フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ:映画 > 洋画



    👇【詳細記事・画像・動画】

     マーベル初の女性ヒーロー単独主役の映画『キャプテン・マーベル』(3月15日公開)の最新スポット映像が解禁された。本作の舞台は1995年、アベンジャーズが結成される以前の物語。過去の記憶を失ったミステリアスなヒーロー・キャプテン・マーベルが、のちに最強ヒーローチーム“アベンジャーズ”を結成することとなる若き日のニック・フューリーらと繰り広げるサスペンスフル・アクション。その新たな魅力が明らかになった。
     
     キャプテン・マーベルを演じるのは、2015年『ルーム』でアカデミー賞主演女優賞を獲得したブリー・ラーソン。ニック・フューリー役はもちろん「アベンジャーズ」シリーズと同じサミュエル・L.ジャクソン。『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』への出演でも話題となったジュード・ロウも出演する。

     瀕死の重傷を負ってすべての記憶を失い、その代償に“規格外の強大な力”を得たキャプテン・マーベル。クリー帝国で一流のソルジャーとして活躍していたが、記憶喪失ゆえにいつもどこか居場所がない感覚に寂しさを感じ、身に覚えのない“記憶”のフラッシュバックに悩まされていた。そして、その記憶に隠された秘密を狙うのは、自在に姿を変える正体不明の敵。身近な人間に化け、キャプテン・マーベルに襲いかかる。

     最新スポット映像は、軽快な音楽とともに、キャプテン・マーベルとニック・フューリーの会話シーンから始まる。自在に姿を変える正体不明の敵について話す彼女に、宇宙人の脅威を初めて聞かされたニックは「君は敵ではないのか」と問うと、必殺技フォントンブラストを突然発射。意味がわからず不意打ちに驚くニックを横目に「ほらね?」と言わんばかりの自信に満ち溢れた表情を浮かべ、ヒーローらしからぬ大胆な行動を披露する。さらに一流の軍人へと育て上げてくれた師でもあるスターフォースの司令官(ジュード・ロウ)相手に訓練中にもかかわらず、感情的になり「自制しろ」と諭される一幕も。

     過去の記憶を失くしているがゆえに自分が何者なのかという不安が影響し、心と能力のコントロールがまだできていない“弱み”を抱える不完全な彼女が、“キャプテン・マーベル”としてどのように目覚めていくのか。新たなるヒーロー誕生の物語に期待が高まる。

    映画『キャプテン・マーベル』(3月15日公開)(C)Marvel Studios 2019

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】マーベル初の女性ヒーロー・映画「キャプテン・マーベル」最新スポット映像解禁!】の続きを読む



    (出典 cdn.qetic.jp)
    👇【詳細記事・画像・動画】

    日本では6月7日に公開予定のディズニー「アラジン」の最新映像が、Walt Disney Studiosの公式YouTubeチャンネルで解禁。ウィル・スミスさん演じるランプの魔人「ジーニー」の姿が初めて映像で明かされ、話題となっています。

    (出典 Youtube)

    1分間の映像では、イアーゴらしきオウムが夜空を飛ぶところから始まり、魔法のランプが置かれている魔法の洞窟にアラジンが入ろうとするところ、そしてランプをこすり、ジーニーを呼び出すところなど、見どころのあるシーンの数々が壮大な音楽とともに収められています。

    Twitterなどでは、早速ジーニーのビジュアルが話題に。ウィル・スミスさんが演じることは事前に明らかになっていましたが、ウィル・スミスらしさ全開の姿に「ジーニーじゃなくて普通に青くなったウィル・スミスって感じでおもろい笑 」「むしろジーニーがウィル・スミスを演じてるのでは 」「この青いウィル・スミス、完全に主役を食うつもりでいるぞ!」「魔法じゃなくて筋肉で物事叶えてくれそう」など、盛り上がりを見せています。

    ウィル・スミスさんも自身のInstagramで「I told y’all I was gon’ be Blue!! ♂ Y’all need to trust me more often!(青くなるって言っただろう?皆はもっと私を信用しなくちゃ)」とのコメントとともにジーニーになった姿を公開しています。

    ウィル・スミス成分が強い(ウィル・スミスInstagramから)
    ※その他の画像

    (出典 livedoor.blogimg.jp)

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】実写映画「アラジン」!ウィル・スミス演じる「ジーニー」の姿が話題に!】の続きを読む



    (出典 109cinemas.net)
    👇【詳細記事・画像・動画】

    DCコミックの『アクアマン』がトンでもないことになっている。

    (出典 Youtube)

    全米では3億ドルを越え、全世界ではすでに11億ドルを稼ぎ出し、DC映画では歴代ナンバーワンの大ヒット。これまで元気のなかったDC映画を見事に甦らせた。

    その功労者は監督のジェームズ・ワン。

    これまで『ソウ』シリーズ等のホラー、『ワイルド・スピード SKY MISSION』を大ヒットさせた彼が実力&底力を発揮し、ハリウッド・エンタテインメントの真髄を見せ付けてくれた。『アクアマン』にはまさに規格外の魅力がつまっているのだ。

    全米で『アクアマン』が受けた理由

    その1 海底王国アトランティスが凄すぎる!

