Fresh News

毎日最新のニュースをお届けするブログです!     芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、話題のニュース全般をお届けします!

    カテゴリ:映画 > 邦画

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    👇【詳細記事・画像】

    累計発行部数2700万部を突破した、克・亜樹氏の漫画「ふたりエッチ」が実写映画化され、「映画版 ふたりエッチ ラブ・アゲイン」が4月12日、続編「映画版 ふたりエッチ ダブル・ラブ」が5月10日から連続で公開されることが決定。人気グラビアアイドルの青山ひかるが、ヒロイン・小野田優良役で主演を飾る。

    【フォトギャラリー】「映画版 ふたりエッチ」写真はこちら

    奥手な新婚カップルが、試行錯誤を重ねながらエッチを学んでいくラブコメディ。「ラブ・アゲイン」では、性体験がないままお見合い結婚した優良と真が、"本当の夫婦"を目指しエッチのステップアップに励む様子を描く。続く「ダブル・ラブ」の舞台は、2人の結婚から3年後。"モテキ"を迎えた真をめぐり、平和な夫婦関係を揺るがす騒動が巻き起こる。

    「アイドルDVD大賞2014」で新人賞に輝き、アイドルユニット「sherbet」としても活躍する青山。オファーを受けた時の気持ちを「最初聞いた時は、耳を疑いました(笑)。そんな大役を私が演じることになってプレッシャーが半端ないです。小さい頃から連載している漫画のキャラクター、しかもヒロインをやるって思ったらすごく嬉しいですし、今までにないお仕事なので気合いが入ります……!」と明かす。さらに、「優良さんは、すごく可愛くておっとりしてるけど大胆な時もある……奥ゆかしい……うん。私の中の1番可愛いところを出せたらいいなと思っています(笑)」とアピールした。

    優良の夫・真役を務めるのは、「ダブルミンツ」「すんドめ」の佐々木道成。原作について「学生時代、青(性)春の聖書として先輩の部屋や友達の部屋だったり、何かと読む機会が多かった『ふたりエッチ』。勿論、性的描写部分を楽しみしてくだる方もいるかと思いますが、僕は真さんの素直過ぎる心情や行動で笑った思い出があります」と述懐し、「いろんな方に見ていただけたら幸せだなあと思います」とメッセージを託した。そのほか吉田早紀、大島正華、相良朱音、石田隼、水樹たま、窪寺昭、澤井まどか、霜月めあ、武藤令子が出演。ドラマ「相棒」シリーズの演出や、「ミナミの帝王」シリーズの脚本を手掛ける近藤俊明監督がメガホンをとった。

    「映画版 ふたりエッチ ラブ・アゲイン」は4月12日、「映画版 ふたりエッチ ダブル・ラブ」は5月10日から、東京・シネマート新宿ほかで公開される。


    累計発行部数2700万部を突破した人気コミックが原作 (C)2019克・亜樹/白泉社・AMGエンタテインメント
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】実写映画版「ふたりエッチ」2部作・4月から連続公開!青山ひかるがヒロイン!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)
    👇【詳細記事・画像・動画】

    東日本大震災後の福島県で農業を営む人々の姿を描いた吉村界人主演の映画『ハッピーアイランド』の予告編が公開された。萩原聖人、大後寿々花らがふんする福島で暮らす人たちも登場する。

     
     本作は福島県須賀川市出身の若手監督・渡邉裕也がメガホンを取ったヒューマンドラマ。「3.11」の原発事故によって風評被害を受けながらも農業を営み続けた自身の祖父の姿を見て、渡邉監督が映像化を決めた作品だ。

     東京から福島の農家にやってきた23歳の真也が成長していく姿を描いており、予告編には吉村演じる金髪の青年が福島に行くことを“ノリ”で決めるシーンや、慣れない農業に苦労する場面などが登場する。また、古舘佑太郎が歌う曲とともに明るい描写も続くが、音楽の終わりとともに真也は福島の厳しい状況を目の当たりにしている。

     第1回四万十映画祭や福岡インディペンデント映画祭など全国の映画祭で高評価を得た同作は、2015年の年末に極寒の福島でロケ撮影が敢行された。そして完成から2年半の時を経て3月2日から東京で、3月8日から福島で公開される。

