フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    2019年05月


    👇【詳細記事・画像】

    2025年には空飛ぶクルマが実現する? 未来を先取りしすぎたコンセプトカー5選

    世界の自動車メーカーが作った流線型デザイン

    昨年、ロールスロイス社(航空機エンジンメーカーでもある)が、2020年代前半にも「空飛ぶタクシー」の実用化を目指すと発表し、米配車大手ウーバー・テクノロジーズのCEOも「5年後にも空飛ぶタクシーが実用化される可能性がある」とコメント。

     ボーイングやドイツのベンチャー企業、その他数社も空飛ぶタクシーの実用化を目指している。しかし、空飛ぶクルマといえば、かつてのスーパーカーブームの頃のカロッツェリアが生み出したコンセプトカーたちも、地上を走る乗り物というより、空に舞い上がりそうな革新的なスタイルのクルマが多かった。そんな未来を先取りしたクルマたちを、いくつか振り返ってみることにしよう。

    いまにも空を飛びそうな昭和のコンセプトカー5選

    ランチア・ストラトス ゼロ

     1970年代のスーパーカーの中でも、ひときわ高い人気を誇るランチャ・ストラトスHF。ストラトスHFのデビューは1974年だが、その4年前にもう一台の元祖ストラトスがお披露目となっている。それが1970年のトリノショーに出展されたコンセプトカー「ストラトス・ゼロ」だ。いまにも空を飛びそうな昭和のコンセプトカー5選

     デザイナーは、ベルトーネ時代のマルチェロ・ガンディーニ。いかにも空気抵抗が小さいスーパーカーらしいウェッジ・シェイプで、なんとこのクルマにはドアがない。戦闘機のキャノピーのように、水平近くまで寝かされたフロントウィンドウを上方向に開けて乗降するというスタイル。マイケル・ジャクソンが主演・原案・製作総指揮のミュージカル映画「ムーンウォーカー」にも登場し、空を飛ぶシーンが描かれている。いまにも空を飛びそうな昭和のコンセプトカー5選

    マツダRX500

     1960~70年代の速い乗り物のイメージは、先の尖ったボディと後方から火を噴くジェットエンジン。この二つのイメージを完璧に持ち合わせていた日本が誇るコンセプトカーといえば、マツダRX500だ。コスモ・スポーツの後継車として企画され、マツダ創立50周年モデルとして1970年の東京モーターショーに登場。
    いまにも空を飛びそうな昭和のコンセプトカー5選

     ランボルギーニ・カウンタックの発表よりも早く、ガルウイングドア(正式には「バタフライウィングドア」)を取り入れ、ロータリーエンジンを積んだ本格的なミッドシップスポーツを目指していた。いまにも空を飛びそうな昭和のコンセプトカー5選

    ランボルギーニ・マルツァル

     1967年のジュネーブショーで発表されたマルツァルは、ランボルギーニ社としても伝説の一台。低く流麗なデザインを持つミウラの兄弟車と言われている。ミウラは4リッターV型12気筒をミッドシップにマウントした2シーターモデルだったが、マルツァルは4シーターのガルウイングドアを採用し、エンジンは2リッター直列6気筒をリアに横置き搭載。いまにも空を飛びそうな昭和のコンセプトカー5選

     デザインはベルトーネ時代のマルチェロ・ガンディーニで、エクステリアにもインテリアにも六角形を多用していることが大きな特徴。室内がほぼ丸見えのスケルトンな感じが、ヘリコプターのコックピットのようで、飛行体的に見える。量産化は実現せずコンセプトカーで終わっているのが残念だ。いまにも空を飛びそうな昭和のコンセプトカー5選

    マセラティ・ブーメラン

     ブーメランは、1971年のトリノショーで発表されたマセラティのコンセプトカー。プラットフォームは、マセラティ・ボーラを流用し、実走可能なプロトタイプまで作られている。デザインを担当したのは、イタルデザインのジョルジェット・ジウジアーロ。ステアリング内側にすべてのメーターとスイッチ類が円型にレイアウトされているのが大きな特徴で、非常に“未来”を感じさせる一台だった。いまにも空を飛びそうな昭和のコンセプトカー5選

