👇【詳細記事・画像】

 
 宮迫博之(雨上がり決死隊)ら吉本興業のタレントが反社会的勢力の会合に出席して金銭を受け取った問題は、事態が収まる気配がない。

 宮迫と田村亮(ロンドンブーツ1号2号)は7月20日に自前で記者会見を開き、「会見したらおまえら全員クビにするからな」といった吉本興業・岡本昭彦社長の冷徹な対応を涙ながらに訴えた。22日にはその岡本社長が5時間半にも及ぶ会見を開く事態に発展したが、的外れな受け答えに終始。宮迫と田村の契約解除処分は白紙に戻したが、当事者能力のない経営陣の態度に所属芸人たちも不満の態度を隠さず、事態は「事務所vs.芸人」の全面戦争の様相を呈している。

 そんな中、暴力団関係者との交際を理由に、2011年に引退した吉本興業の“大物OB”島田紳助氏(63)が「週刊文春デジタル」の取材に応じた。黒のポロシャツ姿で、ロードバイクに乗っていた島田氏は、取材班の問いかけにバイクを止め、胸の内を語り始めた。

「辞めたらあかんし、まだまだ引退したらあかん」

 島田氏は今回の事態が起こる直前、じつは宮迫と会っていたという。

「宮迫はすごい仲良しやし。辞めるって言ったとき、まじで凹んだもんなあ。トラブルが起きる1週間くらい前にも一緒だったんすよ。遊びに来て、みんなで。

(宮迫には)絶対辞めんなよと。絶対に辞めんなって。辞めたらあかんし、まだまだ引退したらあかん。ほんで、吉本に対して、腹立つこともあるやろし、ここはひとつ長いものにはぐるぐる巻きやと。先輩たちも心配して動いてるんやから、宮迫も意地を張るなと。わかるけどね、気持ちはわかるし腹立つこともあるけど、元々はお前やぞ。もういっぺん冷静になろうぜと。元々はお前が悪いと。腹立つこともいっぱいあると、だからもっと偉なってから言えと。偉くなってもういっぺん喧嘩せいと」

 今回、吉本の大崎洋会長と直接面談し、事態の収拾に動いたダウンタウンの松本人志についてはこう述べた。

「松本とは全然やり取りしてない。そんな言わんでもわかってくれてるやろし。あいつはやっぱり素晴らしいヤツやから。あいつは男気あるからね。ほんまは大先輩がいるんやけど、現状としてさんまと松本が大崎に一番近くて、吉本の中で一番二番のギャラを取ってるイコール力じゃないけども、力のある二人が動かないかんと思って動いてるんやし、すごいええことやと思うわ」

松本の「大崎辞めるんだったら俺も辞める」発言については?

 松本は7月21日、レギュラーを務める「ワイドナショー」(フジテレビ系)に生出演した際に、大崎会長は「これ以上騒動が大きくなるようであれば、進退を考えなければいけない」と話していたと明かしたが、松本は「それは僕は全力で止めます。大崎さんがいなかったら僕も辞めるので。うちの兄貴なんで」と述べたことが話題となっていた。この発言について、島田氏はこう語った。

「『大崎辞めるんだったら俺も辞める』っていう松本の話と、このままでは他の奴が辞めるっていうのとはまた全然別問題やからね。大崎さんが辞めたら吉本辞める、いうのは松本は当然やと思うよね。うん。もう兄貴みたいなもんやから。『僕があんのは大崎さんのおかげや』っていうのはあいつの思いやから。そういう思いは正しいし、みんなそんな思いでやってんのと違う?

 大崎クビにしたら会社潰れんで。ほんまに。イメージはどうだか知らんけど実質問題、大崎という人間はカリスマ的な人間だったし、今吉本の中で唯一カリスマがある人間やし、クリエイティブな能力があって出世した男やし。タレントの気持ちもよくわかるし。だから松本の“兄貴”っていう言葉がぴったりだと思うよ。何で兄貴って言うんだと言ったら本当に兄貴みたいな存在なんですよ。だから今吉本の大崎が辞めたら、松本も辞めるって言うけども、大崎辞めたら吉本も潰れるから辞めんでもなくなるで。真面目な話、大崎が辞めたらみんな辞めますわ。

(岡本社長については)いやいや、俺あんまり知らんのよ、岡本って。何べんか喋ったことあるくらいで。電話で喋ったり、一緒に昔ご飯食べたくらい。大崎さんが社長に任命するくらいですから。仕事はちゃんとできる人なんでしょうね」

