Fresh News

毎日最新のニュースをお届けするブログです!     芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、話題のニュース全般をお届けします!

    カテゴリ:映画 > 邦画

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    👇【詳細記事・動画】
    ■橋本環奈演じる「4番 リョウコ(=芸名:秋川莉胡)」は、劇中で自らを「大勢の大人が時間とお金をかけて作った商品」と激白!
     
    平成最後の年に、平成でいちばんヤバい日本映画が満を持して公開される。
    『天地明察』『マルドゥック・スクランブル』のベストセラー作家・冲方丁(うぶかた・とう)原作で、第156回直木賞にも候補作となり話題となった、冲方自身初となる現代サスペンスの傑作『十二人の死にたい子どもたち』(文藝春秋刊)が実写映画化。2019年、1月25日に全国公開となる。

    去る9月の段階で明かされた製作情報と共に舞い込んできたのは、出演者全員の顔が塗りつぶされたポスタービジュアルと、正体不明の若者たちが「死にたい」と零し連なる衝撃的な映像。ネットでは即座にキャスト予想が始まり、異様な盛り上がりを見せていた。

    11月にキャスト情報が明らかとなると、解禁と同タイミングでワーナーブラザースジャパン公式Twitterに投稿された特報映像の再生数は瞬く間に600万回(24時間)を突破し、『銀魂』『ファンタビ』を超え、2018年ワーナー作品におけるNo.1の再生数を記録(ワーナー調べ)、公式YouTubeにアップされたあらたな予告編は100万再生(24時間)を超える大反響。

    その反響は日本国内に留まらず、中国まで伝染。ショッキングな作品タイトルと共に“未体験リアルタイム型・密室ゲーム”の世界観は海を渡り轟き、高い関心を集め、中国公開が決定していない日本映画の予告、また無字幕の映像にも関わらず、再生回数は200万回を突破と、驚異的な数字を打ち出している。

    出演するのは2018年の日本映画界をことごとく席巻した杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜ら若手超オールスターキャスト5人と、ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』『SPEC』シリーズで数々の若手俳優を発掘し続けてきた堤幸彦監督にオーディションで選ばれた吉川愛、萩原利久、渕野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗ら将来の活躍が期待される俳優6人。“全員平成生まれ“今注目の気鋭の俳優12人がすさまじい才能を惜しみなく披露し、”これぞ演技バトルの真骨頂“という熱演を繰り広げる。

    そして、このたび、橋本環奈が“秋川莉胡”こと「4番 リョウコ」役を演じていることが明らかとなった。

    橋本が演じる「4番 リョウコ(=芸名:秋川莉胡)」は、自らを“大人たちに作られた虚像”であると信じ、葛藤を抱える人気女優という役柄。劇中では自らを「作られた人間よ! 大勢の大人が時間とお金をかけて作った商品よ!」という衝撃的な台詞も…。

    豪華若手オールスターキャストが連なる中、モザイクを外してもなお、マスクとニット帽で顔を隠し、ひときわ異様な雰囲気を醸し出していた“4番”の存在は、さらなる謎を呼び、センセーショナルな情報解禁に続いて映画への好奇心を煽っていた。今回の発表に向け、12月12日より解禁の事前告知が行われ、同日より展開されたキャスト予想キャンペーン「Guess Who No4 Is」も様々な女優たちの名前が飛び交い大盛り上がり! 加えて、解禁は東京・名古屋・大阪の三大都市に位置する大型ビジョンと連動で全メディア一斉にて行われた。

    近年、『銀魂』シリーズなどで今までのイメージを大きく覆し、コメディエンヌとしても才能を開花させた橋本。今回は弾けるような笑顔を封印。本作にて初めて魅せるシリアスかつ鬼気迫る迫真の演技、新たな一面に期待が高まる。

    ■ストーリー
    ミッション:集団安楽死
    場所:廃病院
    参加者:12人の未成年
    謎:13人目の死体

    死にたいけど、殺されるのはイヤ。
    その日、12人の未成年たちが、安楽死を求め廃病院の密室に集まった。
    「みんなで死ねば、怖くないから」。ところが、彼らはそこで13人目のまだ生あたたかい死体に遭遇。
    突然の出来事にはばまれる彼らの安楽死。あちこちに残る不自然な犯行の痕跡、次々起こる奇妙な出来事。
    彼らだけしか知らない計画のはず。まさかこの12人の中に殺人鬼が……?
    死体の謎と犯人をめぐり、疑心暗鬼の中ウソとダマしあいが交錯し、12人の死にたい理由が生々しくえぐられいく。
    全員、ヤバい。気が抜けない。いつ誰が殺人鬼と化すかもわからず、パニックは最高潮に。
    彼らは、安心して“死ねるのか”、怯えながら“殺されるのか”。

