フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ: 乗物


    👇【詳細記事・画像】

    トヨタ自動車の米国部門は3月19日、新型『スープラ』(Toyota Supra)に全8色のボディカラーを設定すると発表した。
     
    新型スープラの3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンは、米国仕様の場合、最大出力335hp、最大トルク50.5kgmを引き出す。トランスミッションは8速ATで、0~96km/h加速4.1秒、最高速250km/h(リミッター作動)の性能を備える。

    トヨタ自動車の米国部門は、この新型スープラに全8色のボディカラーを設定すると発表した。発売記念限定車の「ローンチエディション」には、赤(Renaissance Red 2.0)、黒(Nocturnal Black)、白(Absolute Zero White)の3色を用意する。

    2019年秋から販売される通常モデルでは、赤、黒、白の3色に5色を加えて、全8色をラインナップする。黄(Nitro Yellow)や青(Downshift Blue)をはじめ、グレー2色、シルバー1色を設定している。
    【ほかの画像を見る】トヨタ・スープラ新型(米国仕様)


    (出典 image.e-nenpi.com)
    1398024
    (出典 image.e-nenpi.com)

    (出典 image.e-nenpi.com)
    1398026
    (出典 image.e-nenpi.com)
    1398027
    (出典 image.e-nenpi.com)
    1398028
    (出典 image.e-nenpi.com)
    1398029
    (出典 image.e-nenpi.com)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【新型車】トヨタ・新型「スープラ」ボディカラーは全8色に…米国仕様】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】


     イタリアのアレスデザイン社が、開発中の新型スーパーカー「PANTHER PROGETTOUNO」を発表。なんと、かつてデ・トマソとフォードが共同開発したスーパーカー「デ・トマソ・パンテーラ」をモチーフにしています。


    【写真】パンテーラの雰囲気が色濃く残るサイドビュー

      アレスデザインは、フェラーリやロータスの重役を務めてきたダニー・バハールさんが立ち上げた会社で、富裕層向けの高級車のカスタマイズを専門としています。 

     そのなかでも往年の伝説的な名車を現代に蘇らせるというプロジェクト「LEGENDS REBORN(レジェンズ・リボーン)」に注力しており、PANTHER PROGETTOUNOもその1つ。

     
     完全なオリジナルというわけではなく、「ランボルギーニ・ウラカン」をベースに開発が進められています。見た目はファン垂涎のパンテーラでありながら、中身は650馬力のV10エンジンを搭載する正真正銘の現代のスーパーカーというわけです。

     デ・トマソ・パンテーラといえば、かつてスーパーカーブーム世代の少年たちの心をわしづかみにしたクルマの1つ。デ・トマソとフォードの共同開発で、当時のスーパーカーとしては異例の量産車だったため残存台数は比較的多く、本物を手に入れることも不可能ではないでしょう。

     しかし、現代的にリファインされたデザインや機能、性能といった要素が揃った状態で、ヘリテージカーではなく現代のスーパーカーとして手に入れられるアレスデザインのパンサーにもまた違った魅力があるのではないでしょうか。

     横から見た時のフォルムなどは、かなりパンテーラらしい仕上がり。安全基準などの兼ね合いで量産車ではほぼ絶滅してしまったリトラクタブルヘッドライトが装着されているのも素敵です。価格は61万5000ユーロ(約7774万円)から、およそ3ヶ月ほどで製作できるそうです。

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【スーパーカー】伝説のスーパーカー「パンテーラ」が復活!?ランボルギーニをベースに開発した「PANTHER PROGETTOUNO」がすっげぇカッコイイ!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    NV350キャラバンには、株式会社オーテックジャパンが販売している「ライダー」というカスタムモデルがあります。この記事ではライダーの外装、内装、乗り出し価格について解説します。

    新型NV350キャラバン ライダー
    「ライダー」はちょっとヤンチャなフロントグリル!

