フレッシュニュース

毎日新しいニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ: 乗物


    👇【詳細記事・画像】

    ピアッジオグループジャパン株式会社 (本社:東京都港区芝2丁目、代表取締役 ネリ・ミクラウス)は、125ccエンジンを搭載したモタードモデル『SX 125』(メーカー希望小売価格 410,400 円消費税8%込)を全国のアプリリア正規販売店にて、1月25日(金)より受注を開始し、3月上旬より出荷を開始致します。
    SX 125は、2018年3月より販売を開始したフルサイズ125ccオフロードモデル『RX 125』をベースに、舗装路での走りに磨きをかけたモタードバージョンで、クラスを超えたスタイルと共に、パワフルなエンジンと本格的な足回りを装備し、気軽にスポーツライディングをお楽しみいただける1台です。なお、2月28日(木)までに当モデル及びRX 125をご注文いただいたお客様の中から抽選で10名の方に、aprilia-japan.com公式オンラインストアでお使いいただける10,000円分(税込)クーポンをプレゼントいたします。

    アプリリア SX 125
    【アプリリア SX 125 概要】
    • 受注開始日:2019年1月25日(金)
    • 国内出荷時期:2019年3月上旬頃から順次
    • メーカー希望小売価格:¥410,400 (消費税8%込)
    • ボディーカラー :ブラックドリフト
    【先行予約キャンペーン】
    SX 125及びRX 125の新車を正規販売店でご成約いただいた方の中から抽選で10名様に、アプリリア公式オンラインストアで使える商品クーポン1万円分(税込)をプレゼント致します。
    • 対象モデル:SX 125、 RX 125の新車
    • 対象期間:2019年1月25日(金)~2019年2月28日(木)
    • 対象人数:対象モデルを期間中にご予約いただいた方の中から抽選で10名
    • プレゼント内容:アプリリア公式オンラインストアにて購入できる商品1万円分(税込)のクーポン(https://piaggiogroup-store.jp/aprilia?id=prtimes0124)
    ※製造コストの上昇に伴い、2019年3月以降に出荷するRX 125のメーカー希望小売価格を変更いたします。
    旧価格) ¥398,000(消費税8%込)
    新価格) ¥399,600(消費税8%込)

    【アプリリア SX125について】

    アグレッシブでスポーティーなスタイルを求めるライダーに向けて、アプリリア SX125は妥協のない本格的な装備、ハイレベルなパフォーマンスとデザイン性を兼ね備える、125ccロードスポーツモーターサイクルです。
    アプリリア SX 125は、ベテランライダーからビギナーまで、強いこだわりを満足させる本格的なオフロードスタイリングが目を引くRX 125をベースにしています。
    その背景にはアプリリアのオフロードレースにおける成功の歴史を継承する、洗練されたデザインとパワフルなパフォーマンス、先進のテクノロジーを備えています。フロント、リアともに17インチ化されたホイールや、強化されたフロントブレーキを装備する本格派モタードバイクは、日本において原付二種のカテゴリーに分類され、日常的な移動や週末のレジャーのアイテムとしても、手軽に楽しめることができる貴重な1台です。


    ●デザイン
    アプリリアは、エンデューロやモタードのようなモーターサイクルに、ユニークで極めて革新的なデザインを初めて取り入れてきました。SXの機能性を重視したデザインは、確実なライディングコントロール性を犠牲にすることなく、このセグメントにおいて他に類を見ない機能性を有した美しいフォルムを実現しています。ブラックアルマイト仕上げのアルミ製テーパードハンドルバーやシート形状と一体化したパッセンジャーグリップに、この新しいデザインならではの特徴が表れています。

    ●エンジン
    アプリリアの魂ともいえるエンジンには、水冷単気筒DOHC 4バルブ 125ccエンジンを搭載しており、4ストロークエンジンの最先端技術を駆使した近代的なエンジンです。レースシーンにおいて磨かれてきた技術は、ベンチマークとなるパフォーマンスを実現するだけでなく、極めてクリーンなエンジンを生み出すことにもなります。SXにおいてアプリリアは4ストロークエンジンの完成度を引き上げ、パフォーマンスを損なうことなく厳しいユーロ4基準に適合させ、感動的ともいえる高回転域での加速フィールを実現します。

