フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ:乗物 > 飛行機


    👇【詳細記事・画像】

    Point

    ■オランダの航空会社がバックアップすることで、まったく新たな「V字型」の飛行機デザインが提唱される

    ■“Flying-V”という名前は、往年のギターブランド「Gibson」を象徴する製品から由来している

    ■“Flying-V”のデザインは従来型の飛行機と比べてエネルギー効率がよく、燃料を20%削減することができる

    カッコイイ! …のか?

    オランダの航空会社「KLM」が、これまでの飛行機の常識を覆す画期的な形の新型飛行機を提案している。“Flying-V”と名付けられたそのデザインは、従来の飛行機と同程度の翼幅を持ち、最大314人の乗客を運ぶことができるとのことだ。

    V字は燃料効率が素晴らしい

    名前の由来となったギターブランド『Gibson(ギブソン)』を象徴する製品“Flying-V”は、エドワード・ヴァン・ヘイレン、ジミ・ヘンドリックス、ブライアン・メイ、キース・リチャーズといった、名だたる多くの伝説的なプレーヤーからも愛された逸品だ。

    先端から斜め後ろ2方向に伸びる機体は、見事なまでの「V字」を描いており、その名に恥じぬフォルムを形作っている。

    しかし、何もギター愛が高じてこのようなデザインになったわけではない。

    このV字デザインによって、燃料を20%削減することができる。また羽の部分は乗客のためのスペースや燃料タンク、その他の必要機器の収納場所となっており、ムダがないデザインなのだ。

    KLMのCEOであるピーター・エルバース氏はまだこのプロジェクトの全貌を明かしていないが、これは航空業界における「持続可能性」を実現させるためのリーディングプロジェクトとなる可能性を秘めている。

    ゼロ・エミッションを目指す

    この飛行機は、横幅はおよそ215フィート(約65メートル)、全長はおよそ180フィート(約55メートル)と、従来型の飛行機「エアバスA350」や「ボーイング787」と同程度の大きさであるため、ゲートや格納庫、滑走路はこれまでのものを使用することができる。

    開発に携わったオランダのデルフト工科大学航空宇宙工学部の学部長を務めるヘンリ・ウェルジ教授は、「Flying-Vのように新しく、エネルギー効率の良い航空機のデザインは、新たな推進力の形として重要です。私たちの究極的な目標は、ゼロ・エミッションでのフライトなのです」と語っている。

     

    もしこれが実用化されれば、「フライングV」といえば「ギターでなく飛行機」になっている未来もあるかもしれない。


    reference: dailymail / written by なかしー
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【旅客機】近未来型飛行機「フライングV」の構想が発表される!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

     Airlineratings.com は、航空会社の安全性のレーティングを提供しているサービスです。2019年に向けた安全性ランキングを発表しています。世界の435の航空会社が調査対象でした。その結果は?
    今年一番安全な航空会社はカンタス!その理由。


    (C)NextNewMedia / Shutterstock.com

    ランキングのトップに輝いたのがオーストラリアのカンタス航空。カンタスは航空会社としては最長の98年の歴史があります。現在、羽田または成田から、シドニー、ブリスベン、メルボルン間は毎日運航し、関西からシドニー間は週4便運航しています。

    ちなみに日本人乗客による評価を調べてみると、大手旅行会社H.I.S.の口コミの総合評価は3.4でした。「比較的良し」といった感じでしょうか。
     

    さて、Airlineratings.comのデータに戻ってみると、カンタスは、全ての評価基準で高得点。特筆されるのは以下の項目でした。

    • Future Air Navigation System(フライトデータの記録と、クルーの勤務状況をモニターするシステム)開発のリーダーであること。
    • Global Navigation Satelite System(衛星を使ったグローバル・ナビゲーション・システム)で、自動着陸できること。
    • 衛星を使って、航行中のエンジンの状況をモニターし、異常を早く察知して大事故を防ぐシステムを使用していること。

    なんだか、とにかくすごそうです(笑)。
    TOP20の航空会社は?
    カウントダウン(順位)の発表はありませんが、カンタス以外には以下の19社が選出されています(各社英語表記のアルファベット順です)。
     