    橋本環奈 コメント
    Q:他の皆さんが発表されてから、本日までどのような気持ちでお過ごしになられましたか?
    橋本:緊張しました。逆にここで私だって発表されてがっかりされたら辛いし……、いろいろ考えました。こういう出し方をしたことによって、「4番誰??」っていうことで、SNSでも盛り上がっていただいたみたいで、それがすごくうれしくて。

    Q:普段から注目されている橋本さんと、今回演じられた役は少し似通っているところがあると思うのですが、台本を読んで感じられた印象を教えてください。
    橋本:4番のリョウコの役は、大人に囲まれて、言われるままっていうのが、わかるようでわからないというか。映画の中では、やっぱり女優っていうお仕事であったりとか、“秋川莉胡”としての見せ方として、やっぱり“秋川莉胡”のイメージが先行しちゃうっていうのもあると思うので、そういった悩みであったりをリョウコ自身は抱えていたんだろうなっていうことを深く考えてみたときに、全然自分にはない感覚が生まれてきた気がします。

    Q:最近の『銀魂』や『今日から俺は。』のような、橋本さんの女優としての新しい魅力、コメディエンヌとしての一面も最近は注目されていますが、今回は一転、シリアスな役ですね。シリアスな役を演じるにあたってご準備されたことはありますか。
    橋本:素を出さないことですかね(笑)っていうのも違うんですけど。ここに集まってる人たちは、子どもたちはみんな、死が終わりじゃないって思っていると思うんですね。そういった題材のシリアスなものだったので、私自身も死について考えるというよりは、人生について考えるきっかけになった作品だなと思います。

    Q:同世代の俳優、女優さん方による白熱の演技合戦も本作見どころのひとつですが、共演者から刺激を受けられたことはありますか。
    橋本:めちゃめちゃ刺激受けました。ひとりが成長すると、相乗効果がすごくて、それこそ、同世代で集まることによって、そういった化学反応みたいなものが生まれてくるのを、堤さんが予想していたとするならば、怖いです(笑)。たとえばシンジロウ(新田真剣佑)が泣くシーンで、台本には泣くって書いてないのに、全員が泣いちゃったりとか、感情も感染していきました。
     

    映画情報
    『十二人の死にたい子どもたち』
    2019年1月25日(金)公開
    出演:杉咲花 新田真剣佑 北村匠海 高杉真宙 黒島結菜
    橋本環奈
    吉川愛 萩原利久 渕野右登 坂東龍汰 古川琴音、竹内愛紗
    監督:堤 幸彦
    原作:冲方 丁『十二人の死にたい子どもたち』(文春文庫刊)
    脚本:倉持 裕
    音楽:小林うてな
    主題歌:The Royal Concept「On Our Way」(ユニバーサル ミュージック)
    企画・製作:日本テレビ放送網
    制作プロダクション:オフィスクレッシェンド
    配給:ワーナー・ブラザース映画

    (C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

    映画『十二人の死にたい子どもたち』作品サイト
    http://shinitai12.jp
    (M-ON! MUSIC NEWS)

    掲載:M-ON! Press
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】平成でいちばんヤバイ日本映画「十二人の死にたい子どもたち」予告編公開!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.tondesaitama.com
    👇【予告動画】

    (出典 Youtube)
    👇【詳細記事・動画】

    【動画はこちら】 ⇦ 動画はこちらからもご覧いただけます!

