フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ:芸能関係 > 芸人


    👇【詳細記事・画像】

     7月20日の宮迫博之、田村亮による「号泣会見」、同22日の吉本興業・岡本昭彦社長による「グダグダ会見」を経た現在も、吉本興業を巡る騒動が収束の兆しを見せていない。

     26日に発売された写真誌「FRIDAY」は「半グレ金塊強奪犯 野口和樹被告 獄中直撃インタビュー」と題した記事を掲載。宮迫が会見で語った「トイレから出たところを知らない男性に囲まれて記念撮影に応じただけ」との主張に対し、野口被告は「写真だけでなく、一緒に乾杯してシャンパンを飲んだ記憶がありますよ」と「FRIDAY」記者に証言したのだ。

     宮迫の証言と食い違う報道を受け、吉本興業は〈会見の場で発表させて頂いたマネジメント契約解消の撤回についても、再度検討せざるを得ない状況です〉と「契約解除の撤回」の“再撤回”の可能性を示唆したのだ。

     こうした現状について「涙の会見で一度は形勢逆転したものの、ふたたび宮迫が追い詰められているとの見方が強まっています」と語るのは女性誌記者。続けてこう話す。

    「この問題については、ビートたけしが27日放送の『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)で『宮迫と会社が訴えて写真誌が本当かどうか争った方がいい』と指摘したことに尽きます。宮迫が裁判に乗り気でない現状を見るに『なにかやましい点があるのでは』と思わざるを得ないんですよ」

     さらに「28日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)では『ひろゆき』こと西村博之氏も『真実が知りたい時に、“オレ、真実知りたくない”と言ってる人はだいたいウソつき』と宮迫をバッサリ切り捨てている。今後、宮迫の態度を疑問視する見方は世間でも拡大していくのではないでしょうか」と同記者は語るのだ。

     その後、7月29日付けの日刊スポーツの直撃取材に宮迫は法的措置の“検討”を始めたことを明かしたものの、その一問一答を読む限り、“FRIDAYに対して検討する”とは明言していない。いまだ訴訟を決断していない宮迫。真相解明が待たれている。

    (牧マコト)

    (出典 www.sankei.com)

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】宮迫博之「FRIDAYを訴えない」のは「まだウソをついてるから」!?】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

     
     宮迫博之(雨上がり決死隊)ら吉本興業のタレントが反社会的勢力の会合に出席して金銭を受け取った問題は、事態が収まる気配がない。

     宮迫と田村亮(ロンドンブーツ1号2号)は7月20日に自前で記者会見を開き、「会見したらおまえら全員クビにするからな」といった吉本興業・岡本昭彦社長の冷徹な対応を涙ながらに訴えた。22日にはその岡本社長が5時間半にも及ぶ会見を開く事態に発展したが、的外れな受け答えに終始。宮迫と田村の契約解除処分は白紙に戻したが、当事者能力のない経営陣の態度に所属芸人たちも不満の態度を隠さず、事態は「事務所vs.芸人」の全面戦争の様相を呈している。

     そんな中、暴力団関係者との交際を理由に、2011年に引退した吉本興業の“大物OB”島田紳助氏(63)が「週刊文春デジタル」の取材に応じた。黒のポロシャツ姿で、ロードバイクに乗っていた島田氏は、取材班の問いかけにバイクを止め、胸の内を語り始めた。

    「辞めたらあかんし、まだまだ引退したらあかん」

     島田氏は今回の事態が起こる直前、じつは宮迫と会っていたという。

    「宮迫はすごい仲良しやし。辞めるって言ったとき、まじで凹んだもんなあ。トラブルが起きる1週間くらい前にも一緒だったんすよ。遊びに来て、みんなで。

    (宮迫には)絶対辞めんなよと。絶対に辞めんなって。辞めたらあかんし、まだまだ引退したらあかん。ほんで、吉本に対して、腹立つこともあるやろし、ここはひとつ長いものにはぐるぐる巻きやと。先輩たちも心配して動いてるんやから、宮迫も意地を張るなと。わかるけどね、気持ちはわかるし腹立つこともあるけど、元々はお前やぞ。もういっぺん冷静になろうぜと。元々はお前が悪いと。腹立つこともいっぱいあると、だからもっと偉なってから言えと。偉くなってもういっぺん喧嘩せいと」

