フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ:映画 > 洋画


    👇【詳細記事・画像・動画】

     全世界累計興行収入5000億円を超える人気アクション映画シリーズ『ワイルド・スピード』の最新作『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』より、“ワイスピ節”満載の規格外カーアクションシーンを収めた最終予告編と本ポスタービジュアルが解禁された。

    (出典 Youtube)
     元FBI特別捜査官のルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)と元MI6エージェントのデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)というシリーズおなじみの2人を主役に新たな戦いを描く本作。2人の前に立ちはだかる史上最強の敵、ブリクストン役にイドリス・エルバを迎え、物語の鍵を握るショウの妹・ハッティ役でヴァネッサ・カービーが参戦する。

     ロサンゼルスで娘と暮らす、ワイルドなスタイルで超重量級のクルマを操る追跡のプロ・元FBI特別捜査官ルーク・ホブスと、ロンドンで優雅な生活を送る、クールなスタイルで超高級なクルマを駆る規格外の元MI6エージェント、デッカード・ショウ。2人の元に、行方をくらませたMI6の女性エージェント・ハッティを保護して欲しいという政府の協力要請が入る。ハッティは全人類の半分を滅ぼす新型ウイルス兵器をテロ組織から奪還したが、組織を率いる、肉体改造を施された超人的な戦士・ブリクストンに急撃され、ウイルスと共に消息を絶った。しかも、彼女はショウの妹でもあるという。ホブスとショウは「こんな奴と誰が組むか!」と協力を拒否するが、ウイルスの回収を最優先するため、仕方なく手を組むことに…。

     今作の<最終>となる予告編では、肉体改造を施され銃も効かないシリーズ最強の敵・ブリクストンが操るバイクとロンドンでカーチェイスを繰り広げ、壁を走り2階建てのロンドンバスを突き破る、前回の予告映像以上の“ワイスピ節”満載のシーンが初お披露目。超巨大煙突へスカイダイビングで潜入し、施設内で全力カーアクション。ホブスの故郷・サモアでの超重量級カーアクションも大迫力で描かれており、ワイスピ史上最大スケールとなった本作への期待感が募る映像となっている。

     本ポスタービジュアルには、鋭い視線で前を見据えるホブスとショウ、さらには強い意志を感じるショウの妹ハッティ、そしてホブスとショウの最大の敵となる肉体改造を施された超人的な戦士・ブリクストンが立ちはだかる姿が収められており、スリリングな超絶バトルが繰り広げられることを予想させるものとなっている。

     映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』は8月2日より全国公開。

    映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』本ポスタービジュアル
    (C)UNIVERSAL PICTURES
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】規格外アクションの連続!映画「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」最終予告映像が解禁 !】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像・動画】

    COPYRIGHT (C) 2019 MOON COLLECTORS LLC
    アポロ11号月面着陸50周年を記念し、アメリカ公文書記録管理局(NARA)とNASAにより発掘された超秘蔵映像と音源を、4Kリマスター映像で描くドキュメンタリー映画「アポロ11 完全版」が、7月19日から日本公開されることが決定。あわせて、ポスタービジュアル、場面写真、予告編がお披露目された。


    (出典 Youtube)

    人類史上最も注目されたアポロ11号の月面着陸(1969年7月20日)から、50周年を迎える今夏。本作は、新たに発掘された70ミリフィルムのアーカイブ映像、1万1000時間以上もの音声データを基に製作された作品だ。当時の貴重な映像素材を、8Kまでの解像度でHDRのスキャニングを可能にしたことにより、"最高の画素"と"最良の質"を有するアポロ11号の映像が完成した。なお、科学館・博物館限定での公開が既に発表されている「アポロ11 ファースト・ステップ版」は、「アポロ11 完全版」を再編集した短尺版となっている。

    全米では3月に公開され大ヒットを記録した本作は、ロケットの発射前、月面着陸、そして地球生還に至るまでの9日間を詳細にとらえている。あえて、ナレーションやインタビュー映像を入れず、当時の映像と音源のみで構成されているため、まるで"そこにいる"かのような臨場感と緊迫感が画面から伝わってくる。打ち上げ管制センター、宇宙飛行士たちが宇宙服を着用していく様子、ミッション完了後に回収船に乗り込む光景やニクソン大統領の姿といった秘蔵映像が満載。予告編では、当時5億人が見守ったとされる"奇跡的な達成"までの過程が切りとられている。

    COPYRIGHT (C) 2019 MOON COLLECTORS LLC 
    「アポロ11 完全版」は、映画エンタテインメントサービス「BS10 スターチャンネル」の映画レーベル「STAR CHANNEL MOVIES」の1本として、7月19日から東京・109シネマズ二子玉川ほか全国公開。
    ポスター、場面写真、予告編もお披露目! COPYRIGHT(C)2019 MOON COLLECTORS LLC (C)2018 moon collectors llc. all rights reserved (C)2019 Universal Studios. All Rights Reserved

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドキュメンタリー映画】月面着陸50周年!超極秘映像&音声データで構成された「アポロ11 完全版」7月19日公開!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像・動画】

    スパイダーマンの最新作「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」が、6月28日(金)に日本で世界最速公開。MCUフェーズ3完結作でもある本作の新たな本編映像が到着した。


    「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」「アベンジャーズ/エンドゲーム」の後、永遠に変わってしまった世界で、新しい脅威との戦いに挑もうとする本作。

