フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ: 乗物


    👇【詳細記事・画像】

    ジャガー・ランドローバー・ジャパンは7月19日、「Fタイプ」の2020年モデルの受注を同日より開始したことを発表。2020年モデルには、限定グレードとして「チェッカード・フラッグ・エディション」が設定された。


     「チャッカード・フラッグ・エディション」は2.0Lターボと3.0Lスーパーチャージドエンジン搭載車に設定

     2020年モデルのFタイプは、フロントパーキングエイドやリヤビューカメラを標準装備し、運転支援システムが充実。インフォテイメントシステムはAndroid AutoやApple CarPlayに対応した。

     2020年モデル限定グレードとして設定された「チェッカード・フラッグ・エディション」は、「勝者」を示唆する言葉としても用いられている「チェッカード・フラッグ」からネーミングされたモデルで、このグレードだけの特別装備として、エクステリアではフロントグリルとリヤバンパーにバッジを、インテリアではステアリングホイールやシートのヘッドレストにロゴを配し、特別なモデルをさりげなくアピールしている。

     そのほか、グロスブラックフィニッシュ・ダイヤモンドチーンドタイプの20インチホイールやレッドブレーキキャリパー、ウィンザーレザーシート、レッドシートベルトが採用されているのも特色だ。ボディカラーはカルデラレッド、フジホワイト、カルパチアングレーの3色が設定されている(「チェッカード・フラッグ・エディション」以外のモデルは全12色から選べる)。

     「チェッカード・フラッグ・エディション」のベースモデルは、「FタイプRダイナミック」のクーペとコンバーチブルに設定。エンジンは300psと400Nmを発揮する2.0L直列4気筒ガソリンターボ、そして340ps/450Nmまたは380ps/460Nmを発揮する2種類の3.0LV型6気筒スーパーチャージド・ガソリンエンジンの、計3タイプから選択可能だ。


    ●「チェッカード・フラッグ・エディション」特別装備
    ・ブラックデザインパック(エクステンデッドサイドシル付き)
    ・ブラック・コントラストルーフ
    ・チャッカード・フラッグ・バッジ(フロント/リヤ)
    ・20インチのグロスブラックフィニッシュ・ダイヤモンドチューンド・ホイール
    ・エボニーウィンザーレザー・インテリア(ピメントまたはシーラスコントラストス
    テッチ)
    ・チェッカード・フラッグロゴ付きヘッドレスト(エンボス加工)およびステアリン
    グホイール
    ・レッドシートベルト
    ・レッドブレーキキャリパー

    ●ジャガーFタイプ2020年モデル・ラインナップ一覧

    [2.0L直列4気筒ガソリンターボ(300ps)搭載車]
    ・クーペ:812万円
    ・コンバーチブル:977万円
    ・Rダイナミック・クーペ:879万円
    ・Rダイナミック・コンバーチブル:1044万円
    ・クーペ「チェッカード・フラッグ・エディション」:1014万円
    ・コンバーチブル「チェッカード・フラッグ・エディション」:1192万円

    [3.0LV型6スーパーチャージド・ガソリンエンジン(340ps)搭載車]
    ・クーペ:990万円
    ・コンバーチブル:1155万円
    ・Rダイナミック・クーペ:1057万円
    ・Rダイナミック・コンバーチブル:1222万円
    ・クーペ「チェッカード・フラッグ・エディション」:1192万円
    ・コンバーチブル「チェッカード・フラッグ・エディション」:1370万円

    [3.0LV型6スーパーチャージド・ガソリンエンジン(380ps)搭載車]
    ・クーペ(FR):1071万円(6速MT)/1110万円(8速AT)
    ・クーペ(AWD):1194万円(8速AT)
    ・コンバーチブル(FR):1236万円(6速MT)/1275万円(8速AT)
    ・コンバーチブル(AWD):1359万円
    ・Rダイナミック・クーペ(FR):1138万円(6速MT)/1177万円(8速AT)
    ・Rダイナミック・クーペ(AWD):1261万円
    ・Rダイナミック・コンバーチブル(FR):1303万円(6速MT)/1342万円(8速AT)
    ・Rダイナミック・コンバーチブル(AWD):1426万円
    ・クーペ「チェッカード・フラッグ・エディション」(FR):1297万円
    ・クーペ「チェッカード・フラッグ・エディション」(AWD):1381万円
    ・コンバーチブル「チェッカード・フラッグ・エディション」(FR):1475万円
    ・コンバーチブル「チェッカード・フラッグ・エディション」(AWD):1559万円

