フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ: 時計


    👇【詳細記事・画像】


    2018年12月の記事でお伝えした「金無垢G-SHOCKの販売決定」、詳細が明らかになりました。5月15日から、全国で13店舗の取り扱いショップで受け付けを開始しています。G-SHOCK誕生35周年の最後を飾る特別なプロダクトです。

    金無垢G-SHOCKは、時計と宝飾の祭典「BASELWORLD 2015」で初披露されたコンセプトモデル。外装に18KTの純金を用いた、スペシャル中のスペシャルなモデルです。初代G-SHOCK「DW-5000C」の魂を受け継ぐ、スクエアデザインというのもいいじゃないですか!

    もともと商品化する予定のないコンセプトモデルでしたが、世界中から寄せられ続けていたという要望に応え、さまざまな課題をクリア。販売を実現しました。

    開発したのはもちろん、初代G-SHOCKを創り上げたカシオの開発者、伊部菊雄さんが率いる「Dream Project」です。この辺りの簡単な経緯は、別記事『あの「金無垢G-SHOCK」、ついに販売へ!』をぜひご覧ください。
     
    ☆G-SHOCK史上最高額・770万円!

    気になるお値段は……770万円(税別)……。2019年12月から随時、納品が始まる予定です。純金の精密な加工はとても難しく、1本ずつほぼ手作業で作られるため、1カ月に2本か3本しか完成しません。ざっと1年と半年をかけて、35本の金無垢G-SHOCKが世に送り出されます。

    取り扱いショップは、G-SHOCK公式サイトで確認できます。申し込みに関する問い合わせは、各ショップへとのこと。

    余談ですが、G-SHOCK史上でもっとも高価なモデルは、例年BASELWORLDで発表される「G-SHOCK MR-G BASELスペシャル」でした。ここ数年は80万円(税別)で高止まりしていたところ、大きくぶっちぎった金無垢G-SHOCK。これを超える価格のG-SHOCKは未来永劫現れないんじゃないでしょうか。
     
    ☆金無垢G-SHOCKの概要
    型番:G-D5000-9JR
    価格:7,700,000円(税別)
    販売数量:限定35本
    納品予定:2019年12月から随時
    【おもな仕様】
    構造:耐衝撃構造
    防水性:20気圧防水
    受信電波:JJY(日本)、WWVB(アメリカ)、MSF(イギリス)、DCF77(ドイツ)、BPC(中国)
    使用電源:タフソーラー(ソーラー充電システム)
    ワールドタイム:世界38都市(38タイムゾーン、サマータイム自動設定機能)+UTC(協定世界時)の時刻表示、ホームタイムとの時刻入替機能付き
    ストップウオッチ:1/100秒(1時間未満)、1秒(1時間以上)、24時間計、スプリット付き
    タイマー:セット単位は1秒、最大セットは24時間、1秒単位で計測
    アラーム:時刻アラーム5本(1本のみスヌーズ機能付き)、時報
    ライト:LEDバックライト(フルオートライト、スーパーイルミネーター、フェードインフェードアウト、残照機能、残照時間切替は2秒・4秒
    その他の仕様:STN液晶、パワーセービング機能、バッテリー充電警告機能、フルオートカレンダー(2099年まで)、12時間・24時間の表示切替、操作音オンオフ切替、月日表示順入替、曜日表示(英・西・仏・独・伊・露の6カ国語切替)
    大きさ:50.0(H)×43.2(W)×13.0mm(D)
    製品質量:約300g
    (林利明)

       画像提供:マイナビニュース

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【時計】金無垢「G-SHOCK」販売受付開始 ! お値段なんと770万円!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    カシオ計算機は5月15日、耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」の新製品として、フルメタル仕様の「GMW-B5000V」を発表した。6月7日から発売し、税別価格は110,000円。
     
    GMW-B5000Vは、2018年4月の発売から人気のGMW-B5000シリーズ。初代G-SHOCK「DW-5000C」から脈々と受け継がれるスクエア型のデジタルモデルで、フルメタル仕様となったGMW-B5000シリーズは、G-SHOCKの歴史にひとつのマイルストーンを刻んだ。
     
    新モデルのGMW-B5000Vは、外装の素材すべてにステンレスを用いたGMW-B5000Dをベースにエイジド加工を施し、長年にわたって使い込んだような風合いを持たせた。ケースやバンドの表面にブラックIP処理したのち、一部をあえて剥がすという加工だ。「時を超えて生き続けるタフネススピリット」を表現したという。

    Bluetoothによってスマートフォンと連携し、専用アプリを使って簡単に、ワールドタイムやアラームなどを設定できる。また、世界6局の標準電波を受信する電波時計機能もある。


       画像提供:マイナビニュース

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【時計】カシオ「G-SHOCK」から、ヴィンテージ風のフルメタルモデル「GMW-B5000V」を発表!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    ガーミンジャパンは、GPSランニングウォッチ「ForeAthlete」シリーズの新モデル3種を発売する。
     
    ラインアップは、「ForeAthlete 245(フォアアスリート245)」「ForeAthlete 245 Music(フォアアスリート245ミュージック)」「ForeAthlete 945(フォアアスリート945)」の3種。緊急時などに、選択した連絡先と自分の現在地を共有できる「セーフティ機能」を新たに搭載する。

    「ForeAthlete 245」は、ForeAthlete 235の後継機種となる。フィットネスレベルを示すVO2 max値、トレーニング不足や過度のトレーニング等を表示する。また、バッテリー稼働時間を大幅に向上。GPSと光学心拍計を起動させた状態で最大22時間稼働する。価格34,800円(税抜)。

