フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ:スポーツ > 野球


    【詳細記事・画像】


    (出典 www.nikkansports.com)
    ドラフトでは星稜・奥川、明大・森下も競合か

     日本高野連は2日、2019年の「プロ野球志望届」の提出者一覧を更新し、大船渡の佐々木朗希投手が新たに公示された。10月17日のドラフト会議で163キロ右腕に何球団の指名が集まるか、注目が集まる。この日は佐々木のほかに関西の片山朋哉外野手、宜野湾の比嘉太一内野手がプロ志望届を提出し、計134名となった。

     佐々木は4月のU-18高校日本代表合宿で163キロをマーク。2012年に花巻東・大谷翔平投手(現エンゼルス)がマークした160キロを上回り、高校生として最速を記録した。

     大船渡では夏の岩手県大会で決勝に進出するも、最後は登板することなく敗退。その後、侍ジャパンU-18代表に選出され、8月下旬から9月上旬にかけて行われた「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に出場した。

     高校生としては、星稜・奥川恭伸、創志学園・西純矢とともに“ビッグ3”と呼ばれ、ドラフトでは奥川、大学NO1投手の明大・森下暢仁ともに競合が予想される超逸材。ドラフトでどの球団が佐々木を射止めることになるだろうか。
    (Full-Count編集部)

    大船渡・佐々木朗希【写真:荒川祐史】

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【高校野球】163キロ右腕の大船渡・佐々木朗希がプロ志望届提出。ドラフト1位で競合確実。】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】


    (出典 www.tv-tokyo.co.jp)
    佐々木は「4番・投手」で先発し、一関工打線をわずか2安打に封じ込める!

     第101回全国高等学校野球選手権大会岩手県大会は24日、準決勝2試合が行われ、“令和の怪物”佐々木朗希投手擁する大船渡は一関工に5-0で勝利し、決勝進出を決めた。佐々木は「4番・投手」で先発すると、9回まで投げ抜き2安打完封を飾った。この日の最速は157キロだった。

     初回1死ニ、三塁で佐々木自ら先制の適時内野安打を放つなど、いきなり2点を先制。2回には内野ゴロの間に1点を加え、3回には木下の適時二塁打で追加点を奪ってリードを広げた。

     このリードを佐々木が守り抜いた。序盤から一関工打線を相手に圧巻の投球を披露。最速157キロをマークした真っ直ぐを軸に相手の攻撃をねじ伏せた。2回に岩渕健、4回に金子に単打を許したが、安打はこの2本だけ。9回を投げて、2安打15奪三振の圧巻の投球で完封勝利を飾った。

     大船渡は決勝進出を決め、第1試合で勝利した花巻東と甲子園出場をかけて戦う。大船渡は1984年に夏の甲子園出場を果たしており、35年ぶり2度目の夏の甲子園出場へあと1つとした。(Full-Count編集部)

    大船渡・佐々木朗希【写真:荒川祐史】

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【高校野球】大船渡高校・佐々木朗希投手、圧巻の2安打15K完封!最速157キロ!大船渡は35年ぶり甲子園へあと1つ!】の続きを読む

     
    👇【詳細記事】   
    大船渡・佐々木、延長十二回に勝ち越し弾 投げては最速160キロの活躍 大船渡・佐々木、延長十二回に勝ち越し弾 投げては最速160キロの活躍
    …手大会は21日、盛岡市の県営野球場などで4回戦があり、163キロ右腕・佐々木朗希(3年)擁する大船渡は延長十二回、4―2で盛岡四を降し、準々決勝進出を…
    (出典:野球(毎日新聞))
     
    👇【動画】
    (出典 Youtube)
     
    👇【佐々木朗希投手】

    (出典 usaponn.com)

    【【速報】【高校野球】大船渡高校・佐々木朗希投手、延長12回194球21奪三振で完投勝利!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像・動画】

    エンゼルスOBのグビザ氏は「オールスターに出場すべきなのです」

    ■アスレチックス 12-3 エンゼルス(日本時間1日・アナハイム)


