フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ:乗物 > 飛行機


    👇【詳細記事・画像】

    有人飛行なのに、フロントガラスがないジェット機?

    NASAが作るメカというと、超大型ロケットの「SLS(スペース・ローンチ・システム)」や次世代火星探査機「MARS 2020」。もしくはMITと共同開発している、翼がトランスフォームする飛行機なんていうものがあります。

    ですがほかにも、ロッキード・マーティンと共に、ソニックブームを減らし、ほとんど騒音を出さずに飛ぶ超音速旅客機「X-59」を作っている、とdesignboomが伝えています。これが面白いのは、操縦席が機体に埋め込まれた形の超音速ジェット機だというところ。

    それじゃ前が見えないじゃん

    確かに前方を目視できないデザインなのですが、そこは外部視界システム(XVS)と呼ばれる、2台のカメラと高精細モニター、そして地形データを組み合わせて前面を見るので問題ありません。

    逆にいうと、このシステムが出来たからこそ、操縦席が機体から突出しなくても済むようになり、ひいては風の抵抗を抑えることが出来るようになることで、衝撃波の軽減に繋がるワケです。

    上と横はガラス張りですが、前方に限ってはフライト・シミュレーターみたいですね。パイロット的には…操縦している実感がどこまで湧くでしょうか?

    自動車のドアが閉まるくらいの騒音レベル

    このプロジェクトは2018年から始まり、3年計画で2021年に初飛行することを見据えています。「X-59」は静音超音速技術 「Quiet Supersonic Technology (QueSST) 」を導入して作られており、超音速飛行時の騒音は自動車のドアが閉まるのと同程度のボリュームにしか聞こえないのだそうな。

    時速1,513kmで大空を飛ぶ

    全長29m、全幅9mの「X-59」は、地上約17km地点を1,513km/hで飛ぶ計算になっているそうです。これはマッハにすると約1.24くらいですかね。商業用への転用も視野に入れているようですが、いまのままでは大人数を一度に運べないので、いつかはもうちょと気軽に海外旅行ができる旅客機も作って欲しいなぁと思います。

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【飛行機】前面に窓がない? NASAの超音速ジェット機「X-59」!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像・動画】

    top

     今年5月、スリリングかつダイナミックなアクロバット飛行で有名なブルーエンジェルスが、米フロリダ州で手に汗握る予告パフォーマンスを披露した。

     世界屈指のエリートパイロットによる神業はつねに人々を圧倒するが、この日チームが見せたのはハラハラするほどの接近飛行だ。

     美しいビーチの上で、一糸乱れぬ編隊を組んだまま間隔を縮める機体。その距離わずか46センチに迫った映像が視聴者の度肝を抜いている。

    わずか46センチ!圧巻の飛行を披露

    今年5月初旬、毎年恒例になっているフォートローダーデール航空ショーを間近に控えたブルーエンジェルスが圧巻のデモンストレーションを行った。

    ダイヤモンド(ひし形)編隊を組む4機のうち
    カメラを積んだ上の機体が逆さになって接近を撮影。

    機体がどんどん近づき…
    わずか46センチの間隔で集合!


    last2
    image credit: youtube


    まさにヒヤヒヤものの曲芸飛行。
    さすがというかとんでもない技である。

    才能あるパイロットの地道な訓練の結果

    チームを率いるドイル大尉は「こんな美しいビーチの上を飛べるのは本当に素晴らしい」とコメント。空から見える壮大な田園地帯も楽しいと語る。

     ブルーエンジェルスには世界トップクラスの才能を持つエリートパイロットが揃っている。だが、大尉は、こうしたテクニックは地道な訓練の結果だという。

     「これは私たち訓練の証です。ブルーエンジェルとしての訓練だけでなく、海軍や海兵隊で培ってきた経験があるからこそ習得できるものなのです」

    ブルーエンジェルスの公式アカウントより

     観客はもちろん、一般パイロットも肝を冷やす超絶飛行。これを何度も披露するチームにとって飛行機は体の一部って感覚なのかも。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【アクロバットな接近飛行がヒヤヒヤドキドキ!今年もブルーエンジェルスの編隊飛行がすごかった!(アメリカ)】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    Point

    ■オランダの航空会社がバックアップすることで、まったく新たな「V字型」の飛行機デザインが提唱される

    ■“Flying-V”という名前は、往年のギターブランド「Gibson」を象徴する製品から由来している

    ■“Flying-V”のデザインは従来型の飛行機と比べてエネルギー効率がよく、燃料を20%削減することができる

    カッコイイ! …のか?

