👇【詳細記事・画像】

最高速300km/h超のモンスターカー! ポルシェが「718スパイダー」と「718ケイマンGT4」を追加

0-100km/hは両モデルとも4.4秒!

ドイツのポルシェAGは新型軽量コンバーチブルトップを備えたオープンエアースポーツカー「718スパイダー」と「718ケイマンGT4」を追加すると発表した。

 両モデルは初めてシャシーを含めた技術基盤を共通化。ともに420馬力を発生する新開発の4リッター水平対向6気筒NAエンジンをミッドシップに搭載し、6速マニュアルトランスミッションと組み合わせた。

 最高速度は718スパイダーで301km/h、718ケイマンGT4で304km/hに達する。停止状態から100km/hに到達するまでの時間は両モデルとも4.4秒。部分的に負荷がかかる状態で片側バンクのシリンダーを休止し、燃費を低減するアダプティブシリンダーコントロールは新たに追加された技術だ。

ポルシェ718

それぞれが独立した燃料噴射を行うピエゾインジェクションを初めてDFI(ダイレクト・フューエル・インジェクション)高回転型エンジンに搭載。燃料噴射を5段階に分けたことで、燃焼プロセスを高めた。

 両モデルに新たにデザインしたリヤサイレンサーのカバーを採用し、エアロダイナミクスを向上。718ケイマンGT4は先代モデルよりも50%ダウンフォースを増やしながら空気抵抗を抑えた。また718スパイダーは120km/hで自動的に反り上がるリヤスポイラーを備えている。

ポルシェ718

さらに、両モデルは共通化したハイパフォーマンスGTシャシーを採用し、運動性能を高めた。軽量化した前後アクスルのスプリングストラットはモータースポーツからフィードバックしたもの。シャシーをよりダイレクトにするためのボールジョイントを採用している。また、30mm車高を低くする「ポルシェアクティブサスペンションマネージメント」により、コーナリング性能も向上した。

 ほかにも、スポーツ走行を楽しみたいユーザー向けに優れた機能を多数搭載している。新たにセンサーを採用し、車両の挙動を安定させる「ポルシェスタビリティーマネージメント」は2段階で完全に解除できるようにした。機械式リヤディファレンシャルを備えた「ポルシェトルクベクタリング」は縦、横方向のダイナミクスを強化。

ポルシェ718

 大型アルミニウムモノブロックキャリパーを備えたハイパフォーマンスブレーキシステムは、サーキット走行時でも安定したブレーキングを誇る。718スパイダーには、今回初めてポルシェ専用に開発した「ウルトラハイパフォーマンスタイヤ」を備えた。

ポルシェ718

ポルシェ718

ポルシェ718

ポルシェ718

(出典 news.nicovideo.jp)