     今回、吉本の大崎洋会長と直接面談し、事態の収拾に動いたダウンタウンの松本人志についてはこう述べた。

    「松本とは全然やり取りしてない。そんな言わんでもわかってくれてるやろし。あいつはやっぱり素晴らしいヤツやから。あいつは男気あるからね。ほんまは大先輩がいるんやけど、現状としてさんまと松本が大崎に一番近くて、吉本の中で一番二番のギャラを取ってるイコール力じゃないけども、力のある二人が動かないかんと思って動いてるんやし、すごいええことやと思うわ」

    松本の「大崎辞めるんだったら俺も辞める」発言については?

     松本は7月21日、レギュラーを務める「ワイドナショー」(フジテレビ系)に生出演した際に、大崎会長は「これ以上騒動が大きくなるようであれば、進退を考えなければいけない」と話していたと明かしたが、松本は「それは僕は全力で止めます。大崎さんがいなかったら僕も辞めるので。うちの兄貴なんで」と述べたことが話題となっていた。この発言について、島田氏はこう語った。

    「『大崎辞めるんだったら俺も辞める』っていう松本の話と、このままでは他の奴が辞めるっていうのとはまた全然別問題やからね。大崎さんが辞めたら吉本辞める、いうのは松本は当然やと思うよね。うん。もう兄貴みたいなもんやから。『僕があんのは大崎さんのおかげや』っていうのはあいつの思いやから。そういう思いは正しいし、みんなそんな思いでやってんのと違う?

     大崎クビにしたら会社潰れんで。ほんまに。イメージはどうだか知らんけど実質問題、大崎という人間はカリスマ的な人間だったし、今吉本の中で唯一カリスマがある人間やし、クリエイティブな能力があって出世した男やし。タレントの気持ちもよくわかるし。だから松本の“兄貴”っていう言葉がぴったりだと思うよ。何で兄貴って言うんだと言ったら本当に兄貴みたいな存在なんですよ。だから今吉本の大崎が辞めたら、松本も辞めるって言うけども、大崎辞めたら吉本も潰れるから辞めんでもなくなるで。真面目な話、大崎が辞めたらみんな辞めますわ。

    (岡本社長については)いやいや、俺あんまり知らんのよ、岡本って。何べんか喋ったことあるくらいで。電話で喋ったり、一緒に昔ご飯食べたくらい。大崎さんが社長に任命するくらいですから。仕事はちゃんとできる人なんでしょうね」

    「直の営業は行かないと、生きていけへんの」

     事態の発端とも言える「闇営業」については、多くの若手芸人を抱える吉本のような組織には必要なことだとして持論を展開した。

    「(ギャラが)1500円とか、そういう奴ら全員食べさすことは不可能やからね。だから宮迫は『僕らクビになったけど直営業は無くさんといてくれ』と言ってたけど、直の営業は若い子は行かないと、生きていけへんの。それは吉本も咎めへんから。吉本の営業部って座って待っとるだけやから。そりゃそんなんで仕事来るわけないもんね。そう。だから、よその会社とおんなじようにやれっちゅうて絶対無理やわそんなん。そんなんしたらみんな、餓死」

     この島田氏へのインタビュー《ノーカット1万字版》は「週刊文春デジタル」で公開中だ。

    (「週刊文春」編集部/週刊文春)

    島田紳助氏 ©文藝春秋

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】島田紳助が激白!「松本の発言は別問題やから。でも大崎クビにしたら会社潰れんで」】の続きを読む