     吉村は「公開させていただけること、すごく嬉しい限りです。この映画は過去の天災へのお涙頂戴ではなく、未来があるから信念を曲げない大人たちの話です。泣いてばかりの東京人が成長できました」というコメントを発表している。(編集部・海江田宗)
    『ハッピーアイランド』より - (C) ExPerson2019

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】吉村界人出演・映画「ハッピーアイランド」予告編公開!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    👇【詳細記事・画像・動画】

    映画『サムライマラソン』(2月22日公開)から、着物姿の小松菜奈が華麗なアクションを繰り広げるシーンの本編映像が公開された。

    (出典 Youtube)

     小説「幕末まらそん侍」を基にした本作は、幕末を舞台に日本のマラソンの発祥といわれる「安政遠足(あんせいとおあし)」を描く。小松は、長谷川博己演じる安中藩主・板倉勝明の娘・雪姫にふんする。

     公開された映像は、川のほとりで休憩していた雪姫が盗賊に襲われるというもの。杖で盗賊にお腹を突かれた雪姫は、盗賊の腕をひねって返り討ちに。逆上して刀を抜いた盗賊に、雪姫は小刀で応戦。盗賊を倒して、喉元に刀を突き付ける。


    小松菜奈、美しい - (C) ”SAMURAI MARATHON 1855”FILM Partners

     芸術の才能がある雪姫は、江戸や西洋で絵画を学ぶという夢を持つ。その夢を叶えるために城を抜け出し、男装して江戸を目指すなど行動力のある人物。雪姫のキャスティングにあたっては、男装した姿が男性に見えること、藩主である父親に反抗するという強い自立心を表現できること、美しい姫としての説得力があることが必要とされたという。この3つの要素を同時に満たす人物として小松が選ばれた。

     本作は、迫る外国の脅威に備え藩主・勝明が十五里(約58キロメートル)の山道を走る遠足を開催するというストーリー。主演は佐藤健。共演には森山未來、染谷将太、青木崇高、竹中直人、豊川悦司ら豪華キャストが集結した。(編集部・梅山富美子)
    小松菜奈 - (C) ”SAMURAI MARATHON 1855”FILM Partners

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】小松菜奈が着物姿で華麗なアクション!映画「サムライマラソン」本編映像が公開!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 movies-fan.com)
    👇【詳細記事・画像・動画】

     『天地明察』や『マルドゥック・スクランブル』などのベストセラー作家・冲方丁(うぶかた・とう)原作で、1月25日に公開された映画『十二人の死にたい子どもたち』に出演する女優・杉咲花と橋本環奈の演技バトルが収められた本編映像が5日、解禁になった。
     
     物語の主人公は、集団安楽死をするために集結した12人の未成年。しかし集まった廃病院で、十三人目の生あたたかい死体に遭遇。彼らしか知らないはずの計画だったが、十三人目の存在で安楽死は阻止される。むき出しになる12人の死にたい理由と、同時進行する犯人捜しへの追及。『この中に殺人鬼が?』、死体の謎と犯人をめぐり、疑心暗鬼の中、嘘とだましあいが交錯していく。

     昨年9月の映画化公表で、キャスト陣は“今いちばん旬な若手スターたちが集結していると”しか明かされなかったが、11月に杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜の“若手オールスター”5人と、オーディションで選ばれた吉川愛、萩原利久、渕野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗の6人のあわせて11人を発表。12人目は、橋本環奈であることが最後に公表され、SNSなどで反響を呼んだ。

     解禁された映像は、アンリ(杉咲)とリョウコ(橋本)の“死にたい”女同士がやりとりをする緊迫シーン。「私はずっと、私を利用しようとする大人たちに囲まれて生きてきたんです。死ぬときまで誰かに利用されたくはありません」と主張するリョウコ。「あたながいくらそう訴えたって、結果的にそうなるのよ」と暗い口調で突き放すアンリ。廃病院の一室で、2人の若手女優による息の詰まりそうな口論が映し出されている。

     また、興行収入では2、3日の2日間で1.85億円を達成し、中高生から20代カップルなど若年層を中心に記録を伸ばしている。公開から3日までに61万3829人を動員し、興行収入は7億7597万9100円となっている。
    映画『十二人の死にたい子どもたち』より(左から)杉咲花、橋本環奈の演技バトル映像が公開(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】杉咲花&橋本環奈の緊迫した演技バトル !映画「十二人の死にたい子どもたち」本編映像公開!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 kuboibuki.jp)
    👇【詳細記事・画像・動画】

