フレッシュニュース

毎日新しいニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ:乗物 > 自動車



    (出典 response.jp)
    👇【詳細記事・画像・動画】
    トヨタから新型スープラが登場した。伝説のスポーツカーが17年ぶりに復活したカタチだ。既報の通り、BMWと共同開発したFRスポーツカーは「スープラ」という名前を受け継ぐのに相応しい中身となっているのだろうか。
    (文・山本晋也)
    デトロイトモーターショーで世界初公開!
    トヨタ スープラ 2019
    トヨタが1月14日(現地時間)に開幕したデトロイトモーターショーにおいて世界初公開した新型スープラは、いかにもスープラらしい筋肉質なアピアランスを与えられていた。その盛り上がったリアフェンダーは、あたかもボディビルダーのような“キレ”のあるもので、後輪によってすべてのパワーを路面に伝えるFRレイアウトであることを示している。

    さて、スープラという伝統のスポーツカーであるから、ほぼ同じタイミングで開催された東京オートサロンでのお披露目という考え方もあっただろうが、デトロイトで発表されたのにはわけがある。

    スープラが特別な名前になった要因には、過去のモデルが積み上げてきた実績もあるが、北米においては『ワイルド・スピード』シリーズ(原題:The Fast and the Furious)に登場したチューンドカーとして人気を高めた部分が無視できないからだ。

    日本においてコミック『頭文字D』の影響でAE86が人気を再燃させ、それがトヨタ86の復活につながった部分もあるが、スープラの復活においてもフィクションでの活躍はおおいに影響している。スポーツカーには誕生までの背景などストーリーが重要になるが、トヨタのスポーツカーにはフィクションの影響が少なからずあるというのは、クールジャパン的な世界観にもつながってくる。

    伝統の直列6気筒エンジンとFRレイアウト
    トヨタ スープラ 2019
    しかし、単にスープラという名前を復活させただけではない。そもそもスープラというのは、セリカというトヨタのスペシャリティクーペに大排気量6気筒エンジンを載せたという成り立ちで生まれている。トヨタのM型、JZ型といった伝説的存在の直列6気筒エンジンを積んでいたことがスープラのアイデンティティだ。

    駆動方式にしても、シンプルなリア駆動にこだわってきた。新型スープラは、BMWと共同開発したことによって、直列6気筒エンジン+FRプラットフォームというスープラに欠かせない要素を守っている。

    ただし、日本向けには4気筒エンジンの搭載グレードも用意される。グレード名でいうとRZが3.0リッター6気筒ターボ(最高出力250kW)、SZ-Rがハイパワーな4気筒ターボ(190kW)、エントリーグレードのSZにはローパワー版4気筒ターボ(145kW)を搭載すると発表された。

    伝統を守るのであれば、6気筒がスープラ、4気筒はセリカとすべきだが、ダウンサイジングターボ(6気筒NA相当)という解釈なのだろう。RZ、SZというグレード名は先代スープラ(A80型)に使われていたそのままであり、RZがターボ、SZがNAエンジンだったことを知っているオールドファンからすると、新型スープラのグレード名は感涙モノだ。

    スポーツ性能のために2シーターと割り切った
    トヨタ スープラ 2019

    4気筒が登場したことはスープラの伝統としては変革に当たるが、もっと大きな変革といえるのが新型スープラは2シーターとなっていることだ。

    これまでのスープラは2+2パッケージでグランドツアラー的なキャラクターが強かった。しかし、新型ではスポーツ性能にこだわり、ホイールベースを短くしたために2シーターのパッケージとなった。非常に大きな割り切りだが、スープラの価格帯を考えるとグランドツアラーの市場よりもスポーツカーのほうが勝負できると考えたのだろう。

    トヨタ スープラ 2019

    もう一つスポーツカーとして生み出された理由は、新型スープラが、ただのトヨタ車ではなく「GR」ブランドのオリジナルモデルとして位置づけられているからだ。

    モータースポーツ活動からフィードバックしたノウハウを市販車のスポーツコンバージョンに展開するというのが、これまでの「GR(GAZOO Racing)」ブランドだったが、新型スープラについては「GRスープラ」と命名されていることからもわかるようにGAZOO Racingのノウハウを最初から入れ込んで開発された初めてのクルマということになる。

    そうした立ち位置の変化も純粋なスポーツカーとして2シーターを選択することにつながった。

      
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【新型車】トヨタ・新型「スープラ」世界初公開!】の続きを読む


