フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ:乗物 > 自動車


    👇【詳細記事・画像】

    ポルシェのハイブリッド戦略が拡大! SUV「カイエン」にPHVの追加投入を発表

    最高速250km/h超を可能とするSUV

     ポルシェAGは、カイエンにプラグインハイブリッドモデルの導入を発表。ラグジュアリー5ドアセダン・パナメーラに続き、ハイブリッド戦略がますます推進されていく模様だ。カイエンにハイブリッドモデルを追加することで、先のクーペに続き、世界的に需要が高まっているラグジュアリーSUV市場でのアドバンテージを高め、商品ラインアップの充実化を図っているといえるだろう。

    ポルシェカイエンにプラグインハイブリッドを追加ラインアップ 
     カイエンEハイブリッドが搭載するパワーユニットは、3リッターV6エンジン(250kW/340PS)とエレクトリックシステム(100W/136PS)を組み合わせたハイブリッド方式。システム最大出力は340kW/462PSを発生し、アイドリングをわずかに超える回転数で700N・mの最大トルクを発生する。基本的に、パナメーラが搭載するユニットと共通だ。駆動方式は電子制御4WDで、新開発のティプトロニックS(8速AT)を組み合わせる
    ポルシェカイエンにプラグインハイブリッドを追加ラインアップ

     0-100km加速タイムは5.0秒、最高速度は253km/hとヘビー級の車重を感じさせない高いパフォーマンスを実現。さらにモーターのみによる航続距離は最長44kmで、135km/hまで加速可能だ。平均燃料消費量(NEDC)は3.4〜3.2リッター/100km(29.4〜31.5km/リッター)で、平均電力消費量は20.9–20.6kWh/100km。また、標準装備されるスポーツクロノパッケージのスポーツプラスモードを使用するとバッテリーのパワーを使ったブーストトルクによって、より俊敏性を高めることができる。ポルシェカイエンにプラグインハイブリッドを追加ラインアップ

     じつは2010年、ポルシェはカイエンEハイブリッドを発売しているが、新型モデルはモーターによる走行距離とブーストエネルギーが大幅にアップ。バッテリー容量は先代モデルの10.8kWhから約3割アップの14.1kWh。13のプリズムリチウムイオン電池を備えた8つの電池モジュールで構成される水冷式バッテリーは、車両のリアのローディングフロアの下部に搭載する。ポルシェカイエンにプラグインハイブリッドを追加ラインアップ

     また、カイエンEハイブリッドの追加を機に、ポルシェはカイエンシリーズ全体でコンフォート&アシスタンスシステムの範囲を拡張。日本仕様ではレーンチェンジアシストとアダプティブクルーズコントロール、パークアシスト、サラウンドビューカメラが標準装備され、新しいヘッドアップディスプレイ、マッサージシート、リモートコントロール付独立ヒーター、および22インチ軽合金製ホイールなどがオプションとなる。なお、カイエンEハイブリッドの日本導入時期や車両本体価格は、発表されていない。

    ポルシェカイエンにプラグインハイブリッドを追加ラインアップ

    ポルシェカイエンにプラグインハイブリッドを追加ラインアップ

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【新車】ポルシェのハイブリッド戦略が拡大! SUV「カイエン」にPHVの追加投入を発表!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】


    飽くなき挑戦を象徴する“Performance package”も新設定

    レクサスのスポーツクーペであるRC Fが2019年5月にマイナーチェンジを受け、同日から発売されました。

    レクサスのスポーツモデルの中でも別格となるRC Fの“F”は、2007年のIS F発売とともに「公道からサーキットまでシームレスに走りを楽しめる」という開発テーマを掲げ、同ブランドの高性能モデルのラインアップとして誕生。

    “F”の新たな一歩として今回リリースされた新型「RC F」は、持ち味とする優れたパフォーマンスを絶え間なく進化させることを目指し、軽量化や空力性能のほか、パワートレーン、タイヤ、サスペンションなど、あらゆる点に改良を加えて、常用域での軽快な走りと限界域における優れたハンドリングを実現したとしています。