    まず、目を奪われるのが海底の描写。カラフルで美しく、日本流に言うと竜宮城感覚。それでいて、役者たちの髪の毛や衣装がちゃんとユラユラ揺れていて、リアルさもたっぷり。水を一切使わず水の世界を表現したというから凄い。

    この撮影にかけた時間とお金、規格外!

    その2 アクアマンのかっこよさがハンパない!

    最近のアクアマンは笑われキャラだったというが、それがウソのようにかっこいい。

    神話的かつ伝説的な要素と、それを活かした演出のせいで、彼のアクションやキメポーズに思わず拍手したくなるほど。その勇姿、すでに規格外!

    その3 アクアマンの冒険が楽しすぎる!

    地底の冒険だけじゃなく、地上の冒険のほうもぬかりナシ。

    風光明媚なイタリアの観光地、砂漠とその地下に眠るミステリアスな神殿等、それぞれの特徴を活かしたアクションもあり、ノリはスピルバーグの『インディ・ジョーンズ』シリーズ! このサービスもまさに規格外!

    監督&主演に裏話を直撃!

    監督&主演のジェイソン・モモアにインタビュー

    『アクアマン』がそんな超大作になったのは、監督のワンがそれを目指したからにほかならない。

    「僕はスティーブン・スピルバーグやジェームズ・キャメロンの映画を観て監督を志した。だから本作を、彼らのような作品にしたかったんだ」というわけだ。

    しかも、作っただけでなく、彼らの作品と同じようにちゃんと大ヒットさせたのだから素晴らしい。ハリウッドのヒットメーカーとしての地位を確立させたと言ってもいいだろう。

    もうひとり、スターとしての地位を確実なものにしたのが、見事アクアマンになりきったジェイソン・モモア。

    「ジェイソンが演じただけでアクアマンはかっこよくなると思っていた」というワンの言葉に偽りはない。

    実のところアクアマンは、原作コミックでは金髪碧眼の白人ハンサム男子というありがちなルックスなのだが、それを褐色の肌をしたジェイソンが演じることでエキゾチックな魅力と現代的な説得力が生まれている。

    「アクアマンは、海底のアトランティス人の母と、人間の父の血を引いている。オレがアクアマンにもっとも共感したのは、ふたつの故郷、ふたつのDNAをもっているところだ。オレ自身、さまざな血を引き継ぎ、ハワイで生まれワイオミングで育った。アクアマンと重なるんだよ」とジェイソンも熱く語っている。

    ちなみにジェイソン、身長は193センチで筋肉もたっぷり。そのルックスでアトランティス王の証でもある三叉の矛(トライデント)をもつと、驚くほど”絵”になっていて、文句ナシにかっこいい!

    が、かっこいいのはそれだけじゃない。ジェイソンはこうも付け加える。

    「王は国民のために命をかける。だが、アクアマンは、すべての人のために立ち上がるーーこれが本作の核であり、スーパーヒーローをみんなが求める理由だ」

    つまり、外見だけではなく、そのスピリットもかっこいいということ。

    徹底したエンタテインメントにもかかわらず、スーパーヒーローの存在理由をも説き、面白いだけではなく、同じくらい深い。それが『アクアマン』最大の魅力なのだ。
    『アクアマン』2月8日(金)公開 ワーナー・ブラザース映画 © 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved “TM & cDCComics”

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】全米で映画「アクアマン」がトンでもないことになっている!DC映画歴代No1の大ヒット!】の続きを読む



    (出典 cdn.qetic.jp)
    👇【詳細記事・画像・動画】

    マーベル・スタジオ最新作「キャプテン・マーベル」が2019年3月15日(金) 公開!


    (出典 Youtube)
    待望の本予告編解禁、そして前売り鑑賞券の発売も決定しました。

    記憶を失ったヒーロー

    マーベル初の女性ヒーロー単独主役である本作の主人公は、過去の記憶を失ったミステリアスなヒーロー。

    彼女の記憶に仕掛けられた衝撃の事実を巡るサスペンスフル・アクション・エンターテイメントが幕を開ける!

