👇【詳細記事・画像】

ガーミンジャパンは、GPSランニングウォッチ「ForeAthlete」シリーズの新モデル3種を発売する。
 
ラインアップは、「ForeAthlete 245(フォアアスリート245)」「ForeAthlete 245 Music(フォアアスリート245ミュージック)」「ForeAthlete 945(フォアアスリート945)」の3種。緊急時などに、選択した連絡先と自分の現在地を共有できる「セーフティ機能」を新たに搭載する。

「ForeAthlete 245」は、ForeAthlete 235の後継機種となる。フィットネスレベルを示すVO2 max値、トレーニング不足や過度のトレーニング等を表示する。また、バッテリー稼働時間を大幅に向上。GPSと光学心拍計を起動させた状態で最大22時間稼働する。価格34,800円(税抜)。

「ForeAthlete 245 Music」には、音楽機能を追加。LINE MUSIC、Spotify、AWA等の音楽アプリ、PC等から最大500曲をダウンロードでき、Bluetooth対応のイヤホンと同期してスマホなしで音楽が楽しめる。価格39,800円(税抜)。

「ForeAthlete 945」は、マルチスポーツ機能を搭載したForeAthlete 935の後継機種となる。暑さや高度による順応を表示する機能を追加。カラー地図も新たに搭載し、ランニングをガイドしてくれる。新機能として、音楽機能とGarmin Pay機能を搭載。また、バッテリー稼働時間を大幅に向上しており、GPSと光学心拍計を起動させた状態で最大32時間稼働する。本体のみ69,800円(税抜)。

ForeAthlete 245とForeAthlete 245 Musicは、5月10日(金)より予約を開始し、5月16日(木)に発売。ForeAthlete 945は、6月上旬の発売を予定している。
【ほかの画像を見る】ガーミン、GPSランニングウォッチ「ForeAthlete」シリーズ新モデル発売





(出典 news.nicovideo.jp)