    オランダの航空会社「KLM」が、これまでの飛行機の常識を覆す画期的な形の新型飛行機を提案している。“Flying-V”と名付けられたそのデザインは、従来の飛行機と同程度の翼幅を持ち、最大314人の乗客を運ぶことができるとのことだ。

    V字は燃料効率が素晴らしい

    名前の由来となったギターブランド『Gibson(ギブソン)』を象徴する製品“Flying-V”は、エドワード・ヴァン・ヘイレン、ジミ・ヘンドリックス、ブライアン・メイ、キース・リチャーズといった、名だたる多くの伝説的なプレーヤーからも愛された逸品だ。

    先端から斜め後ろ2方向に伸びる機体は、見事なまでの「V字」を描いており、その名に恥じぬフォルムを形作っている。

    しかし、何もギター愛が高じてこのようなデザインになったわけではない。

    このV字デザインによって、燃料を20%削減することができる。また羽の部分は乗客のためのスペースや燃料タンク、その他の必要機器の収納場所となっており、ムダがないデザインなのだ。

    KLMのCEOであるピーター・エルバース氏はまだこのプロジェクトの全貌を明かしていないが、これは航空業界における「持続可能性」を実現させるためのリーディングプロジェクトとなる可能性を秘めている。

    ゼロ・エミッションを目指す

    この飛行機は、横幅はおよそ215フィート(約65メートル)、全長はおよそ180フィート(約55メートル)と、従来型の飛行機「エアバスA350」や「ボーイング787」と同程度の大きさであるため、ゲートや格納庫、滑走路はこれまでのものを使用することができる。

    開発に携わったオランダのデルフト工科大学航空宇宙工学部の学部長を務めるヘンリ・ウェルジ教授は、「Flying-Vのように新しく、エネルギー効率の良い航空機のデザインは、新たな推進力の形として重要です。私たちの究極的な目標は、ゼロ・エミッションでのフライトなのです」と語っている。

     

    もしこれが実用化されれば、「フライングV」といえば「ギターでなく飛行機」になっている未来もあるかもしれない。


    reference: dailymail / written by なかしー
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【旅客機】近未来型飛行機「フライングV」の構想が発表される!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

     Airlineratings.com は、航空会社の安全性のレーティングを提供しているサービスです。2019年に向けた安全性ランキングを発表しています。世界の435の航空会社が調査対象でした。その結果は?
    今年一番安全な航空会社はカンタス!その理由。


    (C)NextNewMedia / Shutterstock.com

    ランキングのトップに輝いたのがオーストラリアのカンタス航空。カンタスは航空会社としては最長の98年の歴史があります。現在、羽田または成田から、シドニー、ブリスベン、メルボルン間は毎日運航し、関西からシドニー間は週4便運航しています。

    ちなみに日本人乗客による評価を調べてみると、大手旅行会社H.I.S.の口コミの総合評価は3.4でした。「比較的良し」といった感じでしょうか。
     

    さて、Airlineratings.comのデータに戻ってみると、カンタスは、全ての評価基準で高得点。特筆されるのは以下の項目でした。

    • Future Air Navigation System(フライトデータの記録と、クルーの勤務状況をモニターするシステム)開発のリーダーであること。
    • Global Navigation Satelite System(衛星を使ったグローバル・ナビゲーション・システム)で、自動着陸できること。
    • 衛星を使って、航行中のエンジンの状況をモニターし、異常を早く察知して大事故を防ぐシステムを使用していること。

    なんだか、とにかくすごそうです(笑)。
    TOP20の航空会社は?
    カウントダウン(順位)の発表はありませんが、カンタス以外には以下の19社が選出されています(各社英語表記のアルファベット順です)。
     