    • ニュージーランド航空
    • アラスカ航空
    • 全日本空輸
    • アメリカン航空
    • オーストリア航空
    • ブリティッシュ・エアウェイズ
    • キャセイパシフィック航空
    • エミレーツ航空
    • エバ航空
    • フィンランド航空
    • ハワイアン航空
    • KLMオランダ航空
    • ルフトハンザ航空
    • カタール航空
    • スカンジナビア航空
    • シンガポール航空
    • ユナイテッド航空
    • バージングループ(アトランティックとオーストラリア)  
     

    AirlineRating.comのチーフエディター Geoffrey Thomasによれば、「いずれも本業界において傑出した航空会社で、安全性イノベーション、最新機種の導入について先端を行っている。」とのことです。
    AirRatingのアプリで安全性チェック!
    AirlineRating.comのアプリを使えば、フライトを安全性で選ぶことができます。

    日程、出発空港と到着空港を入力して検索したフライトのリストは、安全性の「すべて・★7つ、★5以上、★以上」でフィルターすることが可能です。そのままチケット購入もできます。旅のプランに活用してみてはどうでしょう。
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【旅客機】航空会社の安全ランキング!今年一番安全な航空会社は?(2019版)】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

     このところ話題になっている「空飛ぶ車」。1920年代からあった「飛行機にもなる自動車」のことではなく、パイロットのいらない小さな航空機「空のパーソナルモビリティ」のことを指しています。ベンチャー企業だけでなく、大手航空機メーカーも実用化に向けて研究開発を進めていますが、2019年1月22日(アメリカ東部時間)、ボーイングがバージニア州マナサスの施設で、そのプロトタイプの初飛行に成功しました。

     ボーイングが今回初飛行に成功したと発表したのは、「空の乗りもの」という意味を持つ「パッセンジャー・エア・ビークル(PAV)」のプロトタイプ。パイロットを必要とせず、自動制御で飛ぶ航空機です。設計と開発には、ボーイングの関連会社であるオーロラ・フライト・サイエンシズが、協力。オーロラ・フライト・サイエンシズは豊富な無人機開発経験があります。

     PAVのプロトタイプは、全長30フィート(9.14m)、全幅28フィート(8.53m)の大きさを持つ2人乗りの電動航空機。浮上用に8つのプロペラ(2翅)を持ち、機体後部に推進用のプロペラ(5翅)を持っています。胴体には翼端にウイングレットを持つ短めの主翼も装備し、後方には水平安定板と、その両端に方向舵のついた垂直安定板もあり、飛行中の姿勢制御が可能です。航続距離は50マイル(80.47km)と控えめな値ですが、道路の交通渋滞に巻き込まれることなく都市空間を移動する手段を想定しているため、十分なものだといえます。


     N83AUというアメリカ連邦航空局(FAA)の登録記号を持つこの機体は、自動制御で離陸してホバリングし、さらに前方への飛行モードに移行。そして垂直着陸をして初飛行テストを終えました。ボーイングのチーフ・テクノロジー・オフィサーを務めるグレッグ・ヒソップ氏は「コンセプトデザインから飛行可能なプロトタイプまで1年かかりました」と語り、「ボーイングの創造力と技術力は、航空の世界において世界で最も安全な輸送手段を提供してきました。そしてこの新しい移動手段においても、安全かつ創造力に富んだ的確なアプローチをし続けます」と、この初飛行の意義についても言及しています。


     このPAVは、ボーイングが未来における空の交通手段を構想した「ボーイング・ネクスト(Boeing NeXt)」という計画の一部にすぎません。このほかにも、無人制御で荷物を空中搬送する「カーゴ・エア・ビークル(CAV)」という航空機も開発中。こちらは最大500ポンド(226.8kg)の貨物を、近郊地域や近距離の都市間で配送するシステムで、すでに屋内での飛行試験を2018年に終了。2019年には屋外での飛行・配送試験を計画しています。

     ボーイング・ネクスト計画統括副社長のスティーブ・ノードランド氏は「ボーイングは航空機製造会社として誕生し、次の100年では都市空間における空の移動手段を切り開いていきます。航空機を作って空へと送り出し、将来の都市やその近郊地域におけるストレスの少ない移動手段を提供していきます」と、この計画の将来について語っています。

    Image:Boeing

    (咲村珠樹)