    【第一弾予告】
    『空母いぶき』
    5月24日(金)全国ロードショー

    圧倒的なスケールで贈る超一級のエンタテインメント『空母いぶき』が5月24日(金)より全国公開されることが決定し、その第一弾予告が解禁された。

    本作は、累計400万部突破したかわぐちかいじの「空母いぶき」を、オールスターキャストで実写映画化。世界が再び「空母の時代」へと突入した20XX年。日本の最南端沖で起こった国籍不明の軍事勢力による突然の襲撃。日本領土の島が占領され、未曾有の緊張が走る中、政府は自衛隊初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とする護衛隊群を現場に向かわせる。空がうっすらと白み始めた午前6時23分。日本は経験したことのない一日を迎えようとしていた――。

    待ち受けていた敵潜水艦からのミサイル攻撃が「空母いぶき」を襲う。緊迫の事態に直面する艦長の秋津(西島秀俊)と副長の新波(佐々木蔵之介)。攻撃か防御か。二人は対立しながらもかつてない決断を迫られる。

    ストーリー

    20XX年。日本の最南端沖で起こった国籍不明の軍事勢力による突然の発砲。日本の領土の一部が占領され、海保隊員が拘束された。未曾有の緊張が走る中、政府は初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とする護衛隊群を現場に向かわせる。空がうっすらと白み始めた午前6時23分。この後日本は、かつて経験したことのない1日を迎えることになる―。

    公開情報

    『空母いぶき』
    5月24日(金)全国ロードショー
    【出演】
    西島秀俊 佐々木蔵之介
    本田翼 小倉久寛 髙嶋政宏 玉木宏 戸次重幸 市原隼人 堂珍嘉邦 片桐仁 和田正人 石田法嗣 平埜生成 土村芳 深川麻衣 山内圭哉
    中井貴一 村上淳 吉田栄作 佐々木勝彦 中村育二 益岡徹 斉藤由貴 藤竜也 佐藤浩市
    【原作】かわぐちかいじ「空母いぶき」(小学館「ビッグコミック」連載中・協力:惠谷治)
    【企画】福井晴敏 【脚本】伊藤和典 長谷川康夫 【音楽】岩代太郎 【監督】若松節朗
    【製作】『空母いぶき』フィルムパートナーズ 【配給】キノフィルムズ  kuboibuki.jp
    ©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】西島秀俊×佐々木蔵之介「空母いぶき」ど迫力の第一弾予告解禁!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 nekojii-movie.com)
    👇【詳細記事・画像・動画】
     

    日本を代表する動物写真家であり、世界中の猫好きの憧れの的である“猫神”こと、岩合光昭さんが映画監督に初挑戦した映画『ねことじいちゃん』が2月22日より公開となります。本作の公開を記念して、猫・猫・猫! 猫だらけの特別映像が公開されています。
    【特別映像】
    (出典 Youtube)
    【予告編】
    (出典 Youtube)

    愛知県・佐久島で35匹の猫たちとともに撮影された本作。今回の映像では、そんな猫たちのシーンだけが集められています。春のぽかぽか陽気に大あくびをする様子や、井戸端会議をするかのように大集合する猫たち、海辺や花場明けの中を自由に散歩し、時にじゃれ合う猫たちなど、自然な姿が満載。

    子猫が水を飲もうとして滑り落ちたときには、ヒロイン・美智子を演じた柴咲コウさんがとっさに子猫を助けるという場面も。港で船から飛び移るボス猫・とらじの様子や、主人公の大吉と共に暮らす猫・タマが花畑の中で 花びらに顔をすり寄せる様子など、まさに岩合監督だからこそ映すことができた美しいシーンばかり。本作の撮影について、特別に猫用の照明まで用意するほどこだわったという岩合監督。本作は、そんな猫たちの繊細な動きや表情をとらえ、近所の三毛猫に恋をし、雨の中これからの生活に思い悩み、決意の表情で島の中を 歩く姿など、揺れ動く猫の心情を細部にまでこだわり、人間と猫の日常をかつてないほど表情豊かに描きだしています。

    美しい風景に美味しい食事、助け合い、笑い合い暮らす人々と、可愛くもたくましく生きる猫たちを描く、豊か で愛おしい猫と人間の物語。本作は、猫好きのみならず、すべての人たちが観たあとに「こんな島で猫たちと一 緒に暮らしてみたい」と思ってしまう本作。ぜひ大きなスクリーンで癒されてくださ〜い!

