👇【詳細記事・画像】


【元記事をASCII.jpで読む】
牛めしなどを提供する「松屋」は「玉子で食べる四川風麻婆豆腐定食」を7月2日10時から発売します。650円。

昨年“鍋”メニューとして登場した「四川風麻婆鍋膳」が定食メニューにリニューアル。シビ辛で「とても辛いメニュー」とのこと。玉子付きです。

たっぷりの粗挽き豚肉と豆腐、茄子を、豆板醤(トウバンジャン)や麻辣醤(マーラージャン)、甜麺醤(テンメンジャン)など様々な調味料を使用して、本格的な四川風麻婆豆腐に仕上げたとのこと。深い旨みと辛みがクセになる、ごはんがすすむ逸品とうたいます。

玉子は「生玉子」か「半熟玉子」かを選べますライス、みそ汁、生野菜付き。なお、玉子なしの「四川風麻婆豆腐定食」も620円で用意されています。

発売を記念サービスとして、7月16日15時まで「玉子で食べる四川風麻婆豆腐定食」「四川風麻婆豆腐定食」はライス大盛へ無料で変更可能。

定食ではなく単品としても注文できます。「玉子で食べる四川風麻婆豆腐(単品)」は450円、「四川風麻婆豆腐(単品)」420円。

テイクアウト対象。ただし、テイクアウトにはみそ汁が付きません。また、大井競馬場店、西宮名塩SA店、関西学院大学店など、一部の店舗では販売がありません。

しびれる辛さで気持ち良い汗をかけそうな一品。辛い物好きは注目です。

(出典 news.nicovideo.jp)