    マッスルカーブームのさなかに誕生した426ヘミの1968型ダッジ『チャージャー』

    『チャージャー』は、FCA(フィアット・クライスラー・オートモビルズ)がダッジブランドで展開するフルサイズセダンのマッスルカーだ。マッスルカーは、広い意味でいうと大排気量のV8エンジンを搭載したハイパフォーマンスのアメ車のことを指す。

    1960年代初め、アメリカではマッスルカーブームが巻き起こった。シェルビー『マスタング』、フォード『ギャラクシー』、シボレー『コルベット』、ポンティアック『GTO』、オールズモビル『カトラス シュープリーム』。こうしたクルマが大人気となっていたのである。これらに対抗するためにクライスラーが開発したのが『チャージャー』だ。

    とりわけデビュー3年目の1968年に登場した2ドアノッチバックの高性能バージョン『チャージャーR/T』は、いまも『チャージャー』の象徴として高い人気を誇る。エンジンは440キュービックインチ(約7.2L)のマグナムV8。さらに、オプションでストックカー用のハイパフォーマンスエンジンである426HEMI(ヘミ)が設定されていた。

    このエンジンを作り上げたのは「MOPAR(モパー)」。モパーはFCAのカスタムパーツ部門として知られるが、当時はクライスラーのハイパフォーマンスカー全般を意味した。今回発表されたオマージュモデルも、モパーが最新のヘミエンジンを搭載して甦らせたものだ。その名を『1968 ダッジ“スーパーチャージャー”コンセプト』という。

    モパーのスーパーチャージドV8ヘミエンジンは、なんと最高出力1000psを発揮する

    「チャージャー」の前に「スーパー」があることでわかるように、『1968 ダッジ“スーパーチャージャー”コンセプト』はすべての面で大幅にチューンナップされている。

    エンジンは、モパーが新たに開発した排気量426キュービックインチ(約7.0L)のスーパーチャージド・モパー・クレート・ヘミ「Hellephant(ヘレファント)」。現行型『チャージャーSRTヘルキャット』などが搭載するV8をベースに、大容量のスーパーチャージャーを追加するなどさまざまな改良を施してパワーアップしたものだ。

    426ヘミエンジンに組み合わせるのは、やはり『SRTヘルキャット』に採用される6速MTで、そのスペックは、じつに最高出力が1000ps、最大トルクは131.3kgmに達するという。まさにモンスターマシンだが、これはおもにレース用のエンジンだろう。

    エンジン名にある「クレート」とは「木箱」のこと。つまりクレートエンジンとは、ストックカーの交換用エンジンを意味するわけだ。すでにモパーは、この「ヘレファント」をカスタムキットとして2019年第一四半期に市販することを明らかにしている。

    ボディカラーはグレーメタリックの「デ・グリージョ」
    ただならぬ雰囲気が漂う外観

    エクステリアも、全身からただならぬ雰囲気を横溢させている。ボディカラーは「デ・グリージョ」と呼ばれるグレーメタリックの特別塗装。ワイドな一体型のフロントグリルはオリジナルの1968年型『チャージャーR/T』をそのまま受け継いでいるが、通常時に隠れているヘッドライトは『SRTヘルキャット』のものへと変更された。

    その上部のボンネットには、426ヘミエンジンに空気を送り込んで冷却するための特大エアスクープが設けられている。グリル下部のフロントスプリッターとともに、これらは最高出力800psの『チャージャーSRTデーモン』に採用されていたものと思われる。

    ボディ同色のメタリックグレーのオーバーフェンダーはファイバーグラス製で、それによって全幅がオリジナルより4インチ拡大。ホイールベースも2インチ伸長され、全高は前3.5インチ、後2.5インチ低くなった(1インチは約2.54cm)。

    足元にはフロント21インチ、リア20インチの鍛造アルミホイールを装着し、タイヤはフロント305/30R20、リア315/35R21。おそらくピレリ製だろう。むろんブレーキは1968年製ではなく、6ピストンのブレンボ製を装備して制動力を高めている。

    インテリアでは、後席が取り払われて、前席はダッジ『バイパー』用のバケットシートへと換装された。中央に「ヘレファント」の猛々しい青のバッジが装着されたステアリングホイールも『バイパー』に採用されていたもので、このステアリングとシートには赤のステッチがアクセントカラーとして入る。シートベルトはサベルト製の4点式である。

