フレッシュニュース

毎日新しいニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ:ニュース > 台風・地震・災害

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    地震緊急速報です‼

     9月6日3時8分ごろ、北海道胆振地方中東部を中心に、最大震度6強を観測する地震がありました。震源地は胆振地方中東部で、震源の深さは約40km、地震の規模(マグニチュード)は6.7と推定されています。

    【その他の画像】

     各地の震度は、胆振地方中東部で震度6強、石狩地方南部で震度6弱、石狩地方中部・空知地方南部・日高地方中部で震度5強。その他、北海道から東北の広い範囲青森にかけて揺れが観測されています。

     気象庁によれば、この地震により沿岸では若干の海面変動があるかもしれませんが、被害の心配はないとのことです。


    気象庁サイトより
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【速報】【地震】北海道で震度6強の地震発生‼    「マグニチュード6.7」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    非常に強い台風21号は3日夜、鹿児島県・種子島の南東海上を北上しています。4日午前にも四国か近畿、紀伊半島に接近・上陸し、近畿・北陸を縦断して同日夜に日本海へ進む見込みです。5日朝にかけては東北・北海道沖を北上し、温帯低気圧に変わると予想されます。気象庁は暴風や高波、大雨に厳重に警戒するよう呼び掛けています。

    予想進路は台風20号に似ていますが、気象庁の黒良龍太主任予報官は記者会見で「20号より強い勢力で上陸し、広い範囲で暴風の影響が出る恐れがある。不要不急の外出を避け、早めの避難と安全確保をお願いする」と話しています。

    21号は最大風速(秒速)44メートル以上の「非常に強い」勢力で上陸した場合、1993年の台風13号以来、25年ぶりとなります。4日は北上する速度も上がり、急に風雨が強まる見込みです。交通の乱れにも注意が必要です。西・東日本は局地的に猛烈な雨が降る見込みです。

    21号は4日午前0時、種子島の南東約200キロの海上を時速25キロで北へ進んでいます。中心気圧は945ヘクトパスカル、最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。東側170キロ以内と西側110キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、東側440キロ以内と西側330キロ以内が風速15メートル以上の強風域となっています。

    4日に予想される最大瞬間風速は、四国と近畿60メートル、東海50メートル、中国と北陸、東北45メートル、九州南部と関東甲信、北海道35メートル、九州北部30メートル。波の高さは四国と近畿12メートル、東海10メートル、伊豆諸島7メートル、奄美と九州、北陸、関東6メートル、東北と北海道5メートル、中国4メートルの見込みです。

    5日午前0時までの24時間予想雨量は多い所で、四国と近畿、東海500ミリ、関東甲信400ミリ、北陸300ミリ、中国150ミリ、九州と東北100ミリ。その後、6日午前0時までの同雨量は多い所で、関東甲信と北海道100~150ミリ、北陸と東海、東北50~100ミリの見込みです。

    (出典 news.nicovideo.jp)
    👇【台風21号進路予想図】
    21号拡大(2018年09月04日 06時現在)
    (出典 static.tenki.jp)
    👇【動画】
    非常に強い台風21号は4日6時には足摺岬の南約160kmにあって、北北東へ毎時35kmで進んでいます。4日18時には金沢市の北約60kmに達し、5日6時には稚内市の西約210kmに達するでしょう。その後、温帯低気圧に変わり、6日3時にはアムール川下流域に達する見込みです。台風周辺地域および進路にあたる地域は暴風や大雨に、台風の進路にあたる海域は猛烈なしけに厳重な警戒が必要です。

    【【台風】台風21号の最新情報です(9月4日7時30分)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    非常に強い台風21号は3日夜、鹿児島県・種子島から南に離れた海上を北上しています。4日午前にも四国か近畿、紀伊半島付近に接近・上陸し、近畿・北陸を縦断して同日夜に日本海へ進む見込みです。5日朝にかけては東北・北海道沖を北上し、温帯低気圧に変わると予想されます。気象庁は暴風や高波、大雨に厳重に警戒するよう呼び掛けています。

    予想進路は台風20号に似ているが、気象庁の黒良龍太主任予報官は記者会見で「20号より強い勢力で上陸し、広い範囲で暴風の影響が出る恐れがあると思われます。不要不急の外出を避け、早めの避難と安全確保をお願いする」と話しました。

    21号は最大風速(秒速)44メートル以上の「非常に強い」勢力で上陸した場合、1993年の台風13号以来、25年ぶりとなります。4日は北上する速度も上がり、急に風雨が強まる見込みです。帰宅時間帯に交通が乱れる可能性もあり、注意が必要です。西・東日本は4日未明から局地的に猛烈な雨が降る見込みです。

    21号は3日午後6時、種子島の南南東約320キロの海上を時速20キロで北へ進んでいます。中心気圧は945ヘクトパスカル、最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。東側220キロ以内と西側170キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、東側440キロ以内と西側330キロ以内が風速15メートル以上の強風域となっています。

