👇【詳細記事・画像】


【元記事をASCII.jpで読む】

「チキンスパイシーカレー」
吉野家
4月18日10時から発売
550円
https://www.yoshinoya.com/wp-content/uploads/2019/04/15183638/news20190416.pdf

吉野家vs松屋のカレー戦争が勃発!?

 松屋がランチの救世主……「ごろごろ煮込みチキンカレー」を奇跡的に復活させてからわずか2日!!! 牛丼チェーン店のオリジネーター・吉野家がまさかの衝撃作をDROPした!!!!! その名は「スパイシーカレー」……だがこれは序章でしかない。吉野家は同時にカレートッピングに特製のタンドリーソースをからめた“チキン”を登場させた……そして遂に「チキンスパイシーカレー」が登場する!!!!! 松屋の“ごろごろ”に対してインドの神秘・タンドゥールを開放する吉野家……これは「チキンを使ったビーフ」、松屋フーズに対する宣戦布告なのか? 激化するランチのカレー戦争、我々は決して松屋の優位性を叫び続けたいわけではない! 吉野家の強烈なアンサーともいえる550円(そう、松屋より40円安い……)のチキンスパイシーカレーを味わい、怒涛のランチエンターテイメントを体験するのだ!!!!!「『うまい』の先にある、豊かな暮らしへ」(©吉野家)

 テンションを戻します。吉野家は「スパイシーカレー」を4月18日10時から発売しました。350円。なお、スパイシーカレー販売中は「黒カレー」の販売は休止。

 27種類のスパイスを使用し、タマネギとチキンブイヨンの深い旨み、スパイスの香りが特徴という辛口仕立てのカレー。隠し味のリンゴの甘みが唐辛子の辛さをしっかりと引き立てるだけでなく、もうひとつの隠し味であるショウガのさわやかな香りが食欲を刺激してくれるとか。

 ここからが本題! 「チキン」をトッピングした「チキンスパイシーカレー」も同時発売。並盛550円。鶏むね肉に特製のタンドリーソースを絡めた辛口のチキンをプラスし、スパイシーカレーとタンドリーソースが混ざり合って、辛さとうまさが口の中に広がるそうです。

 そう、4月16日に奇跡の復活を果たした松屋の大ヒット作「ごろごろ煮込みチキンカレー」(並盛590円)の有力な対抗馬になりそうではないですか。そして、550円。あっ、松屋のごろごろ煮込みチキンカレーより40円安い!

 かつては「牛丼ひとすじ」で勝負してきた吉野家が満を持してチキンを解禁! さまざまな定食のバリエーションで他を圧倒する松屋との間に、チキンカレー全面戦争が勃発する……!? 今回は、吉野家のチキンスパイシーカレー、松屋のごろごろ煮込みチキンカレー、両者を比較しながら筆を進めていきます。

カレーのレトルト感が……惜しい
チキンは辛口、単品でほしい

 さっそく食べてみました。……うーん。おいしいです。おいしいですが。

 まず、カレーそのものですが、ちょっと物足りない感じはあります。悪くはないですが、少しレトルトっぽい味というか。スパイスの味わいも残ってはいるものの、やや深みに欠けるところはある。いかにも「チェーン店のカレー」です。

 チキンはどうでしょう。おお、しっかり味がついています。たしかにタンドリーチキンの味わいで、単品で食べたらおつまみにもよさそう。だけれども、難癖をつけるようですが、カレーのトッピングとしては、味が濃すぎる気もする。カレーの味と、チキンの味、両方とも強めの押し出しがあるので、やや濃く感じてしまうのですね

 チキンスパイシーカレー、牛丼チェーン店のカレーとしては、悪くはない。チキン、なかなか。ただ、両者が融合している感じがないのは、惜しいところです。あくまで、「スパイシーカレーに、チキンをトッピングした」という風情。

 では、松屋のごろごろ煮込みチキンカレーはどうでしょう。カレー自体の完成度としては、やはり松屋が上かな、と思います。専門店と比べたらさすがに分が悪いかもしれませんが、シンプルでありながらスパイシーさも感じられ、牛丼チェーン店のカレーとしては、レベルが高いものです。

 ポイントはチキン。吉野家は鶏むねですが、松屋は鶏ももです。鉄板で焼き上げていますが、下味をはっきりとつけているわけではありません。これが逆に、カレーの味を邪魔しないのですね。ごろごろとした食感も、吉野家を上回っています。たまねぎの食感もカレーとチキンをまとめる橋渡し役になっています。ほんとうに絶妙。どうしてこんなにうまく組み合わさったのか、あらためて、不思議に感じられるほどです。

カレーとしては松屋に軍配が上がる
ビールを飲みたいなら吉野家かも

 もし、吉野家か? 松屋か? と聞かれたら、やはり松屋に軍配が上がります。もちろん、松屋を称揚したいがために、吉野家のカレーを貶めようとしているわけでは断じてありません。

 吉野家のチキンスパイシーカレー、けっして悪いわけではない。牛丼チェーン店のカレーとしてレベルが低いものではないですし、タンドリーソースを絡めた辛口のチキンもなかなかのものです。

 両者が組み合わさることで「1+1=2」以上のマジックが生まれていないのは、惜しい。とはいえ、牛丼チェーン店のカレーとしては、カレーとトッピングをそれぞれ改良して生まれた、正当進化のメニューといえると思います。“ハズレ”のカレーではありません。

 一方、松屋のごろごろ煮込みチキンカレーは、方向性がまるで違います。チキンとカレーが渾然一体となっており、両者は分かちがたい。ごろごろチキンとあのカレーを組み合わせたことで、破壊的イノベーションが生まれたのです。

 とはいえ、松屋がそのあと「ごろごろチキンシリーズ」でなかなか大ヒット作を生み出せていないのを見ると、ほんとうに偶然の産物だったのかもしれません。吉野家が正当進化なら、こちらは突然変異といえるでしょう。トニー・マンスフィールドがプロデュースしたネイキッド・アイズ(Naked Eyes)の「Always Something There to Remind Me」みたいな。よけいにわかりにくいかもしれませんが。

 こじつけですが、名前からしても違いますしね。吉野家は「チキンスパイシーカレー」、スパイシーカレーにチキンを足した、というたたずまい。松屋は「ごろごろ煮込みチキンカレー」、“チキンカレー”に煮込みという行程をくわえたことを思わせるネーミングになっています。意外と、ここに両者の違いがわかりやすく出ているような気もします。

 ただ、「カレーを食べながら、ビールを飲みたい」というのであれば、自分は吉野家を推します。唐辛子とショウガの風味を活かしたカレーのテイストと、辛口のチキンが、ビールによく合うことでしょう。松屋は味噌汁がつくこともあり、おつまみというよりはランチ/ディナー感がありますね。

 牛丼チェーン店のカレー戦争、消費者としては選択肢が増えてうれしいことに思えますが、はたしてこの先に何が待っているのか……。基本的に、競争は市場を活性化するものです。吉野家の正当進化、松屋の突然変異とも違う、第三の方向に進むカレーがあらわれるかもしれません(意外と、回転寿司チェーンあたりがやってくれるような気もする)。期待しています。

■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

吉野家「チキンスパイシーカレー」松屋との全面戦争!

(出典 news.nicovideo.jp)