フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    カテゴリ:ニュース > 海外ニュース


    👇【詳細記事・画像・動画】

    bridge1

    image credit:photo by youtube

     大胆不敵な出来事が起こりがちなことから「おそロシア」なんて呼ばれ方もすっかり定着しているロシアでは(関連記事)、泥棒だって大胆すぎるほどに大胆である。

     ATMマシンにプロパンガスをぶち込んでボンッ!と破壊して金銭を強奪する手口が横行したこともあったが(関連記事)、また信じられないような強盗事件が発生してしまったようだ。

     5月中旬、フィンランドとの国境近くにあるムルマンスクのオクチャブリスカヤで、地元住民は驚きの光景を目にした。

     まさかの鉄道橋の中央部分がすっぽりとなくなっていたのである。金属くず強盗の仕業と見られており、盗まれた部分の長さは約23m、重さはなんと約56トンだという。


    廃線となっていた鉄道橋がいつの間にか消えていた!?



    Украли мост в Мурманске

     盗まれたのは、ウンバ川にかかっていた鉄製の鉄道橋。かつては近隣のプラントからレアアース(希土類元素)を運ぶために使われていたが、すでに廃線となっていた。

     鉄道橋がなくなっているのを発見した地元住民は盗まれたと推測して、すぐにキロフスク警察に届け出た。

     ロシアでは昔から、金属くずはお金を得るのに格好の獲物だとして泥棒から人気が高い(?)からだ。

     しかし警察はそんなやつおらんやろぉ~!と取り合わず、橋の所有者が撤去したのだと考えたらしい。bridge2

    image credit:photo by youtube

    真ん中がすっぽりと抜けた鉄道橋がロシアのSNSで話題に

     事態が一変したのは、真ん中がすっぽりとなくなった鉄道橋の写真や動画がロシアのSNS・VK(フコンタクテ)などで大きな注目を集めたことだった。

     地元メディアも

    自然現象ではこんな風に橋がなくなることはないだろう。金属くず泥棒はおそらく構造物を川の中へと落とし、その後でゆっくりと分解して運んだのだろう

    などと報道。

     いよいよ警察も「正体不明の人物が金属製の構造物を盗んだ」と正式に発表して、強盗事件として捜査が開始されることになった。bridge3

    image credit:photo by youtube

    過去にはさらに凄まじい重さ200トンの橋梁が盗まれたことも

     老朽化か何かの原因で中央部分が川の中に落ちてしまったのでは?と思うほど真ん中がキレイになくなっているが、周辺にはそれらしき破片などはなかったそうだ。

     損失額は約100万円とされているが、もし見つかったとしても元通りに戻してもらうなんてことはたぶん不可能だろうな。

     ちなみに今回の強盗事件で「おそロシア」とかいってちゃあダメダメ。2008年、ロシアではさらに凄まじいことに重さ約200トンもの橋梁が盗まれたのだ。

     こちらの事件の犯人は無事に逮捕されたそうだが、そもそも橋を丸ごと盗むっていう発想がすごすぎない?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【おそロシア】ロシアの泥棒はスケールでかい!鉄道橋をごっそり盗むという暴挙に!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像・動画】

    iStock-641545078_e

    naito8/iStock

     これは覚えておいて損はないシリーズなのかもしれないし、そうでもないのかもしれない。この果物が大好きな人は要注意なのかもしれない。

    中国で、お酒を飲んだわけでもないのに警察のアルコール検査にひっかかってしまった気の毒なドライバーがいる。

    その原因は、すさまじいニオイながら好きな人はクセになる、「果物の王様」とも呼ばれるあのドリアンだ。


    お酒を飲んでいないのに血液からアルコールが検出される

     
     地元メディアによると、4月17日、江蘇省南通市で車を運転していたジャンという男性は、警察からアルコール検査を受けるよう求められた。

    ジャン氏はお酒など一滴も飲んでいなかった。なのに、どういうわけか血液100mlあたり34mgもアルコールが検出されてしまった。

    中国では、100mlの血中アルコールが20mlを超えると飲酒運転とみなされる。

    違反した場合のペナルティはアルコールの量にもよるが、20~80mg/100mgでは、1000~2000元(約16000~32000円)の罰金と6ヶ月間の免停だ。4_e
    Weibo

    その原因はドリアンだった!


    仰天したジャン氏は次のように主張したそうだ。

    「飲んでませんって。ドリアンなら食べましたけど。血液検査をしてくださいよ。」

    南通警察は彼を病院に連れて行き、血液検査を受けさせることにした。その結果、確かに血中にはアルコールが含まれていなかったのだ。

    0_e0BorgQueen/wikimedia commons

    警察が検証したところ、ドリアンを食べると陽性反応


     この事件を受けて、ドリアンを食べると、お酒を飲んでいなくても息を吹きかけるタイプのアルコール検査で陽性反応が出てしまう可能性について、警察で検証が行われることになった。

    実験では、警察官に口いっぱいのドリアンを含ませ、検査機器に息を吹きかけてもらった。結果、本当に100mlの血中アルコール濃度が36mgという数値が出てしまったのだ。