    こちらは、映画「翔んで埼玉」の予告動画。動画には「埼玉馬鹿にされすぎだろ笑」「埼玉県民だけど腹抱えた笑」などのコメントが寄せられています。変な映画ですが、キャストはとても豪華。二階堂ふみ、GACKT、伊勢谷友介、中尾彬、竹中直人、益若つばさなどが出演します。(詳しくはこちら)東京に行くために通行手形が必要とか...埼玉県だけ時代に取り残されてしまっているようです笑 昔こち亀で同じようなネタがあったのを思い出しました^^

    (出典 www.toei.co.jp)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】「世界よ、これが埼玉だ!」埼玉をバカにしすぎな映画「翔んで埼玉」が話題に!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    👇【詳細記事・画像・動画】

    映画「平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」の主題歌で、「仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVERメドレー D.A. RE-BUILD MIX」のスペシャル映像が届いた。

     
    情報提供:東映(山口さゆり)

    小室哲也とのユニット・PANDORAとして「仮面ライダービルド」の主題歌を担当した、浅倉大介が「平成仮面ライダーたちへのリスペクトを込めてリミックスした」主題歌は、平成仮面ライダー歴代オープニング20曲をリミックスした楽曲となっている。

    スペシャル映像では、リミックスされた20曲の各テレビシリーズの主題歌に合わせてテレビシリーズのオープニング映像や、映画の最新映像が盛り込まれ、歴戦の平成仮面ライダーたちが映し出される。

    平成仮面ライダーの過去と現在を繋ぐ贅沢な映像は、観ていた当時を想起させ、映画への期待を高めるばかりではなく、仮面ライダージオウ/常磐ソウゴと仮面ライダービルド/桐生戦兎のW変身シーンの一部など今回初解禁となるシーンもふくまれているのでファンの方はお見逃し無く。

    「平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」は12月22日より全国映画館にて公開される。

    平成仮面ライダー歴代OP曲を浅倉大介がリミックス スペシャル映像解禁

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】映画「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」スペシャル映像解禁!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    👇【詳細記事・動画】

    2012年よりCS放送ファミリー劇場にて不定期で放送されている人気看板オカルト・エンターテインメント番組「緊急検証!」がまさかの映画化。『緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー』の予告編が公開されました。

    かつて日本中を熱狂させたオカルトブーム。しかし、現在では世間からインチキ・オワコン扱いされている。
    そこで、平成のオカルトシーンを牽引し続けた緊急検証が誇る3人の男たちにオカルトの未来を託し、全人類が見聞きしたことのない最新プレゼンによって“オカルト=オワコン”説を覆すことができるかを劇場版では徹底検証している。

    (出典 www.fami-geki.com)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】オカルトは新次元に突入していた?!映画「緊急検証! THE MOVIE」予告編公開!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    👇【詳細記事・動画】

    映画『サムライマラソン』の予告編とポスタービジュアルが公開された。

    (出典 Youtube)
    2月22日公開の同作は、日本のマラソンの発祥と言われ、幕末から現在まで160年以上にわたって受け継がれている「安政遠足」を題材にした土橋章宏の小説『幕末まらそん侍』を映画化するもの。迫る外国の脅威に備えて安中藩主・板倉勝明が藩士を鍛えるために十五里の山道を走る遠足を計画するが、この動きが幕府への反逆とみなされ、藩士不在の城に藩の取り潰しを狙う刺客が送り込まれたことから、ただ1人迫る危機を知った男が計画の阻止のために走り出す、というあらすじだ。遠足参加中、藩に迫る危機をいち早く察知する主人公・唐沢甚内役に佐藤健がキャスティング。

    予告編では、唐沢甚内をはじめ、豊川悦司演じる安中藩に刺客を送る幕府大老・五百鬼祐虎、森山未來演じる侍・辻村平九郎、小松菜奈演じる藩主の娘・雪姫、長谷川博己演じる板倉勝明、染谷将太演じる足軽・上杉広之進、青木崇高演じる唐沢の上司・植木義邦、竹中直人演じる老侍・栗田又衛門の姿や、唐沢甚内、辻村平九郎、雪姫、上杉広之進らが走る場面、戦闘シーンなどが確認できる。劇中で着用された衣装は黒澤明監督の『乱』で『アカデミー賞』衣装デザイン賞を受賞したワダ・エミが手掛けた。

    ポスタービジュアルには「行きはマラソン 帰りは戦」というキャッチコピーと共に唐沢甚内、五百鬼祐虎、辻村平九郎、雪姫、板倉勝明、上杉広之進、植木義邦、栗田又衛門の姿が写し出されている。

    『サムライマラソン』ポスタービジュアル ©SAMURAI MARATHON 1855”FILM Partners GAGA.NE.JP/SAMURAIMARATHON
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】佐藤健、小松菜奈、森山未來らが走る「サムライマラソン」予告編&ポスター解禁!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    👇【詳細記事・動画】

