式典実施連絡本部」を設置することを決めました。

    そして、このあと開かれた「式典委員会」の初会合で、秋篠宮さまが皇位継承順位1位を意味する「皇嗣」になられたことを内外に知らしめる「立皇嗣の礼」を再来年の4月19日に行うことを決定しました。

    また来年2月24日に開かれる、天皇陛下のご..
    続きはこちら 

    【日時】2018年10月12日 11:08
    【ソース】NHK
    【【天皇】新天皇即位で10連休、来年に限り5月1日と10月22日を祝日へ】の続きを読む

    このページのトップヘ