    『ねことじいちゃん』は2月22日(金)“猫の日” ロードショー。

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】猫・猫・猫!猫だらけ!映画「ねことじいちゃん」特別映像公開!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 gaga.ne.jp)
    👇【詳細記事・画像・動画】

     アジア各国でヒットした、是枝裕和監督作『万引き家族』が13日、米アカデミー賞の前哨戦として注目される『第44回ロサンゼルス映画批評家協会賞』で外国語映画賞を受賞した。日本映画としては、黒澤明監督の『乱』以来、33年ぶりとなる快挙となった。
     (出典 Youtube)
     スタンディングオベーションと割れんばかりの拍手のなか、授賞式に出席した是枝監督は、トロフィーを受けとると「この賞を頂いたお礼を一言述べたくて、10時間飛行機に乗って、今朝この街に着きました。本当にありがとうございます」と感謝の思いを述べた。

     今回は、イ・チャンドン監督の韓国映画『バーニング 劇場版』と並んで受賞。「映画にはある力があると思っています」と熱弁した是枝監督は「例えば日本と韓国とか、アメリカとメキシコとか隣り合う国と国、人とひとの間に大きな力が、壁を作りお互いがお互いを見えなくしようとする時に、その壁を取り払ってお互いを見える形にしていく、そういう力が映画にはあると思っています。なのでこの賞を友人でもあり、韓国の最も尊敬する監督でもあるイ・チャンドンさんと同じ賞を受賞できたことが本当にうれしいですし、これからもその力を、映画の力を信じて映画を作り、また10時間でも20時間でもまた飛行機に乗って皆さんの元に訪れたいと思います」と感無量の表情でスピーチ。喝采を浴びていた。

     また、同日発表の米パームスプリングス国際映画祭でも、外国語映画に贈られる「FIPRECI賞(国際批評家連盟賞)」を獲得。現在56の海外映画賞各部門でノミネート、30の受賞歴を重ねており、『第91回米国アカデミー賞』の外国語映画賞部門「日本出品作品」にも選出されている。最終ノミネーション発表前の候補リスト9本にも残っており、22日に行われるノミネート発表に向けても大きな弾みとなった。

     同映画は、第71回カンヌ国際映画祭「コンペティション部門」にて日本人として21年ぶりの最高賞<パルム・ドール>を受賞。さまざまな“家族のかたち”を描き続けてきた是枝監督が、この10年間考え続けてきたことを全部込めたと語る渾身作。東京の下町で質素に暮らす、一見ありふれた家族。しかし、彼らは生計を立てるため、家族ぐるみで軽犯罪を重ねていたのだった。犯罪でしかつながれなかった家族の“許されない絆”が、ある事件をきっかけに衝撃の展開を迎える。

    授賞式に出席した(左から)是枝裕和監督、イ・チャンドン監督

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】「万引き家族」が33年ぶり快挙!「LA映画批評家協会賞」で外国語映画賞を受賞!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    👇【詳細記事・画像・動画】

    人気コミックを実写映画化する『がっこうぐらし!』(1月25日公開)の新たな予告映像とポスタービジュアルが公開された。

     原作は、累計発行部数250万部を超える、海法紀光(ニトロプラス)と千葉サドルによる同名人気コミック。学園で共同生活を送る4人の女子高生の日常と生き残りをかけたサバイバルが描かれる。メインキャストには、秋元康プロデュースのアイドルグループ「ラストアイドル」から阿部菜々実、長月翠、間島和奏、清原梨央が抜てきされた。

     今回公開された新たな予告編は、学校のチャイムの音にあわせて楽しく学生生活を送るくるみ(阿部)ら女子高校生たちの様子からスタート。ところが一転、「くるみ、逃げろ!」という叫び声をきっかけに、校内は阿鼻叫喚のパニック状態に。生徒が次々に襲われ、昨日までは人間だった友達も“かれら”の犠牲となっていく。そんななか阿部、長月、間島、清原が演じる「学園生活部」の4人が手を取り合い、立ち向かうことになる。

