フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ:映画 > 洋画


    👇【詳細記事・画像・動画】


    DCコミックスのヒーローを映画化した「シャザム!」の特別映像が、このほど披露された。現地時間4月5日に全米で封切られ、3日間で興行収入5675万ドルという大ヒットを記録したことを記念し公開。最凶の敵を前にしてもコミカルなノリで戦ったり、親友のために意を決して立ち上がるなど、シャザムの"エモ"くて笑える活躍を切り取っている。
    <特別映像>

    全米のメディアからは「とにかく最高に楽しい」「すべての期待を通り越している」「間違いなく超傑作」などの絶賛評が相次ぎ、日本でも試写を鑑賞した観客から「2019年で1番好きな映画になる」などと好評を博している今作。身寄りのない少年ビリーはある日、魔術師からヒーローの才能を見出され、世界の救世主に選ばれてしまう。「シャザム」という魔法の言葉をとなえると、S=ソロモンの知力、H=ヘラクラスの強さ、A=アトラスのスタミナ、Z=ゼウスのパワー、A=アキレスの勇気、M=マーキューリーの飛行力という6つの絶対的パワーを持つ、筋骨隆々の最強ヒーローに変身。スーパーマンを凌ぐ力を手に入れたシャザムことビリーだが、心は少年のままのため、愉快な日常をひたすらに浪費していく。


    特別映像では、見た目は大人、中身は子どものシャザムの前に、力を狙う謎の科学者Dr.シヴァナが立ちはだかる。親友のフレディがさらわれてしまい、ビリーは「大切な人を守れなきゃ、ヒーローじゃない」と立ち上がる。屋上から飛び出し、稲妻を受け変身したビリーは、真のヒーローとして目覚めていく。

    シヴァナとの手に汗にぎる空中戦。「私が世界を…」とかっこよくセリフを放ち続けるシヴァナだが、シャザムは距離が遠すぎて、その言葉が全く聞こえない。「なに? ぜんっぜん聞こえない」と諦め、再び突っ込んでいくコミカルなシーンも印象的。シャザム役のザカリー・リーバイの、子どものような表情にも注目だ。

    また、ビリーがジャンプする屋上は、アメコミ映画では定番のロケーション。ヒーローたちは困難に直面したとき、ビルの屋上や塔など高所に立ち、守るべき街を見つめながら決意を固める。クライマックスへの盛り上がりに、大きく期待がふくらむシチュエーション。今作のビリーが決意を秘めて飛ぶシーンは、多くの観客の胸を熱くさせるはずだ。

    「シャザム!」は、4月19日から公開。
    見た目は大人、中身は子どもの悪ノリヒーロー (C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】話題沸騰・映画「シャザム!」エモくて笑える特別映像公開!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像・動画】
     

    世界的アクションスターのジャッキー・チェン主演最新作『THE FOREIGNER』(原題)。邦題を『ザ・フォーリナー/復讐者』として、5月3日(金・祝)より新宿ピカデリー他にて、全国公開となります。

    主演は、『ラッシュアワー』シリーズや『ベスト・キッド』など大ヒット作を多数有し、2016年にはアカデミー賞名誉賞を受賞した、全世界が誇るアクションスターのジャッキー・チェン。共演には、『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』でジェームズ・ボンドを演じたピアース・ブロスナンが名を連ね、まさにジャッキーVS007とも言える布陣で、ハリウッドレジェンドの真っ向対決が実現!


