フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ:スポーツ > モータースポーツ

    MotoGP第16戦日本GPの予選が栃木県のツインリンクもてぎで行われ、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ・チーム)がポールポジションを獲得しました。

    👇【詳細記事】
    予選1位:アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ) 

    (出典 cdn-image.as-web.jp)
    予選2位:ヨハン・ザルコ(ヤマハ)

    (出典 cdn-image.as-web.jp)
    予選3位:ジャック・ミラー(ドゥカティ) 

    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)
    予選12位:中上 貴晶(ホンダ) 日本人最上位

    (出典 cdn-image.as-web.jp)

    【【MotoGP】2018第16戦・日本GP予選結果!】の続きを読む

    ピットレーンでのスピード違反で、ペナルティを課せられたトヨタ7号車が、本当に見事優勝しました!w(゚o゚)w オオー! おめでとうございます👏👏

    (出典 public1.potaufeu.asahi.com)

     自動車の世界耐久選手権(WEC)第4戦「富士6時間耐久レース」は14日、静岡・富士スピードウェイで決勝を行い、最下位の8番手からスタートしたトヨタ7号車の小林可夢偉、マイク・コンウェー(英国)、ホセ・マリア・ロペス(アルゼンチン)組が230周を走って優勝した。トヨタは今季3勝目で、富士は3連覇。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら

    (出典 news.nicovideo.jp)  
    👇【動画】

    【【富士6時間耐久レース】トヨタ7号車・小林可夢偉組が優勝!】の続きを読む

    トヨタ7号車、まさかのペナルティでポールポジション剥奪...さらに罰金11万7,000円...もう優勝するしかないでしょ!

    (出典 clicccar.com)

    10月13、14日に富士スピードウェイで開催の「FIA 世界耐久選手権 富士6時間耐久レース」。ル・マン24時間レースなども含まれるFIA 世界耐久選手権の日本ラウンドがこの富士6時間耐久レースとなります。

    詳細画像はこちら

    13日に行われたその予選でトップタイムを叩き出したのはTOYOTA Gazoo Racingの7号車、マイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペス組。ポールポジションを確信したのか予選時間残り5分ほどで早々にピットに引き上げてしまうほどに強い走りを見せました。

    詳細画像はこちら

    しかし驚くことに、予選終了後にその華々しいポールポジションのタイムが抹消されてしまいます。原因はなんとスピード違反! えっ、レースなのに?

    自動車レースは速さを競う競技です。なのでサーキットは速度無制限。世界中には一部制限速度を設けるサーキットもありますが、富士スピードウェイではレギュレーションとルールに従っていてそのマシンがレースを続けることができれば時速は何キロ出そうと問題ないはずです。ただひとつの例外を除けば。

    その例外とはピットレーン。ピット作業が行われメカニックやオフィシャル、メディアなどの人とマシンが交錯するピットレーンは制限速度が60km/hとなっています。

    そのピットレーンを7号車のホセ・マリア・ロペス選手が67.7㎞/hで走行してしまいます。この違反に対して、FIAは900ユーロ(1ユーロ130円換算で11万7000円)の罰金を科した上で、7号車のタイムを抹消する措置をとりました。7号車はLMP1クラスの最後尾、8番グリッドからのスタートとなってしまいました。

    詳細画像はこちら

    これによりポールポジションとなったのはTOYOTA Gazoo Racingの8号車セバスチャン・ブエミ、中嶋 一貴、フェルナンド・アロンソ組。ル・マン優勝を果たした8号車が日本でも優勝に一番近い場所からのスタートとなります。

    FIA 世界耐久選手権 富士6時間耐久レースは14日の午前11時にスタート。6時間後に栄冠をつかむのはどのチームになるのでしょうか?

    (写真・文:松永和浩)

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【珍事】なんとレースでスピード違反! さて罰金はいくら? トヨタ 7号車がポールポジション剥奪】の続きを読む

    決勝の結果です。1位:ルイス・ハミルトン(メルセデス)/2位:バルテリ・ボッタス(メルセデス)/3位:マックス・フェルスタッペン(レットブル) メルセデスチームの1・2フィニッシュに終わりました。トロロッソ・ホンダの2人は11位と13位の残念な結果でした。

    👇【詳細記事】
    1位: ルイス・ハミルトン(メルセデス)

    (出典 f1-gate.com)
    2位:バルデリ・ボッタス(メルセデス)

    (出典 cdn-image.as-web.jp)
    3位:マックス・フェルスタッペン(レッドブル)

    (出典 cdn-5.motorsport.com)

    【【鈴鹿F1】2018・F1日本GP 結果!】の続きを読む

    予選結果は、1位:ルイス・ハミルトン(メルセデス)/2位:バルデリ・ボッタス(メルセデス)/3位:マックス・フェルスタッペン・・・6位:ブレンドン・ハートレー(トロロッソ・ホンダ)/7位:ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)となりました。トロロッサ・ホンダは地元開催なので、是非表彰台を狙って頑張って欲しいです!

    👇【詳細記事】
    ポールポジション:ルイス・ハミルトン(メルセデス AMG)
    1345084      
    (出典 cdn.autos.goo.ne.jp)
    2位:バルデリ・ボッタス(メルセデス AMG)
    1345085      
    (出典 cdn.autos.goo.ne.jp)
    3位:マックス・フェルスタッペン(レッドブル)

    (出典 upload.wikimedia.org)
    6位:ブレンドン・ハートレー(トロロッソ・ホンダ)
     1345089     
    (出典 cdn.autos.goo.ne.jp)
    7位:ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)
     1345090     
    (出典 cdn.autos.goo.ne.jp)
    👇【動画:予選1回目】 

    【【鈴鹿F1】2018・F1日本GP予選結果!】の続きを読む

    このページのトップヘ