    ライダーは専用フロントグリル、専用フロントプロテクター、専用エンブレムが装備されています。専用フロントグリルは、ノーマルモデルと比較して、より大型でメッキが使われたグリルで力強い印象です。
    専用フロントマーカーLEDと、専用15インチアルミホイールはオーテックのオーテックのオプション装備となりますが、見た目の印象から言うと、是非装備しておきたいアイテムですね。

    新型NV350キャラバン ライダー

    ■専用フロントマーカーLED

    新型NV350キャラバン ライダー

    ■専用15インチアルミホイール

    それ以外にも、専用サイドシルプロテクター、専用リヤアンダープロテクター、専用ルーフスポイラーのオプションがあり、全て装備するとさらに格好良くなると思います。

    新型NV350キャラバン ライダー

    ■専用サイドシルプロテクター

    新型NV350キャラバン ライダー

    ■専用リヤアンダープロテクター

    新型NV350キャラバン ライダー

    ■専用ルーフスポイラー

    内装にもこだわるなら「プロ・スタイル パッケージ」もオススメ

    ライダーには、さらに使い勝手を良くするパッケージとして、「プロ・スタイルパッケージ」があります。
    通常のライダーではオプションとなる専用フロントマーカーLED、専用15インチアルミホイールが標準装備され、それ以外に、LEDヘッドランプ、本革巻き3本スポークステアリング、ドアトリム、防水シートが追加装備されます。

    新型NV350キャラバン ライダー

    ■プロ・スタイル パッケージ インパネ周り

    新型NV350キャラバン ライダー

    ■プロ・スタイル パッケージ 内装

    新型NV350キャラバン ライダー

    ■プロ・スタイル パッケージ 防水シート

    外観もバッチリ決まり、内装に関してもそのほかのグレードでは選択できない、本革巻き3本スポークステアリングも装備されますので、満足感はかなりのものでしょう。

    防水シートも装備されますので、仕事はもちろんのこと、アウトドアやマリンレジャーでも活躍できること間違いないですね。

    ライダーの価格はいくら?

    ライダーの乗り出し価格について、ガソリン車とディーゼル車で比較してみました。両方とも、ベースはプレミアムGXです。
    車両価格は、ガソリン車で307万1,520円となり、ディーゼル車では、369万9,000円となります。

    日産のホームページで乗り出し価格の見積もりを出したところ以下のような結果が出ました。

    ライダープレミアムGXのガソリン車

    車両本体(消費税込み) 3,071,520円
    ボディーカラー インペリアルアンバー 54,000円
    自動車取得税(エコカー減税適用) 39,100円
    自動車重量税(エコカー減税適用) 7,500円
    自賠責保険 30,460円
    自動車税(12月登録の場合) 4,000円
    リサイクル費用 9,100円
    登録諸費用(参考価格、消費税込) 49,299円
    合計 3,264,879円

    ライダー プレミアムGXのディーゼル車
    車両本体(消費税込み) 3,666,600円
    ボディーカラーインペリアルアンバー 54,000円
    自動車取得税(エコカー減税適用) 46,500円
    自動車重量税(エコカー減税適用) 10,000円
    自賠責保険 30,460円
    自動車税(12月登録の場合) 4,000円
    リサイクル費用 9,100円
    登録諸費用(参考価格、消費税込) 49,299円
    乗り出し価格 3,869,959円

    となります。

    これをガソリン車、ディーゼル車ともに標準モデルと比較してみました。
    以下のようになります。

    ガソリン車の乗り出し価格は、標準モデル プレミアムGXで3,100,879円。ライダー プレミアムGXで3,264,879円です。
    ディーゼル車の乗り出し価格は、標準モデル プレミアムGXで3,705,859円。ライダー プレミアムGX乗り出し価格は3,869,959円です。

    ガソリン車もディーゼル車も、標準モデルと比較すると、約164,000円の差額になりますが、この差額を高いとみるか、安いとみるかは購入検討する人次第だと思います。
    しかし、16万円で、他人とは違ったNV350キャラバンが手に入り、外装の満足感も違ってくるのであれば、これは購入検討する価値は十分にあると思います。
    アルミホイールや、フロントマーカーLED、本革巻きステアリング、防水シートなどが標準で装備されるプロ・スタイルパッケージはさらに216,000円アップとなりますが、更なるキャラバンの変化を求めるのなら、こちらもお薦めです。

    外装がさらに格好良くなり、内装に関しても満足感は増します。
    あとはお財布との相談になりますが、ライダー、仕事だけに使うのは、もったいない気がしますね。

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【新車】日産「NV350キャラバン」のカスタムモデル「ライダー」を紹介!【乗り出し価格はいくら?】】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像・動画】

    ADIVA株式会社(本社:東京都港区赤坂  代表取締役社長:池田 元英)は、ネオレトロなスタイルで人気を博している125ccスクーター「プジョー・ジャンゴシリーズ」に、50ccおよび150ccのニューモデル6機種を追加します。2019年3月15日より、全国のプジョーモトシクル正規ディーラーにて発売開始いたします。

