フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ:芸能関係 > 芸能全般



    (出典 www.alfaromeo-jp.com)  

    1 ストラト ★ :2019/01/22(火) 16:48:45.15 ID:WF1khUzd9.net

    「修業時代の優一さんは本当に礼儀正しい青年で、真面目にコツコツと靴作りを学んでいました。だから、世間を騒がせているあの人だとは信じられなくて……」

    そう語るのは、靴職人・花田優一(23)のイタリア・フィレンツェでの修業時代をよく知る人物。
    派手な私生活に加えて度重なる納期の延長、連絡をしても音信不通など、今や職人としての資質までも問われている優一。
    その被害は広がり続けている。沈痛な声で、編集部へ電話をかけてきた60代の男性・Aさんもその1人だ。

    「初めて会ったときの印象は、若いのにしっかりとした好青年そのもの。2年前に20万円を支払ってオーダーすると『完成は約1年後』と、言われて楽しみにしていました。ですが、いくら待っても連絡がこない。納期もずるずると延ばされていきました」

    優一の靴作りに不安を募らせるAさん。進捗を確かめるべく、今月上旬に都内のホテルで彼と再び対面した。

    「作業状況を事前に聞いたときは『もうちょっとで……』と言ってたのですが、結局靴は持ってきてくれなくて。理由を尋ねたら『思っているものが作れなかった』の一点張り。驚いたことに『今日はお金を持ってきました。でも、待っていただけるならこのまま作ります』と、さらなる納期延長を提案されました。今回の件で、優一さんが嘘つきなのはよくわかりました。私のように、騙された人がたくさんいるのだと思います」

    職人にあるまじき行為を繰り返す優一。靴作りの技術を教えたかつての師は、この状況をどう思うのだろうか-――。
    そこで本誌は、イタリア・フィレンツェにある工芸・デザインなどの専門学校「アカデミアリアチ」で優一を指導していたアンジェロ・インペラトリーチェさん(81)に現地取材を試みた。
    これまで沈黙を守り続けてきたアンジェロさん。だが彼を知る人物を通じて話を聞くと、初めてその重い口を開いた。

    「ユウイチのことはもちろん知っているよ。彼は2年ほど私のクラスに通って、授業を受けていたからね」

    実は、これまで優一は修業時代を振り返るたびに「工房で師匠に学んだ」と語っていた。17年3月放送の『アナザースカイ』(日本テレビ系)でも、

    「日本に帰ったけど、今でも自分はアンジェロの弟子です」

    と師弟関係を強調していた。だが、話を聞く限り、優一は工房ではなく専門学校でアンジェロさんの授業を受けただけのようだ。
    師弟関係について確認すると、“師匠”の口から次の言葉が。

    「ユウイチは私の弟子とはいえない。教師と生徒の関係だよ」

    恩師の証言で暴露された“デタラメな履歴書”。先生と生徒というアンジェロさんとの関係を、優一は“師匠と弟子”と偽っていたのだ。

    「2年や3年の修業だけで一人前になれると思うか? それは個人次第だから一概に何年修業が必要とはいえないよ。ユウイチは熱心に勉強していたが、まあ裁縫の技術に関してはもっと経験を積んだほうがいいと思う」

    優一の勤勉さについては、認めていたというアンジェロさん。

    ――納期延長を繰り返す優一さんの姿勢はどう思いますか?

    「靴作りは時間がかかるものだからね。時には納期が遅れることだって当たり前なんだ。納得のいくものを作ろうと思ったら、思ったよりも時間がかかることはあるんだよ……」

    アンジェロさんは最後まで元教え子をかばい続けた。だが、前出の修業時代をよく知る人物は言う。

    「優一さんは、自伝などでアンジェロ氏を気難しい人物として書いていますが、内面はとても優しい方。最初は師匠に無視されたというエピソードも披露していますが、そもそも教師と生徒の関係でそんなことはありません」

    幼少時代から彼を知る、元貴乃花親方・花田光司氏(46)の後援会関係者はこう語る。

    「元親方は家を空けることが多いので、基本的に育児は河野景子さん(54)に任せっぱなし。彼女は『いつでもあなたの味方よ』と優しく育ててきましたが、裏目に出てしまいました。優一さんのわがままぶりを周囲の大人が注意しても『他人が俺に指図するな』と、聞く耳を持たなかったようです」

    一連の事実確認をするべく本人へ質問状を送付したが、期日までに回答はなかった。前出の『アナザースカイ』では、

    「師匠の弟子として恥ずかしくない靴を作りたいという一心でやってますね」

    と、真剣に語っていた優一。その姿をアンジェロさんに見せる日は果たしてくるのだろうか――。

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190122-00010001-jisin-ent

    ★1=2019/01/22(火) 01:01:47.20
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1548086507/


    (出典 cdn.fashionsnap.com)