    (出典 Youtube) 
     エンゼルスの大谷翔平投手は6月30日(日本時間1日)、本拠地のアスレチックス戦で「3番・DH」で6試合連続スタメン出場し、今季初となる1試合2本塁打を放った。4回の第2打席で3試合ぶりの右中間11号ソロを放つと、8回の第4打席で今季初の1試合2発となる12号ソロ。エンゼルスは3-12で敗れて3連敗、借金1となったが、大谷は自身3度目の1試合2本塁打と1人、気を吐いた。

     2点を追う4回に右手一本で右中間スタンドへ運ぶ11号ソロを放っていた大谷。驚愕の2発目は10点差となった8回先頭の第4打席に生まれた。5番手右腕ブルックスから右越え12号ソロ。2ボールからのツーシームを捉えた。飛距離となる447フィート(約136.2メートル)を飛ばす、打球速度109.5マイル(約176.2キロ)の豪快弾。1試合2本塁打は昨年9月5日の敵地レンジャーズ戦以来298日ぶりとなった。

     この一発は大谷の今季最長、キャリアでも2番目の飛距離となる特大の一発に。この豪快弾には、エンゼルスの本拠地で試合を中継する「FOXスポーツ・ウエスト」の名物実況&解説も大興奮で、大谷の2発目を伝えた。

     実況のビクター・ロハス氏は「高々とした打球です。右中間後方です! 彼はまた打ちました! ビッグ・フライ! オオタニさん! 本日2本目です!」とまくし立てる。この日2本目も言い忘れることなく、決め台詞「ビックフライ!オオタニサン!」を絶叫した。

     解説を務めたエンゼルスOBでメジャー通算132勝のマーク・グビザ氏は「2シームの球です。準備ができていました。ショウヘイの素晴らしいパワーです」と称賛。ロハス氏から「あの打球音はどうすか?」と振られると、グビザ氏は「私たちが前に話していたことを振り返ってみましょう。ショウヘイ・オオタニはオールスターに出場するべきなのです」と大谷がオールスターに選出されなかったことを嘆いていた。(Full-Count編集部)

    本拠地アスレチックス戦で2本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【MLB】大谷翔平、今季初2発に米名物実況&解説も興奮「ビッグフライ!2本目だ!」】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像・動画】

    内角低めを逆方向の左中間スタンドに突き刺す2年連続2桁本塁打弾

    ■エンゼルス 8-3 アスレチックス(日本時間28日・アナハイム)

     エンゼルスの大谷翔平投手が27日(日本時間28日)、今季10号となる2ランを放ってチームの勝利に貢献した。本拠地でのアスレチックス戦に「3番・DH」で3試合連続スタメン出場。3回の第2打席で、2年連続2桁本塁打に到達するアーチを放った。

     
     初回の第1打席は右腕アンダーソンの前に見逃し三振に倒れていた大谷。3回1死一塁で迎えた第2打席で一発は生まれた。1ボール1ストライクからの3球目、アンダーソンが投じたのは、内角低めの難しいボールだった。大谷は腕を畳んでこれを捉えると、打球は中堅手の頭上を超え、左中間スタンドへと飛び込んでいった。

     第1打席で見逃し三振に倒れたボールと同じような内角低めのボール。腕を畳み、それを逆方向に運ぶという信じられないような“曲芸打ち”で本塁打にした大谷のバッティングは大きな衝撃を与えた。

     地元ラジオ局「スポーツ1140 KHTK」で番組ホストを務めるカイル・マドソン氏が、この一打の衝撃度を自身のツイッターに「この打撃は普通じゃない。オオタニはモンスターだ」と投稿。内角低めを逆方向のスタンドに運ぶあり得ないバッティングを絶賛していた。(Full-Count編集部)
    2年連続2桁本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【MLB】「オオタニはモンスター」衝撃のインロー“曲芸打ち”10号2ランに米驚愕!】の続きを読む

    このページのトップヘ