👇【詳細記事・画像】

ジョルジェット・ジュジャーロ率いるイタルデザインが手掛けた初代を中心として日本にも根強いファンが多い、フィアットのAセグメント5ドアハッチバック「パンダ」。日本においては6速MT車としての役割も担っている4WDモデル「4×4(フォーバイフォー)」に、、東京都および神奈川県内の一般道と高速道路で試乗した。なお、テスト車両は2018年11月に発売された最新の限定車「イタリアーナ」ではなく、同年7月発売の限定車「フォレスタ」。タイヤもスタッドレスのピレリ・アイスアシンメトリコプラスを装着していた。 REPORT●遠藤正賢(ENDO Masakatsu) PHOTO●遠藤正賢/FCA

初代フィアット・パンダ4×4
二代目フィアット・パンダ4×4

 イタリア車といえば官能的なデザイン、サウンド、ハンドリングというイメージが根強いものと思われるが、ことデザインに関して歴代パンダはこの通例に当てはまらない。1980年デビューの初代は極めて合理的なスペース効率重視のパッケージングをそのまま形にしたスクエアな形状の3ドア。5ドア化された2003年デビューの二代目では大幅にモダナイズされたものの、直線基調のデザインは少なからず踏襲された。

フィアット・パンダ4×4フォレスタのサイドビュー

 そして11年に本国デビューし、13年6月に日本上陸を果たした現行三代目は、四角に丸を組み合わせた「スクワークル」をテーマとし、肩の力が抜けた雰囲気になっているものの、基本的なフォルムとパッケージングは二代目の拡大版というべきものだ。

外観同様「スクワークル」をテーマとした運転席まわり
助手席側収納に携帯電話、財布、メモ帳を置いても余裕タップリ
使い勝手に優れる荷室。容量は225~870L
見た目以上にサポート性に優れる前席。中央には飛行機のスロットルレバーに似た形状のパーキングブレーキが備わる
アップライトなポジションで広さ“感”のある後席。サイドウィンドウの開閉は今や希少な手動回転ハンドル式

 そんな懐の深さはシートも同様。一見小ぶりでサイドサポートも弱そうなシートだが、実際に座ってみると、柔らかな感触で適度にクッションが沈み込み、身体の凹凸にピッタリフィット。サイドサポートも必要充分な高さとなり、全身を心地良く支えてくれる。このシートの感触は、フランス車のお株を奪う出来と言っていい。

 なお後席は、身長176cm・座高90cmの筆者が適切なドライビングポジションに合わせた運転席の後ろで、ヘッド・ニークリアランスとも10cmという必要充分レベル。しかしながら、高い全高に対し座面が高く背もたれも起きているため、広さ“感”は数値以上だった。サイドウィンドウの開閉が電動ではなく手動なのは玉に瑕だが。


パンダ4×4のシャシー。サスペンションはフロントがストラット式、リヤがトーションビーム式
175/65R15 84Qのピレリ・アイスアシメントリコプラスを装着
875ccの直列2気筒「ツインエア」ターボエンジン
210km/h、8000rpmスケールのメーターパネル

https://motor-fan.jp/tech/10004736


インパネに設置された6速MT。その奥には4WDの電子式デフロックスイッチが備わる

【パンダ4×4 6速MTのギヤ比】
1速4.100
2速2.174
3速1.345
4速0.974
5速0.766
6速0.646
後退3.818
最終減速比5.308


全体的に左側へ配置されたABCペダル。フットレストはセンターコンソールを抉ることで設けられている
フィアット・パンダクロス

【Specifications】
<フィアット・パンダ4×4フォレスタ(F-AWD・6速MT)>
全長×全幅×全高:3685×1670×1615mm ホイールベース:2300mm 車両重量:1130kg エンジン形式:直列2気筒SOHCターボ 排気量:875cc ボア×ストローク:80.5×86.0mm 圧縮比:10.0 最高出力:63kW(85ps)/5500rpm 最大トルク:145Nm(14.8kgm)/1900rpm JC08モード燃費:15.5km/L 車両価格:251万6400円


フィアット・パンダ4×4フォレスタ
(出典 news.nicovideo.jp)