フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ:乗物 > バイク


    👇【詳細記事・画像・動画】

    ADIVA株式会社(本社:東京都港区赤坂  代表取締役社長:池田 元英)は、ネオレトロなスタイルで人気を博している125ccスクーター「プジョー・ジャンゴシリーズ」に、50ccおよび150ccのニューモデル6機種を追加します。2019年3月15日より、全国のプジョーモトシクル正規ディーラーにて発売開始いたします。

    ジャンゴは、1950年代の「プジョー S55」を現代に復刻させた、フランス生まれのネオレトロスクーター。豊かで流麗なボディラインによるクラシカルなスタイルながらも、ABS(50ccモデルを除く)、スマートフォン用電源、LEDテールランプなど最新の装備を採用し、新しい世代のライダーたちを満足させます。
    「原付二種125cc」のみであったラインナップに、「原付免許で乗れる50cc」と、「高速道路を走行できる150cc」が加わることで、ジャンゴをより多くの方に楽しんでいただけるようになりました。

    【各モデルの概要】
    1.ジャンゴ 50、ジャンゴ 150 ABS
    オリジナリティあふれるスタイルと高級感のあるカラーリングが特長です。自分らしさを大切にする、フランスならではの国民性が生んだ個性的な一台です。
    <ジャンゴ 50>
    メーカー希望小売価格:312,120円(本体価格:289,000円/消費税:23,120円)
    <ジャンゴ 150 ABS>
    メーカー希望小売価格:402,840円(本体価格:373,000円/消費税:29,840円)
    [マッドグレー]

    2.ジャンゴ 50 エバージョン、ジャンゴ 150 エバージョン ABS
    クリームとビビッドな色による爽やかなツートンカラーで、男女を問わず人気のモデル。タックロール&ホワイトパイピングを施したシートも特長です。
    <ジャンゴ 50 エバージョン>
    メーカー希望小売価格:322,920円(本体価格:299,000円/消費税:23,920円)
    <ジャンゴ 150 エバージョン ABS>
    メーカー希望小売価格:413,640円(本体価格:383,000円/消費税:30,640円)
    [キャロットオレンジ]

    [ディープオーシャンブルー]

    3.ジャンゴ 50 スポーツ、ジャンゴ 150 スポーツ ABS
    プジョーのレーシングスピリットを表すモデル。ホワイトのセンターストライプとレーシングゼッケン、さらにはブラックアウトされたシート&足回りが、スポーティなイメージを演出します。
    <ジャンゴ 50 スポーツ>
    メーカー希望小売価格:322,920円(本体価格:299,000円/消費税:23,920円)
    <ジャンゴ 150 スポーツ ABS>
    メーカー希望小売価格:413,640円(本体価格:383,000円/消費税:30,640円)
    [ディープオーシャンブルー]

    [サテンチェリーレッド]


    【販売開始日】 2019年3月15日

    【主要諸元】
    ■50ccモデル
    全長×全幅×全高:1,925mm×710mm×1,190mm
    ホイールベース:1,350mm
    シート高:770mm
    乾燥重量:110kg
    エンジン:空冷4ストローク SOHC2バルブ単気筒
    排気量:49.9cm³
    内径×行程:39mm×41.4mm
    最高出力:2.7kW<3.7PS>/8,000rpm
    最大トルク:3.5N・m<0.4kgf・m>/6,200rpm
    燃料供給方式:インジェクション
    始動方式:セルフ式
    燃料タンク容量:8.5L
    変速方式:オート
    フロントサスペンション:油圧式テレスコピック
    リアサスペンション:油圧式ショックアブソーバー(5段階調整可)
    フロントタイヤ:120/70 - 12"
    リアタイヤ:120/70 - 12"
    フロントブレーキ:ディスク
    リアブレーキ:ドラム