    [5.0LV型8気筒スーパーチャージド・ガソリンエンジン(550ps)搭載車]
    ・クーペ(AWD):1521万円
    ・コンバーチブル(AWD):1686万円

    [5.0LV型8気筒スーパーチャージド・ガソリンエンジン(575ps)搭載車]
    ・SVRクーペ(AWD):1838万円
    ・SVRコンバーチブル(AWD):2003万円
    ※価格はすべて消費税(8%)込み。明記のないモデルの駆動方式はすべてFR、また明記のないモデルのトランスミッションはすべて8速AT。

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【新車】ジャガー「Fタイプ」2020年モデルの受注開始!「チャッカード・フラッグ・エディション」を限定グレードとして設定!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    ダイムラーは7月18日、新型メルセデス・ベンツGLCおよびGLCクーペに高性能版となる「メルセデスAMG GLC43 4マチック」および「メルセデスAMG GLC 43 4マチック・クーペ」を設定したことを発表した。


    390ps/520Nmの3.0LV6ツインターボを搭載

     搭載されるエンジンは両ボディともに390psと520Nmを発揮する3.0LV型6気筒ツインターボ。9速ATの「AMGスピードシフトTCT 9G」が組み合わされ、「AMGパフォーマンス4マチック」を介して四輪を駆動する。4.9秒の0-100km/h加速、250km/hでリミッターが介入する最高速度は両ボディ同じだ。

     走行モードは「スリッパリー」、「コンフォート」、「スポーツ」、「スポーツ+」、そして「インディビデュアル」の計5モード。各モードで選択したモードに応じてエンジンレスポンスやトランスミッションの制御、サスペンションやステアリングの設定が変更される。「スリッパリー」は滑りやすい路面で最適化を図るモード、「インディビデュアル」では各制御を個別に設定することができる。

    メルセデスAMG GLC43 4マチック
    メルセデスAMG GLC43 4マチック・クーペ

     エクステリアでは、フロントグリルやフロントバンパー、サイドシルパネル、リヤディフューザーにAMG専用デザインを採用。ツインエキゾーストフィニッシャーやリデザインされた前後のLEDライトも、新型GLC43のスタイリッシュなルックスにひと役買っている。ホイールは19インチの軽合金タイプが標準装着され、オプションで21インチサイズまでの5種類のデザインが用意されている。


    メルセデスAMG GLC43 4マチック・クーペ
    メルセデスAMG GLC43 4マチック

     インテリアもAMGモデルらしくスポーティな雰囲気に仕上げられている。ステアリングホイールやスポーツシートなどにはレッドステッチが施され、アグレッシブな走りを掻き立てる。インテリアトリムはアルミニウムやカーボンが用いられ、洗練性の高さを際立たせている。

     そのほか、音声対話システムの「MBUX」や運転支援機能といった先進装備は、標準モデルのGLCと同様に採用されている。

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【新車】メルセデス・ベンツ「GLC」に高性能版となる「AMG GLC 43」が登場!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】


    スポーツカーメーカーのロータスが、英国初のオール電動ハイパーカーとなる「Evija」をロンドンで発表した。

    停止した状態からわずか3秒で時速100キロに到達し、最高スピードは時速320キロと紛れもなくハイパーカー。130台限定生産となる。

    ・9秒で時速300キロに


    デザインはいかにもロータス。
    流線型でしなやか、それでいて強力に走りそうだ。

    実際、発表されたスペックをみると、パワーは「世界最高の2000PS(1973HP)」とのこと。バッテリーの容量は70kw/hで出力は2000kWだ。
    加速性能はというと、時速300キロに到達するのにかかる時間は9秒以下となっている。

    ・18分でフル充電


    EVとして気になるのが航続距離だが、こちらは400キロ。そして350kWチャージャーを使えば、18分でフル充電できるとのこと。ちなみに、Evijaのバッテリーは、現在ではまだ活用されていない800 kWにも対応するという。

    Evijaはこれまで「Type 130」と呼ばれてきた。Type番号をつけるのは創業70年を超えるロータスの伝統で、Evijaはこの名称にちなんで130台のみの生産となる。2020年の生産開始を見込んでいる。