    横浜流星と中尾暢樹のW主演作『チア男子!! 』に、 伊藤歩、清水くるみ、唐田えりか、山本千尋が出演し、2019年5月に公開することが 決定した。
    この作品は、『桐島、部活やめるってよ』『何者』の朝井リョウによる傑作青春小説 「チア男子!!」の実写映画化。
    原作となる「チア男子!!」は早稲田大学の男子チアリーディングチーム“SHOCKERS”をモデルに、直木賞作家の朝井リョウが大学在学中に執筆した作品で、これまで女子がやるものとされてきたチアリーディングに男子が 挑戦する物語。
    道場の長男として幼い頃から柔道を続けてきた大学1年の晴希(横浜流星)が 怪我をきっかけに柔道をやめ、親友の一馬(中尾暢樹)の言葉をきっかけに、ともに 大学チアリーディング界初の男子チーム“BREAKERS“を結成し、大舞台に挑戦する。

    今回解禁された特報は、横浜流星演じる晴希が、中尾暢樹演じる一馬に男子チアリー ディングに誘われるシーンから始まる。
    これから始まる物語への期待を感じさせる 「新しい何かが、始まる。」というコピーに続き、「LET’S GO BREAKERS!!」とチーム 7人の掛け声が響く。「一人じゃできないことやってる」「チアに出会わなければ、 知らずに卒業していたんだろうな」といったチアに打ち込むメンバーたちの思いや、 「挑戦してもいいじゃないですか!」「集中しろよ!」「一番中途半端なんはお前やんか!」 「俺に頼れや!」という彼らの本気のぶつかり合いや情熱に、思わず胸が熱くなる。
    ラストは大技のジャンプのシーンで、 一馬の「跳べ!!」という叫びと晴希の一瞬の表情を映し出す。青春、友情、本格的なパフォーマンスなど、期待感溢れる特報映像となっている。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】今しかできない青春映画「チア男子!!」2019年5月公開決定!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    👇【詳細記事・動画】
    2018年12月15日(土)公開! 

    グラビアアイドル として人気の 小倉優香 さんが初主演をつとめる映画『レッド・ブレイド』でのオープニング映像が公開されました。

    この映画『レッド・ブレイド』は、居場所のなかった女子高生が突如覚醒し、セーラー服のくノ一となる物語。
    小倉優香さんの過激なアクションシーンに期待が高まります。

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】グラビアクイーン・小倉優香が過激演技!映画「レッド・ブレイド」オープニング映像公開!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 redblade-movie.com)

    👇【詳細記事・動画】

    グラビアアイドルとして人気の小倉優香さんが初主演を務める映画『レッド・ブレイド』でのインタビュー映像が届きました!

    居場所のなかった女子高生が突如覚醒し、セーラー服のくノ一となる物語。
    過激なアクションシーンに期待が高まります。


    (出典 cdnx.natalie.mu)
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】人気グラドル小倉優香がセーラー服で過激なアクションに挑戦!映画「レッド・ブレイド」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    👇【詳細記事・予告編動画】

    太平洋戦争末期、日本で初めて保育園を疎開させることに挑んだ保母たちの実話を描く、映画『あの日のオルガン』の本予告映像が解禁された。

    2019年2月22日(金)公開の本作は、親元から遠く離れた荒れ寺へ、53人の園児たちと疎開生活をスタートさせ、幾多の困難を乗り越え、託されたいのちを守りぬこうとするヒロインたちの奮闘を描いた真実の物語。

    主役の保母たちのリーダーで責任感の強い板倉楓役には、目覚ましい活躍を続ける実力派女優・戸田恵梨香。等身大な年齢の重ね方が同性からの人気を集める戸田が、満を辞して戦時中を描いた作品にメインキャストとして挑む。そしてもう一人の主役、保母の野々宮光枝役には、女優・歌手としてフィールドを広げる大原櫻子。歌と演技の両方を生かせるミュージカルにも挑戦している大原が、天真爛漫で音楽が好きな保母を演じる。ダブル主演の戸田と大原は本作が初共演となる。

    戸田、大原に加え、1,000人を超えるオーディションを経て保母役に選ばれたのは、佐久間由衣、三浦透子、堀田真由、福地桃子、白石糸、奥村佳恵といった、様々な話題作に出演し、これからの活躍が期待される女優たち。また、林家正蔵、夏川結衣、田中直樹、橋爪功ら日本を代表する俳優たちが脇を固める。