    ■150ccモデル
    全長×全幅×全高:1,925mm×710mm×1,190mm
    ホイールベース:1,350mm
    シート高:770mm
    乾燥重量:129kg
    エンジン:空冷4ストローク SOHC2バルブ単気筒
    排気量:151cm³
    内径×行程:57.4mm×58.2mm
    最高出力:8.5kW<11.6PS>/8,000rpm
    最大トルク:11.2N・m<1.1kgf・m>/6,000rpm
    燃料供給方式:インジェクション
    始動方式:セルフ式
    燃料タンク容量:8.5L
    変速方式:オート
    フロントサスペンション:油圧式テレスコピック
    リアサスペンション:油圧式ショックアブソーバー(5段階調整可)
    フロントタイヤ:120/70 - 12"
    リアタイヤ:120/70 - 12"
    フロントブレーキ:ディスク(ABS)
    リアブレーキ:ディスク
        
    【会社概要】
    会社名:ADIVA株式会社
    所在地:〒107-0052 東京都港区赤坂2-5-4 赤坂室町ビル1F
    代表者:池田 元英
    設立:平成27年1月5日
    URL: https://adiva.co.jp
    事業内容:
    ADIVA製品の製造、輸出入、販売
    PEUGEOT MOTOCYCLES製品の日本総代理店

    【お問い合わせ先】
    ADIVA株式会社
    TEL:03-6427-3600
    e-mail:info@adiva.co.jp

    配信元企業:ADIVA 株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ
    <動画>

    (出典 Youtube)

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【新型車】【バイク】プジョー「ジャンゴ」シリーズに50cc&150ccモデル6機種を追加!】の続きを読む

    ホンダ新世代CBシリーズとして若年層のエントリーユーザーを中心に人気のCB250R。その2019年モデルは、前後サスペンションのセッテイング等を見直すことで足つき性能を高めるとともに、新カラーとしてシックなマットパールアジャイルブルーが追加される。

    👇【詳細記事】

    (出典 young-machine.com)

    カラー:マットパールアジャイルブルー

    (出典 young-machine.com)
    カラー:キャンディークロモスフィアレッド

    img04-10(出典 young-machine.com)
    カラー:ブラック
    img02-13(出典 young-machine.com)   
    カラー:マットクリプトンシルバーメタリック
    img01-14(出典 young-machine.com)
    ホンダCB250R(税込車両本体価格55万4040円)は、2019年4月19日に発売される。
    【【新車】【バイク】ホンダの人気ネイキッド・新型「CB250R」に新カラー追加!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    ホンダは、原付レジャーモデル『クロスカブ50』と『クロスカブ110』のカラーバリエーションを変更して7月19日に発売する。

     また、熊本県とのコラボレーションにより、同県のPRマスコットキャラクター「くまモン」をイメージした「クロスカブ50・くまモンバージョン」と「クロスカブ110・くまモンバージョン」を新たに追加し、6月21日に発売する。
     
    クロスカブ50/110のカラーバリエーションは、従来各モデルの専用色だった「カムフラージュグリーン」と「クラシカルホワイト」のそれぞれを共通カラーとして設定。クロスカブ50は「カムフラージュグリーン」「クラシカルホワイト」の2色設定、クロスカブ110は「カムフラージュグリーン」「クラシカルホワイト」「パールシャイニングイエロー」の3色設定となる。

    クロスカブ50/110・くまモンバージョンは、くまモンをイメージしたブラックとレッドのカラーリングを車体各部に採用。赤いパイピング付きシートの後部側面やクロスカブのロゴマークなど、随所にくまモンの足跡をイメージしたデザインを施したほか、くまモンのイラストをあしらったエンブレムやスペシャルキーを採用するなど、遊び心あふれるモデルとした。こちらの車体色は、グラファイトブラック1色のみ。

