フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ:芸能関係 > 芸人


    👇【詳細記事・画像・動画】

     闇営業問題で吉本興業との契約解消が7月19日に発表されたばかりのお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之さんと謹慎中のお笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さんが7月20日に会見を開き、一連の騒動について謝罪しました。

    (出典 Youtube) 

    この問題は、吉本興業の所属芸人13人が過去に会社を通さず反社会勢力が参加する会合やパーティーに参加し、ギャラを受けとる“闇営業”を行ったというもの。闇営業を仲介したとするお笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也さんは吉本興業を解雇され、宮迫さんを始め他の芸人、「ギャラなどは一切受け取ってない」としていた田村さんはその後の事実確認などで一定の金銭を受け取っていたことが判明し、活動停止、謹慎などの処分が下されていました。

     当初、「間接的ではありますが、金銭を受領していた」「相手が反社会勢力だったということは、今回の報道で初めて知ったことであり、断じて繋がっていたという事実はない」と弁明していた宮迫さんでしたが、19日に発売された『FRIDAY』で2016年7月に福岡県で警察官を装った複数の人物に貴金属販売会社の社員が160キロの金塊を奪われた事件の主犯格と“ギャラ飲み”をした際の写真が掲載され、吉本興業から「マネジメントの継続に重大な支障が生じた」と7月19日付でマネジメン契約解消が発表されていました。

     こうした一連の騒動については、これまで会見は開かれておらず、問題が発覚した6月にはお笑いコンビ「千原兄弟」の千原ジュニアさんが「ビビット」(TBS系)で年長者である宮迫さんと田村さんは「会見をすべきだった」と持論を展開するなど、業界にも疑問の声が上がっていました。

     宮迫さんが吉本興業との契約解消発表がされた後に実現した今回の会見冒頭では、宮迫さんと田村さんが声を詰まらせながら詐欺に遭った被害者やその親族に不快な思いをさせたことを謝罪。当初、虚偽の弁明をしていたことについて宮迫さんは自身の保身からくるものだと説明し、田村さんは「僕の弱い部分のせいで虚偽の説明をしてしまい、不信感を抱かせてしまった」と謝罪。

     これまで会見を開かなかったことについては、6月24日に吉本興業から謹慎処分が下される前に、謝罪会見を開き、直接説明したい旨を吉本興業に伝えていたとのことですが、岡本昭彦社長から「(謝罪会見をするなら)全員連帯責任でクビにする」「俺は全員をクビにする力がある」と圧力をかけられていたことを告白しました。

     謹慎期間に入った7月8日にも宮迫さんが「僕が全責任を負い、引退会見でもいいので謝罪をさせてくれ」と岡本社長に嘆願したところ、「引退はさせない、させるわけにはいかない。謝罪会見はさせてやる。その代わり、期間はこちらが決定する。それがいつになるかは明言できない」との説明をされたとのこと。以降進展がないことに不信感を抱いた宮迫さんと田村さんは自身に弁護士を付ける選択をとると、「会社からは2人の引退会見もしくは契約解除を選んでくれという書面が突然送られてきた」と当初の話し合いとは違った通達がされたことを明かしました。

     宮迫さんが吉本興業から契約解消が発表される前日、18日にも再度会見で事情を釈明したい旨を吉本興業に伝えると、「19日の12時に引退会見をするなら2時間後に(本社に)戻ってこい」と言われ、田村さんと話し合った結果「会社指導の引退会見で当初依頼していた生放送も叶わず、そうなるぐらいなら、会社を辞め、自分たちで会見を開く判断に至った」と説明。今回、吉本興業を介さず会見を開いたいきさつについて説明しました。

     当初から謝罪会見を行いたいと言い続けていた田村さんも、「会見(を開くこと)はだめだということに関して、納得が行っていなかった」「会社は僕たちをファミリーだと言っていたが、僕に言わせれば子ども同然の僕たちが悪いと思っていることを謝ろうとするのを止めるのは親のすることではない」と不信感をあらわにしました。

     契約解消という判断について宮迫さんは、「あって然るべき」「文句はない」とコメント。今後については、「18歳からこの世界のことしか考えてやってきていない」「僕の能力で何かお役に立てることがいつかできるかもしれないという思いがある。今は引退は考えられない」と芸能活動は続けていく意向を明かしました。