    ところが、その3分後に血液検査をしてもアルコールは一切検出されなかったとか。

    3_e

      Weibo

    身の潔白が証明されて釈放されたドライバー
     
     身の潔白が証明されたことで、ジャン氏には運転免許証が返還されたとのことだ。

    ちなみに東南アジアには、ドリアンとお酒の食べ合わせは最悪で、下手をすると死ぬという迷信が伝わっている。

    クセの強い食べ物と言えば、日本ではパクチーが流行したが、これに次いでドリアンが流行った場合には、アルコール検査に引っかかるひと続出の予感。

    乗るなら食うな、食うなら乗るな、だ。

    実際には食べ慣れていない人にはそうとうヤバイ果物なので、大丈夫な気もする。ちなみに以下の動画はドリアンを食べたアメリカ人の反応だ。


    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52273974.html
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【要注意!】お酒を飲んでないのに警察のアルコール検査に引っかかってしまったドライバー?その理由はあの果物!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    水ダイエットで女性が重体に

    昨年2018年から、美容界隈では「水ダイエット」なるものが話題になっている。その内容は、大量の水やフルーツジュースを飲み続けることだけ。

    これにより多くの人が「痩せた!」との声を上げているようだが、今回のイスラエルの女性は、これにより一時重体に陥ってしまったのである。

    名前は公開されていないが、倒れたのは、イスラエルのテルアビブ在住の女性。

    彼女は体重40キロほどの痩せ型体型だったというが、地元の無免許のセラピストの指導により、3週間水だけを大量に飲む「水ダイエット」を続けていたという。

    医師による詳しい診断は報じられていないが、女性は重い”低ナトリウム血症“を引き起こしていた。

    これは、水の飲みすぎによって血中の塩分濃度が低下することで引き起こされるもので、症状は疲労感や頭痛から始まり、深刻化すると死亡することもあるという。

    今回の女性も、長期間の栄養失調と過度の水分摂取により脳に障害が残ることが危惧されていたが、幸いにも後遺症はなく、容態は安定しているとのこと。

    もちろん、低ナトリウム血症を引き起こすのは水ダイエットだけではない。暑い季節に大量の水を飲み、塩分を摂り忘れる事でも引き起こされる。

    これからの暖かい季節に向けて、水の飲み方には特に気をつけてほしい。
    参照元:Mako.co.il、Facebook

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【狂気】3週間水ダイエットを続けていたイスラエルの女性が重体に...】の続きを読む

    👇【写真はイメージです】

    (出典 www.jscore.co.jp)
    👇【詳細記事・画像】

     世界最大の自動車市場となった中国。世界中の自動車ブランドがしのぎを削る中国市場では様々なメーカーの車を見ることができる。激しい競争が繰り広げられる中国において、日系車はエンジンの性能や品質の高さ、さらには高い耐久性などが評価され、多くの中国人に支持されている。

     中国メディアの快資訊は15日、「なぜ日系車のエンジンはこんなにも優れているのか」と疑問を投げかけつつ、中国の自動車修理工の見解として「日系車のエンジンの凄さ」について伝えている。

     記事は、中国国内で車を買う際には「ブランドで選ぶならドイツ系、エンジンで選ぶなら日系車が良い」と言われていると紹介し、それほど日系車のエンジン性能は多くの中国人が高く評価していると伝えた。では、なぜ日系車のエンジンは優れているのだろうか。

     その理由について、日本は高い金属精錬技術や金属加工技術を持っていると伝え、「エンジンは大きな金属の塊であるゆえ、精密なエンジンを高い精度で作ることができる」と主張し、これが大きな要因だと強調した。また、中国に比べ、日本のほうが車の開発の歴史が長く、これまで培ってきた基幹技術の改良を続けているため、日系車のエンジンは常に中国を上回っているのだと主張した。

     中国自動車メーカーも近年は技術力を高めていると言われる。確かに中国国産車は外見的には外資ブランドの車と遜色ない仕上がりとなっているが、年数や走行距離を重ねるに従って故障が増え、耐久性や品質の違いが顕在化すると言われている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【中国】なぜ日系車のエンジンは優れていて、中国は追いつくことすらできないのか!?】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

    【簡単に説明すると】
    ・中国に積もった黄砂が衝撃
    ・まるで大雪後みたい
    ・「生きて行けるのか」の声

    中国の黄砂

    中国の街中が真っ白な銀世界になっている写真が中国のネット上に公開され衝撃となった。

    その画像は綺麗な雪景色を思わせる写真だが、実は積もっているのは雪ではない。

    実際に積もっているのは中国北東部にあるウイグル自治区、ウルムチ市の近くにあるタクラマカン砂漠から飛んで来た砂と黄砂が混ざった物。

    これを見た中国のネットユーザーは「地球最後の日かも」、「見るだけでおそろしい」、「マスク必須」、「人が生きて行けるの?」という驚きを見せた。

    中国では黄砂が酷く、街中が濃い霧に覆われたかのような状態になり、老夫婦が外出後に家に帰宅できなくなったという事件もあった。中国の黄砂

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】中国の街中に黄砂が積もった写真が衝撃的!まるで大雪のあとみたい「人が生きて行けるの?」】の続きを読む

    このページのトップヘ