フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    2019年07月


    👇【詳細記事・画像】

    ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパンは、特別色とプレミアムコンポーネントを装備したスペシャルエディション SVARTPILEN 701 STYLEを全国のハスクバーナ・モーターサイクルズ正規販売店にて2019年8月より発売を開始する。

     フラットトラッカーにインスパイアされたストリートエクスプローラーSVARTPILEN 701のスペシャルエディションとなるSVARTPILEN 701 STYLEは印象的なブロンズ、ブラック、シルバーを配色した特別色にスポークホイール、CNC 加工されたフットペグ、ハンドルバーエンドミラー等のプレミアムコンポーネントを装備している。


    SVARTPILEN701 STYLE

     SVARTPILEN 701 STYLEはデザインを重視するオートバイ愛好家にアピールするだけでなく、あらゆるライディングコンディションで優れたパフォーマンスを発揮するように設計されている。それは74HPの最高出力と72Nmの最大トルクを発揮するパワフルな単気筒エンジンを中心に構築。正確なハンドリングのためのWP製フルアジャスタブルサスペンションを装備、またBrembo製ブレーキと最新のBosch製ABSテクノロジーの組み合わせにより卓越した制動力を発揮する。

    ■SVARTPILEN 701 STYLE……1,420,000円
    SVARTPILEN701 STYLE

    発売予定時期2019年: 8月
    メーカー希望小売価格:1,420,000円(消費税8%込み)

    ■主要諸元

    エンジン型式:水冷、4ストローク、SOHC、4バルブ単気筒
    総排気量:692.7cc
    最高出力:55kW(74hp)/8,500rpm
    最大トルク:72Nm/6,750rpm
    変速機:6速
    シート高:835mm
    燃料タンク:約12L
    車輌重量:約158.5kg(燃料除く)
    保証期間:2年間
    生産国:オーストリア

    ■主な特徴
    SVARTPILEN701 STYLE

    ●シンプルかつ斬新なデザイン
    ●プレミアム感溢れるスポークホイール
    ●CNC 加工されたフットペグとバーエンドミラー
    ●市場でも最も進化したシングルシリンダーエンジン
    ●高品質のコンポーネントとテクノロジーを標準装備
    ●クイックシフター(アップ/ダウン)
    ●ライド・バイ・ワイヤースロットル
    ●最先端のBosch製ABSとBrembo製ブレーキ
    ●WP製フルアジャスタブルサスペンション
    ●スリッパークラッチ
    ●高級感のあるLEDライト

    ※主要諸元の値はEU仕様のものとなります。

    SVARTPILEN701 STYLE
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【新車】ハスクバーナ・スペシャルエディション「スヴァルトピレン701 STYLE」2019年8月より発売開始!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像・動画】

    エンゼルスOBのグビザ氏は「オールスターに出場すべきなのです」

    ■アスレチックス 12-3 エンゼルス(日本時間1日・アナハイム)


    (出典 Youtube) 
     エンゼルスの大谷翔平投手は6月30日(日本時間1日)、本拠地のアスレチックス戦で「3番・DH」で6試合連続スタメン出場し、今季初となる1試合2本塁打を放った。4回の第2打席で3試合ぶりの右中間11号ソロを放つと、8回の第4打席で今季初の1試合2発となる12号ソロ。エンゼルスは3-12で敗れて3連敗、借金1となったが、大谷は自身3度目の1試合2本塁打と1人、気を吐いた。

     2点を追う4回に右手一本で右中間スタンドへ運ぶ11号ソロを放っていた大谷。驚愕の2発目は10点差となった8回先頭の第4打席に生まれた。5番手右腕ブルックスから右越え12号ソロ。2ボールからのツーシームを捉えた。飛距離となる447フィート(約136.2メートル)を飛ばす、打球速度109.5マイル(約176.2キロ)の豪快弾。1試合2本塁打は昨年9月5日の敵地レンジャーズ戦以来298日ぶりとなった。

     この一発は大谷の今季最長、キャリアでも2番目の飛距離となる特大の一発に。この豪快弾には、エンゼルスの本拠地で試合を中継する「FOXスポーツ・ウエスト」の名物実況&解説も大興奮で、大谷の2発目を伝えた。

     実況のビクター・ロハス氏は「高々とした打球です。右中間後方です! 彼はまた打ちました! ビッグ・フライ! オオタニさん! 本日2本目です!」とまくし立てる。この日2本目も言い忘れることなく、決め台詞「ビックフライ!オオタニサン!」を絶叫した。

     解説を務めたエンゼルスOBでメジャー通算132勝のマーク・グビザ氏は「2シームの球です。準備ができていました。ショウヘイの素晴らしいパワーです」と称賛。ロハス氏から「あの打球音はどうすか?」と振られると、グビザ氏は「私たちが前に話していたことを振り返ってみましょう。ショウヘイ・オオタニはオールスターに出場するべきなのです」と大谷がオールスターに選出されなかったことを嘆いていた。(Full-Count編集部)

    本拠地アスレチックス戦で2本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【MLB】大谷翔平、今季初2発に米名物実況&解説も興奮「ビッグフライ!2本目だ!」】の続きを読む

    このページのトップヘ