フレッシュニュース

毎日新しいニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ:乗物 > バイク


    👇【詳細記事・画像】

    ピアッジオグループジャパン株式会社 (本社:東京都港区芝2丁目、代表取締役 ネリ・ミクラウス)は、125ccエンジンを搭載したモタードモデル『SX 125』(メーカー希望小売価格 410,400 円消費税8%込)を全国のアプリリア正規販売店にて、1月25日(金)より受注を開始し、3月上旬より出荷を開始致します。
    SX 125は、2018年3月より販売を開始したフルサイズ125ccオフロードモデル『RX 125』をベースに、舗装路での走りに磨きをかけたモタードバージョンで、クラスを超えたスタイルと共に、パワフルなエンジンと本格的な足回りを装備し、気軽にスポーツライディングをお楽しみいただける1台です。なお、2月28日(木)までに当モデル及びRX 125をご注文いただいたお客様の中から抽選で10名の方に、aprilia-japan.com公式オンラインストアでお使いいただける10,000円分(税込)クーポンをプレゼントいたします。

    アプリリア SX 125
    【アプリリア SX 125 概要】
    • 受注開始日:2019年1月25日(金)
    • 国内出荷時期:2019年3月上旬頃から順次
    • メーカー希望小売価格:¥410,400 (消費税8%込)
    • ボディーカラー :ブラックドリフト
    【先行予約キャンペーン】
    SX 125及びRX 125の新車を正規販売店でご成約いただいた方の中から抽選で10名様に、アプリリア公式オンラインストアで使える商品クーポン1万円分(税込)をプレゼント致します。
    • 対象モデル:SX 125、 RX 125の新車
    • 対象期間:2019年1月25日(金)~2019年2月28日(木)
    • 対象人数:対象モデルを期間中にご予約いただいた方の中から抽選で10名
    • プレゼント内容:アプリリア公式オンラインストアにて購入できる商品1万円分(税込)のクーポン(https://piaggiogroup-store.jp/aprilia?id=prtimes0124)
    ※製造コストの上昇に伴い、2019年3月以降に出荷するRX 125のメーカー希望小売価格を変更いたします。
    旧価格) ¥398,000(消費税8%込)
    新価格) ¥399,600(消費税8%込)

    【アプリリア SX125について】

    アグレッシブでスポーティーなスタイルを求めるライダーに向けて、アプリリア SX125は妥協のない本格的な装備、ハイレベルなパフォーマンスとデザイン性を兼ね備える、125ccロードスポーツモーターサイクルです。
    アプリリア SX 125は、ベテランライダーからビギナーまで、強いこだわりを満足させる本格的なオフロードスタイリングが目を引くRX 125をベースにしています。
    その背景にはアプリリアのオフロードレースにおける成功の歴史を継承する、洗練されたデザインとパワフルなパフォーマンス、先進のテクノロジーを備えています。フロント、リアともに17インチ化されたホイールや、強化されたフロントブレーキを装備する本格派モタードバイクは、日本において原付二種のカテゴリーに分類され、日常的な移動や週末のレジャーのアイテムとしても、手軽に楽しめることができる貴重な1台です。


    ●デザイン
    アプリリアは、エンデューロやモタードのようなモーターサイクルに、ユニークで極めて革新的なデザインを初めて取り入れてきました。SXの機能性を重視したデザインは、確実なライディングコントロール性を犠牲にすることなく、このセグメントにおいて他に類を見ない機能性を有した美しいフォルムを実現しています。ブラックアルマイト仕上げのアルミ製テーパードハンドルバーやシート形状と一体化したパッセンジャーグリップに、この新しいデザインならではの特徴が表れています。

    ●エンジン
    アプリリアの魂ともいえるエンジンには、水冷単気筒DOHC 4バルブ 125ccエンジンを搭載しており、4ストロークエンジンの最先端技術を駆使した近代的なエンジンです。レースシーンにおいて磨かれてきた技術は、ベンチマークとなるパフォーマンスを実現するだけでなく、極めてクリーンなエンジンを生み出すことにもなります。SXにおいてアプリリアは4ストロークエンジンの完成度を引き上げ、パフォーマンスを損なうことなく厳しいユーロ4基準に適合させ、感動的ともいえる高回転域での加速フィールを実現します。

    ●シャシー構造
    アプリリアSXは、進化したサスペンションと、優れた制動力とコントロール性を実現し、新しいブレーキングシステムによるABSを備えたトップレベルの安全性能を備えています。アプリリアは、ブレーキング時の高い精度とコントロール性を提供しつつ、ハードブレーキング時のリアホイールの浮き上がりを補正する、アンチロールオーバーモードを備えたBosch製ABSシステムをこの市場セグメントで初めて導入しました。SXには、レースシーンからフィードバックされたフロント300 mm、リア200 mmのステンレスディスクが装備されています。
    高剛性のスチール製ダブルクレードルフレームには、クラスの基準を超えたサスペンションが組み合わされています。フロントサスペンションには41Φ倒立テレスコピックフォークを装備し、240 mmのホイールトラベルを提供します。リアは、トラクションを最適化するスチール製ロングスイングアームを採用し、ホイールトラベルは200 mmを確保。ショックアブソーバーはプログレッシブリンクでフレームと連結しています。
    SXのような本格的なモタードモデルでは、構成部品にも高いレベルが求められます。特にホイールについて、剛性と軽さの両立が性能を左右する大きな要素となります。アプリリアSXは、ブラックアルマイト仕上げのハブを持つ高品質のスポークホイールを装着しています。

