👇【詳細記事・画像】

ポルシェジャパンは新型「マカン」の高性能モデル「マカンターボ」の予約受注を10月1日よりスタートさせた。消費税10%込みの車両価格は1219万1667円。なお、国内発売日は決定次第、発表される予定だ。


 440ps/550Nmを発する2.9LV6ツインターボ搭載

 マカンターボに搭載するエンジンは、440psと550Nmを発揮する2.9LV型6気筒ツインターボ。このエンジンは先代型マカンターボに搭載された3.6LV型6気筒ターボと比べて、ダウンザイジングを実現しながら、最高出力が40ps上乗せされている。

 トランスミッションは7速PDKで、PTM(ポルシェ・トラクション・マネージメント)を組み合わせた4WDを採用。4.5秒の0-100km/加速、270km/hの最高速を実現している。さらにオプションのスポーツクロノパッケージを選択すると、0-100km/h加速は4.3秒に短縮され、先代型マカンターボを0.3秒上回る。ちなみに270km/hの最高速は先代型比で4km/hのプラスだ。

 外観は20インチのマカンターボホイールや専用フロントエプロンなど、よりスポーティなイメージを高めるアイテムが採用され、高性能版をアピール。ブレーキシステムは、ブレーキディスクにタングステンカーバイドコーティングが施されることで、従来の鋳鉄製よりレスポンスに優れながら磨耗が少なく、ブレーキダストを従来比で最大90%低減させたPSCB(ポルシェ・サーフェス・コーテッド・ブレーキ)を標準装備している。

 内装や装備の面では、スムースレザー仕上げのレザートリムや、18ウェイ電動調整機能とコンポートメモリーパッケージを備えたアダプティブスポーツシート、10.9インチフルHDタッチスクリーンを組み合わせるPCM(ポルシェ・コミュニケーション・マネージメント)、14個のスピーカーと665Wの出力を備えたBOSEサラウンドサウンドシステム、ポルシェコネクトなどが装備され、機能性や快適性が追求されている。

(出典 news.nicovideo.jp)