「直の営業は行かないと、生きていけへんの」

 事態の発端とも言える「闇営業」については、多くの若手芸人を抱える吉本のような組織には必要なことだとして持論を展開した。

「(ギャラが)1500円とか、そういう奴ら全員食べさすことは不可能やからね。だから宮迫は『僕らクビになったけど直営業は無くさんといてくれ』と言ってたけど、直の営業は若い子は行かないと、生きていけへんの。それは吉本も咎めへんから。吉本の営業部って座って待っとるだけやから。そりゃそんなんで仕事来るわけないもんね。そう。だから、よその会社とおんなじようにやれっちゅうて絶対無理やわそんなん。そんなんしたらみんな、餓死」

 この島田氏へのインタビュー《ノーカット1万字版》は「週刊文春デジタル」で公開中だ。

(「週刊文春」編集部/週刊文春)

島田紳助氏 ©æ–‡è—æ˜¥ç§‹

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

こうなると、もう一度大崎が社長に戻るしかない。岡本は大失敗した。年齢的にも吉本の社長の器ではなかった。大阪でずっといなくて東京でも社長氏に籠っているなんて、芸能会社社長のすることじゃない。今回の一件の指示から会議での行動全部失敗。これだけ失敗したら岡本は辞めるしかない。


暴力団の周辺者()な島田紳助と大変仲が良くて、事件の一週間前にもみんなで遊びに来ていた……あれ? 余計につんでないか宮迫


>「直の営業は行かないと、生きていけへんの」 結局ここだよなー。よしもとみたいな企業がなんでそこまで搾取しないと成り立たないのかっていうけど、それでずっとやってきたからそれ以外の方法論みたいなのが作れないのよね。とはいえ、今後も週刊誌が目を光らせ、半グレが小銭稼ぎに利用しようと考えるだろう事を踏まえると、これまで通りは無理だと思うんだがどうすんだろうね


「(ギャラが)1500円とか、そういう奴ら全員食べさすことは不可能やからね。」って、食わせていけない人数囲ってる時点で会社として成り立っていないのでは?


「潰れて当然の会社が現場の芸人によりかかって延命してる。それを続けるには大崎が必要」と読めたんだが、きっと俺の心が汚れているからだろう


現体質を肯定または長い物にはまかれろ、などとコメントするようではなぁ。この人もまた反社勢力とズブズブなんだろう。そして自分は生き残ってきたから下の人間にもその環境で行かせようとする。結局島田の暴力団関係者との問題で引退となったのは正しかったということが改めて証明された感じ。


搾取したギャラはどのぐらいになるのか、どのように使われているのか。それを説明できない以上もうイメージは絶対に好転しない。まあ説明できるわけもないんだろうけどねー。


営業部に若手芸人突っ込めばいいんじゃないの


ヤクザが偉そうに口出ししてんじゃねぇよ


大崎会長と松本との関係は理解できる。吉本の組織にとって本当に必要なのかはこの記事からは判断できないな。


養成所出身の有象無象の芸人を食わせるパイは今の芸能界には無いだろ。吉本してはチャンス(劇場の出番、M-1等)を与えて自分で成り上がれというスタンス。努力も才能も無い自称芸人を養成所で大量に生産してきたシステムをやめる時期なのかもしれない。


こいつ自分がなんで消えたか覚えてないのか?口出してくるんじゃねーよ


随分前から組織の体を成してないから一旦潰れればいいんだ。立て直せなければそれっきりで構わん。お笑い芸人抱えたい芸能事務所なんて他にいっぱいあるだろ


「吉本興業は企業としての体をなしていない」という事だけが良く分かった。


何か岡本社長の会見はスケープゴートにしてから社長辞めさせる事前提で開いたんじゃないかと思えてきた…


……あれ、営業が座ってるだけなら、所属タレントが籍を置く価値あんまないんじゃ? 仕事の方から来てくれる程ブランドが強力なんだろうか


不動産取引の会合に山口組系暴力団の「極心連合会」幹部を同伴してきたズブズブの人間に発言求めるとか流石文春()


紳助が芸人の口で物言ってるので内容は重い。NSC前から吉本を支えてきた本当の大黒柱は大崎。岡本は新人の頃にマネやった経験あるだけで基本は会社を切り盛りするデスク屋。いわば、大崎がジャニー社長、岡本はメリー。もっとも、紳助も昔の吉本をベースに物言うから、それが今の時代に即してるかは全く別問題。この案件、だんだん、わざと本質ズラして軟着地させる流れになってきたな