    ●インストルメントパネル
    アプリリアは、日々の使用における汎用性と実用性に優れた上質なモーターサイクルを造り上げることを念頭に、コンパクトでモダンに洗練された、視認性に優れるデジタルメーターをSXに搭載しました。デジタルメーターには、一般的な機能に加えて、トップスピード、バッテリー電圧、走行セッション間の移動距離を表示するツイントリップメーター機能を持ったトラベルダイアリーも装備しています。

    アプリリア SX 125
    ●カラーグラフィック
    SXが採用するカラーリング「ブラックドリフト」は、クールなデザインを演出するグラフィックです。

    アプリリア SX 125
    ●アプリリア SX 125 主要諸元

    エンジン:4ストローク 水冷単気筒 DOHC 4バルブ
    総排気量:124.2 cc
    ボア × ストローク:58 mm × 47 mm
    最高出力:11kW(15HP)/10,700rpm
    最大トルク:11.3Nm/8,000rpm
    燃料供給方式:電子制御燃料噴射システム、マレリ製Φ32 mm スロットルボディ、
    点火方式:電子制御イグニッションシステム
    潤滑方式:ウェットサンプ
    始動方式:セルフ式
    トランスミッション:6速リターン
    変速比:(1速)11/33 (2速)15/30 (3速)18/27 (4速)20/24 (5速)25/27 (6速)23/22
    一次減速比:29/69
    最終減速比:13/62
    クラッチ:湿式多板クラッチ
    フレーム:ツインチューブスチールフレーム
    サスペンション(F):Φ41 mmテレスコピック倒立フォーク(ホイールトラベル240mm)
    サスペンション(R):スチール製スイングアーム、プログレッシブリンク式モノショック(ホイールトラベル220mm)
    ブレーキ(F):Φ300 mm ステンレスディスク、フローティングキャリパー
    ブレーキ(R):Φ200 mmステンレスディスク、フローティングキャリパー
    ABS:ボッシュ製9.1ML
    ホイール(F):2.50 x 17
    ホイール(R):3.50 x 17
    タイヤ(F):100/80-17
    タイヤ(R):130/70-17
    シート高:880 mm
    車両重量:134Kg
    燃料タンク容量:6.2 L
    生産国:中国
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【新型車】【バイク】アプリリアの本格派125ccモタード「SX 125」を発売決定!】の続きを読む

    2018年11月、イタリアで開催されたミラノショー(EICMA)にて発表され、イメージ刷新と話題を呼んだ2019新型ホンダCB650R。その日本国内販売の詳細が正式発表されました。税込車両本体価格96万1200円にて、2019年3月15日に発売されます。

    👇【詳細記事】

    HONDA CB650R


    HONDA CB650R カラー:グラファイトブラック


    HONDA CB650R カラー:キャンディークロモスフィアレッド

    HONDA CB650R カラー:マットベータシルバーメタリック



    👇【動画】     

    (出典 Youtube) 

    【【新型車】【バイク】ホンダ・新型「CB650R」2019年3月15日発売決定!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    ADIVA株式会社(本社:東京都港区赤坂  代表取締役社長:池田 元英)は、クラシカルなスタイルで人気を博しているネオレトロスクーター、プジョー・ジャンゴシリーズの「エバージョン」に、特別仕様車「ジャンゴ125エバージョンABS +(プラス)」を設定しました。2019年1月18日より、全国のプジョーモトシクル正規ディーラーにて発売開始いたします。

    【モデル説明】
    ジャンゴは、1953年に発売したプジョー初のスクーターである「S55」を現代に復刻させた、空冷125ccエンジンを搭載するネオレトロスクーターです。クラシカルなスタイルながらも、ABS、スマートフォン用電源、LEDテールランプなど、最新の装備を採用。前後セパレートで座り心地の良い大きなシートは、フランス車ならではのこだわりです。シート下にはメットインスペースを備え、タンデムでの小旅行も楽々こなします。

    ジャンゴシリーズの中でも、クリームとビビッドな色によるツートンカラーで、男女を問わず人気を博している「ジャンゴ125エバージョンABS」に、レトロテイストとクオリティを高める3つのアクセサリーを追加装備した特別仕様車が「ジャンゴ125エバージョンABS +」です。