    • ニュージーランド航空
    • アラスカ航空
    • 全日本空輸
    • アメリカン航空
    • オーストリア航空
    • ブリティッシュ・エアウェイズ
    • キャセイパシフィック航空
    • エミレーツ航空
    • エバ航空
    • フィンランド航空
    • ハワイアン航空
    • KLMオランダ航空
    • ルフトハンザ航空
    • カタール航空
    • スカンジナビア航空
    • シンガポール航空
    • ユナイテッド航空
    • バージングループ(アトランティックとオーストラリア)  
     

    AirlineRating.comのチーフエディター Geoffrey Thomasによれば、「いずれも本業界において傑出した航空会社で、安全性イノベーション、最新機種の導入について先端を行っている。」とのことです。
    AirRatingのアプリで安全性チェック!
    AirlineRating.comのアプリを使えば、フライトを安全性で選ぶことができます。

    日程、出発空港と到着空港を入力して検索したフライトのリストは、安全性の「すべて・★7つ、★5以上、★以上」でフィルターすることが可能です。そのままチケット購入もできます。旅のプランに活用してみてはどうでしょう。
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【旅客機】航空会社の安全ランキング!今年一番安全な航空会社は?(2019版)】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

     このところ話題になっている「空飛ぶ車」。1920年代からあった「飛行機にもなる自動車」のことではなく、パイロットのいらない小さな航空機「空のパーソナルモビリティ」のことを指しています。ベンチャー企業だけでなく、大手航空機メーカーも実用化に向けて研究開発を進めていますが、2019年1月22日(アメリカ東部時間)、ボーイングがバージニア州マナサスの施設で、そのプロトタイプの初飛行に成功しました。

     ボーイングが今回初飛行に成功したと発表したのは、「空の乗りもの」という意味を持つ「パッセンジャー・エア・ビークル(PAV)」のプロトタイプ。パイロットを必要とせず、自動制御で飛ぶ航空機です。設計と開発には、ボーイングの関連会社であるオーロラ・フライト・サイエンシズが、協力。オーロラ・フライト・サイエンシズは豊富な無人機開発経験があります。

     PAVのプロトタイプは、全長30フィート(9.14m)、全幅28フィート(8.53m)の大きさを持つ2人乗りの電動航空機。浮上用に8つのプロペラ(2翅)を持ち、機体後部に推進用のプロペラ(5翅)を持っています。胴体には翼端にウイングレットを持つ短めの主翼も装備し、後方には水平安定板と、その両端に方向舵のついた垂直安定板もあり、飛行中の姿勢制御が可能です。航続距離は50マイル(80.47km)と控えめな値ですが、道路の交通渋滞に巻き込まれることなく都市空間を移動する手段を想定しているため、十分なものだといえます。


     N83AUというアメリカ連邦航空局(FAA)の登録記号を持つこの機体は、自動制御で離陸してホバリングし、さらに前方への飛行モードに移行。そして垂直着陸をして初飛行テストを終えました。ボーイングのチーフ・テクノロジー・オフィサーを務めるグレッグ・ヒソップ氏は「コンセプトデザインから飛行可能なプロトタイプまで1年かかりました」と語り、「ボーイングの創造力と技術力は、航空の世界において世界で最も安全な輸送手段を提供してきました。そしてこの新しい移動手段においても、安全かつ創造力に富んだ的確なアプローチをし続けます」と、この初飛行の意義についても言及しています。


     このPAVは、ボーイングが未来における空の交通手段を構想した「ボーイング・ネクスト(Boeing NeXt)」という計画の一部にすぎません。このほかにも、無人制御で荷物を空中搬送する「カーゴ・エア・ビークル(CAV)」という航空機も開発中。こちらは最大500ポンド(226.8kg)の貨物を、近郊地域や近距離の都市間で配送するシステムで、すでに屋内での飛行試験を2018年に終了。2019年には屋外での飛行・配送試験を計画しています。

     ボーイング・ネクスト計画統括副社長のスティーブ・ノードランド氏は「ボーイングは航空機製造会社として誕生し、次の100年では都市空間における空の移動手段を切り開いていきます。航空機を作って空へと送り出し、将来の都市やその近郊地域におけるストレスの少ない移動手段を提供していきます」と、この計画の将来について語っています。

    Image:Boeing

    (咲村珠樹)

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【空の乗りもの】ボーイングの「空のパーソナルモビリティ」試作機が初飛行に成功!】の続きを読む

    このページのトップヘ