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【空の乗りもの】ボーイングの「空のパーソナルモビリティ」試作機が初飛行に成功!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    2019年1月2日(現地時間)イギリスのロールスロイスが「世界最速の電動飛行機」を作ると発表しました。その名は「ACCEL(アクセル)」。イギリス政府の後援も受け、2020年に時速300マイル(480km)以上の速度記録を作ることを目標に掲げています。

     このACCEL計画は、ロールスロイスが進める「飛行の電動化推進(Accelerating the Electrification of Flight)」計画の一環として立案されたもの。電動飛行機の性能向上のため、速度面での技術立証を目指します。

     現在の電動飛行機による速度記録(離陸重量1000kg以上、3km以上の直線コース)は、2017年3月23日にドイツのシーメンス製電動モジュールを組み込んだエクストラ330LE(ウォルター・カンプスマン氏操縦)が記録した時速342.86km。同じく離陸重量1000kg未満も同日、同じ機体でベース機エクストラ300の設計者、ウォルター・エクストラ氏が操縦してマークした時速337.5kmとなっています(離陸重量の違いは操縦者の体重による)。ACCELはこの記録を破るため、目標を時速300マイル(480km)に設定しました。

     速度記録機ACCELは、全長23フィート(6.9m)、全幅24フィート(7.2m)の1人乗りプロペラ機。見かけはレッドブル・エアレースで使われているレース機に似ています。機体デザインと製作にはイギリスの航空ベンチャー企業、エレクトロフライトが協力しています。

     電源となるバッテリーは6000ものセルで構成された750Vのもので、1回の充電でロンドンからパリまでの距離と同等の200マイル(320km)の航続距離を実現します。バッテリーは放電時に熱を発し、効率が落ちてしまいますが、効率の良い温度帯をキープする冷却システムも搭載。バッテリー自体も発熱量が少なくなるよう設計されるとのこと。

     この電源で、同軸に配置された軽量なモーター3台(合計出力750kW/1000HP)を駆動。モーターとその制御システムは、イギリスの電動モーター大手YASAが開発し、3枚ブレードのプロペラを最も効率の良い毎分2400回転で回し続けます。制御システムはフォーミュラEで使用されているものと同じような、インバータを使ったシステムだそうです。また、動力関係の装置には2万か所以上のセンサーが取り付けられており、バッテリーの電圧など飛行中の状態を逐一確認できるようになっています。

     現在、イングランド南西部のグロスターシャー空港にあるハンガーで開発作業が進められており、記録飛行は2020年、場所はウェールズ地方の海岸線を予定しています。速度記録挑戦の過程で得たノウハウは、将来の電動飛行機に反映されるとのこと。

     ロールスロイスは、最後のシュナイダー・トロフィー・レースとなった1931年の優勝機、スーパーマリンS.6Bのエンジン(ロールスロイス・R)を供給したことで知られます。そのエンジン開発で得られたノウハウは、後年のマーリン(ホーカー・ハリケーン、スーパーマリン・スピットファイア、ノースアメリカンP-51ムスタングなどに使用)やグリフォン(スピットファイア後期型に使用)といった傑作エンジンに反映され、現在に至るロールスロイス航空エンジンの基礎を築きました。現在の速度記録保持者が電機メーカー(シーメンス)ということもあり、ロールスロイスは「ヒコーキ屋」としての誇りを胸に、2020年の飛行に挑むことになります。ACCEL






    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【飛行機】目指すは2020年に時速480km以上!ロールスロイスが世界最速の電動飛行機「ACCEL」計画発表!】の続きを読む


    三菱航空機「MRJ」

    (出典 www.flythemrj.com)
    👇【詳細記事・画像】

    三菱航空機(愛知県豊山町)は21日、国産初の小型ジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)が、来年1月にも製品化に向けた最終的な飛行試験に入ると発表した。国土交通省から、民間機に不可欠な国の型式証明(TC)を取得する飛行試験の開始を認められた。

    MRJは設計見直しなどで開発が遅れ、これまでに納期を5回延期していた。2020年半ばの初納入に向けて開発は大詰めを迎える。

    飛行試験は来年1月下旬ごろ、米国ワシントン州を拠点に始まる予定。 

    〔写真説明〕初飛行する国産初の小型ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」=2015年11月11日、愛知県小牧市上空


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【旅客機】三菱航空機・国産初の小型ジェット旅客機MRJが最終飛行試験へ!】の続きを読む

    このページのトップヘ