    最新「RC F」の進化のポイントは、運動性能向上を狙って軽量化が図られ、従来型よりも20kgの軽量化を実現した点。さらに、レスポンスに優れたハンドリングと限界領域でのコントロール性向上を目的に、トレッドパターン1本1本のコンパウンド材質までこだわったというタイヤが新開発されています。

     

    また、エンジンマウント、サスペンションメンバーブッシュ、ステアリングラックブッシュなどの剛性を高めたことで、サーキット走行などにおいても優れた操縦安定性を発揮するそう。

    エンジンは、“F”の自然吸気エンジンならではのリニアな加速フィーリングを際立たせるべく、エンジン出力を向上させるとともに、エアクリーナ-形状変更による吸気性能向上とスロットル制御の改良を実施。アクセルレスポンスの向上が図られています。

    ディファレンシャルのローギヤ化を図ることで、サーキット走行におけるアクセルでの車両コントロール性を向上させ、街乗りの際にも軽快な走りを感じることができるとしています。

    外観は、「レース育ちのスタイリング」をコンセプトに、レースで培われた空力デバイスや形状を最大限スタイリングに織り込まれたデザインに変更されています。

    具体的には、フロントスポイラーのコーナーにカナード形状を採用することで、ダウンフォースが向上されたほか、サイドのロッカーモール後端にアンダーカット形状をつくることにより、リヤタイヤ周辺の乱気流を抑制するなど、空力性能の向上を目的としながら、“F”としての独自性を狙ったデザインになっています。

    前後のホイールハウスにエアアウトレットを設けることでホイールハウス内に溜まった空気の圧力を低減。最適なコーナリング姿勢やステアリングの応答性向上に寄与するとしています。さらに、エンジントルクを制御し、発進時のタイヤ空転を防ぐローンチコントロールを採用することで、スポーツ走行における鋭いスタートダッシュを実現。


    今回のマイナーチェンジでは、“F”の高性能に加えて、進化への飽くなき挑戦を象徴する“Performance package”が新たに設定されたのもトピックス。

    日本のSUPER GTや米国のデイトナ24時間レースなど、モータースポーツで培われた技術を応用し、CFRPの外装部品やカーボンセラミックブレーキ、チタンマフラーなどの採用でさらなる軽量化が追求されているほか、加速性能、空力性能も引き上げることで、より高い次元の運動性能を追求したとしています。


    インテリアも“Performance package”にふさわしい専用内装色のフレアレッドや専用のオーナメントパネルレッドカーボンが採用され、運転の愉しさを際立たせる仕上がりに。

    エクステリアでは、外装部品にCFRPを用いたカーボンフロントスポイラー、カーボン大型ロッカーフィン、カーボンエクステリアパーツ(エンジンフード・ルーフ)が装着したほか、軽量鍛造アルミホイール(マットブラック塗装)、チタンマフラーを装備。

    さらに、専用装備のカーボンパーテーションブレース、カーボンセラミックブレーキ、カーボンリヤウィング(固定式)を採用し、従来型比約70kgの軽量化を実現したとしています。“Performance package”の高い運動性能に寄与しています。また、ディスクローターはリヤもフロントと同径の380mmとし、さらに高い制動力を追求。レッドブレーキキャリパー(フロント・リヤ)は“Performance package”であることを主張。



    専用のカーボンリヤウィング(固定式)は、標準仕様に採用されているアクティブリヤウィング以上のハイダウンフォースとロードラッグを実現し、高速走行時の安定性と高速域の伸び感を両立したとしています。

    新型RC Fのエンジンは、481PS/535Nmを誇る5.0L V型8気筒で、従来型の477PS/530Nmからさらに出力を向上。組み合わされるトランスミッションは、電子制御8速オートマチックの「8-Speed SPDS」。価格は「RC F」が10,210,909円、「“Carbon Exterior package”」が10,996,364円、「“Performance package”」が14,040,000円です。

    (塚田勝弘)

    【新車】レクサスRC Fがマイナーチェンジ。軽量化および最高出力向上でさらなる高みを追求(http://clicccar.com/2019/05/14/812838/)

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【新車】レクサス「RC F」がマイナーチェンジ!軽量化および最高出力向上でさらなる高みを追求!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】


