フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ: スポーツ


    👇【詳細記事・画像・動画】

    アヤックスに本拠地で1-4と完敗しCL敗退!
    <動画・ハイライト>

    (出典 Youtube)

     レアル・マドリードは現地時間5日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦、アヤックスとの第2戦で1-4と大敗し、合計スコア3-5で敗退。同大会4連覇の夢はあっけなく消え去った。この敗戦を受けてクラブ公式ツイッターアカウントには、ファンからの「誰がクリスティアーノ・ロナウド(現ユベントス)、必要だって?」などの批判コメントが殺到している。

     レアルにとって、本拠地サンチャゴ・ベルナベウで味わった悪夢だった。前半7分、アヤックスMFハキム・ジエクに先制ゴールを許すと、同18分にMFドゥシャン・タディッチの鮮やかなルーレットからのスルーパスに反応できず、FWダビド・ネレスに追加点を奪われる。さらに後半17分には、アヤックスのカウンターからタディッチにゴールを許した直前の場面で、アヤックスの選手がスライディングで拾ったボールがサイドラインを割っていたのではないかとVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が使用されたものの判定は覆らず、まさかの3失点となった。

     後半25分、スペイン代表MFマルコ・アセンシオのゴールがあったものの、その2分後にMFラッセ・シェーネに左サイドの角度のない位置から直接FKを叩き込まれて万事休す。この事実をレアル公式ツイッターはスコア、得点者を淡々とツイートした一方で、ファンからのフラストレーションはリプライという形で爆発した。

    「誰がクリスティアーノ・ロナウド、必要だって?」
    「(会長の)フロレンティーノ・ペレスにおめでとう」
    「少なくとも来シーズンのグループステージでセルヒオ・ラモスは起用可能だ」

     これらは今シーズンのレアル、そしてCLでのマネジメントミスを象徴していると言えるだろう。

     昨シーズンまで大一番でゴールを奪い続けたロナウドは昨夏ユベントスに去り、得点量産を期待されたはずのウェールズ代表FWギャレス・ベイルだったが期待に応えられず。この日も途中出場ながら足を痛めてしまった。

    危機的状況にマドリディスタの堪忍袋の緒が切れた?

     そしてワールドクラスのスコアラーを失ったとなれば、これまでなら剛腕で鳴るペレス会長が冬の移籍市場で補強に動いていたが、今冬の移籍ではアクションを起こさなかった。

     そして極めつけは主将のDFセルヒオ・ラモスだ。アヤックスとの第1戦でイエローカードを提示され、今大会3枚目により第2戦は出場停止となった。しかし第1戦の試合後に意図的に警告をもらったと示唆する発言によって、結局2試合の出場停止処分。クラブとしてのピッチ内外での競争力、モラルなどが低下していたと受け取られても仕方ない。

     リプライには「今夜ソラーリを解任するか、俺がスタジアムに火をつけるかだ。ありがとう」と物騒な言葉も並んでいる。愛するクラブの危機的状況に、マドリディスタの堪忍袋の緒は切れているのかもしれない。(Football ZONE web編集部)
    レアルのCL4連覇の夢が消滅した【写真:Getty Images】

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【サッカー】悪夢のレアル・マドリード…衝撃的敗退に世界が驚嘆!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    菊池はレッズ・ボットをK斬り!2回29球1K1安打2失点自責0



    オープン戦初登板を果たしたマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

     西武からポスティングシステムを利用してマリナーズへ移籍した菊池雄星投手が25日(日本時間26日)、米アリゾナ州ピオリアで行われたレッズ戦でオープン戦初登板した。初回を13球で3者凡退。2回は味方の失策に泣かされたものの、2回1安打2失点(自責0)に抑えた。直球は最速153キロをマーク。上々のデビューを飾った。チームは11-3で大勝し、菊池は“メジャー初勝利”を挙げた。

     花巻東から憧れたメジャー舞台。菊池は「メジャーの打者を感じられたのは一番の収穫」と振り返ったが、敵軍の打者や同僚はどう見たのか。初回1死で対戦した10年MVPで通算269本塁打のボットは、こう印象を語った。

