👇【詳細記事・画像・動画】


本日5月12日(日)は、ラミ・マレック38歳の誕生日! 若き天才ハッカーを描いたサスペンス・ドラマ『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』でエミー賞ドラマ・シリーズ部門主演男優賞を受賞。昨年公開され大ヒットした伝説のバンド"クイーン"を描く『ボヘミアン・ラプソディ』ではフレディ・マーキュリーを演じ、見事アカデミー賞主演男優賞を受賞。名実ともに世界に知らしめたラミが紙幣偽造の天才に扮する脱獄映画の金字塔『パピヨン』の本編映像が、誕生日を記念して公開となった。 


(出典 Youtube)
45年ぶりに映画化される脱獄映画の金字塔『パピヨン』。1973年にスティーヴ・マックイーンとダスティン・ホフマンで製作され、「熱い男の友情」に多くの人々が涙した。ラミは本作で、主人公パピヨン(チャーリー・ハナム『サン・オブ・アナーキー』)の囚人仲間である偽札作りの天才ルイ・ドガを演じる。彼らが送られた南米ギアナの悪魔島は、周囲を海に囲まれ脱出不可能な場所として知られ金を持つ者が勝者となる。パピヨンは、ドガの隠し金に目を付け彼の護衛を申し出る。打算で手を組んだ二人だったが、過酷な流刑地を生き抜くうちに互いへの情と信頼が芽生え始める。

この大役を演じるにあたりラミは「『パピヨン』は子どもの頃の僕に消えない印象を残した作品だったから、この物語の再解釈は非常に刺激的になるに違いないと感じたんだ。新たな解釈をするには、十分な時が経ったと思う」と語る。

またドガの役作りについては、「僕はホフマンの解釈するルイ・ドガが好きなんだ。ルイはアイコン的な役だから、可能な限り彼のやったことを遠ざけようとするのが普通だけど、僕はこのキャラクターをもう少し尖らせ、脆さを抑えた。彼の抜け目のなさと白アリのようなサバイバル能力を強調することは、僕にとって本当に楽しいことだった。ルイは、ほとんどの人が共感できるようなキャラクターだと思っているよ。彼は地球上で最も哀れで惨めな状況の一つに投げ込まれ、生き残るために自分のやり方で戦わなければならないんだ」と明かしている。

今回解禁された本編映像は、流刑地に送られるドガとパピヨンが取引を交わすシーンの一部。ドガは若く屈強なパピヨンをボディガードとして雇うが、脱獄を目論む彼と一緒に行動する気はない。計算高く抜け目ないドガは賄賂で釈放されるチャンスを狙っており、荒っぽい行動に出ようとするパピヨンに対して見下すような態度を取る。パピヨンにとってもドガはただの金づるであり、尊大な彼に対して心を開くことはない。ギスギスした二人の関係がどのように変化していくのか―。

人気シリーズ『007』の最新作『BOND 25(仮題)』への出演も決定しているラミが、どのような新しいルイ・ドガを見せるのか―。『パピヨン』は、6月21日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)

Photo:『パピヨン』
(c) 2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 www.transformer.co.jp)



<このニュースへのネットの反応>