    4日にかけて予想される最大瞬間風速は、四国と近畿60メートル、東海50メートル、中国と北陸、東北45メートル、関東甲信と北海道35メートル、九州30メートル。波の高さは四国と近畿12メートル、東海10メートル、伊豆諸島7メートル、沖縄・奄美と九州、北陸、関東6メートル、東北と北海道5メートル、中国4メートルの見込みです。

    4日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、四国と近畿、東海400ミリ、関東甲信250ミリ、北陸200ミリ、中国150ミリ、九州南部120ミリ、九州北部100ミリ。その後、5日午後6時までの同雨量は多い所で、東海200~300ミリ、関東甲信と東北、北海道100~200ミリ、近畿と北陸100~150ミリの見込みです。

     

    (出典 news.nicovideo.jp)
    👇【台風21号進路予想図】
    21号拡大(2018年09月03日 21時現在)
    (出典 static.tenki.jp)
    👇【動画】
    非常に強い台風21号は3日18時には種子島の南南東約320kmにあって、北へ毎時20kmで進んでいます。4日6時には種子島の東北東約220kmに達し、4日18時には金沢市の北約40kmに達するでしょう。5日15時には沿海州に達して、温帯低気圧に変わる見込みです。台風周辺地域および進路にあたる地域は暴風や大雨に、台風の進路にあたる海域は猛烈なしけに厳重な警戒が必要です。
    【【台風】台風21号の最新情報です(9月3日22時)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    非常に強い台風21号は3日午前、沖縄・南大東島の東海上を北上しています。4日午後に勢力を維持したまま四国か近畿、東海に接近、上陸し、同日夜にかけて日本海側へ縦断する見込みせす。気象庁は暴風や高波、大雨に厳重に警戒するよう呼び掛けています。

    21号は5日未明には東北や北海道の日本海側沿岸に接近した後、さらに北上すると予想されます。

    西日本の太平洋側では3日午後から雨が強まる所があります。4日は西・東日本の太平洋側で局地的に猛烈な雨が降り、土砂災害や河川の増水、低地の浸水が起きる恐れがあります。

    21号は3日午前6時、南大東島の東約240キロの海上を時速20キロで北北西へ進んでいます。中心気圧は935ヘクトパスカル、最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。東側170キロ以内と西側130キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、半径440キロ以内が風速15メートル以上の強風域となっています。

    4日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、四国150ミリ、九州南部120ミリ、九州北部100ミリ。その後、5日午前6時までの同雨量は多い所で、四国と近畿、東海300~500ミリ、関東甲信と北陸300~400ミリ、東北と北海道100~200ミリ、中国100~150ミリの見込みです。

    4日までに予想される最大瞬間風速は、四国と近畿60メートル、東海と北陸、東北45メートル、沖縄と中国、伊豆諸島、関東35メートル。波の高さは四国と近畿11メートル、東海10メートル、伊豆諸島7メートル、沖縄と関東6メートルの見込みです。

    (出典 news.nicovideo.jp)
    👇【台風21号進路予想図】
    21号拡大(2018年09月03日 06時現在)
    (出典 static.tenki.jp)
    👇【動画】
    非常に強い台風第21号は3日6時には南大東島の東約240kmにあって、
    北北西へ毎時20kmで進んでいます。4日6時には種子島の東約210kmに
    達し、5日3時には日本海に達するでしょう。その後、温帯低気圧に変わり、6日3時にはシベリアに達する見込みです。台風周辺地域および進路にあたる地域は暴風や大雨に、台風の進路にあたる海域は猛烈なしけに厳重な警戒が必要です。
    【【台風】台風21号の最新情報です(9月3日10時)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    非常に強い台風21号は2日、日本列島から南へ離れた海上を北上しています。3日に沖縄・大東島地方に接近後、4日に勢力を維持したまま西日本か東海に接近、上陸して日本海側へ縦断する恐れがあります。気象庁は暴風や高波、大雨に厳重に警戒するよう呼び掛けています。

    西日本の太平洋側では3日午後から雨が強まる所がある見込みです。21号は5日は日本海を北上し、東北地方や北海道も大荒れとなる可能性があります。

    3日午後6時から4日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、四国と東海300~400ミリ、近畿200~300ミリ、九州南部100~200ミリ、九州北部100~150ミリの見込みです。

    21号は2日午後3時、日本の南海上を時速25キロで北北西へ進んでいます。中心気圧は935ヘクトパスカル、最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。半径130キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、東側440キロ以内と西側280キロ以内が風速15メートル以上の強風域となっています。 

    (出典 news.nicovideo.jp)
    👇【台風21号進路予想図】
    21号拡大(2018年09月02日 15時現在)
    (出典 static.tenki.jp)
    👇【動画】

    【【台風21号】台風21号の最新情報です(9月2日18時30分)】の続きを読む

    このページのトップヘ