👇【詳細記事・画像・動画】

【予告編・ビジュアル】
『アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲』
2019年7月12日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

7月12日(金)公開の『アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲』より、予告編とビジュアルが解禁された。

時は西暦2047年、月の裏に潜んでいたナチスの侵略から30年。生き残った人類は荒廃した地球を捨て月に移住していたが、月面基地はエネルギーが枯渇し今にも滅亡の危機を迎えていた。人類を救うため、主人公のオビは個性溢れる仲間たちを連れて宇宙へ飛び出す。人類を救済できる新たなエネルギーを探すため、地球の深部にある前人未到の<ロスト・ワールド>へ向かうが、そこはナチス・ヒトラーと結託した秘密結社ヴリル協会が君臨する世界だった。ヤツらは人類滅亡を企て、恐竜とともに地底から攻めてくる。果たしてオビたち一行は、このぶっ飛んだ侵略者たちに対抗できるのか?


(出典 Youtube)

予告編では、壁をぶち破り、恐竜に乗って「ジーク・ハイル!マザーフ★ッカー!」と叫ぶヒトラーや、ビンラディン、サッチャー、チンギス・ハーン、ローマ法王、そしてスティーブ・ジョブズまでもが人類に総攻撃を開始する様子が映し出される。

さらに、壮大な宇宙で巻き起こる<最後の聖戦>を予感させる新ビジュアルも解禁。恐竜がダイナミックにあしらわれ、戦闘態勢のヒトラーのにらんだ顔が印象的だ。中央の主人公オビが掲げる神々しい光を放つ“聖杯”は一体何なのか、期待が膨らむビジュアルとなっている。

ストーリー

2018年、人類は月面ナチスの侵略に勝利するも、自ら引き起こした核戦争で地球が荒廃してしまった。それから30年後、人々はナチスが建設していた月面基地で生き延びていた。しかし、月面基地のエネルギーは限界に達し絶滅の危機に瀕していた。人々が苦しむ姿に機関士のオビは胸を痛めていた。ある日、地球から宇宙船が月に飛来。そこにはロシア人の乗組員のほか、死んだはずの月面ナチス総統ウォルフガング・コーツフライシュが密かに同乗しており、月面基地に忍び込むのだった。何の企みか、ウォルフガングはオビに人類を救う手段を打ち明ける。地球の深部には未開の世界が広がっており、そのエネルギー源を集約する“聖杯”を持ち帰れば人類は救われるというのだ。未曾有の危機に瀕している人類を救うため、オビは仲間たちとともに<ロスト・ワールド>に向けて旅立つ。しかし、そこはナチス・ヒトラーと結託した秘密結社ヴリル協会が君臨する世界だった。ヤツらは人類絶滅を企て、恐竜とともに地底から攻めてくる!

公開情報

監督:ティモ・ヴオレンソラ
脚本:ダラン・マッソン、ティモ・ヴオレンソラ
音楽:ライバッハ、トゥオマス・カンテリネン
出演:ララ・ロッシ、ウラジミル・ブラコフ、キット・デイル、トム・グリーン、ユリア・ディーツェ、ウド・キアほか
配給:ツイン
フィンランド・ドイツ・ベルギー/英語/原題:Iron Sky : The Coming Race/カラー/デジタル/93分

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

アイアンスカイはおもしろかった。楽しむには政治、歴史の知識が必要なので単なるバカ映画ではない。で、今度はレプティリアンを題材にするとはお目が高い。歴史上の有名人を登場させ放題にできるわけだ


個々の味付けはともかく大筋自体は王道のSFな気がするぞ……


「ヒトラーが恐竜で攻めてくる」もうこの一文の破壊力よ・・・


クソ映画であることは覚悟した。後は上映時間が無駄になるかどうかが問題だ!


日本は古今東西の偉人を女体化したうえでソシャゲーにぶち込んでるのにこれくらいで怒る奴なんているはずがない


1作目は結構風刺の効いた作品だった。2作目は「良くも悪くも人々はカリスマを求めている」だろうか?


音沙汰無いからどうなったか心配だったけど、ようやっと公開か。見に行くわ


ローマ法王って、絵面がどうもベネディクト16世で想像されてしまう


まあ日本でも、ナチスが月面に作っていた基地で各国のお歴々が麻雀していた漫画がありますし……。


(ぼそ)前作エンディングで火星に巣食っていたコミュニストはドコ逝った……。


ヒトラーは色々な意味で玩具だからなあ…ネタ盛り込みすぎるくらいが丁度いい感


ヒトラーの人望で付いてくるわけがない人らばかりなんですけど・・・


ヒトデヒットラーには及ぶまい…


世界版 魔界転生?