    舞台は1995年。

    アベンジャーズが結成される以前の物語。

    瀕死の重傷を負ってすべての記憶を失い、その代償に“規格外の強大な力”を得たキャプテン・マーベル。

    クリー帝国で一流のソルジャーとして活躍していた彼女だが、記憶喪失ゆえにいつもどこか居場所がない感覚に寂しさを感じ、身に覚えのない“記憶”のフラッシュバックに悩まされていました。

    そして、その記憶に隠された秘密を狙うのは、自在に姿を変える正体不明の敵。

    身近な人間に化け、キャプテン・マーベルに襲いかかる敵に、誰が敵か味方なのかわからないスリリングなバトルが繰り広げられます。

    ミッション中の事故により、ロサンゼルスのビデオショップに不時着したキャプテン・マーベルは、やがて最強ヒーローチーム“アベンジャーズ”を結成することとなる若き日のニック・フューリーと共に自らの過去に潜む謎を追い求め、真実に立ち向かっていくのです。

    解禁された予告編では、「君が必要だ」と求められながらも自分自身が誰なのか分からない不安から「そんな力私にはない」というヒーローらしからぬ弱さをみせるキャプテン・マーベルの姿が。

    そんな彼女に一流の軍人へと育てあげた師でもあるスターフォースの司令官の「弱い自分のままだぞ」という言葉が重くのしかかります。

    果たして彼女はどのようにして“キャプテン・マーベル”として目覚めるのか?

    そして彼女が目覚めた時、すべての謎が解き明かされ衝撃の事実を目の当たりにする…

    さらに、映像の最後ではトレードマークの眼帯もまだ着けていない、若き日のニック・フューリーが登場!

    可愛い猫にメロメロになるニック・フューリーという、アベンジャーズ招集後の寡黙なキャラクターからは全く想像ができない知られざる過去の姿も見ることができます。

    前売り特典のデザインが秀逸!

    前売り2/15発売!

    2018年12月に開催された東京コミコンで限定発売された、『キャプテン・マーベル』限定デザインのムビチケカード。

    公開4か月前であるのにも関わらず、一時は規制がかかるほどの長蛇の列で多くのファンが押し寄せ、会期3日間の内、わずか1日半という関係者の予想をはるかに上回る速さで3,000枚が完売しました。

    あまりの早さのため、購入できなかったファンも多くいたようで悔やまれる声もあったほど。

    そんな中、ついに待望の前売り鑑賞券発売が決定!

    今回の特典は3枚が1セットとなったコレクタブルカードです。

    「キャプテン・マーベルセット」と「スターフォースセット」の2種が用意されており、絵柄には主人公のキャプテン・マーベルはもちろんのこと、彼女が所属するスターフォースのメンバーをあしらったものや、本作で重要なキャラクターとなる!?猫のグースをモチーフにされたものなど様々。

    映画の舞台である90年代を想起させるようなレトロなデザインでインテリアとしても映えそうな今までにない特別な特典となっています。

    『キャプテン・マーベル』
    2019年3月15日(金)公開

    ©Marvel Studios 2019

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】“アベンジャーズ”誕生の鍵を握る!映画「キャプテン・マーベル」予告編解禁!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像・動画】

    映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』の新予告編、日本版ポスタービジュアル、場面写真が公開された。

    (出典 Youtube)
    『メン・イン・ブラック』シリーズの最新作となる同作は、ニューヨーク本部のエリート新人女性エージェントMと、「イケメンチャラ男」の敏腕エージェントHがチームを組んで任務を遂行する姿を描いた作品。ロンドンで発生したスパイ潜入問題を捜査していくうちに、地球の存亡をかけた大事件に発展していくというあらすじだ。公開は夏。

    エージェントH役にクリス・ヘムズワース、エージェントM役にテッサ・トンプソンがキャスティング。共演者には、ロンドンオフィスのエージェント役のリーアム・ニーソン、エージェントMの上司エージェントO役のエマ・トンプソンに加えて、レベッカ・ファーガソンが名を連ねる。メガホンを取ったのは『ワイルド・スピード ICE BREAK』のF・ゲイリー・グレイ。脚本はマット・ホロウェイ、アート・マーカムが手掛けた。

    予告編では、エージェントOがエージェントMにロンドン行きを命じる場面や、エージェントMとエージェントHが乗ったバイクが空から着陸する様子、エージェントHが投げつけたハンマーをキャッチされ「ソー来るか」とつぶやく場面、エイリアンとのバトルシーンなどが確認できる。ポスタービジュアルには「2019なんでもアリで地球を守れ!」というキャッチコピーと共に、エージェントH、エージェントM、ロンドンオフィスのエージェントの姿、場面写真にはエージェントHとエージェントMが銃を構える姿などが写し出されている。



    『メン・イン・ブラック:インターナショナル』日本版ポスタービジュアル ©2018 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】映画「メン・イン・ブラック:インターナショナ」新予告編公開!】の続きを読む

    このページのトップヘ