👇【詳細記事・画像】

【モデルプレス=2019/07/20】吉本興業とのマネジメント契約が解消となった雨上がり決死隊・宮迫博之(49)が20日、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)と共に都内で会見を実施した。

【さらに写真を見る】宮迫博之、会見で頭下げ謝罪

会見途中、芸人仲間や相方への心境を聞かれた宮迫は「申し訳ないなんて言葉で…。すみません。付き合いが長すぎて、兄弟みたいにやってきたやつらを裏切ってしまったんです。申し訳ないとか、そんな言葉で許されるとは思っていません」と声を震わせながらコメント。

田村亮は相方の田村淳について、この会見前に電話で話したことを明かし「引退をするか、契約解除かという話もしていたのですが、正直迷っていました。吉本を辞めるということはずっとやってきた淳とも、番組の関係者とも分かれるということですから」と心境を告白。

「でも僕はちゃんと自分の口で謝りたい、お金の経路を言いたい、本当の事を言いたいというのが凄く引っかかって、会見を開いている今でも契約解除になっていないのが苦しくて、淳には、申し訳ないのですが、宮迫さんと記者会見をすると、淳とコンビができなくなる。すまないと。でも本当のことがやっぱり言いたいと言いました。淳は『相談はしてほしかった』と、『でもお前が正直なことを言うのは、応援する』と言ってくれました。そして『個人的にはコンビ解散と思ってないからな』と言ってくれました」と涙した。

続けて宮迫は改めて相方の蛍原徹について「30年、だれよりも一緒にいて、親よりも子供よりも誰よりも長く時間を過ごして、こんなやつのためにあいつは何回も何回も頭を下げてくれてるんです。何回も数え切れないくらい、こんなダメ人間のために頭を下げてくれています。なのに今回の騒動で電話をかけたら、『俺は大丈夫やから、こっちは大丈夫やから』としか言わなんです。だからやっぱり、申し訳ないじゃ済まないです」と声を詰まらせながら語った。

◆宮迫博之、吉本興業との契約解除

吉本興業は書面にて19日、「弊社所属の宮迫博之(雨上がり決死隊)について、本日7月19日付けでマネジメント契約を解消しました」と発表。「宮迫博之は、既に報道されている反社会的勢力の主催する会合に出席していた件により謹慎中でしたが、弊社といたしましては、諸般の事情を考慮し、今後の宮迫博之とのマネジメントの継続に重大な支障が生じたと判断し、決定に至りました」と伝えた。

宮迫は先月7日、田村らとともに特殊詐欺グループとされる反社会的勢力主催の会合へ参加していたことが報じられた。

吉本は該当芸人へのヒアリングの結果、会合への参加により一定の金銭を受領していたことが認められたとし、宮迫らを当面の間、活動停止の謹慎処分としていた。(modelpress編集部) 

【Not Sponsored 記事】

宮迫博之、田村亮 (C)モデルプレス
(出典 news.nicovideo.jp)