フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ:スポーツ > 野球


    👇【詳細記事・画像】

    本人は「まだベストではない」、スカウトは苦笑「12球団がドラフト1位でいくんじゃ…」

     今年の8月に開催されるU18ワールドカップ日本代表候補の国際大会対策研修合宿の2日目は、奈良県内のグラウンドで練習が行われた。午前中はバッティング、ノックが中心だったが昼前から実戦形式の練習をみっちり行い、選手の能力をチェックした。

     2度にわたって行った試合練習は3アウトで交代と通常の紅白戦のようだったが、イニングごとに走者をつけるなど様々なケースを想定しながらの練習だった。1試合目では奥川恭伸(星稜)、河野佳(広陵)、林優樹(近江)らが登板。2試合目は佐々木朗希(大船渡)と西純矢(創志学園)が先発して2回まで投げ合った。佐々木投手は初回で2番の内海貴斗(横浜)を迎えた2球目で自己最速を6キロも上回る163キロを計測した。

     試合後、当の本人は「そんなに出ていたという感じがしない。まだベストの状態ではないので」と淡々としていた。ただ、2回を投げ6奪三振と完璧な投球を見た星稜の奥川投手は「本当にすごい。自分にはあんな球は投げられないです。(ビッグ4と呼ばれ)自分は一緒に並べられるようなピッチャーじゃないです。佐々木君はすごいとは思っていたけれど、本当にすごかった」とむしろ、ライバルというより遠い目で佐々木を見ているようだった。

     2回まで投げ合った西は「佐々木君があれだけすごいので、自分はコントロール重視で投げました。実際は丁寧に投げられたので良かったです。佐々木君は……もう、高校生じゃないみたいですね」と驚いた様子を見せた。 

     あるプロのスカウトは「もしかしたらドラフトで12球団が1位で行く(指名する)じゃないの」と苦笑い。それだけ佐々木のストレートは見ている者に強い衝撃を与えたようだ。(沢井史 / Fumi Sawai)
    U18研修合宿に参加している大船渡・佐々木朗希【写真:沢井史】

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【高校野球】【衝撃】大船渡高校・佐々木朗希選手が163キロの衝撃!大谷超え高校球界史上最速!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】


    今秋のプロ野球ドラフト1位候補に挙がる高校生右腕、大船渡(岩手)の佐々木朗希投手(17)が31日、栃木県矢板市内で行われた作新学院(栃木)との練習試合で先発し、3回を投げて1安打1失点で6三振を奪った。球速は複数のプロ球団のスピードガン測定で最速156キロを計測した。

     昨秋の県大会で自己最速の157キロを出した佐々木は今季、これが実戦初登板。オフは下半身を中心に鍛え上げ「充実した冬を過ごせた」と言う。190センチ、86キロ。しなやかなフォームから快速球を投げ込み、全国有数の強豪校に挑んだ。二回に先頭打者に三塁打を許したが、後続を3者三振。「きょうは8割くらい。久しぶりに投げて楽しかった」と振り返った。

     ネット裏には日本の全12球団、米大リーグ6球団から計40人を超えるスカウトが結集。巨人の長谷川国利スカウト部長は「すごい。すごいね。体重移動やバランスが素晴らしい。長く(投手を)見てきたが、ナンバーワンと言える」と絶賛した。

     

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【高校野球】【大谷二世】岩手の怪物投手・大船渡高校の佐々木朗希選手が156キロ!日米スカウト結集し絶賛!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】


    米国デビューとなる先発マウンドにあがったマリナーズ・菊池雄星
    【写真:Getty Images】
    勝利投手の権利を持って降板もまた勝てず、マリナーズは開幕3連勝でストップ

    ■Rソックス 7-6 マリナーズ(日本時間30日・シアトル)

     マリナーズの菊池雄星投手が29日(日本時間30日)、レッドソックス戦で本拠地&米国デビューを飾り、6回4安打3失点(自責2)5奪三振無四球の好投も、9回にクローザーのストリックランドが逆転3ランを被弾。菊池のメジャー初勝利は目前で消滅した。マリナーズは6-7で敗れ、開幕からの連勝は「3」で止まった。

     初回から先頭ベニンテンディをスライダーで空振り三振、昨季ア・リーグMVPの2番ベッツ、3番マルティネスを直球で右飛と、わずか11球で3者凡退に抑える好スタートを切った菊池。マリナーズ打線はその裏、スミスの先頭打者弾、サンタナのソロ弾で2点を奪った。

     菊池は2回先頭の4番ボガーツに直球をレフトスタンドに運ばれ、メジャー初被弾も、ヌネスはスライダー、ディバースは高め直球で空振り三振。トラビスにはライト前ヒットを打たれたものの、ブラッドリーはスライダーで空振り三振と1点のリードを守った。マリナーズは打線はその裏にもナルバエスのソロで1点を追加した。

     3、4回と2イニング連続の3者凡退と流れを作った菊池。マリナーズ打線も好投に応え、4回裏に3点を追加して5点リードとする。5回は失策と不運なヒットで無死一、三塁とされるも、ブラッドリーは遊ゴロ併殺打。この間に1点は入ったが、バスケスは左飛で3アウト。5回をしっかり投げきった。

     6回は2死から強打者マルティネスに直球をセンターに運ばれ、この日2本目のホームランを浴びたものの、ボガーツを打ち取り3アウト。東京ドームで行われた21日のアスレチックス戦では、勝利投手の権利まであと1死に迫りながら降板していたが、この日は3点のリードを守り、勝利投手の権利を持って降板した。

