👇【詳細記事・画像】

2_e

image credit:Jose Capriles/Penn State


 南米中央部のボリビアで、謎めいた包みが発見された。中に入っている動物の小袋には、およそ1000年前の向精神性のある植物やコカインの痕跡があった。

 これは、ボリビア南西部の乾燥地の崖にある洞窟で発掘を行っていた研究者たちが発見したもので、古代シャーマンの儀式に使用しされていたものと推測されている。


1000年前のシャーマンの持ち物

 
 この発掘作業は2008年と2010年に引き続き行われたもので、今回の発掘で新たにこの古い革袋が発見された。

 古代南米の先住民たちは、向精神性のある植物を何種類も使って、儀式の中で意識を変えたり、幻覚を起こしたりしていたようだ。

 この古い革袋は、当時のシャーマンの持ち物だったと思われ、さまざまなヒントを提供してくれそうだ。


1_e
ボリビア南西部Cueva del Chilenoにある岩場のシェルターで、 儀式に使われたと思われる包みが発見された。
image credit:Jose Capriles/Penn State


 発掘調査のメンバーである、ペンシルバニア州立大学の人類学助教授ホセ・カプリレスはこう語る。
標高3900メートルの地での生活は厳しく、なんらかの化学物質の助けが求められたのかもしれない。

ドラッグが、中南米アンデスの社会で精神性や宗教的儀式に重要なものだったことは、すでに知られているが、これほど多くの種類の植物を調合して使っていたとは思わなかった


 これらは、南米の一ヶ所の考古学遺跡から見つかった薬物の数としては最大だという。

 人間の埋葬品の一部であると思われる、この儀式用の包みからは、人物が掘られた木製のタブレット(植物を粉状に粉砕するためのもの)、幻覚を生み出す植物を燃やし、その煙を吸い込むための吸引用管(人間の三つ編みの髪がついている)、3匹のキツネの口吻を縫い合わせて作ったポーチ、ラマの骨のヘラなどが出てきた。


3_e
革袋の中身。木彫りの嗅ぎタブレット、人間の髪の三つ編みの紐が付いている吸引用管、キツネの口吻で作られたポーチとラマの骨でできたヘラ。
image credit:Jose Capriles/Penn State

ポーチの内側に付着していた数種の向精神薬


 研究チームはさらに分析を進め、キツネの口吻で作られたポーチの内側を引っかいて得られた少量の物質を解析した。

2_e
キツネの口吻の皮で作られたポーチ作られたポーチ。シャーマンたちはこのポーチの中に薬物を入れていた。
image credit:Jose Capriles/Penn State


この向精神剤混合物の中には、ベンゾイルエクゴニン(コカインの主要な代謝物質)、コカイン、ブフォテニン(ヒキガエルの皮膚からとれる有毒幻覚剤)、ジメチルトリプタミン(DMT、幻覚剤)、ハルミン(幻覚性がある)、サイロシン(キノコからとれる幻覚剤)が含まれ、少なくとも3つの異なる植物種から採取されていることがわかった。

5_e0
儀式用の包みの中に入っていた、向精神性のある植物を粉砕するのに使われたと思われる木製のタブレット。
image credit:Jose Capriles/Penn State

シャーマンの幅広い薬物の知識

 これほど様々な薬物が含まれていたのはなぜか?
幻覚を長引かせるために、シャーマンが複数の異なる植物を同時に使った可能性はある。そこに、ハルミンやDMTを合わせて、アヤワスカ(幻覚剤)のように飲み物として飲んだり、吸引したりして、幻覚状態に到達したのだろう(ホセ・カプリレス助教授)

 こうした薬物吸引セットを持っていたシャーマンは、幻覚を引き起こす植物に関して幅広い知識があったに違いないと研究者たちは信じている。これらの植物のほとんどは、南米の異なる地域にあるものだからだ。

 ニュージーランド、オタゴ大学の研究者、メラニー・ミラーは言う。

包みの持ち主は、向精神作用の成分をもつ植物を少なくとも3種類、あるいは4~5種類も手に入れることができたのではないでしょうか

この発見は、大昔の人々が、こうした強力な作用をもつ植物についての広範な知識をもち、その薬効や向精神性を十分に理解し、わざわざ入手して利用していたことを、改めて思い出させてくれます。

 この発掘結果は5月6日『米国科学アカデミー紀要(PNAS)』に発表された。

References:news.berkeley/ written by konohazuku / edited by parumo


全文をカラパイアで読む:http://karapaia.com/archives/52274165.html 
(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

<このニュースへのネットの反応>

薬物と宗教の関係性は太古から存在する。中毒性による人心の掌握すらも同様に。


シャーマンはトランス状態に入れないと話にならんからな


精霊よ、導きたまえ


シャーマンがYAKUBUTSU使うのは有名だけど、この話のキモは材料を距離の離れた少なくとも3つの地域から集めてることかね。自分で採取したのか何かの流通経路があったかでまったく話が変わってくる


三枚目の写真スマホかトランシーバーに見えた自分はトランス状態か?


ぱっと見わかりにくいが、キツネの口吻を縫い合わせて作ったポーチって中々エグいな。


人を安易に幸せにしてくれるものは大抵宗教じみてるんだよなあ


ボリビアは現在でもコカの葉を噛むのは合法で日常的に行われてる。高地での生活にとって一種の向精神剤は必須なのだろう。


シャーマンの儀式と聞いてタンザニアのアルビノ関連のニュースかと思ったよ


化学的に合成できる今と違って目的の効果を得るためにどれほどの知識の伝承が必要だったのか。


「向精力薬」「動物の玉袋」と誤読して乱交儀式でもしたのかと盛大な誤解したことをお詫びします


ラクダっぽい何かの顔のように見えたのは自分だけだろうか・・・。


瞑想して覚醒する所を手っ取り早く覚醒剤で覚醒させた説


どっかで岩壁に描かれた大量の手形の絵が特定の薬物を飲んだときに良く見る幻覚だったというのがあったのを思い出した


鎮痛剤とか、普通に薬として処方していたかも?って可能性はないのか


中国の漢方薬だって経験則の集積であってミクロな作用が分かってたわけじゃない。昔の人も馬鹿じゃないってことだよね。


全てはグレートスピリッツの意志のままに


薬でアヘれば神も悪魔も見えるだろうからなぁ・・・薬物洗脳や神との交信手段なんかに使われてたりしたのかもしれんな


「こう」の字が間違ってる。-114514893点


忍者並みに薬の知識が豊富だな。


ピエール瀧はシャーマンだった・・・?


タバコの起源もそれだったっけ? 焚き火みたいにして煙を吸うっていう


今でも使ってそう(小並感)


これで ラリッてたんだ・・


イタコの婆さんにも薬物検査が必要ですか?


やはり海外の記事は写真の質がいいなぁ、岩場の写真とか勉強になる


GR:W


誰かがオーバーソウルに使ってたんじゃないの?


宗教の本質は集団催眠だから。


1000年前っていうと、ちょうどハオにSOFをパクられた大会か


キメてるんだろ?くれよ…。


自分も3枚目の写真はスマホ2台あるのかと思った。スマホ太郎はシャーマンに転職したのか。


こ、これはただのビタミン剤じゃ・・・


袋も中身も、よくこんなのが1000年の風化に耐えたもんだ