    👇【謝罪会見画像】

    (出典 www.sankei.com) 
      

    タレント・和田アキ子が21日、TBS系「アッコにおまかせ!」に生出演。反社会的勢力の宴席での闇営業が発覚し、吉本興業から契約を解消された雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と謹慎処分を受けているロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が20日に都内で謝罪会見を行った際、番組スタッフが不適切な質問をしたとして謝罪した。

    番組では冒頭からふたりの会見の様子を伝えた。途中、国山ハセンアナウンサーが「ひとつお伝えしたいことがあります。謝罪会見で番組スタッフが『色で例えると』という質問をしました。この質問に対しては宮迫さん、亮さんに失礼だと多くいただきました。番組一同、多く反省しています」と謝罪。

    和田アキ子も「私もびっくりしちゃった。(ふたりは)真剣にもう謝っていたと思う。本当に。私もふたりをよく知っている。真摯(しんし)に謝っていた。『前はオフホワイトと言っていましたが、今回は何色でしょう?』…。『ふざけるな!』と。本当に。そんなことを聞きますか」と声を震わせて激怒した。

     続けて、「これは局がいけない。私がお世話になっている局に言うのおかしいですが、一睡もできませんでした。『アッコにお任せ』って言っちゃったんですから、私ですね。申し訳ございません。なんとあのふたりを傷つけたか。被害にあわれたかたにも心が痛い。不快感を覚えられた方、申し訳ございませんでした。厳重注意します」と繰り返し、頭を下げて謝罪した。
     

    👇【動画】

    (出典 Youtube)

    【【芸能】和田アキ子が謝罪「アッコにおまかせ!」宮迫会見でスタッフの不適切質問に激怒「ふざけるな!」】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像・動画】

     闇営業問題で吉本興業との契約解消が7月19日に発表されたばかりのお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之さんと謹慎中のお笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さんが7月20日に会見を開き、一連の騒動について謝罪しました。

    (出典 Youtube) 

    この問題は、吉本興業の所属芸人13人が過去に会社を通さず反社会勢力が参加する会合やパーティーに参加し、ギャラを受けとる“闇営業”を行ったというもの。闇営業を仲介したとするお笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也さんは吉本興業を解雇され、宮迫さんを始め他の芸人、「ギャラなどは一切受け取ってない」としていた田村さんはその後の事実確認などで一定の金銭を受け取っていたことが判明し、活動停止、謹慎などの処分が下されていました。

     当初、「間接的ではありますが、金銭を受領していた」「相手が反社会勢力だったということは、今回の報道で初めて知ったことであり、断じて繋がっていたという事実はない」と弁明していた宮迫さんでしたが、19日に発売された『FRIDAY』で2016年7月に福岡県で警察官を装った複数の人物に貴金属販売会社の社員が160キロの金塊を奪われた事件の主犯格と“ギャラ飲み”をした際の写真が掲載され、吉本興業から「マネジメントの継続に重大な支障が生じた」と7月19日付でマネジメン契約解消が発表されていました。

     こうした一連の騒動については、これまで会見は開かれておらず、問題が発覚した6月にはお笑いコンビ「千原兄弟」の千原ジュニアさんが「ビビット」(TBS系)で年長者である宮迫さんと田村さんは「会見をすべきだった」と持論を展開するなど、業界にも疑問の声が上がっていました。

     宮迫さんが吉本興業との契約解消発表がされた後に実現した今回の会見冒頭では、宮迫さんと田村さんが声を詰まらせながら詐欺に遭った被害者やその親族に不快な思いをさせたことを謝罪。当初、虚偽の弁明をしていたことについて宮迫さんは自身の保身からくるものだと説明し、田村さんは「僕の弱い部分のせいで虚偽の説明をしてしまい、不信感を抱かせてしまった」と謝罪。