    「多くの可能性を感じる。時間と経験がそれを最大限に引き上げてくれるだろう」

     メジャー屈指の強打者には2ボールとカウントを崩したが、内角へのカーブで空振り三振に仕留めた。ボットは興奮気味に振り返った。

    「オー、マイ、ガッシュ! すごい良いカーブだった。ちょっと驚いたけどね。今のリーグでは、ああいう軌道のカーブを投げる左投手が少ない。ドジャーズの柳、クレイトン・カーショウ、あとは何人か左でも、あんな伝統的なカーブを投げる投手がいるかも知れないけど、とにかく可能性を感じた。(カーブがベスト?)間違いない」

     ボットはスプリングトレーニングでは相手投手がどんな球種を投げるかは見ないという。それでも、大きな軌道を描くカーブは脅威と感じたようだ。

    「ブルペンを見みながら、どんな球を投げるのか推測するしかない。ビデオを見たり、リポートを見たほうが簡単だけど。今回の彼との対戦は新しい経験だったけど、やはり、何を投げるのかわからない投手と対戦するのは、好きじゃないね。特に、あんなに良いカーブを投げる投手とはね」

     昨季打率.283、34本塁打、104打点をマークした5番・スアレスも警戒心を強めた。2回先頭でフルカウントから四球で歩いたが、直球、カットボール、スライダーと多くの球種を体験した。

    「どんな球種でもストライクが投げられる。カッターが良かったし、スライダーも良かった。真っすぐもキレがあった。94、95マイルは出ていたかな? いい印象を持った」

     菊池とバッテリーを組んだ捕手のナルバエズも上々のオープン戦デビューに目を細めた。

    「自分の考えでは、良かったと思う。制球が良かったが、特にカーブをしっかり制球できていた。スライダーも良かったと思う。まだ、キャンプ序盤だからなんとも言えないけど、良くなっていくと思う。ナーバスには見えなかった。彼はストライクゾーンを積極的に攻めていた」

     初回と2回のイニング間には菊池と投球談義。1月の入団会見で披露した英語力を駆使して、通訳なしでコミュニケーションを図った。

    「僕が言っていることは理解できていると思う。今日は、あまり通訳が必要なかった。そんなに心配していない。彼は、ちゃんと理解していたし、彼の考えも話してくれた」

     登板後、菊池は「まだまだカーブが抜けたりとか、スライダーが決めたい時に抜けてしまうことが多い。真っ直ぐに関しては納得のできるものが出てきた。あとは変化球の精度、甘い球は見逃してくれないと感じました。もう1回細かいところを詰めていければ」と前を向いた。メジャーデビューが期待される3月20、21日のアスレチックスとの日本開幕戦(東京ドーム)へ上々のスタートを切ったのは間違いなさそうだ。(木崎英夫 / Hideo Kizaki)



    レッズ戦でオープン戦初登板したマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【MLB】菊池雄星選手・OP戦初登板&初勝利!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    レッズ、ナショナルズでGMだったジム・ボウデン氏が
    若手有望株トップ200を選出!


    マリナーズ・菊池雄星【写真:田口有史】

     西武からポスティングシステム(入札制度)を利用してマリナーズへ移籍した菊池雄星投手。米アリゾナ州ピオリアで行われているスプリングトレーニングでメジャー1年目へ順調に調整を進める中、レッズ、ナショナルズでGMを務めた米野球解説者のジム・ボウデン氏が米メディア「ジ・アスレチック」に若手有望株ランキングトップ200を掲載。菊池は全体24位ながらも、球団別で1位の評価を受けている。

     同ランキングは各球団のGMや球団幹部、スカウト、マイナー首脳陣、専門家の意見と、ボウデン氏自身のスカウティングをもとに作成されている。「スカウティング・グレード」として直球、各球種、制球力などを20~80の数値で評価。20?30が平均より遥かに下、40が平均以下、50が平均、60が平均以上、70~80が平均を遥かに上回っている、という基準だ。

     注目の菊池はボウデン氏から「直球55、カーブ50、スライダー55、チェンジアップ45、コントロール60、制球力55」と評価された。寸評では「マリナーズは非常に自信を持っている」として、球団側が望めば最大で7年総額1億900万ドル(約120億円)に達する大型契約を紹介。菊池の投球については91~94マイル(約146~151キロ)、スライダーが武器であることを記述しつつ、「マリナーズが最も楽しみにしているのは、彼のコントロールである」と記している。