    「ForeAthlete 245 Music」には、音楽機能を追加。LINE MUSIC、Spotify、AWA等の音楽アプリ、PC等から最大500曲をダウンロードでき、Bluetooth対応のイヤホンと同期してスマホなしで音楽が楽しめる。価格39,800円(税抜)。

    「ForeAthlete 945」は、マルチスポーツ機能を搭載したForeAthlete 935の後継機種となる。暑さや高度による順応を表示する機能を追加。カラー地図も新たに搭載し、ランニングをガイドしてくれる。新機能として、音楽機能とGarmin Pay機能を搭載。また、バッテリー稼働時間を大幅に向上しており、GPSと光学心拍計を起動させた状態で最大32時間稼働する。本体のみ69,800円(税抜)。

    ForeAthlete 245とForeAthlete 245 Musicは、5月10日(金)より予約を開始し、5月16日(木)に発売。ForeAthlete 945は、6月上旬の発売を予定している。
    【ほかの画像を見る】ガーミン、GPSランニングウォッチ「ForeAthlete」シリーズ新モデル発売





    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【時計】ガーミン・GPSランニングウォッチ「ForeAthlete」シリーズ新モデル発売!】の続きを読む

    ボクシング・ギアで有名な「エバーラスト」とコラボレーションしたG-SHOCKが登場しました!

    👇【詳細記事・画像】
    気分はモハメド・アリ!? G-SHOCKとエバーラストのコラボレーションモデル登場!|メンズ高級腕時計ニュース|GQ - GQ JAPAN
    ボクシング・ギアで有名な「エバーラスト」とコラボレーションしたG-SHOCKが登場した!
    (出典:GQ JAPAN)

    G-SHOCKとエバーラストのコラーボレーションモデル「GBA-800EL」

    (出典 gqjapan.jp)

    (出典 gqjapan.jp)
    (出典 gqjapan.jp)
    (出典 gqjapan.jp) 
    (出典 gqjapan.jp)     

     

    【【時計】気分はモハメド・アリ!?G-SHOCKとエバーラストのコラボレーションモデル登場!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    Octon

    アクティビティを心から楽しむ人は、必ずといっていいほど腕時計をしています。
    これには様々な理由がありますが、一番の目的はやはり“正確な時刻を知る”ということではないでしょうか。

    そんなアクティビストがつける腕時計といえばCASIOのG-SHOCKが定番ですが、「アナログが好き!」という方からはダイバーズウォッチが人気を集めています。
    ROLEXサブマリーナー

    そこで今回は、スウェーデン発の本格派ダイバーズウォッチ『Octon Watch』をピックアップ。水の中はもちろんのこと、あらゆる環境に対応できる機能性を備えている腕時計です。

    「時計は何個もいらない。オンオフどちらも使える“本物の時計”が欲しい!」という方は必見です。

    本格派ダイバーズウォッチが日本上陸

    スウェーデン発の『Octon Watch』は日本製ムーブメントを搭載した、300m防水仕様の本格派ダイバーズウォッチです。
    時計好きのアクティビストが欲しい機能をミニマルデザインで実現。クリーンなエネルギーで半永久的に使用できるタフな腕時計に仕上がっています。

    Octon

    スポーティーでありながらどこかクラシカルなデザインが特徴で、月の満ち欠けを由来とする“Octon”と名付けられました。
    機能美という言葉がピッタリの『Octon Watch』なら、ビジネスからレジャーまであらゆるシーンで腕元を飾ることができるでしょう。

    Octon

    『Octon Watch』の特長

    視認性の高さを意識したインデックスとソリッドな回転ベゼルは、機能的なだけでなくどこかエレガントな雰囲気も兼ね備えています。
    ケースはステンレス製のため汗や水で錆びることがなく、ねじ込み式リューズやスクリューバック、逆回転防止ベゼルなどダイバーズウォッチとしての基本的なディテールもしっかりと抑えられています。

    Octon

    300m防水なので本的なダイビングにも対応できますし、ハック機能がついているのでグループでのアクティビティにも最適です。
    ストラップはレザー・ラバー・ファブリック・ステンレスの4種類を用意。今回のプロジェクトではステンレスとファブリックがセットで、レザーとラバーはオプションとして選択できます。

    ストラップの種類

    質実剛健のSEIKO製ムーブメント

    ダイバーズウォッチはあらゆる環境、あらゆるアクティビティで使用することを想定しているため、突然の電池切れがあるバッテリーに頼らない動力の確保が最重要課題となります。

    そこで選択肢を自動巻きムーブメントに絞り、中でも信頼と実績があるSEIKO製ムーブメントを採用。止まることなく時間を刻み続けます。ムーブメントイメージ

    時計のムーブメントというのは金属の疲労や摩耗の恐れがある部位に石を使いますが、最も多く流通しているのは17~21石を使用したもので構造的にも十分といわれています。

    しかし、『Octon Watch』ではあえて25石を使用。通常の時計よりも疲労や摩擦に対して強いムーブメントを目指しました。
    ワクワクする冒険やチャレンジを一生を通じてともに楽しめる、そんな相棒と呼ぶに相応しい腕時計です。Octon着用イメージ

    利益の10%は寄付

    『Octon Watch』の売上の10%は、海の環境をよくするために活動している団体“SEA LEGACY”に寄付されます。
    支援することで海洋環境保護の一環にもなりますので、海を大切に想うなら積極的に支援を検討してみてはいかがでしょうか。

    SEA LEGACY

    本体のカラーはブラック×ブラウン、ブラック×グリーン、ブルー×ブルーの3パターンから選べます。
    価格は¥28,000~となっており、支援者には専用ケースに入れて2019年7月頃の出荷を予定しているとのことです。

    Octon

    参照元:makuake.com

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【時計】激アツ!!スウェーデン発の本格派ダイバーズウォッチ「Octon Watch」】の続きを読む

    このページのトップヘ