     菊池は86球を投げてストライクは55球。無四球で自身メジャー初のクオリティー・スタート(QS、6回以上を自責3以下)を達成し、2試合で防御率は2.53とした。しかし、9回に登板したクローザーのストリックランドが2点のリードを守れず。代打のモアランドに逆転3ランを浴び、菊池のメジャー初白星が消滅した。(Full-Count編集部)
    メジャー初勝利の権利が消滅したマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【MLB】菊池雄星選手が6回3失点好投もメジャー初勝利は目前で消滅…クローザーが逆転3ラン被弾】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    現在、MLBのカブスで活躍中のダルビッシュ有選手。

    メジャー7年目の開幕を前にスポニチ本紙の独占インタビューに応じ、“37歳で現役を引退したい”旨を明かしたのだという。

    Some shots from Darvish Day on the Minor League side… pic.twitter.com/MFixOlonS9

    — Jordan Bastian (@MLBastian) 2019年3月24日

    現在の契約が満了する2023年シーズンで現役引退を考えているダルビッシュ有選手、義兄のKIDさん(享年41)を亡くしたことをキッカケに「今生きていることが当たり前じゃない、自分もいつそうなるかは分からない。」と発言。

    また「そこから一瞬一瞬、今日を一生懸命に生きたいなと。生への執着心みたいなものは持つようになった」とも語っている。

    将来大きくなった子ども達と一緒にいたいと思う様になったというダルビッシュ有選手、今に集中して毎日毎日、一生懸命やっていく心構えで今シーズンも挑むのだそうだ。

    (※↓詳しくはコチラへ)

     参照・画像出典:ダルビッシュ 37歳で「引退」独白― スポニチ Sponichi Annex 野球
    (本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)
    ※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


    (出典 i.ytimg.com)

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【MLB】「37歳で現役を引退したい」メジャー7年目開幕目前にダルビッシュ有選手が独白!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    菊池はレッズ・ボットをK斬り!2回29球1K1安打2失点自責0



    オープン戦初登板を果たしたマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

     西武からポスティングシステムを利用してマリナーズへ移籍した菊池雄星投手が25日(日本時間26日)、米アリゾナ州ピオリアで行われたレッズ戦でオープン戦初登板した。初回を13球で3者凡退。2回は味方の失策に泣かされたものの、2回1安打2失点(自責0)に抑えた。直球は最速153キロをマーク。上々のデビューを飾った。チームは11-3で大勝し、菊池は“メジャー初勝利”を挙げた。

     花巻東から憧れたメジャー舞台。菊池は「メジャーの打者を感じられたのは一番の収穫」と振り返ったが、敵軍の打者や同僚はどう見たのか。初回1死で対戦した10年MVPで通算269本塁打のボットは、こう印象を語った。

    「多くの可能性を感じる。時間と経験がそれを最大限に引き上げてくれるだろう」

     メジャー屈指の強打者には2ボールとカウントを崩したが、内角へのカーブで空振り三振に仕留めた。ボットは興奮気味に振り返った。

    「オー、マイ、ガッシュ! すごい良いカーブだった。ちょっと驚いたけどね。今のリーグでは、ああいう軌道のカーブを投げる左投手が少ない。ドジャーズの柳、クレイトン・カーショウ、あとは何人か左でも、あんな伝統的なカーブを投げる投手がいるかも知れないけど、とにかく可能性を感じた。(カーブがベスト?)間違いない」

     ボットはスプリングトレーニングでは相手投手がどんな球種を投げるかは見ないという。それでも、大きな軌道を描くカーブは脅威と感じたようだ。

    「ブルペンを見みながら、どんな球を投げるのか推測するしかない。ビデオを見たり、リポートを見たほうが簡単だけど。今回の彼との対戦は新しい経験だったけど、やはり、何を投げるのかわからない投手と対戦するのは、好きじゃないね。特に、あんなに良いカーブを投げる投手とはね」

     昨季打率.283、34本塁打、104打点をマークした5番・スアレスも警戒心を強めた。2回先頭でフルカウントから四球で歩いたが、直球、カットボール、スライダーと多くの球種を体験した。

    「どんな球種でもストライクが投げられる。カッターが良かったし、スライダーも良かった。真っすぐもキレがあった。94、95マイルは出ていたかな? いい印象を持った」

     菊池とバッテリーを組んだ捕手のナルバエズも上々のオープン戦デビューに目を細めた。

    「自分の考えでは、良かったと思う。制球が良かったが、特にカーブをしっかり制球できていた。スライダーも良かったと思う。まだ、キャンプ序盤だからなんとも言えないけど、良くなっていくと思う。ナーバスには見えなかった。彼はストライクゾーンを積極的に攻めていた」

     初回と2回のイニング間には菊池と投球談義。1月の入団会見で披露した英語力を駆使して、通訳なしでコミュニケーションを図った。

    「僕が言っていることは理解できていると思う。今日は、あまり通訳が必要なかった。そんなに心配していない。彼は、ちゃんと理解していたし、彼の考えも話してくれた」

     登板後、菊池は「まだまだカーブが抜けたりとか、スライダーが決めたい時に抜けてしまうことが多い。真っ直ぐに関しては納得のできるものが出てきた。あとは変化球の精度、甘い球は見逃してくれないと感じました。もう1回細かいところを詰めていければ」と前を向いた。メジャーデビューが期待される3月20、21日のアスレチックスとの日本開幕戦(東京ドーム)へ上々のスタートを切ったのは間違いなさそうだ。(木崎英夫 / Hideo Kizaki)



    レッズ戦でオープン戦初登板したマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【MLB】菊池雄星選手・OP戦初登板&初勝利!】の続きを読む

    このページのトップヘ