今テレ朝の番組見て、元よしもとマネージャーの大谷って人が出てるけど、これはもう完全に「昭和の身内企業」のノリで何とかしようとしてるなぁ。まがりなりにも元とはいえ外部から見ているはずの人間でも「恩義」や「人情」を重視してそれ以外をあまりに軽視してる。こりゃ内部の人間はどうなってるかは推して知るべしだわ。


岡本のマネージメント能力に焦点が移ってるけど、そんなんどうでもいい。宮迫の嘘から始まったと思ってる人もいるけど、そもそもは入江の発覚が導火線。それを知ってた会社の隠蔽が悪手。入江を切って会社の保身に走ったけど宮迫の嘘が追及の手を広げた。他に山ほど爆弾抱えてるから早期鎮静に向けてクビ宣告とか迷走を始めた。たかじん-紳助-吉本の線と現政権まで繋がってるから。これ


昔は徒弟制度で師匠が弟子の生活全般面倒みてた。だから1500円でも平気だったし、ベテランは弟子の生活分も含めて大金を得てた。それでバランスが成り立ってたんだろうし、弟子に大金を得るという夢を見せてた。でも、”学校制度で芸人量産形態”に変化した時に、給料形態をちゃんと見直さなかった。そこが根本の原因だと思うね。今からでもちゃんと見直さないと、解決しないでしょ?


吉本興業って重鎮だった「林庄之助」が何回も社長を辞めたり、したりしている。今回も大崎が社長に戻って指揮を執るしかない。大崎は大芸能事務所の社長になるには年齢も器も無かっただけ、それが今出て来ている「清水圭」「友近」の発言。あれなんて会社幹部が言うべきことじゃない、どちらかというと893の言い回し、言い方帰るだけで良い上司になるのに。仕事に感情は禁物代表例


今のNSC吸い上げシステムがおかしい。本当に面白いヤツだけと契約してれば賃金問題も発生しない。つまり吉本側が選択眼を磨くのをサボってるだけ。


なんというか…論点ずらしがどんどん露骨になってきてる気がする


社長の岡本って大学から今まで私生活でも大失敗したことのない典型例。今までの偉人たちは色々と失敗経験があって、大偉業を成し遂げた。でも岡本は何も失敗経験なしで社長まで上り詰めた。そして悪い口調で人を使いこなして来た。吉本内部では「善」だったが、今の世の中では「悪」とそれがずっと吉本内部に居て判らなくなったのだよ。今の体制でも良いけれど、外部からもう一人社長居る


NSCって入学と同時に学費分を吉本系の金融会社に借金させてギャラで返済させるから最初から稼げない若手は長期&高い金利で実質賃金が無くなる。 もちろんNSC時代から売れるようなヤツは返せるけど、つまりはそう言う奴らを拾うために他のNSC生が生け贄になってるだけ。


大谷元マネージャーは「どうしようもない人間をよしもとが救いあげて真人間に育ててる」と主張して、その為には口頭契約を中心とした曖昧な契約は必要悪だ(大意)と言っていたが、それはもう完全に「昔の考え」だよな。太平サブローも「お前らが文句言えた立場か」みたいな事を「俺の頭が古いのかもしれないが」と添えて言ってたけど、正直「はいそうです」としか言いようが無い


某所で「こいつが擁護したということは反社との大々的な繋がりは確定、大崎が元締めか」みたいなの見てなるほどなと。というかこいつ擁護するとかありえんだろ、ヤクザとの繋がりより先に暴行傷害で引っ張られたんだぞ


NSCの問題は、NSC一期生でダウンタウンを引き当てた成功体験から来ていて、その成功体験の具現者が当時のダウンタウンの面倒見た大崎会長だから、大崎がいる以上今のシステムは変えようがないのは事実。加藤(はNSC出身じゃないので)が言ってるのはそこ。


吉本的には、「面白くもないのに芸人に憧れてくるヤツに夢見させてやってる料金だ」という話で、これは「ナントカアニメーション学院とかと同じ」という理屈。


雇ってる人をを食わせてやる保証が無い会社とかこの時代に存在するのか・・・今までグレーゾンだったのが表に出て、若手芸人が今後どう生活していくのか


餃子 << 吉本と芸人は「マネジメント契約」で「雇用契約」じゃない。個人事業主である「芸人」のマネージメントを委託されてるという取り扱い。


そのマネジメント契約するなら本来闇営業はしちゃアカンってなるはずなんだけど、そもそも契約書交わしてない口頭契約だからやり放題。でも紳助とかも言ってるように闇営業しなきゃ生活できないようなシステムになっちゃってるから闇営業やめればそれで解決ともならない。よしもととしても今の数芸人抱えて少しでも「当選確率」上げるには闇営業を黙認せざるをえない。はてどうしたものか


myomyo << 闇営業(直営業)の禁止事項は無い。反社会組織との関係を慎むようにという誓約があるだけ。


闇(直)営業が芸人のハングリーさというか、必死さ滑稽さに繋がってるから悪いと言えないんだよな。考えてみなよ、「ここでウケなくても、会社から一定の給料出るんで(笑)」ってやってる芸人が面白く感じるかって話。イロモノで1人くらいいてもいいだろうけどね…


誰だっけ?