     吉本興業から正式に契約解消という処分が下されていない田村さんは、「公表はされていませんが、契約解消されたと思っている」「(契約は)サインをするわけではない。個人的には契約解消していただきたい」とコメント。会見の途中で吉本興業は田村さんとのマネジメント契約解消の報道が一部でされていました。

    (出典 www.jiji.com)

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】「全員連帯責任でクビ」宮迫博之と田村亮。“闇営業問題”会見で謝罪...吉本興業の圧力も明かす...<記者会見動画>】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    雨上がり決死隊・宮迫博之(49歳)と、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47歳)が7月20日、謝罪会見を開いた。なお、会見中に、吉本興業から、田村との契約解消が発表されている。

    近い先輩である、ダウンタウン・松本人志への連絡について聞かれた宮迫は、「電話はさせていただきました。最初の段階で僕が勝手な解釈で思い込んで、打ち上げ代を出してもらっただけだということを言ったときに、松本さんは『全員がいくらもらったかとか、そういう細かいこと全部言ったほうが良い』と、おっしゃっていただいていたんですけども、僕は当初、とんでもなく甘く考えていたので、『そうですね』と。あんな恩義のある先輩の大事なアドバイスをちゃんと受け止められませんでした。すみません……」と涙を流しながら謝罪。


    そして「謹慎が発表されたときに、もう一度、松本さんに電話をしました。ウソをついてすみませんと。松本さんは、休んでる間、僕の出てる番組、ノーギャラでも出たるからと。こんな最低のウソをついたやつのために、ノーギャラでも、って。出たるわ、って。優しい言葉をかけてくれていました。申し訳ないです。すみません……」と重ねて謝罪した。

    (出典 www.sankei.com)
    (出典 news.nicovideo.jp)


    【【芸能】宮迫博之、松本人志とのやり取り明かす...<謝罪会見>】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    【モデルプレス=2019/07/20】吉本興業とのマネジメント契約が解消となった雨上がり決死隊・宮迫博之(49)が20日、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)と共に都内で会見を実施した。

    【さらに写真を見る】宮迫博之、会見で頭下げ謝罪

    会見中、一部記者が田村に対し、宮迫に続いて田村も吉本と契約解消と報じられた件について質問。この質問で契約解消報道について知った様子の田村は「そういう風には思っていたので、さほどビックリはしていません。なぜ宮迫さんと同じタイミングじゃないのかな」と心境を語った。

    ◆宮迫博之、吉本興業との契約解除

    吉本興業は書面にて19日、「弊社所属の宮迫博之(雨上がり決死隊)について、本日7月19日付けでマネジメント契約を解消しました」と発表。「宮迫博之は、既に報道されている反社会的勢力の主催する会合に出席していた件により謹慎中でしたが、弊社といたしましては、諸般の事情を考慮し、今後の宮迫博之とのマネジメントの継続に重大な支障が生じたと判断し、決定に至りました」と伝えた。

    宮迫は先月7日、田村らとともに特殊詐欺グループとされる反社会的勢力主催の会合へ参加していたことが報じられた。

    吉本は該当芸人へのヒアリングの結果、会合への参加により一定の金銭を受領していたことが認められたとし、宮迫らを当面の間、活動停止の謹慎処分としていた。(modelpress編集部) 

    【Not Sponsored 記事】

    宮迫博之、田村亮 (C)モデルプレス
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】田村亮、会見中に吉本との契約解消報道知る...<謝罪会見>】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    【モデルプレス=2019/07/20】吉本興業とのマネジメント契約が解消となった雨上がり決死隊・宮迫博之(49)が20日、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)と共に都内で会見を実施した。

    【さらに写真を見る】宮迫博之、会見で頭下げ謝罪

    会見途中、芸人仲間や相方への心境を聞かれた宮迫は「申し訳ないなんて言葉で…。すみません。付き合いが長すぎて、兄弟みたいにやってきたやつらを裏切ってしまったんです。申し訳ないとか、そんな言葉で許されるとは思っていません」と声を震わせながらコメント。

    田村亮は相方の田村淳について、この会見前に電話で話したことを明かし「引退をするか、契約解除かという話もしていたのですが、正直迷っていました。吉本を辞めるということはずっとやってきた淳とも、番組の関係者とも分かれるということですから」と心境を告白。

