フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ: 乗物


    👇【詳細記事・画像】

    8月20日、ダイムラーはメルセデス・ベンツのEV「EQ」シリーズに、Vクラスをベースとした「メルセデス・ベンツEQV」を設定したことを発表。9月12日に開幕するフランクフルト・モーターショーで、初めて一般に公開される。


    後続距離は最大で405kmを実現

     EQVは、今年3月に開催されたジュネーブ・モーターショーでコンセプトモデルが披露されていたが、早くもこのたび市販モデルが発表された。日本でもすでに発売されているSUVの「EQC」に続く、ピュアEVモデルだ。

     ボディはエンジン車のVクラスと同様に、標準ホイールベース仕様(3200mm)とロングホイールベース仕様(3430mm)の2タイプを設定している。

     パワーユニットは204psと363Nmを発揮するモーターと、エネルギー容量90kWhのリチウムイオンバッテリーの組み合わせ。駆動輪は前輪となる。このパワーパックを原動力に、405kmの最大航続距離と、160km/hの最高速をマークする。バッテリーの充電は急速充電設備を使用すると、80%までを45分以下で充電できる。

     デザインは「EQ」シリーズ専用のディテールでまとめられている。クロムフィン付きのブラックパネルフロントグリルや、18インチ軽量ホイールを装着したエクステリアは、Vクラスとは異なる雰囲気を発散。

     そのほか、フロントバンパーのコーナー部分に設けられた給電用ソケットの差し込み口や、サイドミラー下部に装着された「EQV」バッジなどがEQシリーズを主張する。

     インテリアも「EQC」に共通するデザインテイストでまとめられている。もちろん新世代メルセデス車の一員らしく、対話型インフォテイメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」が採用されるなど、先進技術や装備の導入は惜しみない。

     なお、キャビンのシートレイアウトは2-2-2の6人乗りが基本となるが、2-3-2の7人乗り仕様や、2-3-3の8人乗り仕様も選択できるとのことだ。

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【新車】EQCに続くメルセデス・ベンツのEVシリーズ第二弾「EQV」がデビュー!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    8月21日、FCAジャパンはアルファロメオのSUV「ステルヴィオ」に、限定車「ステルヴィオ2.0ターボQ4モノクロームエディション」を設定し、8月31日より発売すると発表した。発売台数は限定15台で、消費税8%込みの車両価格は646万円だ。


    専用セクステリアパーツでより魅力的なルックスに

     この限定モデルは、280psと400Nmを発揮する2.0L直列4気筒ターボを搭載したガソリンエンジン車をベースに、フロントグリルやエクステリアミラーハウジング、リヤスキッドプレートをマットブラックにペイント。20インチの5ツインスポークアルミホイールもマットブラックで、モノクローム仕様のセンターキャップを装着。モデル名を示すように、エクステリアをモノクロームでまとめているのが特徴だ。


     ボディカラーはアルファホワイト、ストロンボリグレーメタリック、ブルカノブラックメタリックの3色を設定。

     ウッドパネルやレザーシートを採用するインテリアカラーは、アルファホワイトとストロンボリグレーメタリックがチョコレート、ブルカノブラックメタリックがベージュだ。なお、メタリックカラーのボディは8万6400円高となる。

    アルファホワイト
    ストロンボリグレーメタリック
    ブルカノブラックメタリック
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【新車】アルファロメオ「ステルヴィオ」に限定モデル「2.0ターボQ4モノクロームエディション」が登場!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    8月21日、ゼネラルモーターズ・ジャパンは、「キャデラックXT5クロスオーバー」に25台の限定モデル「スポーツエディション」を設定し、同日より発売した。消費税8%込みの車両価格は722万2000円だ。


    ジェットブラックの上質な本革シートを装備

     XT5クロスオーバーは、全長4825×全幅1915×全高1700mmのボディに、314psと368NMを発揮する3.6LのV型6気筒エンジンと8速ATを搭載。比類なき俊敏性と極上の居住性を両立したキャデラックの新世代SUVだ。


     このたび発売された限定車のベースモデルは最上級グレードの「プラチナム」。全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロールをはじめとする先進運転支援機能に加えて、イルミネーティングドアハンドルやリヤカメラミラー、ヘッドアップディスプレイ、フロント&リヤシートヒーター、ハンズフリープログラマブルパワーリフトゲートなどの快適性や機能性を高めるアイテムが標準装備されている。

     エクステリアはステラーブラックメタリックのボディに、サイドやリヤにブラックアイスクロームのアクセントモールを採用し、精悍なスタイリングに磨きをかけているのが特徴だ。

     インテリアはジェットブラック(ジェットブラックアクセント付き)の上質なレザーシートを採用。ステラーブラックメタリックのエクステリアと色調を合わせて、存在感の高いルックスに仕立てられている。

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【新車】キャデラック「XT5クロスオーバー」に25台の限定モデル「スポーツエディション」が登場!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    三菱RVRが一部改良! エクステリアの刷新で存在感大幅アップ&サポカーSワイドに該当

    より迫力あるフロントマスクに変身!

