👇【詳細記事・画像】

9月26日、アウディはQ3およびQ3スポーツバックに、トップパフォーマンスモデルとなる「RS Q3」、「RS Q3スポーツバック」を設定した。欧州市場には2019年末までに導入される予定で、ドイツでの販売価格は「RS Q3」が6万3500ユーロ(約748万円)から、「RS Q3スポーツバック」が6万5000ユーロ(約765万円)からとなっている。


 394ps/480Nmを引き出す2.5L直列5気筒ターボを搭載

 両車には400hp(394ps)と480Nmを引き出す2.5L 直列5気筒ターボエンジンを搭載。DCTの7速Sトロニック、4輪駆動システムの「クワトロ」と組み合わされ、4.5秒の0-100km/h加速をマークする加速性能が与えられている。

 サスペンションは、標準のQ3やQ3スポーツバックより10mmローダウンしたRSスポーツサスペンションを搭載。RS専用セッティングのプログレッシブステアリングとの組み合わせにより、卓越したハンドリング性能を実現している。

アウディRS Q3

 標準で20インチ、オプションで21インチが選べるホイールの内側には、6ピストンキャリパーを組み合わせる高性能ブレーキが装着される。ディスク径はフロントが385mm、リヤは310mmで、オプションのセラミックディスクを選ぶとフロントのディスク径は380mmとなる。
アウディRS Q3スポーツバック

 走行モードは「コンフォート」、「オート」、「ダイナミック」、「エフィシェンシー(効率)」の4モードに加えて、「インディビデュアル」またはその代替として「RS」を設定。ステアリングホイールに備わるボタン操作で起動できるRSモードは、「RS1」、「RS2」のふたとおりの設定が可能で、エンジンやトランスミッションなどの味付けを、任意に設定し、保存することができる。
アウディRS Q3スポーツバック

アウディRS Q3

 エクステリアでは、ブラックにペイントされるハニカムデザインのシングルフレームグリルや、両サイドに大きな開口部を設けたRSバンパー、ルーフエッジスポイラー、楕円形状のデュアルテールパイプといったSRモデル専用ディテールが与えられ、ダイナミックな走りのイメージが追求されている。

 RS専用デザインのスポーツシートやステアリングホイールが目をひくインテリアでは、カーボンのデコレーションパネルを採用。インパネにはRS専用デザインのアウディバーチャルコックピットやMMIタッチディスプレイが搭載される。RS専用のアウディバーチャルコックピットでは、タイヤの空気圧や出力/トルク、ラップタイム、Gフォースといったデータが表示可能だ。

(出典 news.nicovideo.jp)