フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ:スポーツ > モータースポーツ


    ヤマハ発動機株式会社は、2019年7月25〜28日、三重県・鈴鹿サーキットで開催される“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第42回大会に、大会5連覇を目指すファクトリー体制の「#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM」と、2018-2019FIM世界耐久選手権(EWC)にレギュラー参戦する「#7 YART Yamaha Official EWC Team」が出場する。

     
     
     ファクトリーチームの「YZF-R1」は、今年で発売から21周年を迎えたことに合わせ、当社のエースゼッケン「21」のオリジンであり、1985年の鈴鹿8耐に参戦した「ヤマハTECH21チーム※ 」の復刻カラーで出場する。
    ※資生堂が販売していた男性化粧品ブランド「SHISEIDO TECH21」が再び販売されるわけではありません。

    「#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM」からは、2017年以来3大会連続となる中須賀克行選手、アレックス・ローズ選手、マイケル・ファン・デル・マーク選手の3人が出場し鈴鹿8耐5連覇を目指す。監督は、全日本のファクトリーチームで指揮を執る吉川和多留監督だ。
     EWCのレギュラーチームで第3戦を終えランキング4位につける「#7 YART Yamaha Official EWC Team」からは、ブロック・パークス選手、マービン・フリッツ選手、ニッコロ・カネパ選手の3人が出場する。

    https://race.yamaha-motor.co.jp/sp/suzuka8h/

    ■#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM/鈴鹿8耐チーム
    鈴鹿8耐成績(チーム)
    ●中須賀 克行選手
    中須賀 克行選手

    ■出身地:福岡県
    ■生年月日:1981年8月9日
    「今年はYZF-R1にとってヤマハのエースゼッケンと同じ21周年ということで、ヤマハTECH21チームのカラーが採用されましたが、鈴鹿8耐を象徴するカラーでの参戦となり、非常に身の引き締まる思いです。ヤマハTECH21チームが活躍した1985-1990年は私も幼く、当時をよく知らない世代ですが、日本のレース史で最も熱い時代であったことは知っています。5連覇はもちろん、レース界に携わる一人のライダーとして、ライバルと一緒に当時の熱狂を取り戻せるような レースを目指し全力を尽くします。ぜひ鈴鹿でお会いしましょう」

    中須賀 克行選手/主な成績
    ●アレックス・ローズ選手
    アレックス・ローズ選手

    ■国籍:イギリス
    ■生年月日:1990年9月14日
    「今年もヤマハで鈴鹿8耐に出場できることをとても光栄に思います。ここ数年同じメンバーで出場しているのでお互いよく理解しており、気の合う最高のチームで5連勝を目指してがんばります。また、新しいTECH21カラーにもワクワクしています。実物を見るのが本当に楽しみだし、今から本番が待ちきれません」


    アレックス・ローズ選手/主な成績
    ●マイケル・ファン・デル・マーク選手
    マイケル・ファン・デル・マーク選手

    ■国籍:オランダ
    ■生年月日:1992年10月26日
    「今年も再び鈴鹿8耐に参戦できることをとてもうれしく思いますし、中須賀選手、ローズ選手とともにYAMAHA FACTORY RACING TEAMの一員になれたことを誇りに思います。僕たちの目標はもちろん5連覇です。とても厳しい戦いになると思いますが、楽しみでもありますし、ここ数年の特別な思い出とともに全力でがんばります。また今年は、 TECH21スペシャルカラーのYZF-R1に乗ることができるので、本当に特別なウィークになると思います。8耐で日本のフ ァンの皆さんに会えることを楽しみにしています」


    ■#7YART Yamaha Official EWC Team/世界耐久選手権(EWC)
    #7YART Yamaha Official EWC Team/左からブロック・パークス選手、マービン・フリッツ選手、ニッコロ・カネパ選手
    ■#7YART主な成績と出場選手
    #7YART主な成績
    ブロック・パークス選手

    ブロック・パークス選手
    ■国籍:オーストラリア
    ■生年月日:1981年12月24日
    「今年はEWCに加え、アジアロードレース選手権にも参戦し、YZF-R1に乗る機会も増えて走りのフィーリングなど非常によい状態です。鈴鹿8耐はファクトリーが多数参戦するため、他 の大会に比べて難しいレースになりますが、YARTにとっても最高のステージなので、最後まで諦めず上位完走、そして表彰台を目指してがんばります」