    ジャンゴは、1950年代の「プジョー S55」を現代に復刻させた、フランス生まれのネオレトロスクーター。豊かで流麗なボディラインによるクラシカルなスタイルながらも、ABS(50ccモデルを除く)、スマートフォン用電源、LEDテールランプなど最新の装備を採用し、新しい世代のライダーたちを満足させます。
    「原付二種125cc」のみであったラインナップに、「原付免許で乗れる50cc」と、「高速道路を走行できる150cc」が加わることで、ジャンゴをより多くの方に楽しんでいただけるようになりました。

    【各モデルの概要】
    1.ジャンゴ 50、ジャンゴ 150 ABS
    オリジナリティあふれるスタイルと高級感のあるカラーリングが特長です。自分らしさを大切にする、フランスならではの国民性が生んだ個性的な一台です。
    <ジャンゴ 50>
    メーカー希望小売価格:312,120円(本体価格:289,000円/消費税:23,120円)
    <ジャンゴ 150 ABS>
    メーカー希望小売価格:402,840円(本体価格:373,000円/消費税:29,840円)
    [マッドグレー]

    2.ジャンゴ 50 エバージョン、ジャンゴ 150 エバージョン ABS
    クリームとビビッドな色による爽やかなツートンカラーで、男女を問わず人気のモデル。タックロール&ホワイトパイピングを施したシートも特長です。
    <ジャンゴ 50 エバージョン>
    メーカー希望小売価格:322,920円(本体価格:299,000円/消費税:23,920円)
    <ジャンゴ 150 エバージョン ABS>
    メーカー希望小売価格:413,640円(本体価格:383,000円/消費税:30,640円)
    [キャロットオレンジ]

    [ディープオーシャンブルー]

    3.ジャンゴ 50 スポーツ、ジャンゴ 150 スポーツ ABS
    プジョーのレーシングスピリットを表すモデル。ホワイトのセンターストライプとレーシングゼッケン、さらにはブラックアウトされたシート&足回りが、スポーティなイメージを演出します。
    <ジャンゴ 50 スポーツ>
    メーカー希望小売価格:322,920円(本体価格:299,000円/消費税:23,920円)
    <ジャンゴ 150 スポーツ ABS>
    メーカー希望小売価格:413,640円(本体価格:383,000円/消費税:30,640円)
    [ディープオーシャンブルー]

    [サテンチェリーレッド]


    【販売開始日】 2019年3月15日

    【主要諸元】
    ■50ccモデル
    全長×全幅×全高:1,925mm×710mm×1,190mm
    ホイールベース:1,350mm
    シート高:770mm
    乾燥重量:110kg
    エンジン:空冷4ストローク SOHC2バルブ単気筒
    排気量:49.9cm³
    内径×行程:39mm×41.4mm
    最高出力:2.7kW<3.7PS>/8,000rpm
    最大トルク:3.5N・m<0.4kgf・m>/6,200rpm
    燃料供給方式:インジェクション
    始動方式:セルフ式
    燃料タンク容量:8.5L
    変速方式:オート
    フロントサスペンション:油圧式テレスコピック
    リアサスペンション:油圧式ショックアブソーバー(5段階調整可)
    フロントタイヤ:120/70 - 12"
    リアタイヤ:120/70 - 12"
    フロントブレーキ:ディスク
    リアブレーキ:ドラム

    ■150ccモデル
    全長×全幅×全高:1,925mm×710mm×1,190mm
    ホイールベース:1,350mm
    シート高:770mm
    乾燥重量:129kg
    エンジン:空冷4ストローク SOHC2バルブ単気筒
    排気量:151cm³
    内径×行程:57.4mm×58.2mm
    最高出力:8.5kW<11.6PS>/8,000rpm
    最大トルク:11.2N・m<1.1kgf・m>/6,000rpm
    燃料供給方式:インジェクション
    始動方式:セルフ式
    燃料タンク容量:8.5L
    変速方式:オート
    フロントサスペンション:油圧式テレスコピック
    リアサスペンション:油圧式ショックアブソーバー(5段階調整可)
    フロントタイヤ:120/70 - 12"
    リアタイヤ:120/70 - 12"
    フロントブレーキ:ディスク(ABS)
    リアブレーキ:ディスク
        
    【会社概要】
    会社名:ADIVA株式会社
    所在地:〒107-0052 東京都港区赤坂2-5-4 赤坂室町ビル1F
    代表者:池田 元英
    設立:平成27年1月5日
    URL: https://adiva.co.jp
    事業内容:
    ADIVA製品の製造、輸出入、販売
    PEUGEOT MOTOCYCLES製品の日本総代理店