    ●シャシー構造
    アプリリアSXは、進化したサスペンションと、優れた制動力とコントロール性を実現し、新しいブレーキングシステムによるABSを備えたトップレベルの安全性能を備えています。アプリリアは、ブレーキング時の高い精度とコントロール性を提供しつつ、ハードブレーキング時のリアホイールの浮き上がりを補正する、アンチロールオーバーモードを備えたBosch製ABSシステムをこの市場セグメントで初めて導入しました。SXには、レースシーンからフィードバックされたフロント300 mm、リア200 mmのステンレスディスクが装備されています。
    高剛性のスチール製ダブルクレードルフレームには、クラスの基準を超えたサスペンションが組み合わされています。フロントサスペンションには41Φ倒立テレスコピックフォークを装備し、240 mmのホイールトラベルを提供します。リアは、トラクションを最適化するスチール製ロングスイングアームを採用し、ホイールトラベルは200 mmを確保。ショックアブソーバーはプログレッシブリンクでフレームと連結しています。
    SXのような本格的なモタードモデルでは、構成部品にも高いレベルが求められます。特にホイールについて、剛性と軽さの両立が性能を左右する大きな要素となります。アプリリアSXは、ブラックアルマイト仕上げのハブを持つ高品質のスポークホイールを装着しています。

    ●インストルメントパネル
    アプリリアは、日々の使用における汎用性と実用性に優れた上質なモーターサイクルを造り上げることを念頭に、コンパクトでモダンに洗練された、視認性に優れるデジタルメーターをSXに搭載しました。デジタルメーターには、一般的な機能に加えて、トップスピード、バッテリー電圧、走行セッション間の移動距離を表示するツイントリップメーター機能を持ったトラベルダイアリーも装備しています。

    アプリリア SX 125
    ●カラーグラフィック
    SXが採用するカラーリング「ブラックドリフト」は、クールなデザインを演出するグラフィックです。

    アプリリア SX 125
    ●アプリリア SX 125 主要諸元

    エンジン:4ストローク 水冷単気筒 DOHC 4バルブ
    総排気量:124.2 cc
    ボア × ストローク:58 mm × 47 mm
    最高出力:11kW(15HP)/10,700rpm
    最大トルク:11.3Nm/8,000rpm
    燃料供給方式:電子制御燃料噴射システム、マレリ製Φ32 mm スロットルボディ、
    点火方式:電子制御イグニッションシステム
    潤滑方式:ウェットサンプ
    始動方式:セルフ式
    トランスミッション:6速リターン
    変速比:(1速)11/33 (2速)15/30 (3速)18/27 (4速)20/24 (5速)25/27 (6速)23/22
    一次減速比:29/69
    最終減速比:13/62
    クラッチ:湿式多板クラッチ
    フレーム:ツインチューブスチールフレーム
    サスペンション(F):Φ41 mmテレスコピック倒立フォーク(ホイールトラベル240mm)
    サスペンション(R):スチール製スイングアーム、プログレッシブリンク式モノショック(ホイールトラベル220mm)
    ブレーキ(F):Φ300 mm ステンレスディスク、フローティングキャリパー
    ブレーキ(R):Φ200 mmステンレスディスク、フローティングキャリパー
    ABS:ボッシュ製9.1ML
    ホイール(F):2.50 x 17
    ホイール(R):3.50 x 17
    タイヤ(F):100/80-17
    タイヤ(R):130/70-17
    シート高:880 mm
    車両重量:134Kg
    燃料タンク容量:6.2 L
    生産国:中国
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【新型車】【バイク】アプリリアの本格派125ccモタード「SX 125」を発売決定!】の続きを読む

    2018年11月、イタリアで開催されたミラノショー(EICMA)にて発表され、イメージ刷新と話題を呼んだ2019新型ホンダCB650R。その日本国内販売の詳細が正式発表されました。税込車両本体価格96万1200円にて、2019年3月15日に発売されます。

    👇【詳細記事】

    HONDA CB650R


    HONDA CB650R カラー:グラファイトブラック


    HONDA CB650R カラー:キャンディークロモスフィアレッド

    HONDA CB650R カラー:マットベータシルバーメタリック



    👇【動画】     

    (出典 Youtube) 