    デロリアン(バックトゥザフューチャー仕様)

     空飛ぶクルマといえば、映画バック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアン。第1作目の最後の場面で、1985年から30年後の2015年10月21日にタイムトラベルしようとするシーンで、ドクことエメット・ブラウン博士が「道? これから行く場所に道など要らん」と言って、デロリアンが宙を駆けるシーンとなるが、現実の2015年には空飛ぶクルマは普及していない……。いまにも空を飛びそうな昭和のコンセプトカー5選

     しかし、そのさらに10年後の2025年には、いよいよ「空飛ぶタクシー」が登場するかも、と思うとワクワクしてくる。

    いまにも空を飛びそうな昭和のコンセプトカー5選

    いまにも空を飛びそうな昭和のコンセプトカー5選

    いまにも空を飛びそうな昭和のコンセプトカー5選

    いまにも空を飛びそうな昭和のコンセプトカー5選

    いまにも空を飛びそうな昭和のコンセプトカー5選

    いまにも空を飛びそうな昭和のコンセプトカー5選

    いまにも空を飛びそうな昭和のコンセプトカー5選

    いまにも空を飛びそうな昭和のコンセプトカー5選

    いまにも空を飛びそうな昭和のコンセプトカー5選

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【コンセプトカー】2025年には空飛ぶクルマが実現する?未来を先取りしすぎたコンセプトカー5選!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】


    【元記事をASCII.jpで読む】

    日本マクドナルドは「濃厚チーズファンにささぐダブチ」(愛称:ノグチ)「やきにくソースがグッとくるベーコンダブチ」(愛称:ヤグチ)を6月5日から期間限定で発売します。

     “ダブチ”こと「ダブルチーズバーガー」は、2枚のビーフパティとチェダーチーズ、オニオンの食感とピクルスの酸味、ケチャップの甘みとマスタードでバランスをとった、マクドナルドの定番商品。2017年実施の“マクドナルド総選挙”でも人気No.1に輝いています。今回の商品は、そのダブチの「トモダチ」として登場するという設定。

     “ノグチ”こと濃厚チーズファンにささぐダブチは、ダブルチーズバーガーに、スモーキーな香りが特徴というチェダーチーズソースを加えています。とろける濃厚なチーズの味わいが、チーズ好きにはたまらない一品だとか。単品390円。

     “ヤグチ”ことやきにくソースがグッとくるベーコンダブチは、ダブルチーズバーガーに、スモーキーでジューシーというベーコンと、にんにくの旨味やごま油の風味が特徴のやきにくソースを加えています。ダブルチーズバーガーとやきにくソースの味わいが、相性ばつぐんだそう。単品390円。

     さらに、ノグチとヤグチに加え、第3の期間限定バーガー「○○チ」も同日に登場するとか。○○チの正体は6月4日11時に発表されるそうです。楽しみに待ちたいですね。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【マクドナルド】ダブチのトモダチ「ノグチ」「ヤグチ」!ダブルチーズバーガーが進化して登場!】の続きを読む

    2019年5月29日(水)の気になる情報をまとめてみました!

    👇【詳細】
    SNSで無断転載・・・星野源の忠告に賛同の声が相次ぐ
    2019-05-29 19:46:23(15550 view)

    (出典 matome.naver.jp)


    👇【詳細】
    20代男性は2割に‥深刻化する「就活セクハラ」に様々な声
    2019-05-29 19:46:23(3615 view)

    改正放送法の成立でNHKにインターネットで常時同時配信を認めた。NHKと契約している世帯は追加料金は不要。テレビはないがネットに接続している世帯はどうなる?