    「でも僕はちゃんと自分の口で謝りたい、お金の経路を言いたい、本当の事を言いたいというのが凄く引っかかって、会見を開いている今でも契約解除になっていないのが苦しくて、淳には、申し訳ないのですが、宮迫さんと記者会見をすると、淳とコンビができなくなる。すまないと。でも本当のことがやっぱり言いたいと言いました。淳は『相談はしてほしかった』と、『でもお前が正直なことを言うのは、応援する』と言ってくれました。そして『個人的にはコンビ解散と思ってないからな』と言ってくれました」と涙した。

    続けて宮迫は改めて相方の蛍原徹について「30年、だれよりも一緒にいて、親よりも子供よりも誰よりも長く時間を過ごして、こんなやつのためにあいつは何回も何回も頭を下げてくれてるんです。何回も数え切れないくらい、こんなダメ人間のために頭を下げてくれています。なのに今回の騒動で電話をかけたら、『俺は大丈夫やから、こっちは大丈夫やから』としか言わなんです。だからやっぱり、申し訳ないじゃ済まないです」と声を詰まらせながら語った。

    ◆宮迫博之、吉本興業との契約解除

    吉本興業は書面にて19日、「弊社所属の宮迫博之(雨上がり決死隊)について、本日7月19日付けでマネジメント契約を解消しました」と発表。「宮迫博之は、既に報道されている反社会的勢力の主催する会合に出席していた件により謹慎中でしたが、弊社といたしましては、諸般の事情を考慮し、今後の宮迫博之とのマネジメントの継続に重大な支障が生じたと判断し、決定に至りました」と伝えた。

    宮迫は先月7日、田村らとともに特殊詐欺グループとされる反社会的勢力主催の会合へ参加していたことが報じられた。

    吉本は該当芸人へのヒアリングの結果、会合への参加により一定の金銭を受領していたことが認められたとし、宮迫らを当面の間、活動停止の謹慎処分としていた。(modelpress編集部) 

    【Not Sponsored 記事】

    宮迫博之、田村亮 (C)モデルプレス
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】宮迫博之・田村亮、涙で相方への思いを告白...<謝罪会見>】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    吉本興業は6月27日、お笑いコンビ・スリムクラブの真栄田賢(43歳)と、内間政成(43歳)に対する無期限謹慎処分を発表した。

    同社によると、スリムクラブの2人は3年ほど前、知人である他の事務所所属の芸人を通じて、“飲食店オーナーの誕生日パーティー”への演芸提供を直接依頼され、参加したという。そして、その対価として一定の金銭を受領していたことが判明した。  


    スリムクラブには「認識はございませんでした」というものの、吉本興業は「このパーティーには反社会的勢力が参加していたもの」と判断。今回の処分に至ったという。

    同社は「関係各位、ファンのみなさまには、多大なるご迷惑をおかけしておりますことを、深くお詫び致しますと共に、改めて当該芸人以外のタレントにもヒアリングを実施し、これを機に社員・タレントが一丸となってコンプライアンス遵守の再徹底・再構築を図ります」と謝罪している。

    今回の一件は、これまで報じられてきた、カラテカ・入江慎也を介した“闇営業”のパーティーとは別件だが、吉本興業から謹慎処分を受けた芸人は、雨上がり決死隊・宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号・田村亮、レイザーラモンHG、ガリットチュウ・福島善成、くまだまさし、パンチ浜崎、天津・木村卓寛、ムーディ勝山、2700・八十島宏行、2700・常道裕史、ストロベビー・ディエゴと合わせ計13人となった。


    ◎スリムクラブ 真栄田賢

    「ファンの皆様、そして、僕と関係のある人たち全員に申し訳ない気持ちでいっぱいです。申し訳ございません。認識が甘く、このような形になってしまった事は、大変心苦しいです。謹慎して、その間に自分と向き合って、少しでも人の役に立てるよう頑張ります。この度は、誠に申し訳ございませんでした。」


    ◎スリムクラブ 内間政成

    「この度は、自分の認識の甘さが原因で、軽率な行動をとってしまい、誠に申し訳ございませんでした。この謹慎で自分と向き合い、自分の生き方を堂々と話せる人間になりたいと思います。本当に申し訳ございませんでした。」
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】スリムクラブが無期限謹慎...反社の会合で金銭受領】の続きを読む

    このページのトップヘ