     あわせて緊張感あふれる新たなポスタービジュアルも公開。阿部ふんするくるみが“かれら”のいる教室の廊下を背に、差し迫った表情で立っているもので、地獄のような場所へと豹変してしまった学校の光景が印象的な仕上がりとなっている。

     本作では、『呪怨』シリーズのプロデューサーと『リアル鬼ごっこ』で知られる柴田一成監督がタッグを組んでおり、期待が高まる。予告編でもホラー描写の一端を垣間見ることができる。共演者には金子大地、おのののから。(編集部・大内啓輔)

    STORY

    学校に寝泊まりする「学園生活部」の4人。シャベルを愛するくるみ(阿部菜々実)、ムードメーカーのゆき(長月翠)、皆をまとめるりーさん(間島和奏)、しっかり者の後輩みーくん(清原梨央)。おっとりした顧問のめぐねえ(おのののか)に見守られながら、賑やかだが穏やかな毎日を元気いっぱいに過ごしている……はずが、現実は荒廃した校舎に蔓延る大量の“かれら”に支配された絶望的な世界だった……。

       
    こわい… - (C) 2019 映画『がっこうぐらし!』製作委員会
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】学校が地獄と化す…「がっこうぐらし!」新予告編公開!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    👇【詳細記事・画像・動画】

    映画『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』の1月2日までの興行収入が10億円を超えたことがわかった。

    同作は2009年から始まった『仮面ライダー×仮面ライダー MOVIE大戦』シリーズからタイトルを改め、2016年から『仮面ライダー平成ジェネレーションズ』として製作され、シリーズの第3弾。仮面ライダークウガから、平成最後のライダーとなる仮面ライダージオウまで、歴代の平成ライダーが結集する作品だ。

    12月22日(土)に封切られた同作は、1月2日(水)の時点で、興行収入10億円を超えた。公開から12日間での10億円突破は、2009年から始まった“冬の仮面ライダー映画シリーズ”において、歴代最速。また、平成仮面ライダー映画としては、2017年12月9日公開の『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』、2018年8月4日公開『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』に続いて、3作品連続での10億円突破作品となった。

    また、1月1日から1月3日の正月3が日の同作の興収は、1億5875万円を記録。この数字は、前作『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL』対比で219.4%、冬映画シリーズ最高興収15.4億円を記録した2009年公開『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』対比で132.4%。正月3が日の興行収入は、冬の仮面ライダー映画シリーズ歴代最高を記録している。

    『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』は公開中。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】「仮面ライダー」冬映画が歴代最速10億円突破!正月3が日の歴代最高記録に!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 chiwawa-movie.jp)
    👇【詳細記事・画像・動画】

    「ヘルター・スケルター」や「リバーズ・エッジ」など、80 年代~90 年代にかけて時代を代表する多くの人気作を手掛け、今なお熱狂的な支持を受ける漫画家・岡崎京子が 1994 年に発表した「チワワちゃん」。
    時代を超えて愛される傑作青春物語が、若手実力派キャストと弱冠26歳の新鋭・二宮健監督により新たな青春のバイブル、映画『チワワちゃん』としての公開が決定した。

    この度解禁となる特報の中で描かれるのは、夜の町を疾走したり、ナイトプールで水中キスしたり、駐車場でボウリングをしたり…、“チワワちゃん”を中心とした若者たちが全力で“今”を楽しむ姿。
    エネルギッシュで派手な映像とは裏腹に、「バラバラ殺人事件の被害者の身元が判明した。
    それが、私の知っている“チワワちゃん”のことだとは最初思わなかった。」という門脇麦演じるミキの衝撃的なナレーションが、儚い青春の終わりを予感させる特報になっている。

    また、大学在学中にインスタグラムで人気に火がつき、女性ファッション誌から引っ張りだこの人気フォトグラファー、Tammy Volpe(タミー・ボルピ)の撮り下ろしによるティザービジュアルも解禁。映画のタイトルにもなっているキーパーソン“チワワちゃん”役に大抜擢された期待の新人女優、吉田志織が成田凌の膝の上に乗り抱きつくビジュアルに「“チワワちゃん”が死んじゃった」というインパクトあるキャッチコピーが並び、ビジュアルとのギャップが印象的な仕上がりとなっている。公開日は2019年1月18日(金)

    (出典 img.cinematoday.jp)

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】盗んだ600万の行方は…!?映画「チワワちゃん」本編映像公開!】の続きを読む

    このページのトップヘ