     三菱自動車は、コンパクトSUVのRVRを一部改良した。新デザインの内外装と、安全装備を充実させていている。メーカー希望小売価格(8%税込み)は、210万4920円〜250万8840円。

     まず目を引くのは、より個性的になったエクステリアだ。デリカD:5、eKクロス同様の縦型ライトユニットと進化させたダイナミックシールドを採用したフロントマスク。縦型ライトはウインカーとフォグランプを内蔵しており、ヘッドライトなどもLEDを多く採用している。

     リヤもボディサイドまで伸びるテールランプがワイド感を演出。バンパーサイドにも個性を際立たせるブラックのガーニッシュを与えている。また、上級グレードには18インチアルミホイールを採用。デザインコンセプトである「Impact and Impulse」を具現化した、都会にも映えるSUVに仕立てた。

    RVR

     

    インテリアは、上級グレードのGはシート生地に幾何学模様を採用。天井をブラックとしたことで、スポーティさを演出している。また、メーカーオプションに設定されているスマートフォン連携ナビゲーションは、内蔵地図によるルート案内のほか、Android AutoやApple CarPlayなどの機能も利用することができる。

     また、安全装備は予防安全技術「e-Assist」に前進時の誤発進抑制機能をプラス。これにより、サポカーSワイドに該当するモデルとなった。

     ボディカラーはスポーティなサンシャインオレンジメタリックとレッドダイヤモンドの2色を新規設定。CVTにはMポジションを新設定したことでスポーティな走りを常時楽しむことも可能。魅力がアップしたRVRに注目だ。

    メーカー希望小売価格(8%税込み)は下記の通り。

    2WD
    M 210万4920円
    G 227万2320円
    4WD
    M 234万1440円
    G 250万8840円

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【新車】三菱「RVR」がマイナーチェンジ! エクステリアの刷新で存在感大幅アップ!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    ルノー·ジャポンは、ルノー F1チームのオフィシャルサプライヤーのルコックスポルティフとのコラボレーションにより、スポーティでエレガントなフレンチスタイルのデザインをまとった新型ルノー·トゥインゴの限定車 ルコックスポルティフを発表した。受注は8月22日(木)から、150台限定で全国のルノー正規販売店で開始する。この新型トゥインゴ ルコックスポルティフは、10月下旬の登録開始を予定している。


    パリ仕立てのコンパクトカー×フランス最古スポーツメーカーが生み出す見事な調和。

     伝統ある街並みの中から常に新しい潮流を世界に発信し続けるパリ。新型ルノー·トゥインゴは、最新のパリのデザインやライフスタイルに馴染む新しいエクステリアデザインをテーマに、新しい機能も搭載されている。

     ルノー·トゥインゴとコラボレーションしたルコックスポルティフは、創業以来 130年以上にわたって サッカーやサイクリング、テニス、ラグビーといったスポーツをサポートし続ける、フランスで最も古い総合スポーツメーカーだ。昨年から、ルノーF1チームのオフィシャルサプライヤーとなった。

     今回のコラボレーションは限定150台で、専用のブラン クオーツM のボディカラーにフランスの象徴であるトリコロールを配している。フレンチスタイルのスポーティでエレガントなデザインとなり、見事にふたつのブランドを調和している。


    気になる専用装備とお値段は?

    車種名:ルノー·トゥインゴ ルコックスポルティフ
    メーカー希望小売価格(税込*):214万円 ※リサイクル料金:1万2760円 消費税率 10%
    ボディカラー: ブラン クオーツ M ※M メタリック
    トランスミッション: 6速DCT

    【新型ルノー·トゥインゴ ルコックスポルティフ専用装備】
    専用ボディカラー: ブラン クオーツM
    専用サイドストライプ·専用デカール
    ボディ同色サイドプロテクションモール(ルコックスポルティフロゴ入り)
    専用キッキングプレート
    ルージュドアミラー
    プライバシーガラス
    コーナリングランプ機能付フロントフォグランプ
    専用16 インチアロイホイール
    ルージュ内装トリム(ダッシュボード·エアコンベゼル)
    専用ロゴプレート
    レザー調×ファブリックコンビシート
    前席シートヒーター
    4 スピーカー+サブウーハー
    バックソナー+リアカメラ
    リアシート下収納ネット
    サングラスホルダー



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【新車】ルノー「トゥインゴ」とスポーツメーカー「ルコック」がコラボレーション! 150台限定「ルコックスポルティフ」登場!】の続きを読む

    このページのトップヘ