    マービン・フリッツ選手

    マービン・フリッツ選手
    ■国籍:ドイツ
    ■生年月日:1993年4月10日
    「鈴鹿は非常にテクニカルなサーキットですが、今年で3回目となり毎年うまく走れるようにな っているのでとても楽しみにしています。昨年の鈴鹿は残念ながらリタイアとなりました。しかし今年は表彰台を目標に最後まで走りきり、R1のポテンシャル、そしてヤマハEWCレギュラー チームとしての実力をモータースポーツファンに示します」


    ニッコロ・カネパ選手

    ニッコロ・カネパ選手
    ■国籍:イタリア
    ■生年月日:1988年5月14日
    「YARTに移籍してはじめてのシーズンですが、すでに溶け込みスタッフやチームメイトとよい関係を築けています。鈴鹿8耐は、2017年のチャンピオン獲得など特別な思い出のある大会。 EWCの最終戦であり、多くのファンが詰めかけてくれるので、最高のパフォーマンスでしっかり成績を残し、有終の美を飾りたいと思います」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【鈴鹿8耐】「ヤマハTECH21チーム」が復活 !? 復刻カラーの「YZF-R1」で鈴鹿8耐5連覇を目指す!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    お値段300万円「F1日本グランプリ宿泊&観戦プランを5月16日より受付開始」

    1組2名限定!スペシャルなコンテンツ付き

    10月10日~14日に「2019 FIA F1世界選手権シリーズ第17戦日本グランプリレース」を開催する鈴鹿サーキットが究極のセレブ観戦プランを発売。プレミアムな特典を満載し、鈴鹿サーキットホテルの宿泊などがセットになった「SUZUKA F1 Exclusive Plan」。1組2名限定で、値段はなんと297万円だ!5月16日10時より受け付けを開始する。

     鈴鹿サーキットが企画したこのプラン、約300万円は決して高くないかもしれない。なにせ「Formula 1 Japanese Grand Prix Paddock Club™ by Suzuka Circuit」という最上級のホスピタリティつきでの観戦が約束される。ランチはもちろん、専用の駐車場が確保され、ピットウォーク(3日間)へも参加可能。

    F1日本グランプリの超高級チケットの販売開始

     また、レジェンドゲストトークや専用ギフトなど、多くのプログラムが用意。観戦シートは上段で、メインストレートすべてを見渡すことができる人気の高いグランドスタンドV2席だ。F1日本グランプリの超高級チケットの販売開始

     くわえてガイド付きのパドックツアー、アクセス抜群の鈴鹿サーキットホテルでの5泊分(10月9日~14日)の宿泊、同じくエンターテイメントグリル&バーSHUNでのディナーも含まれる。F1日本グランプリの超高級チケットの販売開始

     国際レーシングコースをAston Martin、McLarenまたはMercedesを用いて、プロドライバーがレーシングスピードで駆け抜ける同乗走行の「Formula 1 Pirelli Hot Laps」までもセット。これを限定1組2名だけのゲストに提供する特別なパッケージなのだ。F1日本グランプリの超高級チケットの販売開始

     この「SUZUKA F1 Exclusive Plan」への申込みは、5月16日(木曜日)の10時から7月21日(日曜日)の16時まで受け付ける。申込み者多数の場合は抽選。当選者には7月22日以降に書面で連絡がある。

     なお、通常の2019年F1日本グランプリ・チケットは、5月19日(日)10:00から販売を開始する。

    【詳しくはこちら】

     その他の詳細は以下の通りだが、別途オプション(有料)でヘリコプターでの送迎プランなども用意可能とのことだ。

    ◾️「SUZUKA F1 Exclusive Plan」詳細

    料金:2名/297万円(税込)※1名または3名以上の設定はなし

    定員:1組2名限定 ※18歳未満は利用不可

    申込み方法:電話またはメール

    TEL:059-378-5477(受付時間は10:00~16:00)※6月11日~13日は除く

    メール:exclusiveplan@mobilityland.co.jp(24時間受付)

    ※申込み者多数の場合は抽選

    申込み期間:5月16日(木)10:00~7月21日(日)16:00

    当選発表:7月22日(月)以降、書面で連絡

    支払い方法:所定の振込用紙(到着後1週間以内)またはクレジットカード決済

    ※期日までに振込・決済が確認できない場合、当選は無効となり、再度抽選を実施予定。


    F1日本グランプリの超高級チケットの販売開始

    F1日本グランプリの超高級チケットの販売開始

    F1日本グランプリの超高級チケットの販売開始

    F1日本グランプリの超高級チケットの販売開始

    F1日本グランプリの超高級チケットの販売開始

    F1日本グランプリの超高級チケットの販売開始

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【驚愕】お値段300万円!「F1日本グランプリ宿泊&観戦プランを5月16日より受付開始」】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像・動画】

    相手のバイクに乗り移り殴打…前代未聞のトラブルの衝撃が拡大!

