👇【詳細記事・画像・動画】

米津玄師が6月3日(月)にリリースする配信限定シングル「海の幽霊」。映画『海獣の子供』予告編で一部が公開されていたが、100名限定で行われた『海の上映会』にてMVが公開となった。今回のMVはアニメ映画『海獣の子供』の映像を全編に使用したビデオとなっている。

『海の上映会』

『海の上映会』


『海の上映会』

『海の上映会』

MV先行視聴会『海の上映会』は、100名のみが参加し都内に浮かぶ「船」にて実施。船内は、B1Fを“深海”に見立て、薄暗く水泡の音が響くなか、映画内「江の倉水族館」として登場する「新江ノ島水族館」とのコラボレーションで実現した、貴重なクラゲやヒトデなど海洋生物を展示。その奥中央には、五十嵐大介が書き下ろした「海の幽霊」のジャケットが、1.2m四方サイズの水槽の中に浮かび、水中の光の揺らぎを生で感じられるような見せ方で展示。1Fは“浜辺”に見立てられ、波の音を聞きながら、映画「海獣の子供」のビジュアル展が展開され、映画の場面シーンのライトアップパネルや、クジラの泳ぐムービーが展示。そして2F、船上デッキの屋上は、“海の空”と題され、そびえ立つ巨大マストにMVが投影された。


『海の上映会』

『海の上映会』

『海の上映会』

『海の上映会』

今回のMVはアニメ映画『海獣の子供』の本編映像によって表現されており、「STUDIO4℃」が描く繊細でもありながらダイナミックな自然や生き物、人物の描写が全編を通して描かれている。また、本作のジャケットは『海獣の子供』の原作者・五十嵐大介が書き下ろしたアートワークとなっている。


(出典 Youtube) 

米津玄師
(出典 news.nicovideo.jp)