    【お問い合わせ先】
    ADIVA株式会社
    TEL:03-6427-3600
    e-mail:info@adiva.co.jp

    配信元企業:ADIVA 株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ
    <動画>

    (出典 Youtube)

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【新型車】【バイク】プジョー「ジャンゴ」シリーズに50cc&150ccモデル6機種を追加!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    テスラは3月14日(日本時間3月15日)、新型EVの『モデルY』(Tesla Model Y)を米国カリフォルニア州ロサンゼルスのデザインスタジオで初公開した。

    モデルYは、『ロードスター』、『モデルS』、『モデルX』、『モデル3』に続くテスラのEVだ。モデル3の車台をベースにしたコンパクトな電動SUVになる。テスラはこのモデルYの量産を、2020年内に開始する予定だ。モデル3の販売好調で勢いに乗るテスラが、主力の米国市場で量販が見込まれる小型の電動SUV市場に参入する。

    ◆モデル3やモデルXとの関連性を感じさせるデザイン

    モデルYのデザインは、車台を共用するモデル3と共通イメージ。前後マスクは、モデル3のモチーフを色濃く受け継いでいる。一方、モデル3よりも背の高いデザインを採用。これは、上級の『モデルX』を思わせるデザインだ。ただし、モデルYには、モデルXのようなガルウイングドアは採用されず、リアドアは一般的なヒンジ式となる。ホイールは18インチまたは19インチで、トップグレードは20インチとなる。
     
    ◆大型の15インチディスプレイモニターにインフォテインメントなどの機能を集約

    インテリアは、モデルS同様、非常にシンプルなデザインとした。ダッシュボードには、3本スポークのステアリングホイールと大型の15インチのディスプレイモニターが装備されるのみ。この大型15インチディスプレイモニターに、ナビゲーションなどのインフォテインメント、バッテリーの残容量や充電状況などを表示する。インターネットへの接続も可能。部分的な自動運転機能の「オートパイロット」などの設定も、このディスプレイモニターで行う。センターコンソールの収納には、USBポート4個と2個のスマートフォンが接続できるコネクターが備わる。
     
    また、フロントシートは12方向に電動調整でき、ヒーター機能が付く。後席は3座席を独立して折り畳むことが可能。乗車定員は5名だが、オプションでサードシートが選択でき、乗者定員は7名となる。14スピーカーのプレミアムオーディオを標準装備する。リアゲートは低い位置から開口し、荷物の積載性に配慮した。

    ◆トップグレードは0~96km/h加速3.5秒、最高速241km/h

    モデルYの米国仕様は、複数のグレードを設定する。モデルYのベースグレードの「スタンダードレンジ」は、モーターをリアに1個搭載し、後輪を駆動する。動力性能は0~96km/h加速が5.9秒、最高速は193km/hとなる。バッテリーの蓄電容量はシリーズ最小として、価格を抑えているのが特徴。それでも1回の充電での航続は、最大で230マイル(約370km)を確保している。

    モデルYの「ロングレンジRWD」グレードは、ベースグレードと同じく、モーターをリアに1個搭載し、後輪を駆動する。動力性能は0~96km/h加速が5.5秒、最高速は209km/hとなる。バッテリーの蓄電容量はベースグレードよりも大容量化。1回の充電での航続は、最大で300マイル(約483km)に到達する。テスラによると、483kmの航続は、現在市販されている電動SUVで最長という。

     
    モデルYの「ロングレンジAWD」グレードは、モーターを前後に搭載し、4輪を駆動する4WD。動力性能は0~96km/h加速が4.8秒、最高速は217km/hとなる。1回の充電での航続は、最大で280マイル(約450km)とした。

    モデルYのトップグレードが、「パフォーマンス」グレードだ。モーターを前後に搭載し、4輪を駆動する4WD。動力性能は0~96km/h加速が3.5秒、最高速は241km/h。1回の充電での航続は、最大で280マイル(約450km)となる。

    充電については、最新の「スーパーチャージャー」が利用できる。およそ270km走行分のバッテリー容量を、約15分で充電することを可能にしている。
    【ほかの画像を見る】テスラ・モデルY
    テスラ・モデルY

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【新型車】テスラが電動コンパクトSUV「モデルY」発表!航続483kmは電動SUV最長!】の続きを読む

    このページのトップヘ