    (出典 matome.naver.jp)


    👇【詳細】
    作曲家の一面も!…Kokiが手がけた三浦大知「片隅」のMVが公開に
    2019-05-29 19:46:23(16850 view)

    昨年モデルデビューを果たし、以降活躍が続くKōki,さん。作曲を手がけた三浦大知さんの楽曲「片隅」のミュージックビデオ(MV)が公開になり話題になっています。


    (出典 matome.naver.jp)


    【【まとめ】2019年5月29日(水)の気になる情報まとめ!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】


    【元記事をASCII.jpで読む】

     牛めし、カレー、定食などを販売する「松屋」は、「創業ビーフカレー」を6月4日10時から発売します。

     創業当時の味を再現して作ったという「創業ビーフカレー」。カレーは20%以上も肉を使用したという、肉たっぷりの仕立て。牛バラ肉をとろとろになるまで煮込んで仕上げたそう。食べ終わるまで肉の旨味が味わえるのが特徴だとか。

     牛めしと「創業ビーフカレー」が一度に楽しめる「創業ビーフカレギュウ」と、鉄板で焼き上げたハンバーグと「創業ビーフカレー」との相性が抜群という「創業ハンバーグビーフカレー」も同時発売。

    ・「創業ビーフカレー」並490円、大盛590円

    ・「創業ビーフカレギュウ(熟成チルド牛肉使用)」並700円、大盛800円

    ・「創業ハンバーグビーフカレー」並700円、大盛800円

     「創業ビーフカレギュウ」は、プレミアム牛めし未販売店舗では、熟成チルド牛肉を使用せず、価格が異なります。

     いずれも、店内飲食の場合はみそ汁付き。テイクアウト対応。ただし、テイクアウトする場合みそ汁は付きません。

     肉の味わいを楽しめるというカレー。松屋のカレーにはファンが多いため、今回のメニューも期待です。

    ■「アスキーグルメ」やってます

     アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

    松屋、肉たっぷり「創業ビーフカレー」
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【松屋】松屋・新作メニュー「創業ビーフカレー」6月4日(火)10時~発売開始!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像・動画】

    米津玄師が6月3日(月)にリリースする配信限定シングル「海の幽霊」。映画『海獣の子供』予告編で一部が公開されていたが、100名限定で行われた『海の上映会』にてMVが公開となった。今回のMVはアニメ映画『海獣の子供』の映像を全編に使用したビデオとなっている。

    『海の上映会』

    『海の上映会』


    『海の上映会』

    『海の上映会』

    MV先行視聴会『海の上映会』は、100名のみが参加し都内に浮かぶ「船」にて実施。船内は、B1Fを“深海”に見立て、薄暗く水泡の音が響くなか、映画内「江の倉水族館」として登場する「新江ノ島水族館」とのコラボレーションで実現した、貴重なクラゲやヒトデなど海洋生物を展示。その奥中央には、五十嵐大介が書き下ろした「海の幽霊」のジャケットが、1.2m四方サイズの水槽の中に浮かび、水中の光の揺らぎを生で感じられるような見せ方で展示。1Fは“浜辺”に見立てられ、波の音を聞きながら、映画「海獣の子供」のビジュアル展が展開され、映画の場面シーンのライトアップパネルや、クジラの泳ぐムービーが展示。そして2F、船上デッキの屋上は、“海の空”と題され、そびえ立つ巨大マストにMVが投影された。


    『海の上映会』

    『海の上映会』

    『海の上映会』

    『海の上映会』

    今回のMVはアニメ映画『海獣の子供』の本編映像によって表現されており、「STUDIO4℃」が描く繊細でもありながらダイナミックな自然や生き物、人物の描写が全編を通して描かれている。また、本作のジャケットは『海獣の子供』の原作者・五十嵐大介が書き下ろしたアートワークとなっている。


    (出典 Youtube) 

    米津玄師
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【米津玄師】「海の幽霊」全編アニメーションMVを海の上で解禁!】の続きを読む

    このページのトップヘ