ほかが直接モデル名を示している中での「ローマ法王」という職業名だけの奴。ウィクトル3世とかの地味なのを使っとけよ。


つうかジョブズの肖像権大丈夫かw


もう、アイアンスカイってだけで期待しかないw


なにやってんだよCEO!


ヒトラーに怒ってるのはユダヤ人だけ。 ユダヤ人と言う人種は存在しない。入信すれば中国人でも黒人でもユダヤ人になれるし、脱退すればユダヤ人をやめられる。昔のユダヤ人は有色人種のアジア人だったが、今の自称ユダヤ人はユダヤ教を乗っ取った白人。


またフリー素材さんが面白いことになってる


あと開幕、旭旗のマークつけた戦闘機に原爆つんで、アメリカにおとすとかもつけないとw


恐竜戦車?


B級ならこれぐらいやらなきゃ。というか昔はこれぐらい普通だったな。ホットショット、裸の銃を持つ男等、パロ多すぎてお腹いっぱいになったし。クソパロ映画復活しろ復活しろ(願望)。SW、ジブリ等堅い作品なんて少しで良いですよ。


ナチスの残党(?)が吸血鬼になってロボットに従えられて大活躍(?)する映画はまだですか


知的風ハットさん!浅井ラムちゃん!アナザーラムちゃん!感想ヨロ!


FGOとかも海外から見たらこんな感じなのかもしれん(ぐるぐる目)


ぶっちゃけどこぞの46人を無理やり声優に採用するよりもはるかに宣伝効果あるな・・ やっぱり映画って広告大事だわ。


「空飛ぶモンティパイソン」かな?


続編やるのか…つかもはやナチとかどっか行ってるな。


フリー素材おじさん


記事のタイトルだけで吹かざるを得ない。


知らなかった すげぇおもしろそうじゃねぇか やっぱ世の中こういうことやるバカがいなきゃな


Fateでも同じマネをすればいいじゃん


これ考えた奴頭おかしいだろ…何を食ったらこんな発想がでるんだよ…


そして「総統閣下はアイアンスカイに対してお怒りのようです」がニコ動で作成されるまでがテンプレ


日本にはムダヅモ無き改革があるからこれくらいでは驚かない


ブラスコさん呼ばなきゃ


予告編の映像が本編に一切ないのはデフォでしょ?


なんかヒトラーに対しての認識が変わって来てない?大丈夫?前は名前出しただけでもボコられるぐらいだったのでは?


スターリンと毛沢東も追加してくれ


なんだかメタルスラッグにありそうな設定


ヒトラーだけやたらとB級創作の題材に使われるのは何でだろうな。世界史上の悪人は他にも居るのに。


人選が最高過ぎて草


ほう、コメディ映画か


畜生め!!ボル湿地!!


ドリフターズのあとがきかよ。


バカやるなら全力でバカやらないとな


ヒトラーの入りが「ジークハイル!マザーファッカー!!」だからな


なんで宇宙に恐竜がいるんですかね・・・?


恐竜で攻めるなんて展開、ちょー許さんし!チクショウメー!


最古の英雄王にしてドイツ国家社会主義労働者党員のナチガメッシュ知ってるから興味引かれる内容だな


この映画を今年のポケモン映画と同じ日に公開するという勇気に惜しみない称賛を。


やっぱりヒトラー大好きじゃないか!(白目


ヒトラーとかいうフリー素材おじさん


もう、毛沢東とスターリンという虐殺レコードチャンピオンも呼んでこよう。


さすが世界のフリー素材


>世界史上の悪人は他にも居るのに。敗戦国の末路よ


タブーと言えば( ^ω^)・・・日本からは野○先輩が参戦する可能性が微レ存!?


ナチスはフリー素材みんなしってるね?


「ヘルシング」もヒトラーの残党がゾンビと吸血鬼連れて襲って来る、だったし。イケルイケル!


ナチス・イン・センター・オブ・ジ・アースという映画があってだな・・・


思ってる以上に「意味深」な作品。単なるバカ映画では無いのは確か。「今」だからこそ観る価値のある作品だとは思う。まぁ緩く観るのも、真面目に解釈しながら観るのも楽しい作品だろうね。


雑ゥッ!なんてくそつまんねえ言葉使いしてる人が勧める映画なんて観る気しないな。


ヒトラーに関しては元祖FPSのウルフェンシュタインの頃からなんかメタルスーツ着てるオッサンって扱いが世界ではされてきてるからいまさら恐竜に乗ったところで何も驚かないぞ


そのうち ヒトラーが鮫で世界征服する映画ができるんじゃないかw


総統閣下シリーズの新素材提供ってマ?


ひろひろ582>あいつら死後50年経ってたっけ?いや経ってたとしても工作員送ってきそうで怖い


なんでサメじゃないんだよォ!


チョビ髭おじさん愛されてるなぁ