    【【新型車】【バイク】ホンダ・新型「CB650R」2019年3月15日発売決定!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    ADIVA株式会社(本社:東京都港区赤坂  代表取締役社長:池田 元英)は、クラシカルなスタイルで人気を博しているネオレトロスクーター、プジョー・ジャンゴシリーズの「エバージョン」に、特別仕様車「ジャンゴ125エバージョンABS +(プラス)」を設定しました。2019年1月18日より、全国のプジョーモトシクル正規ディーラーにて発売開始いたします。

    【モデル説明】
    ジャンゴは、1953年に発売したプジョー初のスクーターである「S55」を現代に復刻させた、空冷125ccエンジンを搭載するネオレトロスクーターです。クラシカルなスタイルながらも、ABS、スマートフォン用電源、LEDテールランプなど、最新の装備を採用。前後セパレートで座り心地の良い大きなシートは、フランス車ならではのこだわりです。シート下にはメットインスペースを備え、タンデムでの小旅行も楽々こなします。

    ジャンゴシリーズの中でも、クリームとビビッドな色によるツートンカラーで、男女を問わず人気を博している「ジャンゴ125エバージョンABS」に、レトロテイストとクオリティを高める3つのアクセサリーを追加装備した特別仕様車が「ジャンゴ125エバージョンABS +」です。


    【特別装備】
    1.ショートスクリーン
    クロームメッキのステーにマウントされたショートスクリーンが、ライダーの胸元にあたる風や雨を防ぎます。小ぶりでシンプルな主張しすぎない形状で、ジャンゴのスタイリングを引き立てます。
    メーカー希望小売価格 : 32,184円(消費税8%を含む)

    2.フロントキャリア
    クロームメッキ仕上げのスチール製キャリア。クラシカルなイメージを強めるドレスアップ効果はもちろんのこと、書類をはさんだり、小さなバッグを取り付けたりと、実用的にも役立つ装備です。
    メーカー希望小売価格 : 32,184円(消費税8%を含む)
    3.バックレスト
    タンデムライダーの腰部をサポートし、快適性を高めます。グラブバーと一体感のあるデザインで、車両全体のフォルムを崩しません。クッション部にはホワイトステッチや型押しの「PEUGEOTロゴ」を施し、高級感のある仕上がりです。
    メーカー希望小売価格 : 21,492円(消費税8%を含む)


    【販売開始日】
    2019年1月18日

    【販売台数】
    30台

    ビタミンオレンジ 10台

    ドラゴンレッド 10台

    ディープオーシャンブルー 10台

    【メーカー希望小売価格】
    ■通常仕様


    ■特別仕様
    ジャンゴ125エバージョンABS +
    392,040円(消費税8%を含む)

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【新車】【バイク】プジョー特別仕様車「ジャンゴ125エバージョンABS +」を限定発売!】の続きを読む



    (出典 response.jp)
    👇【詳細記事・画像・動画】
    トヨタから新型スープラが登場した。伝説のスポーツカーが17年ぶりに復活したカタチだ。既報の通り、BMWと共同開発したFRスポーツカーは「スープラ」という名前を受け継ぐのに相応しい中身となっているのだろうか。
    (文・山本晋也)
    デトロイトモーターショーで世界初公開!
    トヨタ スープラ 2019
    トヨタが1月14日(現地時間)に開幕したデトロイトモーターショーにおいて世界初公開した新型スープラは、いかにもスープラらしい筋肉質なアピアランスを与えられていた。その盛り上がったリアフェンダーは、あたかもボディビルダーのような“キレ”のあるもので、後輪によってすべてのパワーを路面に伝えるFRレイアウトであることを示している。

    さて、スープラという伝統のスポーツカーであるから、ほぼ同じタイミングで開催された東京オートサロンでのお披露目という考え方もあっただろうが、デトロイトで発表されたのにはわけがある。

    スープラが特別な名前になった要因には、過去のモデルが積み上げてきた実績もあるが、北米においては『ワイルド・スピード』シリーズ(原題:The Fast and the Furious)に登場したチューンドカーとして人気を高めた部分が無視できないからだ。