    メガホンをとるのは『ひまわりと子犬の7日間』の監督であり、長年山田洋次監督との共同脚本、助監督を務めてきた平松恵美子。さらに、日本アカデミー賞での受賞経験を多数持つ日本映画界を代表する豪華スタッフが本作を支える。また、本作は文部科学省特別選定作品(一般劇映画・少年向き・青年向き・成人向き・家庭向き)に決定している。

    本予告映像では、 リーダーとして逞しく振舞う一方で、「もう疲れたんです…」とうなだれた様子をみせる戸田の姿、また対象的に、「私たちいつ寝るんですか…!」と訴えかけるお茶目な姿や童謡「この道」を佐久間と共に美しく口ずさむ大原の様子などが確認できる。しっかり者・楓×天真爛漫・光枝という対象的なふたりを演じる戸田と大原の姿に思わず笑い、子どもたちの笑顔を守る為に奮闘し、そして涙する保母たちの姿に心をグッと掴まれる。

    また、その唯一無二の歌声で本作を彩るのは、『おおかみこどもの雨と雪』の主題歌でも注目を集めた、シンガーソングライターのアン・サリー。本作の主題歌である「満月の夕(2018ver.)」は、95年の阪神・淡路大震災を題材につくられた「満月の夕」のカバーであり、優しく包み込むようなサウンドと歌詞が、温かい余韻を残す。アン・サリーは「有史以来、戦争や自然災害、老い、病、死など繰り返される苦しみは絶えることがありません。しかし、荒れ野の中でも力強く芽吹く草花があるように、口を衝いてどうしても歌わずにはいられないうたがありました。『満月の夕』は、多くの人々の再生への支えとなっていることを、歌うたびに実感しています。」とコメントを寄せている。 

    ストーリー概要

    東京も安全ではなくなっていた1944年。戸越保育所の主任保母・板倉楓は、園児たちを空襲から守るため、親元から遠く離れた疎開先を模索していた。別の保育所・愛育隣保館の主任保母の助けもあり、最初は子どもを手放すことに反発していた親たちも、なんとか子どもだけでも生き延びて欲しいという一心で我が子を保母たちに託すことを決意。しかし、戸越保育所の所長がようやく見つけてきた先は古びた荒れ寺だった。幼い子どもたちとの生活は問題が山積み。それでも保母たちは、地元の世話役の協力をえて、子どもたちと向き合い、みっちゃん先生はオルガンを奏で、みんなを勇気づけていた。戦争が終わる日を夢見て…。そんな願いをよそに、1945年3月10日、米軍の爆撃機が東京を来襲。やがて、疎開先にも徐々に戦争の影が迫っていた―。

    関連記事

    戸田恵梨香・大原櫻子ダブル主演『あの日のオルガン』がクランクアップ!コメントも到着!
    戸田恵梨香・大原櫻子ダブル主演『あの日のオルガン』追加キャストが判明!

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】悲惨な第二次世界大戦のさなか、子供たちを守ったのは...戸田恵梨香主演映画「あの日のオルガン」予告編公開!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    映画「キングダム」は2019年4月19日公開です!

    👇【動画・特報映像】
    👇【動画・本編映像】
    👇【動画】
    👇【詳細記事】

     俳優の山崎賢人さん(崎はたつさき)が主演を務める映画「キングダム」(2019年4月19日公開)の特報映像が公開されました。

    【画像:王騎の姿も】

    紀元前の中国春秋戦国時代を舞台に描かれる同作は、原泰久さんの同名漫画を実写化したもの。大将軍になるという夢を抱く主人公の信役を山崎さん、のちの秦の始皇帝・えい政役に吉沢亮さん、監督は「いぬやしき」や「BLEACH 死神代行篇」などでしられる佐藤信介さんが務めます。

     公開された特報映像では、信とえい政の出会いのシーンや王座を奪還するため、たった50人で80万人の敵軍に立ち向かう姿が描かれています。また、成きょう役の本郷奏多さんや河了貂役の橋本環奈さん、楊端和役の長澤まさみさん、将軍・王騎役の大沢たかおさんらも登場しています。


    (C)原泰久/集英社 (C)2019「キングダム」製作委員会
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】時代が動き出す!映画「キングダム」特報映像公開!】の続きを読む

    このページのトップヘ