紳助は暴力団とかかわりのある証拠が出たら腹を切るって言ったよな、早くしろよ


>ゲスト それがそもそも「マネジメント会社」としてはおかしいよね。仮に禁止はしないにしても、何らかの免責事項の規定とかは無いとこうなるわけだし。とはいえ、他でも黙認はされてそうだよなぁ。芸能関連事務所全般の問題じゃないかと提議してた記事前見たけど、下手するとよしもとだけで話が終わらないかもな


10年以上前の関係を今まだ言うのなら、政治家たちも全員「暴力団」との関係もずぶすぷだった。もういい加減、10年とかの以前の事持ち出すな。いつもの事だがネット民の悪いとこ。


myomyo << それが「口頭契約」の吉本のやり方。「口頭」とはいえ、契約項目を口頭で伝えてるわけでも無いから、稼ぎが良くなるまでは会社のやりたい放題。大崎世代以上(ダウンタウン以上)の芸人には丁寧に対応してるから、大御所からはクレームが出ないという狡猾さ。


島田紳助は暴対法以前に女マネージャーを殴ってる時点で今の時代ならアウトその当時は吉本が女の方を解雇してるんだから、昔から力のある芸人ファーストだろ。あと松本も仲のいい芸人は面倒みるけどそれ以外ガリクソンの飲酒運転の時は吉本にとって邪魔、迷惑と赤の他人のように切って捨てた。結局自分の周りしか見ていない。今回は松本の舎弟に格下の岡本がいつものノリでやらかしただけ


日付がぼやかしてあっていつの話だか分からないから大して価値がない記事。


問題の根源は、無条件で入学金さえ支払えば入れる、定員無制限のNSCだろ。


吉本が潰れても問題なかろう。他にいくらでも契約先はあるわけだし


それで潰れるならその程度の企業ということだ


結局、吉本の体質そのものが今回の一連の事件の要因なんじゃないか…籍だけ置かせといて基本給すら与えず、食いたいなら自分でなんとかしろ! でも売れたらウチのお陰なんだから還元せーよ! とか、悪どすぎやん…。


潰れるなら潰れたらええがな。どうせ潰れて困るのはお笑い芸人のくせに笑わせられないなんちゃって芸人たちなんだし。


『口出しすんな』系は紳助責めるのは角違い。紳助は「文春が取材に来たのだから答えた」責めるなら「文春は○○には取材するな」が正しい。


もう吉本潰した方がよくないか?


吉本ってかなりやばい会社なんだね、ヤクザとズブズブだし、吉本の芸人は全員何かしらの闇営業してるんじゃないの?


ヤクザとズブズブの一般人がなんでご意見番面してるのかコレガワカラナイ。


口出しするなっていってるちょっと頭の弱い子はよく考えてみよう別に紳助が俺の意見聞いてくれ!ってTV局やマスゴミにいったのではなく取材として行った人間に答えただけだからね?君たちの言い分は交通事故で人轢いたけど轢かれてんじゃねー!っていうぐらい無茶苦茶だからね?


語る資格ないから聞かれてもノーコメを貫く。それってステキやん?


若手がやっていけるかどうかは金銭的に本人ら次第だろう。生活力の無さ理由で要らん事するくらいなら辞めるしかない。


つまり吉本が潰れれば社会は助かると


吉本は体育会系を社長に据える。紳助の時代の社長は元ラガーマンだったので、ギャラの交渉にいっても「(上着を脱いで)かかってこんかい」で一蹴されたらしい。そういう意味では岡本社長は無能ではなく、むしろ仕事は出来るからこそ今のポデションにいる。ただ体育会ゆえに身内を殴って事を収めるようなやり方を得意とするので、今回のようなケースに対応できるか、というのが見どころ。


会社として直営業は黙認する、結果反社会的組織と金銭のやり取りする関係に陥りやすい。この構図をどうするかってのを会社として何か決断しなきゃいけませんよって話だろ、しかも反社と会社自体なんらかの繋がりも疑われるやりとりもあったんだし。