    販売計画台数は、クロスカブ50/110シリーズが年間5000台、クロスカブ50/110・くまモンバージョンが年間2700台。

    価格は、クロスカブ50が29万1600円、同くまモンバージョンが30万2400円、クロスカブ110が33万4800円、同くまモンバージョンが34万5600円。

    くまモンバージョンについて、クロスカブは熊本製作所で生産されている。またくまモンバージョンは『モンキー』と『ジョルノ』で実績がある。

    ホンダ「クロスカブ50 くまモン バージョン」

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【新車】【バイク】ホンダ「クロスカブ50/110」に「くまモン バージョン」を追加!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    スズキは、インターモトで発表した新型「KATANA」を大阪モーターサイクルショー2019(3月15~17日:インテックス大阪)および、東京モーターサイクルショー2019(3月22~24日:東京ビッグサイト)で日本初公開する。

     新型KATANAは、1980年のケルンモーターショーに出品し、日本刀をイメージした前衛的なデザインで世界のバイクファンの注目を集めた『GSX1100S KATANA』を原点とする新型モデル。今春より欧州を中心に販売を開始する予定だ。外観は、長方形の縦型2灯LEDヘッドライトや、刀の切先をモチーフにしたLEDポジションランプにより「KATANA」らしい特徴的な顔つきに仕上げた。パワーユニットは、『GSX-R1000』をベースに改良した999cc直列4気筒エンジンを搭載。3段階から選択可能なトラクションコントロールやABS、倒立フロントフォーク、ブレンボ社製のラジアルマウントフロントブレーキキャリパーなどを装備する。スズキブースでは、新型KATANA日本初公開に合わせ、フラッシュ撮影でKATANAが壁面に浮かび上がる「KATANA」フォトコーナーも用意する。

    また、スーパースポーツ『GSX-R1000R ABS』のニューグラフィックモデル、MotoGP参戦マシン「GSX-RR」(#42 アレックス・リンス車)を展示。そのほか市販車両として、『GSX-S1000 ABS』『Vストローム1000XT ABS』『GSX-S750 ABS』『SV650X ABS』『SV650 ABS』『Vストローム650XT ABS』『バーグマン400 ABS』『GSX250R』『Vストローム250 ABS』『バーグマン200』『ジクサー』『GSX-R125 ABS』『GSX-S125 ABS』『スウィッシュ リミテッド』の14台を展示。全車両、実際にまたがることができる。さらに大阪ではSV650X ABS、GSX250R、GSX-R125 ABS』『GSX-S125 ABSの3台を試乗車として用意する。

    ブースでは、アンブレラガールとの2ショットからコース飲する「MotoGP体験コーナー」やスズキ「湯呑」などイベント限定のオリジナルグッズを販売する「SUZUKI FUN SHOP」を設置するほか、様々なゲスト(大阪:加賀山就臣、北川圭一、津田拓也/東京:賀曽利隆、アッキー、小鳥遊レイラ、葉月美優、青木宣篤)を迎えてのトークショーを開催。さらに大阪では、3年ぶりにリニューアルした新隼ラッピング列車の出発式(16日10時10分)を、GSX1300R隼の聖地として知られる「隼駅」からライブ中継する。
    【ほかの画像を見る】スズキ 新型KATANA


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【大阪・東京モーターサイクルショー】スズキ・新型「カタナ」日本初見参!…】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像・動画】


    ピアッジオグループジャパンは、3月22日から24日まで東京ビッグサイトで開催される「第46回 東京モーターサイクルショー」にて、アプリリア『RSV4 1100ファクトリー』を日本初公開する。


     RSV4 1100ファクトリーは、レーシングマシン直系のエアロウィングレットを、アプリリアのファクトリーモデルとして初採用。また、排気量を1078ccに引き上げ、最大出力217hpm、最大トルク12.4kgmを発揮する。また、そのネイキッドモデルとなる『トゥオーノV4 1100ファクトリー』も電子制御サスペンションを新採用して日本初公開する。

     
    そのほか、2018年に導入を開始した本格オフロードモデル『RX125』と、導入間もないモタードバージョン『SX125』もあわせて展示する。
    【ほかの画像を見る】アプリリア RSV4 1100ファクトリー
    <関連動画>

    (出典 Youtube)

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【東京モーターサイクルショー】アプリリア「RSV4 1100ファクトリー」日本初公開へ!】の続きを読む

    このページのトップヘ