    アメリカでスーパーカー以上に高い価格がつけられる「レストモッド」マッスルカー

    このオマージュモデルのように、ヒストリックカーをレストアして最新エンジンなどを搭載したクルマのことを、近年は「レストモッド」と呼ぶことがある。

    レストモッドは「レストア」と「モデファイ」をかけ合わせた造語で、つまりレストアというよりリプロダクション(再生産)されたモデルに近い。ポルシェが933型『911ターボ』を一台だけ復元した「プロジェクト・ゴールド」などがこれにあたるだろう。

    レストモッドは特にアメリカで人気が高く、その価格はスーパーカーよりも高いといわれる。1960〜70年代のマッスルカーは『ワイルドスピード』シリーズ全作にドムの愛車として登場し、近年さらに価値を高めている。モパーが「ヘレファント」を搭載した1968年型『チャージャー』を発表したのには、そんな背景もあるのかもしれない。
    Dodge_Super-Charger_photp01_R(2)

    (出典 Youtube)

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【レストモッド】マッスルカー!1968年型のチャージャー蘇る!】の続きを読む


    👇Tesla「Model 3」

    (出典 assets.media-platform.com)
    👇【詳細記事・画像・動画】

    完成までおよそ45秒!?

    Bloombergによりますと、週に4,553台を生産しているという、Teslaの電気自動車「Model 3」。これは7日で割ると1日650台、24時間で割ると1時間に27台が作られているということになります。

    これまでこの「Model 3」を作るため、CEOのイーロン・マスクは製造地獄に陥り、工場の床で寝泊まりし、駐車場に巨大テントをいくつも建てて、やっとのことでいまでは総数15万7000台以上が世界に出荷されるまでになりました。

    人とロボットのバランス良きダンス

    そんなドラマを生んだ、「Model 3」が工場内で組み上がる様子が、タイムラプス映像で公開されています。では一緒に、生産ラインに乗ってみましょう。

    (出典 Youtube)

    2018年4月は、オートメーション化が進むTeslaの工場にてロボットを導入しすぎて、結局、一部を人力に戻したイーロン兄貴。人間の力を見直し、「自分の判断ミスで人間を侮っていた」と反省させたのもこの場所だったかと思われます。

    そうした紆余曲折を経たからなのでしょう、映像では人間と機械がほど良いバランスで作業分担をしている印象でした。

    しかし以前のギガファクトリー内を紹介する映像でも見ましたが、白が基調でとてもクリーン。工場らしくない工場ですよね。こんなの一人称視点で見ていたら、遊園地のアトラクションに乗っているような気分になってきます。

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【テスラ】【自動車】遊園地のアトラクションみたい!Tesla「Model 3」が出来るまでのタイムラプス!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    アルファ ロメオのCセグメントモデルである「Giulietta(ジュリエッタ)」に100台限定車の「Veloce Carbon(ヴェローチェ・カーボン)が設定され、2019年1月19日から発売されます。


    ジュリエッタは世界でも激戦区といえるCセグメントの中にあって、アルファらしいエレガントなデザイン、スポーティな走り、上質なインテリアなどにより「アルフィスタ」と呼ばれるファンを中心に支持されています。


    限定車の設定に加えて一部改良も受けていて、上質なレザーシートを標準装備。また、これまで複数あったグレード体系を「Veloce(ヴェローチェ)」に一本化しています。240psの1,742ccエンジンのみとなり価格(税込)は3,990,000円。



    今回のグレード体系一本化を記念した限定車の「Veloce Carbon(ヴェローチェ・カーボン)」は、標準モデルのジュリエッタ・ヴェローチェをベースに、カーボン調仕上げのフロントグリルやドアミラーハウジング、サイドスカートを特別装備。足まわりには、シルバー仕上げの専用18インチアロイホイールが装着され、標準仕様とは一線を画すムードが演出されています。


    ジュリエッタ・ヴェローチェ・カーボンの希望小売価格(税込)は4,190,000円で、ボディカラーは限定車専用色となる「ミザーノブルー・メタリック(限定50台)」と「アルファブラック(同50台)」の2色が設定されています。

    (塚田勝弘)

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【新車】アルファ ロメオ「ジュリエッタ」がグレードを一本化!100台限定の「ヴェローチェ・カーボン」も設定!】の続きを読む

    新型・ホンダ「NSX」2019年モデルの試乗インプレッションです!

    👇【詳細記事・画像・動画】
    👇【動画・公道インプレッション】

    (出典 Youtube) 
    HONDA「NSX」

    (出典 response.jp) 

    (出典 response.jp)

    (出典 response.jp)    

    (出典 response.jp) 

    【【試乗記】新型・ホンダ「NSX」2019年モデル 試乗インプレッション!】の続きを読む

    このページのトップヘ