フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ:芸能関係 > 俳優


    【詳細記事・画像】


    (出典 www.asahicom.jp) 

    国民的ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」で、俳優のえなりかずき(34)が女優の泉ピン子(72)との共演を拒否していることを、脚本家の橋田壽賀子氏(94)が「週刊文春」の取材で明かした。

    「渡る世間は鬼ばかり」は1990年の番組開始から30年続く国民的ホームドラマで、どこの家でも起こる嫁姑や親子関係など家族の問題をリアルに描いてきた。泉ピン子は主人公の小島五月を、えなりは五月の長男・眞を演じている。だが、二人は2015年に放送された特番を最後に、以降は共演をしていない。今年9月16日に放送された特番でも、同じシーンに登場することはなかった。

     橋田氏は「週刊文春」の取材に、こう語った。

    「(泉ピン子と)一緒に出るとえなり君は発疹が出たり、おかしくなるんですって。それを聞いて、私、えなり君にものを言うのも嫌なのね。そういう申し出をすること自体、私は頭にくる」

     さらに橋田氏はこう語る。

    「肝心の嫁姑問題は絶対にできない。母親と息子のマザコンみたいなものさえ書けない。アホみたいな話ですよ。役者がケンカしてるから、書けないって」

     また、橋田氏が訊いたところ、泉ピン子は「イジメた覚えは全くない」、「嫌われたらしょうがない」と言っていたという。

     えなりに取材を申し入れると、マネージャーの母が「こちら何もわかりませんし、お答えすることはできませんので」と回答した。

     小誌の取材に、泉ピン子のマネージャーは「『(えなりの共演NGについて)そういう話があるんだけど、そんな事ないのにね』と本人から聞いています」と答えた。

     10月3日(木)発売の「週刊文春」では、“渡鬼”で何が起きていたのか、橋田氏が小誌だけに打ち明けた胸の内、えなりの母とピン子の対立、えなり家の事情などについて詳報する。

    (「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年10月10日号)


    橋田壽賀子氏(文藝春秋)
    (出典 news.nicovideo.jp)


    【【芸能】「会うと発疹が出る」えなりかずきの泉ピン子“渡鬼”共演拒否 橋田壽賀子が真相を告白!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

     俳優の新井浩文(本名・朴慶培=パク・キョンベ)容疑者(40)の所属事務所が6日、強制性交容疑で警視庁に逮捕された同容疑者との専属マネジメント契約をきのう5日付けで解除したと発表。同じく6日、同社の公式サイトから新井容疑者のプロフィールも削除された。

    新井浩文のプロフィール

     各社報道よると、新井容疑者は昨年7月、東京・世田谷区の自宅マンション一室で派遣型マッサージ店の女性に性的暴行を加えた疑い。1日、警視庁が自宅を家宅捜索、同容疑者は任意の事情聴取を受けたと伝えられた。

     この日、サイトでは「新井浩文との専属マネジメント契約についてのご報告」として「この度、弊社所属俳優の新井浩文が逮捕された件に関し、改めて、被害者の方に深くお詫びを申し上げますとともに、関係者の皆さまにも多大なご迷惑及びご心配をおかけしておりますことを心よりお詫び申し上げます」と改めて謝罪。

     続けて「今回の事態を受け、弊社は、昨日付けで、新井浩文との専属マネジメント契約を解除致しました」と報告し「本件に関しましては、弊社としても、引き続き、誠意を持って対応させて頂く所存です」と記した。

    新井浩文容疑者(C)ORICON NewS inc.
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】俳優・新井浩文容疑者のプロフィール、事務所サイトから削除...専属契約解除を発表】の続きを読む


    代替テキスト

    昨年7月に自宅で派遣型マッサージ店の30代女性従業員へ性的暴行をはたらいたとして、強制性交の疑いで逮捕された俳優新井浩文容疑者(40)が2月2日に送検された。

    所属事務所は公式サイトで「このような事態となりましたことは誠に遺憾」として関係各位に謝罪。今後については「誠意を持って対応させていただく所存です」としているが、売れっ子だけに余波はどんどん広がっている。

