👇【詳細記事・画像】

ダイムラーは7月18日、新型メルセデス・ベンツGLCおよびGLCクーペに高性能版となる「メルセデスAMG GLC43 4マチック」および「メルセデスAMG GLC 43 4マチック・クーペ」を設定したことを発表した。


390ps/520Nmの3.0LV6ツインターボを搭載

 搭載されるエンジンは両ボディともに390psと520Nmを発揮する3.0LV型6気筒ツインターボ。9速ATの「AMGスピードシフトTCT 9G」が組み合わされ、「AMGパフォーマンス4マチック」を介して四輪を駆動する。4.9秒の0-100km/h加速、250km/hでリミッターが介入する最高速度は両ボディ同じだ。

 走行モードは「スリッパリー」、「コンフォート」、「スポーツ」、「スポーツ+」、そして「インディビデュアル」の計5モード。各モードで選択したモードに応じてエンジンレスポンスやトランスミッションの制御、サスペンションやステアリングの設定が変更される。「スリッパリー」は滑りやすい路面で最適化を図るモード、「インディビデュアル」では各制御を個別に設定することができる。

メルセデスAMG GLC43 4マチック
メルセデスAMG GLC43 4マチック・クーペ

 エクステリアでは、フロントグリルやフロントバンパー、サイドシルパネル、リヤディフューザーにAMG専用デザインを採用。ツインエキゾーストフィニッシャーやリデザインされた前後のLEDライトも、新型GLC43のスタイリッシュなルックスにひと役買っている。ホイールは19インチの軽合金タイプが標準装着され、オプションで21インチサイズまでの5種類のデザインが用意されている。


メルセデスAMG GLC43 4マチック・クーペ
メルセデスAMG GLC43 4マチック

 インテリアもAMGモデルらしくスポーティな雰囲気に仕上げられている。ステアリングホイールやスポーツシートなどにはレッドステッチが施され、アグレッシブな走りを掻き立てる。インテリアトリムはアルミニウムやカーボンが用いられ、洗練性の高さを際立たせている。

 そのほか、音声対話システムの「MBUX」や運転支援機能といった先進装備は、標準モデルのGLCと同様に採用されている。

(出典 news.nicovideo.jp)