    日本においてコミック『頭文字D』の影響でAE86が人気を再燃させ、それがトヨタ86の復活につながった部分もあるが、スープラの復活においてもフィクションでの活躍はおおいに影響している。スポーツカーには誕生までの背景などストーリーが重要になるが、トヨタのスポーツカーにはフィクションの影響が少なからずあるというのは、クールジャパン的な世界観にもつながってくる。

    伝統の直列6気筒エンジンとFRレイアウト
    トヨタ スープラ 2019
    しかし、単にスープラという名前を復活させただけではない。そもそもスープラというのは、セリカというトヨタのスペシャリティクーペに大排気量6気筒エンジンを載せたという成り立ちで生まれている。トヨタのM型、JZ型といった伝説的存在の直列6気筒エンジンを積んでいたことがスープラのアイデンティティだ。

    駆動方式にしても、シンプルなリア駆動にこだわってきた。新型スープラは、BMWと共同開発したことによって、直列6気筒エンジン+FRプラットフォームというスープラに欠かせない要素を守っている。

    ただし、日本向けには4気筒エンジンの搭載グレードも用意される。グレード名でいうとRZが3.0リッター6気筒ターボ(最高出力250kW)、SZ-Rがハイパワーな4気筒ターボ(190kW)、エントリーグレードのSZにはローパワー版4気筒ターボ(145kW)を搭載すると発表された。

    伝統を守るのであれば、6気筒がスープラ、4気筒はセリカとすべきだが、ダウンサイジングターボ(6気筒NA相当)という解釈なのだろう。RZ、SZというグレード名は先代スープラ(A80型)に使われていたそのままであり、RZがターボ、SZがNAエンジンだったことを知っているオールドファンからすると、新型スープラのグレード名は感涙モノだ。

    スポーツ性能のために2シーターと割り切った
    トヨタ スープラ 2019

    4気筒が登場したことはスープラの伝統としては変革に当たるが、もっと大きな変革といえるのが新型スープラは2シーターとなっていることだ。

    これまでのスープラは2+2パッケージでグランドツアラー的なキャラクターが強かった。しかし、新型ではスポーツ性能にこだわり、ホイールベースを短くしたために2シーターのパッケージとなった。非常に大きな割り切りだが、スープラの価格帯を考えるとグランドツアラーの市場よりもスポーツカーのほうが勝負できると考えたのだろう。

    トヨタ スープラ 2019

    もう一つスポーツカーとして生み出された理由は、新型スープラが、ただのトヨタ車ではなく「GR」ブランドのオリジナルモデルとして位置づけられているからだ。

    モータースポーツ活動からフィードバックしたノウハウを市販車のスポーツコンバージョンに展開するというのが、これまでの「GR(GAZOO Racing)」ブランドだったが、新型スープラについては「GRスープラ」と命名されていることからもわかるようにGAZOO Racingのノウハウを最初から入れ込んで開発された初めてのクルマということになる。

    そうした立ち位置の変化も純粋なスポーツカーとして2シーターを選択することにつながった。

      
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【新型車】トヨタ・新型「スープラ」世界初公開!】の続きを読む


    マッスルカーブームのさなかに誕生した426ヘミの1968型ダッジ『チャージャー』

    『チャージャー』は、FCA(フィアット・クライスラー・オートモビルズ)がダッジブランドで展開するフルサイズセダンのマッスルカーだ。マッスルカーは、広い意味でいうと大排気量のV8エンジンを搭載したハイパフォーマンスのアメ車のことを指す。

    1960年代初め、アメリカではマッスルカーブームが巻き起こった。シェルビー『マスタング』、フォード『ギャラクシー』、シボレー『コルベット』、ポンティアック『GTO』、オールズモビル『カトラス シュープリーム』。こうしたクルマが大人気となっていたのである。これらに対抗するためにクライスラーが開発したのが『チャージャー』だ。

    とりわけデビュー3年目の1968年に登場した2ドアノッチバックの高性能バージョン『チャージャーR/T』は、いまも『チャージャー』の象徴として高い人気を誇る。エンジンは440キュービックインチ(約7.2L)のマグナムV8。さらに、オプションでストックカー用のハイパフォーマンスエンジンである426HEMI(ヘミ)が設定されていた。