    16歳の高校生でありながら、重責に悩むスパイダーマンこと、ピーター・パーカー(トム・ホランド)。

    そんな彼に対し、新たな“スーパーヒーロー”ミステリオ(=クウェンティン・ベック/ジェイク・ギレンホール)が悩みに耳を傾け、アドバイスを送る姿は、まるで師であるアイアンマンの姿をほうふつとさせる。

    本作でメガホンを取るジョン・ワッツ監督も「ミステリオの目に、チームメートとして協力し合えそうな存在として映るのがピーターだ。でもそれと同時にミステリオは、ピーターが世界を救うよりも、夏休みの旅行を楽しみたいと思っているティーンエージャーであることも分かっているんだ」と、ミステリオの登場が大きな影響をもたらすことを示唆している。

    自分の正体をひた隠しにし、好きな人にも打ち明けられず、今まで導いてくれていたアイアンマンも失った今、唯一悩みを打ち明けることのできるミステリオが新たな親友として、支えになるのか。

    新たな脅威“エレメンタルズ”を相手に、2人はどのようなチームワークを見せるのか。(ザテレビジョン)

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】日本で世界最速公開!「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」の新たな本編映像が解禁!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像・動画】

    映画『アド・アストラ』が9月20日(金)に公開されることが決定。あわせて予告編と第一弾ポスタービジュアルが解禁された。

    ラテン語で「TO THE STARS=星の彼方へ」を表す『アド・アストラ』は、ブラッド・ピットが製作・主演をつとめるスペース・アドベンチャー大作。ブラッド・ピット演じる宇宙飛行士は、16年前に地球外生命体を求めて消息を絶った父親を捜し求め、32億キロかなたの宇宙へと旅立つ物語だ。

    公開された予告編では、エリート宇宙士飛行士として活躍するロイ(ブラッド・ピット)が陸軍の幹部に「信じ難いだろうが、君の父親は生きている」と衝撃的な事実を告げられる。その後、“リマ計画”なる計画に参加していたことなど、ロイの父親が何らかの秘密に関わっていたことが明らかに。果たして、宇宙の彼方でロイは何を目撃することになるのか?


     本作には、ブラッド・ピットのほか、『MIB』シリーズのトミー・リー・ジョーンズが父親役で出演。そのほか、『アルマゲドン』『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのリヴ・タイラーがロイの妻役で共演。『ハンガー・ゲーム』シリーズのドナルド・サザーランド、ルース・ネッガらがキャスティングされている。

    メガホンをとったのは、『リトル・オデッサ』のジェームズ・グレイ監督。脚本はグレイ監督とイーサン・グロス氏(ドラマ『FRINGE/フリンジ』)が共同で執筆している。また、ブラッド・ピットの製作会社プランBがプロデュースを手掛け、製作にはブラッド・ピット、デデ・ガードナー、ジェレミー・クライナー、ジェームズ・グレイ監督が名を連ねている。

    『アド・アストラ』は9月20日(金)全国公開。
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】ブラッド・ピット主演「アド・アストラ」予告編&ポスタービジュアル公開! 9/20日本公開決定!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    【予告映像・ポスター】
    『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』
    8月16日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー

    ティモシー・シャラメ主演の青春映画『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』より、予告映像とポスタービジュアルが解禁された。

    物語の舞台は1991年、愛する父親を亡くし、立ち直れない少年の人生を大きく変えた、ひと夏の経験。美しい海辺の町での初めての恋、クールで危険な仲間との友情、裏切り。きらめくような一瞬の夏は、最大級のハリケーンの到来とともに、劇的な結末を迎えることになる。

    若干23歳という若さで、自らの実体験を元に本作の脚本を書きあげ、映画製作未経験ながらも監督に大抜擢された期待の新人監督イライジャ・バイナムに加え、ティモシー・シャラメ、マイカ・モンロー、新進俳優アレックス・ローら、若き才能が結集して紡ぎ出された本作。90年代の懐かしさと誰もが憧れる青春のきらめきがたっぷり詰まった、梅雨を吹き飛ばす魅力満載の作品に仕上がっている。

    ストーリー

    1991年、最愛の父の死の痛手から抜け出せないダニエル・ミドルトンは、叔母の家で夏を過ごすため、海辺の小さな町ケープコッドにやってくる。美しい海浜でのバカンスを求めてやってくる都会人とも地元民とも馴染めないダニエルは、地元ではワルで有名なハンター・ストロベリーとつるむように。複雑な家庭の事情を抱えているハンターだが、妹のマッケイラを守ることには命をかけていた。「妹には近寄るな」とのハンターの言葉に怯えながらも、ダニエルは町で一番の美女マッケイラと密かに逢瀬を重ねるようになる。秘密のデート、初めてのキス、ダニエルにとって心から自分を解放できるひとときだった。だが、ダニエルのきらめくような一瞬の夏は、最大級のハリケーンの到来とともに、劇的な結末を迎えることになる。

    公開情報

    『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』
    8月16日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー
    監督・脚本:イライジャ・バイナム
    出演:ティモシー・シャラメ、マイカ・モンロー、アレックス・ロー、ウィリアム・フィクナー
    原題 :Hot Summer Nights 2018/アメリカ/英語/107分/シネマスコープ/5.1ch
    配給:ハピネット/配給協力:コピアポア・フィルム PG-12指定
    © 2017 IMPERATIVE DISTRIBUTION, LLC. All rights reserved.
    hot-summer-nights.jp

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】ティモシー・シャラメ主演「ホット・サマー・ナイツ」予告映像&ポスター解禁!】の続きを読む

    このページのトップヘ