👇【詳細記事・画像】
Credit:jaxa
Point
■小惑星イトカワから探査機「はやぶさ」が持ち帰ったサンプルの分析が進んでいる
■分析結果によると、小惑星イトカワの微粒子には地球の岩石とほぼ同レベルの濃度で水素同位体が含まれていた
■この事実は、小惑星が地球の海水のかなりの部分の源になっていた可能性を示している

え? もう10年も経ってたっけ?

「はやぶさ」が命懸けで持ち帰ったサンプルからどんな宇宙の新事実がもたらされるのか、当時ワクワクしていた人でも、今はそっちに衝撃を受けている人の方が多いかもしれない。

そんなイトカワのサンプル分析結果から新たな事実が発表されている。

それによると、小惑星の微粒子からは地球の岩石とほぼ同程度の濃度で、水素の同位体が含まれていることがわかった。これは小惑星の含む水が、地球の水の起源になっていた可能性を示唆している。

この研究は、アリゾナ州立大学の研究者より発表され、2019年5月1日付けのScience Advances誌に掲載されている。

New clues to ancient water on Itokawa | Science Advances
https://advances.sciencemag.org/content/5/5/eaav8106

小惑星探査機「はやぶさ」が成し遂げたこと

Credit:jaxa

「はやぶさ」は2003年5月9日に宇宙科学研究所(ISAS)が打ち上げた小惑星探査機だ。その「はやぶさ」に課せられたミッションは、地球から3億km離れた小惑星イトカワへ赴き、表面から砂のサンプルを採取して地球へ帰ってくるという、人類史上初となる困難な挑戦だった。

「はやぶさ」がイトカワへたどり着いたのは地球を旅立って2年後のこと。そしてサンプルを手に地球へ帰還したのは出発から実に7年後のことだ。

小惑星の表面には、太陽系初期の重要な情報がたくさん含まれている。地球に落ちた隕石は大気圏突入の衝撃で堆積物が吹き飛んでいるので、「はやぶさ」がイトカワから採取した微粒子は地球上では得ることのできないとても貴重なサンプルなのだ。

地球の水はどこからもたらされたのか?

Credit:maxpixel

地球は表面のおよそ70%近くが水(海)に覆われた非常に水の豊富な惑星だが、この大量の水はどこからもたらされたのかという点については多くの謎が残されている。

原初の太陽系や生まれたばかりの地球は高温に包まれており、この時点では水も水蒸気も太陽風に吹き飛ばされている。そのため大量の水が最初から地球に存在していたとは考えにくいのだ。そうなると、水は太陽系が冷えた後に外からもたらされた可能性がある。

地球への水の供給についてはいくつか理論があるが、現在有力な説は、水を含んだ隕石が地球に水を運んできたという考え方だ。この事実を証明するためには、地球の水と隕石(小惑星)の岩が含む水が同じ化学的特徴を持っていることを示す必要がある。

水の化学的特徴が同じであることを示すためには、重水素(中性子が2つある重い水素。水素の同位体ともいう)と普通の水素が同じ比率で含有されていなければならない。

今回、アリゾナ州立大学の研究チームが発表した内容は、イトカワの微粒子に含まれる水素の同位体の濃度が、地球の岩石とほとんど見分けがつかないレベルで同じだったというものであり、つまり地球の水は宇宙を飛来する小惑星からもたらされた可能性を示唆する事実となるのだ。

まだまだ、研究は入り口の段階

Credit:maxpixel

今回の分析報告は、ただ一つの小惑星イトカワのごく僅かな微粒子の分析結果に過ぎない。地球の水の供給源について、非常に重要な事実に一歩近づいたことは確かですが、すべての謎を解明するまでには道のりが遠いようだ。

「はやぶさ」の小惑星サンプルリターンミッションの成功に続き、2014年12月3日には小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウへ向けて、2016年9月8日にはNASAの小惑星探査機「オシリス・レックス (OSIRIS-REx)」が小惑星ベンヌへ向けて調査の旅に出ている。

これらの調査研究もまた、私たちに新たな事実を持ち帰ってくれることだろう。

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

微粒子レベルで存在してたか


まあ地球由来の水蒸気も多分に含まれるだろうけども。それでも、隕石が水をもたらし、それが7:3の割合で地表を覆った後ほとぼり冷める、ってのは後の我々人類に繋がる生物進化から見てご都合にもほどがある偶然。研究陣に敬意を。


改めて地球って奇跡の惑星なんだな


アクエリアスが地球に水をもたらしたんだと思う(超適当)


水素同位体=重水素、三重水素。某原発でため込んでいる汚染水=トリチウムは、これが酸化したもの。自然界に普通にある水。


「意外と水っていっぱいあるのかもな」って話だな。遠心力と重力かな。


高温だった原初地球の表面は強力な太陽風によりきれいさっぱり吹っ飛ばされて大気も水も定着していないことはまあ間違いないだろう  仮説「地球の水は徐々に小惑星が降り注いで供給されたんじゃね?」を裏付ける結果が出たという話


サンプルが配られて結構経ってるはずだけどまだそのぐらいしか判らないのか、素人考えだとそのくらい調べ始めてその日の内に判りそうな気がするが、慎重に慎重にやってんのかな?


サンプルが足りないから時間がかかるのかなと素人考え


昔はJAXAのプロジェクトごとに投入する税金に対しての費用対効果を検証したものだが、今では湯水のごとく国民の税金を使い込んでいて許せないよね。本当は日々の生活に苦しんで先が見えないでいる被災者のために使うべきお金だよ。


湯水のごとくって、何の為にJAXAに統合されたと思ってるんでしょう 結果的にプロジェクト選別はよりシビアになってますが


異論もあるだろうけど、むしろ復興支援こそ費用対効果を設定・検証しなきゃいけないことで、阪神・東北の二度の大震災に対する無謀な予算編成により経済政策へ回す予算が逼迫し「失われた10年」の大不況から碌な回復が図られなかった、とも言われてますが


ゾンビ化、寄生、地球内生命体の絶滅。映画の見過ぎだって?外からの未知に最大限の警戒をする事は、最低限必要な事。外来種が在来種を駆逐するのは、良くある事だろ?


まるでJAXAが悪の組織みたいな言い分で草、昔も今も費用対効果を検証してるよ、しないと国から予算降りないし金がいくらあっても足りないからね。あとそもそも復興予算もJAXAの予算も国家予算から出てるとはいえ出す省庁も予算の種類も違うのに使うべきもなにもないよ


やったね!はやぶさ!


仮説が立てられても実証は面倒くさいからな。反論もできないほど完璧な証拠を用意しようとしたら猶更。サンプルとの1:n(100程度じゃ信頼には値しない)のマッチングが必要で、マッチング数は多ければ多いほど信頼と精度が上がるとなれば、世界中から比較対象を集めたほうが良いだろうし、対象にしても砂漠、海辺、高原といろんな場所のものと比較したほうがより良いだろうし。


つまり、海から誕生した生物の元は宇宙産


この発表には慎重を期したのは当然なぜなら、隕石からもたらされたのは水だけだったのか、命の素(DNAやら有機物やら)も含まれていたのか(パンスペルミア説)という議論を呼ぶワレワレハ、ウチュウジンダw


出てきたのはあくまでも水素レベル。酸素はあったのかな?


財務省は目先の事しか考えないから。それが日本最高のエリートだと思うと悲しい


後は有機物の由来かな?地球外由来か地球上で出来たのか。


ああ、これで小惑星の氷の中からクマムシが発見されたら大喜びなんだろうけど、さすがにそれはあってほしいな