    【【靴職人】花田優一、恩師が師弟関係否定!「ユウイチは弟子とはいえない...」】の続きを読む



    (出典 www.alfaromeo-jp.com)
    👇【詳細記事・画像】

    もはや親父へのあてつけにしか思えないような花田優一氏へのバッシングが日に日に強まる中、1月20日の行列のできる法律相談所に出演した花田優一氏の発言が物議を醸しております。その日、花田氏はメディアでタレント業に注力し靴職人としての本業をおろそかにしているという話について、状況を釈明「靴制作には時間がかかる」と反発。

    <靴職人としての花田氏>

    親父である「元貴乃花親方」についても様々な意見が取り沙汰され、バッシングを浴びる中、靴職人である花田氏にも多くのバッシングが浴びせられております。中でも「タレント業に注力し靴職人としての本業をおろそかにしている」「靴が届かない」というメディアでの指摘は彼も激しく抵抗しているようで、番組内で「2年かかる靴職人もいる」と事例にあげ、疎かにしているという報道を一蹴。

    しかしその反論が、ネットでは火に油を注ぎ大炎上。しかも番組では花田氏が非常に短気でもあるという点を紹介され、更に印象は悪いものとなってしまいました。

    彼のインスタグラムのコメントには「靴はよ作れ」「テレビなんて出ているな」「マルチと中途半端を履き違えている」などバッシングが浴びせられているようです。

    親の影響もあるのか、やはり現時点での評価は決して良くないのかもしれません。しかしそれはある意味期待値があまりにも高すぎる為の視聴者の叱咤激励。

    彼も将来更に成長し、いつか「しくじり先生」などに登場し、現在の状況を振り返るなどしてより大きくなった花田氏を見てみたいものです。

    画像が見られない場合はこちら

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】貴乃花の息子「花田優一」が大炎上!靴はよ作れ!のバッシングの嵐...】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】
     日本文学振興会は16日、『第160回芥川龍之介賞・直木三十五賞』の選考会を東京・築地「新喜楽」で開き、芥川龍之介賞は、上田岳弘氏(39)の『ニムロッド』と町屋良平氏(36)の『1R1分34秒』の2作品に決定、直木三十五賞に真藤順丈氏(41)の『宝島』が決まった。

    【写真】「がーーーーーん」芥川賞を逃した古市憲寿氏

     両賞は1935(昭和10)年に制定。芥川賞は新聞・雑誌(同人雑誌を含む)に発表された純文学短編作品、直木賞は新聞・雑誌(同)・単行本として発表された短編および長編の大衆文芸作品の中から優れた作品に贈られる。前者は主に無名・新進作家、後者は無名・新進・中堅作家が対象となる。受賞者には正賞として時計、副賞として賞金100万円が与えられる。

     初めて芥川賞にノミネートされた社会学者の古市憲寿氏(34)の『平成くん、さようなら』は惜しくも逃し、古市氏は発表直後に自身のツイッターで「がーーーーーん」とつぶやいた。

     前期・第159回の芥川賞は高橋弘希氏の『送り火』、直木賞は島本理生氏の『ファーストラヴ』が選出された。

    ■第160回芥川龍之介賞 候補作(掲載誌)※作者五十音順・敬称略
    上田岳弘『ニムロッド』(群像十二月号)
    鴻池留衣氏『ジャップ・ン・ロール・ヒーロー』(新潮九月号)
    砂川文次『戦場のレビヤタン』(文學界十二月号)
    高山羽根子『居た場所』(文藝冬季号)
    古市憲寿『平成くん、さようなら』(文學界九月号)
    町屋良平『1R1分34秒』(新潮十一月号)

    ■第160回直木三十五賞 候補作(出版社)
    今村翔吾『童の神』(角川春樹事務所)
    垣根涼介『信長の原理』、(KADOKAWA)
    真藤順丈『宝島』(講談社)
    深緑野分『ベルリンは晴れているか』(筑摩書房)
    森見登美彦『熱帯』(文藝春秋)
    (作者五十音順・敬称略)

    ■選考委員
    【芥川賞】小川洋子、奥泉光、川上弘美、島田雅彦、高樹のぶ子、堀江敏幸、宮本輝、山田詠美、吉田修一
    【直木賞】浅田次郎、伊集院静、北方謙三、桐野夏生、高村薫、林真理子、東野圭吾、宮城谷昌光、宮部みゆき
    ※五十音順・敬称略

    第160回芥川賞を受賞した(左から)上田岳弘氏『ニムロッド』、町屋良平氏『1R1分34秒』、第160回直木賞を受賞した真藤順丈氏(右)『宝島』(C)小原太平
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】第160回「芥川賞」「直木賞」が決定! 古市憲寿氏は逃す「がーーーーーん」】の続きを読む



    (出典 news.biglobe.ne.jp)
    👇【詳細記事】

     好感度の低さでは、ちょっとしたゲス不貞もかなわない。そんな立ち位置に上りつめる勢いなのが、元貴乃花の花田光司氏と元アナウンサーの河野景子さん(旧姓・花田)の長男で靴職人でタレントの花田優一。本業は靴職人…だが、今では世間でそれを認める人は急減。本人が希望するタレント活動も、本業のはずの靴職人も、何もかも中途半端のイメージは拭えない。

     そんな“ミスター中途半端”の花田が、12月21日と22日に京橋のギャラリーで“絵画展”を開いたことで、世間はさらにビックリ。展示された絵画は、本人が10代の頃から描き溜めてきたという靴のデッサンなど…。でも、靴の納期遅れなどのウワサも耐えない花田の、まさかの“絵画展”開催に、世間はここぞとばかりに総ツッコミ!

