👇【詳細記事・画像】

腕時計に対する価値観を大きく変えた製品として、国立科学博物館が主催する「2019年度未来技術遺産」に初代モデル「DW-5000C」が登録されたG-SHOCK。そんな時計史に残る初代G-SHOCKのフォルムをフルメタルで再現したシリーズにチタンモデルが登場する。


CASIO G-SHOCK「GMW-B5000TB」 ¥150000+Tax

ブランドのオリジンであるスクエアデザインをフルメタル化した「GMW-B5000」シリーズの新作として初めて外装に軽量なチタンを用いたモデルが「GMW-B5000TB」。

ケース・バンド・ベゼル・裏蓋・ボタンなどの外装のメインパーツに、ステンレスよりも軽いチタンを採用することで、従来モデルより57gも軽量化。装着感が向上している。



デザインでは、初代G-SHOCK「DW-5000C-1B」からブラックのケースにゴールドの文字やラインがアクセントとなったカラーリングも継承。レトロなルックスながらも、機能面ではスマートフォンリンク機能を搭載。正しい時刻への修正やワールドタイムなどの各種設定が簡単に行える。

また、各メタルパーツの表面には硬度を高めるDLC処理が施され、風防には傷がつきにくいサファイヤガラスを採用。さらにSTN液晶を採用していて、斜めの角度からでも時刻が見やすくなっている。発売は11月8日。


 


(出典 news.nicovideo.jp)