     2001年を最後にポストシーズンから遠ざかっているマリナーズはオフにチーム再建に舵を切り、通算2470安打を誇るロビンソン・カノや正遊撃手のジーン・セグラ、エース左腕のジェイムズ・パクストン、守護神のエドウィン・ディアスと主力級を他球団とのトレードで放出。見返りとして多くの若手有望株を獲得した。将来のエース候補と期待される左腕ユストゥス・シェフィールドは全体44位の格付け。全体24位とはいえ、菊池はマリナーズ再建のキーマンと言えそうだ。

     同ランキング1位はブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.内野手、2位はパドレスのフェルナンド・タティスJr.内野手、3位はホワイトソックスのエロイ・ヒメネス外野手だった。3月20、21日のアスレチックスとの開幕戦でデビューが期待されている菊池。イチローとの共演も楽しみだが、この評価をも上回る投球を期待したい。(Full-Count編集部)
    マリナーズ・菊池雄星【写真:田口有史】

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【MLB】菊池雄星選手・米メディア有望株ランクで球団1位!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    ブルペン投球を見た地元ラジオ局「ESPNシアトル」が絶賛!

    (出典 www.tv-tokyo.co.jp)

     西武からポスティングシステム(入札制度)でマリナーズに移籍した菊池雄星投手。アリゾナ州ピオリアでのキャンプではメジャー流の短縮練習に戸惑いを見せながらも順調なスタートを切った。地元ラジオ局は移籍1年目の日本人左腕を絶賛している。

     菊池は13日(日本時間14日)にキャンプイン後初めてブルペン入り。スライダー、カーブ、チェンジアップを交え、37球を投げた。その投球を絶賛したのは地元メディア「ESPNシアトル」だった。同ラジオ番組の司会者ブロック・ヒュアード氏は西武のエースとして日本通算73勝を挙げた左腕のブルペン投球に「なんてことだ! 彼の球は、もの凄い動きをするじゃないか……まだキャンプでの初ブルペンなのだが」と称賛した。3月20、21日のアスレチックスとの日本開幕戦(東京ドーム)で菊池がデビューが期待されている。同氏は「サプライズとは私は思っていないがね」と言及した。キャンプ初日にして、その”実力”を認めさせた。

     練習後、菊池は練習時間の短さなど日本球界との違いを口にした。同氏は「現時点で最も大きな順応は、(日本の)10時間の練習から約1時間の練習に代わることだと…。その彼の言葉が気に入った」と語った。キャンプ序盤にして、地元メディアを虜としたようだ。(Full-Count編集部)
    マリナーズ・菊池雄星【写真:田口有史】

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【MLB】「なんてことだ!」菊池雄星選手のブルペン投球を地元メディア絶賛!「もの凄い動き…」】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    競泳女子の池江璃花子選手(18)=ルネサンス=が12日、自身のツイッターで白血病と診断されたことを明らかにした。「体調不良でオーストラリアから緊急帰国し、検査を受けた結果、白血病という診断が出ました」と記した。

     2020年東京五輪のメダル候補、池江選手の今後について、日本水泳連盟の上野広治副会長は「(東京五輪に)本人は出たかったと思うが、今は分からない」と話した。

     池江選手は、治療に専念するため4月の日本選手権出場を断念するとしている。「いまだに信じられず、混乱している状況です。一日でも早く、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います」と心境をつづった。

     上野副会長、所属先で池江を指導する三木二郎コーチらが12日に東京都内で記者会見して状況を説明。それによると、池江選手は1月18日から豪州のゴールドコーストで合宿を実施。合宿は今月10日までの予定だったが、体力の著しい低下など異変が見られたため、4日に現地で検査を受けた。詳しい検査が必要になったため8日に帰国した。同日に再検査を受けた結果、白血病と診断され、その日のうちに入院した。

     ルネサンスの吉田正昭社長は「(医師から)早期の発見ができたと説明を受けている」とし、上野副会長は池江選手の詳細な病状について「白血病としか言えない。(急性か慢性かは)もう少し時間がかかる」と述べた。三木コーチは「(東京五輪の)可能性はゼロではない。精神面でサポートできたら」と語った。 

    〔写真説明〕ジャカルタ・アジア大会競泳女子50メートル自由形で大会6個目の金メダルを獲得し、表彰式で歓声に応える池江璃花子選手=2018年8月24日、ジャカルタ

    〔写真説明〕競泳の池江璃花子選手が白血病を公表したツイッターのメッセージ

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】競泳の池江選手が白血病を公表...】の続きを読む

    このページのトップヘ