    「靴、芸能に続いて、また中途半端な特技を出してきたと失笑ですね。絵の良し悪しは観る人に委ねられるとはいえ、ネット上では『顔もしゃべりも中途半端だったけど、絵も中途半端』『何なの?この小学生のお絵かき』『私、絵が苦手だったけど花田優一よりうまかった』など皮肉コメントの連打です。ところが、花田の“絵画”が個展開催前にすでに7万5000円で売却されているという報道が出ると、『自分もあんな落書きを金持ちに売りつけて稼ぎたいよ』というシラけた声も充満しました。まあ、落書き呼ばわりするのは本人には気の毒ですが、今回の絵画展の告知文の冒頭に『花田優一が10代から書き溜めた絵の展示~』と、“書き”という漢字を使っているところを指摘して『頭も悪いのね』と言われてしまっています」(女性誌ライター)

     確かに「絵を描く」を「絵を書く」としてしまうのは、漢字習いたての子どもの間違いレベル。それでもそんな揚げ足とり以前に、本人が生出演した情報番組「ミヤネ屋」(日本テレビ系)で「ボク、正直あんまりテレビに出演させていただく本数、あんまり多くなくて。タレント業だけでもしボクの生計成り立たせるのであれば、もっともっと一生懸命やっていかなくてはいけない部分多いので。そこはちょっと誤解はあるのかなと思うんですけど」と発言、さらに「靴を売るまでが仕事なんで。作って終わりではない、ということをご理解いただきたい」と、世間の批判の意味をまったく理解していない言い分に、普段はブーイングをしない視聴者までもがブチ切れてしまったようだ。

    「つまり、タレントとして需要がないから多くないわけです。ですから、番組放送直後には『テレビに出る暇あったら靴作れ』『落書き展やる暇あったら靴作れ』と、ネット上が靴作れ!のデモ行進状態。納期の遅れに関しても言い訳っぽい説明をしてましたが、本人が本職は靴職人と言っている以上、“そんな暇あったら”と罵声を浴びせられるのはしょうがないと思います」(前出・女性誌ライター)

     それでも、これだけアンチの多い二世タレントはメディアはおいしいはず。靴職人として大成することは、誰も望んでいないとさえ思えてしまうレベルまで、急速に負のイメージが高まってしまっているのは、もはやある意味才能かも!?はたしてここから巻き返せるか。(飯野さつき)

    アサ芸プラス

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】“ミスター中途半端”花田優一!絵画展開催に「落書き」「靴作れ」の大合唱!】の続きを読む



    (出典 img.cinematoday.jp)
    👇【詳細記事】

    婚約者でオーストラリア人モデル、ペイジ・バッチャー(39)との間に10人目となる子供を授かった俳優エディ・マーフィ(57)。このほどペイジが、先月30日に男児を出産したことが明らかになった。

    エディ・マーフィは2012年からペイジ・バッチャーと交際をスタートし、2016年に娘イジーちゃんが誕生している。そして今年8月にエディの代理人がペイジの妊娠を公表した。ペイジは9月に左手の薬指に大きなダイヤモンドの指輪をしているところを目撃され、再び代理人が2人の婚約を認め、まさにおめでた続きだった。

    そんな2人に対して、『PEOPLE.com』に代理人が先月30日に男の子が誕生したことを発表した。男の子は体重6ポンド11オンス(3033グラム)、身長19インチ(48.2センチ)で誕生し「マックス・チャールズ・マーフィ(Max Charles Murphy)」と名付けられた。代理人は「母、息子ともに元気です」と報告している。

    マックスくんは、エディ・マーフィにとって10人目の子供となる。エディはポーレット・マクニーリーとの間に息子エリックさん(29)、元妻ニコール・ミッチェルとの間にブリアさん(28)、マイルズさん(25)、シェインさん(23)、ゾラさん(18)、ベラさん(16)がいるほか、タマラ・フッドとの間にクリスチャンさん(27)、「スパイス・ガールズ」メラニー・ブラウンとの間にエンジェルさん(11)をもうけていた。

    関係者は今年8月、『PEOPLE.com』にエディとペイジが新たなに子供を授かったことについて「彼らは娘のために弟か妹がほしいと願っていました」「彼らはかなり控え目な生活を送っています。家族が大切なのです。ペイジはエディの子供たちととても親しいですよ」と話していた。

    イギーちゃんはきっと弟の誕生をとても喜んでいるだろう。マックスくんはこれから育っていくなかで、9人の兄と姉がいて、とても心強いに違いない。
    (TechinsightJapan編集部 朝倉リリー)


    海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ビックダディーもびっくり!】エディ・マーフィに10人目の子供が誕生!】の続きを読む

    このページのトップヘ