    価格は170万ポンド(約2億2800万円)〜と非常に高価だが、興味のある人はロータスのウェブサイトに写真が多数アップされているのでそちらをチェックしてほしい。

    Lotus

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ハイパーカー】トップスピード時速320キロ! 英ロータスが電動ハイパーカー「Evija」発表!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    7月17日、アウディ ジャパンはQ2に限定車「♯パッション」と「♯ブラックエレガンス」を設定し、同日より発売した。消費税込みの車両価格はそれぞれ463万円、446万円だ。

    「♯パッション」は大胆なレッドを内装に採用。「♯ブラックエレガンス」はグロスブラックのホイールが特徴

     このたび登場した限定車は、アウディQ2の高いデザイン性をさらに強調するもの。ベースモデルは116ps/200Nmを発揮する1.0L直列3気筒ターボエンジンと7速DCT(Sトロニック)を搭載する「Q2 30 TFSIスポーツ」。 

     「♯パッション」は、リヤエンドピラーのブレードをボディ同色として統一感を持たせたうえで、グリルやバンパーなどにブラックのアクセントカラーを採用。アルミホイールはアウディスポーツの19インチを装着する。内装ではスポーツシートの座面とシートバック面、そしてデコラティブパネルを深みのあるレッドとするなど、「#パッション」の名を余すところなく体現した鮮烈なアピアランスが特徴だ。

     ボディカラーはタンゴレッド、ミトスブラック、ナノグレー、グレイシアホワイトの4色を設定(すべてメタリック塗装)。 機能面でもナビゲーションパッケージや上級モデル譲りのアシスタンスパッケージ、オートマチックテールゲート、バーチャルコックピットを備えている。

     一方、「#ブラックエレガンス」は、スポーティな10Yスポークのグロスブラック ポリッシュト19インチアルミホイール(アウディスポーツ)を装着し、さらにブレード色をマットチタングレーとして、「♯パッション」とは異なる個性を引き出したエクステリアが特徴。

     こちらもナビゲーションやアシスタンスパッケージ、オートマチックテールゲート、バーチャルコックピットといった人気オプションを装着している。ボディカラーのバリエーションは「♯パッション」と共通だ。

    ●アウディQ2 ♯パッション
    ・車両価格:462万円(消費税込み)
    ・発売台数:限定300台

    ●アウディQ2 ♯ブラックエレガンス
    ・車両価格:446万円(消費税込み)
    ・発売台数:限定150台

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【新車】アウディ「Q2」にふたつの限定車「♯パッション」と「♯ブラックエレガンス」が同時に登場!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    7月17日、アウディ ジャパンはA3セダンおよびA3スポーツバックに限定モデル「アウディA3 Sライン・ブラック・スタイリング」を設定し、同日より発売した。消費税込みの車両価格は465万円〜483万円だ。


    専用18インチアルミホイールやブラックアクセントのエクステリアを採用

     ベースモデルは、122ps/200Nmを発揮する1.4L直列4気筒ターボと7速DCT(Sトロニック)を搭載した前輪駆動モデル「30 TFSIスポーツ」。
       この限定モデルでは、人気の高いナビゲーションパッケージやアシスタントパッケージといった機能面の充実に加えて、グリルやサイドウィンドートリム、リヤバンパーにブラックアクセントを施し、精悍なスタイリングを実現。足元にはブラックとシルバーのコントラストが印象的な「Audi Sport 5トラペゾイド アンスラサイト デザイン ブラックポリッシュト」18インチアルミホイールが専用装着される。さらにドアミラーをグロスブラックとすることで、黒のあしらいにスタイリッシュな統一感が生み出されている。

     ボディカラーはグレイシアホワイト、ミトスブラック、タンゴレッドに加えて限定モデル特別色としてナノグレーを用意(すべてメタリック塗装)。インテリアはクロスとレザーのコンビ仕上げで、カラーはブラックだ。

    ●アウディA3セダンSライン・ブラック・スタイリング
    ・車両価格:465万円(消費税込み)
    ・発売台数:限定200台

    ●アウディA3スポーツバックSライン・ブラック・スタイリング
    ・車両価格:483万円(消費税込み)
    ・発売台数:限定315台

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【新車】アウディ「A3セダン/スポーツバック」に限定モデル「Sライン・ブラック・スタイリング」が登場!】の続きを読む

    このページのトップヘ