    このエンジンを作り上げたのは「MOPAR(モパー)」。モパーはFCAのカスタムパーツ部門として知られるが、当時はクライスラーのハイパフォーマンスカー全般を意味した。今回発表されたオマージュモデルも、モパーが最新のヘミエンジンを搭載して甦らせたものだ。その名を『1968 ダッジ“スーパーチャージャー”コンセプト』という。

    モパーのスーパーチャージドV8ヘミエンジンは、なんと最高出力1000psを発揮する

    「チャージャー」の前に「スーパー」があることでわかるように、『1968 ダッジ“スーパーチャージャー”コンセプト』はすべての面で大幅にチューンナップされている。

    エンジンは、モパーが新たに開発した排気量426キュービックインチ(約7.0L)のスーパーチャージド・モパー・クレート・ヘミ「Hellephant(ヘレファント)」。現行型『チャージャーSRTヘルキャット』などが搭載するV8をベースに、大容量のスーパーチャージャーを追加するなどさまざまな改良を施してパワーアップしたものだ。

    426ヘミエンジンに組み合わせるのは、やはり『SRTヘルキャット』に採用される6速MTで、そのスペックは、じつに最高出力が1000ps、最大トルクは131.3kgmに達するという。まさにモンスターマシンだが、これはおもにレース用のエンジンだろう。

    エンジン名にある「クレート」とは「木箱」のこと。つまりクレートエンジンとは、ストックカーの交換用エンジンを意味するわけだ。すでにモパーは、この「ヘレファント」をカスタムキットとして2019年第一四半期に市販することを明らかにしている。

    ボディカラーはグレーメタリックの「デ・グリージョ」
    ただならぬ雰囲気が漂う外観

    エクステリアも、全身からただならぬ雰囲気を横溢させている。ボディカラーは「デ・グリージョ」と呼ばれるグレーメタリックの特別塗装。ワイドな一体型のフロントグリルはオリジナルの1968年型『チャージャーR/T』をそのまま受け継いでいるが、通常時に隠れているヘッドライトは『SRTヘルキャット』のものへと変更された。

    その上部のボンネットには、426ヘミエンジンに空気を送り込んで冷却するための特大エアスクープが設けられている。グリル下部のフロントスプリッターとともに、これらは最高出力800psの『チャージャーSRTデーモン』に採用されていたものと思われる。

    ボディ同色のメタリックグレーのオーバーフェンダーはファイバーグラス製で、それによって全幅がオリジナルより4インチ拡大。ホイールベースも2インチ伸長され、全高は前3.5インチ、後2.5インチ低くなった(1インチは約2.54cm)。

    足元にはフロント21インチ、リア20インチの鍛造アルミホイールを装着し、タイヤはフロント305/30R20、リア315/35R21。おそらくピレリ製だろう。むろんブレーキは1968年製ではなく、6ピストンのブレンボ製を装備して制動力を高めている。

    インテリアでは、後席が取り払われて、前席はダッジ『バイパー』用のバケットシートへと換装された。中央に「ヘレファント」の猛々しい青のバッジが装着されたステアリングホイールも『バイパー』に採用されていたもので、このステアリングとシートには赤のステッチがアクセントカラーとして入る。シートベルトはサベルト製の4点式である。

    アメリカでスーパーカー以上に高い価格がつけられる「レストモッド」マッスルカー

    このオマージュモデルのように、ヒストリックカーをレストアして最新エンジンなどを搭載したクルマのことを、近年は「レストモッド」と呼ぶことがある。

    レストモッドは「レストア」と「モデファイ」をかけ合わせた造語で、つまりレストアというよりリプロダクション(再生産)されたモデルに近い。ポルシェが933型『911ターボ』を一台だけ復元した「プロジェクト・ゴールド」などがこれにあたるだろう。

    レストモッドは特にアメリカで人気が高く、その価格はスーパーカーよりも高いといわれる。1960〜70年代のマッスルカーは『ワイルドスピード』シリーズ全作にドムの愛車として登場し、近年さらに価値を高めている。モパーが「ヘレファント」を搭載した1968年型『チャージャー』を発表したのには、そんな背景もあるのかもしれない。
    Dodge_Super-Charger_photp01_R(2)

    (出典 Youtube)

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【レストモッド】マッスルカー!1968年型のチャージャー蘇る!】の続きを読む

    このページのトップヘ