    各スポーツ紙などによると、今年は出演映画2作が公開を控えていたという。だが草なぎ剛(44)主演で6月公開を予定していた「台風家族」は、配給会社が公開延期を発表。また今年中の公開予定だった「善悪の屑」も林遣都(28)とのW主演とあって、撮り直しは困難とみられている。

    「ほかにも出演しているCMの違約金、放送予定だった番組差し替えの費用、公開作品のDVD再編集にかかった費用などがかかりそうです。事務所は甚大な損害賠償を請求されることになるでしょう」(芸能記者)

    気になるのは、その金額。比較できそうなのが、女性問題が原因で表舞台から消えたあの俳優だ。

    「未成年少女との淫行疑惑による影響で、昨年6月に事務所契約を終了した小出恵介さん(34)です。小出さんはスキャンダルの影響で、主演だったNHKドラマがお蔵入り。CM1本が契約解除となり、ネットドラマと映画も延期となりました。そして昨年4月に個人事務所が東京地裁から特別清算の協定案認可を受けましたが、負債総額は約5億3000万円でした。今回の新井容疑者の余波は、そのとき以上になる可能性も。賠償金も小出さんと同等か、それ以上になるとみられています」(前出・芸能記者)

    新井容疑者が支払うべき事件の代償は、あまりにも大きすぎるようだ。

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】新井浩文容疑者 事件の代償…損害賠償は5億円以上の可能性も!】の続きを読む

    【俳優・新井浩文氏】

    (出典 img.cinematoday.jp)
    👇【詳細記事・画像】

    俳優の新井浩文氏(40)が女性に乱暴した疑いが強まったとして、警視庁は1日、強制性交容疑で東京都世田谷区の新井氏の自宅を家宅捜索し、逮捕状を請求した。捜査関係者への取材で分かった。容疑が固まり次第、逮捕する。

     捜査関係者によると、新井氏は昨年7月上旬、世田谷区の自宅マンションに派遣されたマッサージ師の女性に乱暴した疑いが持たれている。女性が同庁世田谷署へ被害届を出し、受理されていた。

     渋谷区にある所属事務所では1日午後、役員が取材に応じ、「記者からの電話で(聴取を)知った。事実関係を確認中だ」と話した。

     事務所のホームページによると、新井氏は青森県出身。崔洋一監督の「血と骨」やNHKの大河ドラマ「真田丸」など多数の映画やテレビで活躍している。2013年に「アウトレイジ ビヨンド」で東京スポーツ映画大賞男優賞、16年には「百円の恋」で日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。テレビコマーシャルにも起用されている。

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】俳優・新井浩文氏が逮捕!】の続きを読む

    “芸能界最強”萩原聖人、Mリーグ目指しプロ雀士に
    “芸能界最強”萩原聖人、Mリーグ目指しプロ雀士に  朝日新聞
    (出典:朝日新聞)