    そんな本作のメガホンをとったのは、007シリーズの中でも最高傑作との呼び声の高い2作品、『007/ゴールデンアイ』『007/カジノ・ロワイヤル』を手掛け、ブロスナンとダニエル・クレイグのボンド襲名を請け負った手腕を持つ名匠・マーティン・キャンベル監督。脚本は、『エネミー・オブ・アメリカ』、『ダイ・ハード4.0』のデヴィッド・マルコーニ。音楽は、『ドライヴ』や『オンリー・ゴッド』のアンビエントなサウンドで一躍脚光を浴びたクリフ・マルティネスが務めるという、まさにアクション映画ファンが夢に見たクオリティ完全保障のスタイリッシュ・サスペンスアクションが誕生しました。


    この度、ジャッキー・チェン(クァン・ノン・ミン)が身近なモノを使用し、”俺ジナルな自作爆弾”を作る本編映像が解禁に! 解禁された映像では、警察に出向いたものの、無差別テロを起こした犯人の情報に進展のなかったことに苛立ったクァンが、情報を握っていると信じている北アイルランド副首相であるリーアム・ヘネシー(ピアース・ブロスナン)の元へ訪れた際のシーン。クァンがヘネシーへ圧力をかけるため、持参したビニール袋を手にトイレに行き、瓶に入った酒、タバコ、紐を器用に組み合わせ、爆弾を自作する映像が収められています。さらにタバコの長さを利用し、時限爆弾に仕立て上げるという、特殊部隊で培ってきたであろう”匠の技”は、男ならワクワクすること間違いなし!クァンは爆弾をトイレにセットし、自分の車に戻るたどたどしい後ろ姿からは想像できないような特殊テクニックを披露している。そして、トイレを炎で包み込む爆発の衝撃は、ヘネシーのオフィスまで届き、彼らの戦いの火蓋が切って落とされることとなるのです。

    <本編映像>

    このシーンに関してジャッキーは、「クァンがしたのは、些細なこと――小さな爆弾をヘネシーのオフィスと車にしかけ、どちらも人の命を奪えないほどの規模のものだった――だが、ヘネシーは分かっていた。クァンは実行しないだけで、ヘネシーの家族を皆殺しにするのは、彼にとって容易いことなのだ」、「クァンは、犯人の名前を知りたいだけなんだ。復讐を遂げるまであきらめない、というクァンの意志は強かった」と苛立ちが高まるにつれて、それまでに隠されていたクァンの能力が明らかになっていくことについて、コメントしています。


    そんな娘の死に対する復讐のためならどんなことでもする男、に変わっていく復讐者と化したジャッキーを是非スクリーンでお楽しみください!


    【【映画】ジャッキー・チェン主演最新作「ザ・フォーリナー/復讐者」本編映像解禁!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像・動画】

     映画「スター・ウォーズ」シリーズ最新作のタイトルが「スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)」(12月20日公開)に決定。4月12日(現地時間)に米シカゴで行われたイベント「スター・ウォーズ・セレブレーション」で解禁となり、併せて特報も公開されています。

      
    <特報映像>

     シリーズ最新作にして続3部作最終章となる同作。特報は、ライトセーバーを手に砂漠に佇むレイの姿と「我々は全てを伝えた。はるかな歴史が君の中に。だが、これは君の戦いだ」というルーク・スカイウォーカーのナレーションからスタート。さらに、1983年公開の「ジェダイの帰還」以来約36年ぶりにシリーズに出演するランド・カルリジアンや、「フォースの覚醒」時の未公開シーンを使って登場するとされていたレイアなどシリーズのレジェンドも登場している他、終盤にはデス・スターと思しき残骸が映されており、ルークの「我々は常に君と共に。誰ひとり消え去っていない」という言葉の後、ルークによって倒されたはずのシスの暗黒卿ダース・シディアスことパルパティーン皇帝の不気味な笑い声で締めくくられています。

     
     監督・脚本を務めたJ.J.エイブラムスは「ジョージ・ルーカスが作り上げたものを、その精神を守りつつ完結させるのは難しいことでもあり、楽しいことでもあった」とコメント。また、「ただ、この物語を彼女(キャリー・フィッシャー)なしで進めることは難しい」と2016年12月に亡くなったキャリー・フィッシャーについて言及し、「これは一つの映画でも、3本の映画でもなく、9本の映画の終わりです。40年間に渡って作られてきたストーリー、スカイウオーカー・サーガの終わりです。皆さんに是非映画館に観に行ってもらえるのを期待しています」「フォースと共にあらん事を」と呼びかけています。