    フェラーリ(Ferrari)は、2019年第1四半期(1~3月)の世界新車販売(出荷ベース)の結果を発表した。総販売台数は2610台。前年同期比は23%増と2桁増を達成している。
    【大きい画像を見る】フェラーリ812スーパーファスト

    フェラーリ・812スーパーファスト
    車種別の販売実績では、V型8気筒エンジン搭載車が牽引した。V型8気筒エンジン搭載車は第1四半期、前年同期比30.6%増の販売実績。『ポルトフィーノ』の販売が好調で、モデル末期の『488』シリーズの落ち込みを埋め合わせた。

    また、V型12気筒エンジン搭載車は第1四半期、前年同期比4.1%増の販売実績。『812スーパーファスト』の販売が好調だった。

    市場別の第1四半期の販売実績では、欧州や中東、アフリカが、前年同期比9.6%増。中でも、イタリアが5.8%増、フランスが4.3%増、ドイツは8.5%増、英国は11.1%増と好調だった。南北アメリカは、前年同期比26.5%増。中国(香港と台湾を含む)は、前年同期比79.2%増と大幅な伸び率。中国を除いたアジア太平洋地域は、前年同期比29.3%増だった。

    フェラーリの2018年の世界新車販売(出荷ベース)は、過去最高の9251台。前年比は10.2%増だった。
    【ほかの画像を見る】フェラーリ・ポルトフィーノ
    フェラーリ・ポルトフィーノ

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【新車販売数】フェラーリ売れ過ぎ!世界販売23%増で絶好調!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像・動画】


    本当に市販モデル!?
    超過激なエアロパーツで武装した「JCW GP」

    MINIラインアップの頂点に設定されるハードコアモデル、「JCW GP」(John Cooper Works GP)市販型プロトタイプが、ニュルブルクリンクの「ノルトシェライフェ」で高速テストを開始しました。


    今年2月には輸送中の開発車輌をキャッチしましたが、今回はリアクォーターウィンドウ以外、市販型デザインが完全露出しています。

    ローダウンされたボディには、メッシュのラジエーターグリル、エアロダイナミクス性能を向上させるリップスポイラー、大型コーナーエアインテークを装備。サイドにはかなり攻めたデザインのエアアウトレット付きオーバーフェンダー、フロント大型ブレーキ、赤いキャリパー、そして20インチと思われる大径ホイールやサイドスカートが見て取れます。

    リアエンドには「GP」の文字が刻印された大型スプリット・ルーフスポイラー、ツインエキゾーストパイプなどが装備され、市販型モデルとしては過激すぎるデザインが完全露出しています。


    注目のパワートレインは、BMW「X2 M35i」から流用される2.0リットル直列4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力はベースとなる「JCW」の231psから70ps以上アップする302psが予想されます。

    ワールドプレミアの場は9月のフランクフルトモーターショーが有力で、発売は2019年末。限定3000台と発表されています。

    (APOLLO)

    「過激すぎる」MINI。史上最速モデル「JCW GP」市販型の最終デザイン見えた(http://clicccar.com/2019/05/07/797854/)

    <動画>

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【スクープ】「過激すぎる」MINI!史上最速モデル「JCW GP」市販型の最終デザイン見えた!】の続きを読む

    911より実用性の高いモデルにポルシェが、パナメーラの2ドア・モデルを開発しているようだ。それもクーペとカブリオレを検討しているという。(画像はAUTOCARの予想イラスト)

    👇【詳細記事・画像】
    ポルシェ、2ドア・パナメーラを開発中? クーペ/カブリオレ BMW 8シリーズに対抗 - 海外ニュース - http://www.autocar.jp/
    911より実用性の高いモデルに ポルシェが、パナメーラの2ドア・モデルを開発しているようだ。それもクーペとカブリオレを検討しているという(トップ画像はAUTOC ...
    (出典:http://www.autocar.jp/)

    <予想イラスト>

    <4ドア・パナメーラ> 
     
    【【新型車】ポルシェ・2ドア「パナメーラ」を開発中?】の続きを読む

    このページのトップヘ