     バイクレースで起きた信じられないようなトラブル。選手同士が接触、転倒しかけた選手が相手側のバイクに乗り移り、停車したところで殴り掛かるという前代未聞の事態の一部始終を英公共放送BBCが動画で公開すると、「恥だな」「狂ってる」などとモータースポーツファンの怒りを買っていたが、海外メディアも続々報道。「ありえないシーン」「常軌を逸した」などと報じ、波紋が広がっている。

     一体何が起きたのか。2月17日にコスタリカのアラフエラで行われたコスタリカモーターバイク選手権での出来事だった。BBCスポーツが「これは全くもって信じられない」と題して公開した映像を見ると、赤いレーシングスーツのマリオン・カルボが黒のスーツのホルヘ・マルティネスにじわじわと幅寄せ。接触してバランスを崩して、転倒しかけたマルティネスが、自らのバイクを捨ててカルボのバイクの後ろに乗り移った。

     そして“2人乗り”となったカルボのバイクが停車。怒り心頭のマルティネスはバイクを降りるや、殴り掛かった。これにカルボは勢い余ってバイクごと転倒。気が済んだのか、歩き始めたマルティネスだが、怒りが収まらないのがカルボ。背後からやり返したのだ。

     2人には2年間の出場停止処分が下ったが、コース上での前代未聞のトラブルを海外メディアも次々に報じている。

     米メディア「TMZスポーツ」は「オートバイのプロレーサー、常軌を逸した殴り合いで長期出場停止」と題して特集。

    「WHOAAA!!!!! オートバイのプロレーサー2選手が、サーキット史上最もクレイジーなケンカで2年の出場停止を食らった!!」と記事では続け、さらに何が起きたのかを細かく描写している

    「あまりにもひどかったが…リターンマッチを見たい!!」

    「ようやくバイクが止まると、マルティネスはカルボに右からHAYMAKERショットを見舞い、ノックアウト!! しかし、カルボもよくやった…起き上がると、マルティネスを追いかけ、サーキットで戦いを続行。時として、こういうことも起きるが…。しかし、wow。狂っている」

     さらには「あまりにもひどかったが…リターンマッチを見たい!!」と煽るように続けている。

     ドイツ放送局「RTL」電子版では「コスタリカのバイクレースでブチキレ。クラッシュから派手な殴り合い」と題して事件を詳報。「我を失った。モーターバイクレース:ハイスピードに危険な追い越し作戦、これぞアドレナリン! コスタリカ国内選手権で、ホルヘ・マルティネスがクラッシュ後に突然、対戦相手のバイクに飛び乗る。すると我を失い、2人は取っ組み合いに」と伝えている。

     オーストリア大衆紙「Kronen Zeitung」は「ありえないシーン。コースのど真ん中で派手な殴り合い」。スイス大衆紙「Blick」も「バイクレーサーが接触後に殴り合い」と同様のトーンで報じ、さらに豪ヤフースポーツも「バイクレーサー、ありえないケンカで2年の出場停止」とタイトル付けして脚光を浴びせている。

     喧嘩両成敗――。両者は2年間出場停止という大きな代償を払う格好となったが、騒ぎは世界中に拡散している。(THE ANSWER編集部)
    バイクレースで前代未聞のトラブルが発生(写真はイメージ)
    【写真:Getty Images】

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】バイクレースでの衝撃乱闘劇の波紋拡大!欧米続々報道「史上最もクレイジーなケンカ」】の続きを読む

    👇【動画】

    (出典 Youtube)
    👇【詳細記事・動画】

    【動画はこちら】 ⇦ 動画はこちらからもご覧いただけます!

    ホンダCBR1000の中に一台だけ125ccのスクーターが出場した動画。しかも、なんと2位でゴールしてしまいます。直線はさすがに負けてしまうようですが、コーナーは強いです。小回りの利くスクーターだからの結果かもしれませんが、驚きました^^
    1000ccのバイクレースに一台だけ125ccのスクーターが!でもめちゃ速い!!

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【モータースポーツ】1000ccのバイクレースに一台だけ125ccのスクーターが!でもめちゃ速い!!】の続きを読む

    GoProカメラを搭載したドローンが、至近距離から捉えた迫力満点のドリフト映像をご覧下さい!

    👇【詳細記事・動画付】    👇【動画1】
    👇【動画2】

    dims
    【【ビデオ】GoProカメラが捉えた、迫力満点のドリフト映像!】の続きを読む

    このページのトップヘ