    (出典 www.mj-dragon.com)
    芸能界最強雀士と言われる萩原聖人さんがプロになる決意‼
    麻雀が本当に好きなんですね~

    1 れいおφ ★ :2018/07/21(土) 23:03:54.96 ID:CAP_USER9.net

    萩原聖人(46)が、マージャンのナショナルプロリーグとして
    10月1日に開幕する「Mリーグ」への参戦を目指して、プロマージャン団体の1つ、
    日本プロ麻雀連盟に加盟し、資格を取得してプロ雀士となったことが21日、分かった。 
    萩原は「今回、マージャンの最高峰のステージになるであろうMリーグに参加するために
    マージャンプロになる決断をしました」と語った。 
    「Mリーグ」は、初代チェアマンに就任した藤田晋氏(45)が社長を務める、
    サイバーエージェントら7社が持つ7チームによって争われるチーム対抗のプロリーグで、18年3月まで開催される。
    参戦するには8月7日に行われる「初代Mリーガードラフト」で各チームが持つ3人の枠に選ばれなければいけない。 
    「初代Mリーガードラフト」は、Mリーグに参加する既存のプロマージャンの主要5団体に所属するプロ雀士が対象のため、
    萩原はそのうちの1つ、日本プロ麻雀連盟に加盟してプロ雀士になる道を選んだ。 
    萩原は「もしMリーガーに選ばれたなら自分のマージャン人生の集大成としてMリーグを盛り上げて行きたいと思ってます。
    よろしくお願いします」と意気込んだ。 
    萩原はプロ雀士も舌を巻く、芸能界最強の腕前の持ち主として知られる。
    テレビでマージャン番組が放送されるようになった90年代から各番組に出演し、一般への普及にも努めてきた。 
    1995年(平7)にフジテレビ系でスタートしたマージャン番組「芸能界麻雀最強位決定戦 THEわれめDEポン」
    (現在、スカパー! フジテレビONEで不定期放送中)で13回優勝。
    96年には賞金300万円をかけた「第6回麻雀最強戦各界雀豪大会」に出場し、優勝した。 
    2005年(平17)には、マージャンをテーマにした福本伸行氏の漫画を原作にしたアニメ「闘牌伝説アカギ~闇に舞い降りた天才~」で、
    主人公アカギの声を担当した。また14年からAbemaTVが主催するプロ雀士が集まったリーグ戦「RTDリーグ」にも、18年から参戦している。
    後輩の芸能人らにマージャンを厳しく指導することでも知られ「萩原道場」との異名も持つ。 
    「Mリーグ」は、7月17日に都内で発足会見が開かれた。
    最高顧問には、93年に開幕したサッカーJリーグの立ち上げ、バスケットボールでもNBLとbjリーグに分裂した国内男子リーグを
    16年9月にBリーグに統一させた、日本サッカー協会(JFA)相談役で元キャプテンの川淵三郎氏(81)が就任した。 
    マージャンのプロスポーツ化を目的としており、藤田チェアマンは「オリンピックの正式種目化を目指す。
    その達成のためにも、誰もが安全に楽しく参加できるマージャン環境の整備をする。各年代の選手の育成、
    各教育プログラムの整備、地域リーグの設立もしたい」などと目標を語った。
    その上で「Mリーグと選手は賭博行為とは一切かかわらず、
    賭博行為への関与が判明した場合、解雇などの厳重な処分を課します」と「ゼロギャンブル宣言」を打ち出している。 
    初年度の「Mリーグ」に参戦するのは、サイバーエージェントのほかテレビ朝日、広告大手の電通、博報堂、
    ゲームメーカーのコナミアミューズメント、セガサミーホールディングス、映像配信サービスのU-NEXTの7社で、初年度の優勝賞金は5000万円。 
    「Mリーグ」に参加するプロマージャン団体は、日本プロ麻雀連盟、日本プロ麻雀協会、最高位戦日本プロ麻雀協会、麻将連合-μ-、RMUの5団体だ。 
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201807210000742.html 
    画像:「Mリーグ」への参戦を目指しプロ雀士となった萩原聖人


    (出典 amd.c.yimg.jp)
     関連スレ
    【話題】 麻雀プロリーグ「Mリーグ」発足、最高顧問は川淵三郎氏・・・8月7日、プロ雀士約2000人を対象にドラフトを開催
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1531806403/
    【芸能】麻雀が一番強い芸能人は誰だ!?
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1405943666/
    (出典 【芸能/麻雀】“芸能界最強”の俳優・萩原聖人、プロ雀士になる…「Mリーグに参加するためマージャンプロになる決断をしました」)

    【【芸能】俳優・萩原聖人さんがプロ雀士になる‼】の続きを読む

    このページのトップヘ