     これまで会見を開かなかったことについては、6月24日に吉本興業から謹慎処分が下される前に、謝罪会見を開き、直接説明したい旨を吉本興業に伝えていたとのことですが、岡本昭彦社長から「(謝罪会見をするなら)全員連帯責任でクビにする」「俺は全員をクビにする力がある」と圧力をかけられていたことを告白しました。

     謹慎期間に入った7月8日にも宮迫さんが「僕が全責任を負い、引退会見でもいいので謝罪をさせてくれ」と岡本社長に嘆願したところ、「引退はさせない、させるわけにはいかない。謝罪会見はさせてやる。その代わり、期間はこちらが決定する。それがいつになるかは明言できない」との説明をされたとのこと。以降進展がないことに不信感を抱いた宮迫さんと田村さんは自身に弁護士を付ける選択をとると、「会社からは2人の引退会見もしくは契約解除を選んでくれという書面が突然送られてきた」と当初の話し合いとは違った通達がされたことを明かしました。

     宮迫さんが吉本興業から契約解消が発表される前日、18日にも再度会見で事情を釈明したい旨を吉本興業に伝えると、「19日の12時に引退会見をするなら2時間後に(本社に)戻ってこい」と言われ、田村さんと話し合った結果「会社指導の引退会見で当初依頼していた生放送も叶わず、そうなるぐらいなら、会社を辞め、自分たちで会見を開く判断に至った」と説明。今回、吉本興業を介さず会見を開いたいきさつについて説明しました。

     当初から謝罪会見を行いたいと言い続けていた田村さんも、「会見(を開くこと)はだめだということに関して、納得が行っていなかった」「会社は僕たちをファミリーだと言っていたが、僕に言わせれば子ども同然の僕たちが悪いと思っていることを謝ろうとするのを止めるのは親のすることではない」と不信感をあらわにしました。

     契約解消という判断について宮迫さんは、「あって然るべき」「文句はない」とコメント。今後については、「18歳からこの世界のことしか考えてやってきていない」「僕の能力で何かお役に立てることがいつかできるかもしれないという思いがある。今は引退は考えられない」と芸能活動は続けていく意向を明かしました。

     吉本興業から正式に契約解消という処分が下されていない田村さんは、「公表はされていませんが、契約解消されたと思っている」「(契約は)サインをするわけではない。個人的には契約解消していただきたい」とコメント。会見の途中で吉本興業は田村さんとのマネジメント契約解消の報道が一部でされていました。

    (出典 www.jiji.com)

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】「全員連帯責任でクビ」宮迫博之と田村亮。“闇営業問題”会見で謝罪...吉本興業の圧力も明かす...<記者会見動画>】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    雨上がり決死隊・宮迫博之(49歳)と、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47歳)が7月20日、謝罪会見を開いた。なお、会見中に、吉本興業から、田村との契約解消が発表されている。

    近い先輩である、ダウンタウン・松本人志への連絡について聞かれた宮迫は、「電話はさせていただきました。最初の段階で僕が勝手な解釈で思い込んで、打ち上げ代を出してもらっただけだということを言ったときに、松本さんは『全員がいくらもらったかとか、そういう細かいこと全部言ったほうが良い』と、おっしゃっていただいていたんですけども、僕は当初、とんでもなく甘く考えていたので、『そうですね』と。あんな恩義のある先輩の大事なアドバイスをちゃんと受け止められませんでした。すみません……」と涙を流しながら謝罪。


    そして「謹慎が発表されたときに、もう一度、松本さんに電話をしました。ウソをついてすみませんと。松本さんは、休んでる間、僕の出てる番組、ノーギャラでも出たるからと。こんな最低のウソをついたやつのために、ノーギャラでも、って。出たるわ、って。優しい言葉をかけてくれていました。申し訳ないです。すみません……」と重ねて謝罪した。

    (出典 www.sankei.com)
    (出典 news.nicovideo.jp)


    【【芸能】宮迫博之、松本人志とのやり取り明かす...<謝罪会見>】の続きを読む

    このページのトップヘ