    【特別装備】
    1.ショートスクリーン
    クロームメッキのステーにマウントされたショートスクリーンが、ライダーの胸元にあたる風や雨を防ぎます。小ぶりでシンプルな主張しすぎない形状で、ジャンゴのスタイリングを引き立てます。
    メーカー希望小売価格 : 32,184円(消費税8%を含む)

    2.フロントキャリア
    クロームメッキ仕上げのスチール製キャリア。クラシカルなイメージを強めるドレスアップ効果はもちろんのこと、書類をはさんだり、小さなバッグを取り付けたりと、実用的にも役立つ装備です。
    メーカー希望小売価格 : 32,184円(消費税8%を含む)
    3.バックレスト
    タンデムライダーの腰部をサポートし、快適性を高めます。グラブバーと一体感のあるデザインで、車両全体のフォルムを崩しません。クッション部にはホワイトステッチや型押しの「PEUGEOTロゴ」を施し、高級感のある仕上がりです。
    メーカー希望小売価格 : 21,492円(消費税8%を含む)


    【販売開始日】
    2019年1月18日

    【販売台数】
    30台

    ビタミンオレンジ 10台

    ドラゴンレッド 10台

    ディープオーシャンブルー 10台

    【メーカー希望小売価格】
    ■通常仕様


    ■特別仕様
    ジャンゴ125エバージョンABS +
    392,040円(消費税8%を含む)

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【新車】【バイク】プジョー特別仕様車「ジャンゴ125エバージョンABS +」を限定発売!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像・動画】

    Image: Harley-Davidson

    クラウドを通してスマホと繋がります。

    ジェット機のようなエンジン音がするらしいというウワサの、ハーレーダビッドソンのEVバイク「LiveWire」。実は2015年の映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』でブラック・ウィドウが乗っていたあのバイクだったんですよね。

    cnetによれば、現在開催中のCESにてLiveWireの予約受け付けの開始が発表されました。生産は8月からで、お値段は2万9799ドル(約324万円)とのこと。

    ではそのエンジン音をどうぞ。

    元来ハーレーは大型なのと、バイク界では歴史のある有名ブランドということで、お高いバイクです。初のEVはそのお値段に見合う性能なのでしょうか?

    スペックは間違いなし

    LiveWireの航続距離はフル充電で177km。60マイル(時速96km)に達するまで僅か3.5秒という爆速ぶり。車体にはABSと、加速時にタイヤを空転させないトラクション・コントロールを搭載。公式サイトでは、エンジンに永久磁石を使用し、常に100%のトルクを瞬時に生み出し、アルミ製キャスト・フレームは車体を軽くし、SHOWAの前後サスペンションはダイヤルで硬さを調節可能とあります。

    メーター類は4.3インチのフルカラーの液晶タッチパネルに取ってかわり、速度や航続距離、充電残量などが確認できます。音楽再生やナビ機能、警告表示など運転に有用な機能が盛りだくさん。

    スマホでステータスをチェック

    さらにはスマートフォンと連携し、クラウドを通して施錠や解除、現在地を地図で表示、走行アクティビティーの表示、充電の状況などの確認ができるようになっています。

    EVになると、オートバイでさえもガジェット化してしまうとは…。いずれ街中で、このキュイーンというエンジン音を聞くことになるでしょう。

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【バイク】まさに映画の乗り物!ハーレー初のEVバイク「LiveWire」の予約受付が開始 !】の続きを読む

    ヤングマシンから、カワサキ・新型「GPZ900 & ZXR900」のスクープ画像(予想CG)が公開されましたので、ご覧下さい!

    👇【詳細記事・画像】

    【KAWASAKI 新型GPZ900R 予想CG】Z900/RSベースなら、排気量もそのままで”GPZ900R”を名乗ることができる。エンジンはフィンのないZ900ベースの方が似合いそう。エンジンを見せるためにサイドカウルはなくていいかも。     

    (出典 young-machine.com) 

    【KAWASAKI GPZ900R 1984年】’84年に世界最速マシンとして登場した初代NinjaことGPZ900R。サイドカムチェーン方式を採用するカワサキ初の大型水冷エンジンは1200㏄までスープアップされていき、ZRX1200DAEGまで使われることとなった。このNinjaを最新Z900/RSベースで再現してほしい。     


    (出典 young-machine.com)
    【JAPAN LEGENDS ZXR900 2018ミラノショー出展カスタム車】ZXR900は、ベース本体にほとんど手を入れずとも見事にレプリカスタイルが再現できることを証明。メーカーとしても低コストで開発できる恰好の素材だ。


    (出典 young-machine.com)

    【KAWASAKI ZXR750 1989年】1988年ケルンショーで発表され、翌年1月に国内販売されたZXR750。エンジンはGPX系をベースに改良しさらにバックトルクリミッターも搭載。他にもシャーシには日の字断面のE-ボックスフレームなどレース参戦を視野に入れた装備が満載のマシンだ。 


    (出典 young-machine.com)
    【【スクープ】【バイク】カワサキ・新型「GPZ900 & ZXR900」予想CG公開!】の続きを読む

    このページのトップヘ