    (C)2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
    「スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)」12月20日公開

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】「スター・ウォーズ」シリーズ最新作・映画「スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー」特報公開!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像・動画】

    映画『イングランド・イズ・マイン モリッシー, はじまりの物語』の予告編とポスタービジュアルが公開された。

    5月31日から公開される同作はイギリスのバンド・The Smithsのボーカリストであるモリッシーの若き日を描いた青春音楽映画。1976年のマンチェスターで高校をドロップアウトし、ライブハウスに通っては批評を投稿する日々を送っていたスティーブン・モリッシーが、出会いや別れ、苦悩と挫折を乗り越えてミュージシャンとしてのアイデンティティーを確立するまでを描く。劇中ではNew York Dolls、Roxy Music、Sex Pistols、Mott the Hoopleらの楽曲を使用。

    予告編には、ジャック・ロウデン演じるモリッシーが「僕みたいな天才には仕事してる時間はない」と詩作に夢中になる様子や、ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ演じるリンダー・スターリングの「行動してチャンスを掴んで」というセリフ、モリッシーが「世界は僕を必要としていない」と嘆く場面、共にThe Smithsを結成することになるローリー・キナストン演じるジョニー・マーの姿などが確認できる。

    ポスタービジュアルには「たとえ世界に望まれなくても、僕は歌う。」というコピーと共にモリッシーと、ギターを抱えるジョニー・マーの姿が写し出されている。

    4月19日からオリジナルステッカー付きムビチケが販売。5月下旬には同作が長編デビュー作となるマーク・ギル監督が来日する。
     

    『イングランド・イズ・マイン モリッシー, はじまりの物語』ポスタービジュアル ©2017 ESSOLDO LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】モリッシーの若き日描く・映画「イングランド・イズ・マイン モリッシー,はじまりの物語」予告編&ポスター公開!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像・動画】

    大ヒットシリーズ「アベンジャーズ」が、この春ついに完結を迎える。いよいよ4月26日(金)の公開まで1か月を切った『アベンジャーズ/エンドゲーム』の、これまでの映像を遥かに上回る衝撃シーン満載の最新映像が公開された。

    壮絶な戦いの末、絶望の淵に立たされたヒーローたちが立ち上がる。宇宙と地球、遠く離れていたアイアンマンとペッパー・ポッツが感動の再会を果たすシーンから始まり、かつて友情や正義に対する考え方の違いから、ヒーロー同士の戦争を巻き起こす事態にまで陥ったキャプテン・アメリカとアイアンマンがついに対面。ライバルであり、仲間でもある2人が、全宇宙の生命が半分になってしまうという危機を救うため共に立ち上がる。2人のヒーローが再び出会ったいま、本当の“大逆転”が始まるのだ。

    手を取り合ったアイアンマンとキャプテン・アメリカを筆頭に、新たにアベンジャーズへの参戦が決定しているキャプテン・マーベルをはじめ、ソーやブラック・ウィドウ、ウォーマシーン、ロケットらが、戦いに挑むため宇宙船に乗り込みどこかへ向かっている。塵となって消える仲間たちを目の前に、成す術なく絶望と共に立ち尽くすしかなかった彼ら。しかし諦めることなく真っ向から立ち向かっていく姿には、いよいよ始動する“逆襲”への期待が高まる。

    4月5日(金)からは、本作の前売り券発売が決定。今回は、3枚が1セットとなったコレクタブルカードの豪華な特典付きで、アイアンマンセット、キャプテン・アメリカセット、ソーセット、エンドゲームセットの4種類が用意されており、絵柄には赤と黒で描かれたアイアンマンやキャプテン・アメリカをはじめ、キャプテン・マーベルやサノスの姿が。ぜひ、この特典付き前売り券を手に入れて、“史上最大の大逆転”を目撃してほしい!(Movie Walker・文/編集部)
    アベンジャーズ、最後の戦いまでカウントダウン!

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】初公開シーン満載!映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」最新映像解禁!】の続きを読む

    このページのトップヘ