👇【詳細記事・画像】

三菱RVRが一部改良! エクステリアの刷新で存在感大幅アップ&サポカーSワイドに該当

より迫力あるフロントマスクに変身!

 三菱自動車は、コンパクトSUVのRVRを一部改良した。新デザインの内外装と、安全装備を充実させていている。メーカー希望小売価格(8%税込み)は、210万4920円〜250万8840円。

 まず目を引くのは、より個性的になったエクステリアだ。デリカD:5、eKクロス同様の縦型ライトユニットと進化させたダイナミックシールドを採用したフロントマスク。縦型ライトはウインカーとフォグランプを内蔵しており、ヘッドライトなどもLEDを多く採用している。

 リヤもボディサイドまで伸びるテールランプがワイド感を演出。バンパーサイドにも個性を際立たせるブラックのガーニッシュを与えている。また、上級グレードには18インチアルミホイールを採用。デザインコンセプトである「Impact and Impulse」を具現化した、都会にも映えるSUVに仕立てた。

RVR

 

インテリアは、上級グレードのGはシート生地に幾何学模様を採用。天井をブラックとしたことで、スポーティさを演出している。また、メーカーオプションに設定されているスマートフォン連携ナビゲーションは、内蔵地図によるルート案内のほか、Android AutoやApple CarPlayなどの機能も利用することができる。

 また、安全装備は予防安全技術「e-Assist」に前進時の誤発進抑制機能をプラス。これにより、サポカーSワイドに該当するモデルとなった。

 ボディカラーはスポーティなサンシャインオレンジメタリックとレッドダイヤモンドの2色を新規設定。CVTにはMポジションを新設定したことでスポーティな走りを常時楽しむことも可能。魅力がアップしたRVRに注目だ。

メーカー希望小売価格(8%税込み)は下記の通り。

2WD
M 210万4920円
G 227万2320円
4WD
M 234万1440円
G 250万8840円

(出典 news.nicovideo.jp)